守田英正フル出場のスポルティング、GK陣乱調でマルセイユに初白星献上…《CL》

2022.10.05 04:02 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のグループD第3節、マルセイユvsスポルティングCPが4日にヴェロドロームで行われ、ホームのマルセイユが4-1で勝利した。なお、スポルティングのMF守田英正はフル出場した。

リーグ戦では7勝2分けの2位と絶好調のマルセイユだが、CLでは開幕2連敗の最下位と苦境が続く。3戦目で初白星を狙ったホームゲームでは3-0で勝利した直近のアンジェ戦で温存したサンチェス、ウンデル、アリを前線で起用してきた。

一方、フランクフルト、トッテナムを破ってグループステージ連勝スタートのスポルティング。先週末のジル・ヴィセンテ戦でも守田の加入後初ゴールなどで3-1の快勝を収め、リーグ戦でも2試合ぶりの白星を飾った。その試合からは先発2人を変更し、マルサ、パウリーニョに代わってサン・ユステ、エドワーズと主力が復帰した。
マルセイユサポーターの違反行為による無観客開催に加え、スポルティングのスタジアム到着遅延によって20分遅れでのキックオフと、戦前から混乱に見舞われたこの試合。

その流れを引き継ぐように試合開始直後にスコアが動く。開始50秒過ぎにエドワーズのワンタッチパスに反応した右サイドのトリンコンがそのままボックス付近まで運び、複数のDFに囲まれながらも得意の左足を一閃。これがゴール前の密集をすり抜けてゴール左隅に突き刺さった。

試合終了間際に2点を奪ったトッテナム戦とは異なり、試合開始1分も経たずに先制に成功したスポルティング。以降は早い時間帯の同点を目指すマルセイユの攻勢に晒されながらも、得意のロングカウンターで追加点に迫っていく。4分にはボックス中央でトリンコンが右足シュート、10分にはエドワーズからの絶妙なスルーパスに抜け出したゴンサウヴェスがGKと一対一も、相手の好守に阻まれる。

一方、時間の経過と共にチャンスを作り始めたマルセイユは、相手守護神のミスを突いて一気に試合を引っくり返す。まずは14分、味方からのバックパスを受けたGKアダンにプレスをかけたサンチェスが右足でロングキックをブロックすると、これがブロックショットの形でゴールネットを揺らす。さらに、16分には再びGKアダンのミスパスをゲンドゥージが高い位置でカットした流れからクラウスが精度の高いクロスをボックス右のスペースに入れると、ダイアゴナルランで抜け出したアリのヘディングシュートがゴールネットを揺らし、逆転に成功した。

自身の2つのミスで連続失点したスポルティングの守護神アダンだったが、悪夢は終わらない。23分、相手のゴールキックの流れからヌーノ・タヴァレスが抜け出した際にエリア外に出てクリアを試みるが、ここで完全に手を使ってしまい、痛恨の一発退場となった。

これでビハインドに加え、数的不利を背負ったスポルティングは前線のエドワーズを泣く泣く下げてGKイスラエルを投入。だが、加入後初出場となった若きウルグアイ人GKは投入直後の相手左CKの場面で飛び出しのタイミングを完全に誤ると、バレルディに打点の高いヘディングを叩き込まれて28分の3点目とされた。

相手GK陣の信じがたいミスを突いて早くも勝利に近づいたマルセイユは、30分過ぎにクラウスが負傷してカボレのスクランブル投入を余儀なくされるが、以降もボールを握って試合の主導権を掌握。前半終了間際にも優位性を保つセットプレーからバレルディに決定機が訪れるが、ここは決め切るまでには至らず。

迎えた後半、10人で2点差を追うスポルティングはハーフタイムで4枚替えを敢行。これ以上のカードトラブルを避けるため、前半に1枚ずつカードをもらっていた3選手を下げると共にパウリーニョやナジーニョとアタッカー陣をピッチへ送り出し、早くも交代カードをすべて使い切った。

後半立ち上がりは勢いを持って入ったアウェイチームだが、アレクサンドロプロスのミドルシュートはわずかに枠の右に外れて早い時間帯のゴールとはならない。

その後もスポルティングが優勢に進める状況がしばらく続いたが、時間の経過と共にマルセイユが主導権を奪い返す。ただ、なかなかゴールをこじ開けられずにいると、ヴェレトゥやアリといった主力をベンチに下げて逃げ切り態勢に入る。

それでも、試合終盤の84分には3バックの右に入っていたムベンバが果敢な攻撃参加からボックス内に侵入すると、サンチェスのシュートのこぼれ球に反応したムベンバが鮮やかな切り返しでDFを外して股抜きのシュートを左隅へ流し込み、トドメの4点目とした。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ホームで快勝のマルセイユがグループリーグ初勝利。一方、GK陣の乱調が響いたスポルティングは開幕からの連勝がストップした。

関連ニュース
thumb

マルセイユのコラシナツの自宅に強盗…居合わせた妻と娘がトラウマに

マルセイユのボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツの自宅が強盗に襲われた。フランス『レキップ』が報じている。 事件があったのは20日に行われたクープ・ドゥ・フランスのレンヌ戦の最中。この試合で先発出場していたコラシナツの自宅に強盗が押し入り、金目の物を盗んでいったという。 この時、奥さんと娘が在宅中で、身体的被害は受けなかったものの、2人はあまりの恐怖にトラウマを抱えてしまったようだ。 マルセイユとの契約は今季限りとなっており、現在は契約延長について交渉中のコラシナツ。今後の去就については家族の意見が重要になりそうだ。 2023.01.24 15:50 Tue
twitterfacebook
thumb

フランス代表FWトヴァンがティグレスと契約解除…フリーで新天地探しへ

メキシコのUANLティグレスは23日、フランス代表FWフロリアン・トヴァン(29)の契約を双方合意の下で解除したことを発表した。 2021年夏にティグレスに移籍したトヴァン。それまでマルセイユに通算9シーズン在籍し、絶対的なエースとして公式戦281試合86ゴール61アシストを記録していた。 ティグレスにはマルセイユで同僚だったアンドレ=ピエール・ジニャックが在籍しており、2015年夏からプレーする同選手は、通算で180得点以上を記録しているレジェンド。トヴァンには同様の活躍が期待されたが、在籍1年半での成績は38試合8ゴール5アシストにとどまった。 元々2026年までの契約だったが、アルゼンチン人FWニコラス・イバニェスが1月に加入したことで、外国人枠確保のためにトヴァンがチームを去ることに。元ニューカッスルFWの去就は今のところ不明だ。 2023.01.24 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド保有DFバイリー、レッドで7試合出場停止に… 今季からマルセイユでプレー

マルセイユのコートジボワール代表DFエリック・バイリーに長期の出場停止処分が下された。フランス『フットメルカート』が伝える。 マンチェスター・ユナイテッドからマルセイユにレンタル移籍中のバイリー。プレミアリーグ時代同様にケガが多く、リーグ・アンでも6試合の出場にとどまり、フル出場は1度しかない。 7日に行われたクープ・ドゥ・フランスのラウンド32、イェール戦ではスタメン出場も相手選手に危険なタックルをお見舞いし、開始15分で一発退場に。これにより、直近のリーグ戦2試合が出場不可だったが、正式に公式戦7試合の出場停止処分が下されたという。 すでに2試合分は消化したが、今後5試合も出場不可。3位マルセイユは28日にリーグ・アン第20節で4位モナコとの直接対決が控えるなど重要なゲームが続くため、少なからず痛手にはなりそうだ。 イゴール・トゥドール監督は19日の記者会見で「受け入れるべきだが、厳しすぎるとも思う」とコメント。クラブは処分に対する上訴を示唆している。 2023.01.20 15:26 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャ退団のイスコ、新天地決めを焦らず? マルセイユ&サウジ行き却下

セビージャとの契約を解除した元スペイン代表MFイスコ(30)だが、新天地を決めかねているようだ。 昨夏にレアル・マドリーとの契約を終え、セビージャに移籍したイスコ。主力として公式戦19試合に出場していたが、昨秋のフレン・ロペテギ監督解任に端を発してスポーツ・ディレクター、モンチ氏との関係が悪化し、昨年12月に契約解除が発表された。 半年足らずでのスピード退団となったが、年末には恩師ロペテギ監督が率いるウォルバーハンプトンを筆頭に、ミランやユベントス、さらにはアメリカ・メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーなどからの関心が報じられた。 しかし、スペイン『Relevo』はイスコの新天地を「謎」と表現しており、同選手がマルセイユからのオファーを却下した上で、サレルニターナからのオファーを保留中と紹介。新天地を熟考していると考えられる。 また、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、サウジ・プロフェッショナルリーグのアル・ハリージからの巨額オファーもすでに退けているとのことだ。 2023.01.16 21:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ギリシャ代表FWミトログルがプロキャリアから退く…今後はドイツアマチュアで

ギリシャ代表FWコンスタンティノス・ミトログル(34)が、現役引退を決断したようだ。ポルトガル『Record』や『A Bola』が報じている。 ミトログルは母国の名門オリンピアコスをはじめ、フルアムやベンフィカ、マルセイユで活躍。2007年夏から在籍し、2015年までの間6度のリーグ優勝を経験したオリンピアコスでは、公式戦通算186試合82ゴール20アシストを記録した。 ここ数年はPSVやガラタサライでもプレーしていた中で、2021年1月に母国のアリス・テッサロニキに加入。1年半契約を結んだが、昨シーズンはヨーロッパカンファレンスリーグ予選の1試合のみの出場となり、昨夏に退団していた。 以降半年はフリーの状態が続いていたが、この度、プロキャリアから身を引くことを決断。同時に13日からはドイツのアマチュアクラブ、ラアート・シャエフイセンに加入しており、ギリシャ代表で65試合17ゴールの成績を持つFWは、第一線からは退きながらも、フットボーラーとしてのキャリアを続けていくようだ。 なお、ラアート・シャエフイセンの指揮官は、ミトログルのユース時代のチームメイトのようで、「また一緒にサッカーをしたいと言ってくれている親友なんだ」とコメントしている。 2023.01.14 18:10 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly