岐阜、主将の柏木陽介が全治6カ月で今季絶望…右アキレス腱断裂で手術

2022.10.04 14:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FC岐阜は4日、MF柏木陽介の負傷を報告した。

今季から主将を託され、ここまで明治安田生命J3リーグ18試合でプレーする柏木。2日に行われたJ3第27節の福島ユナイテッドFC戦も先発したが、72分にピッチを後にした。

34歳の元日本代表レフティーはその後、右アキレス腱断裂と診断され、試合翌日の3日に手術。全治6カ月の見込みで、あと7試合を残す今季中の復帰が絶望となっている。

関連ニュース
thumb

岐阜がFW山内寛史ら4選手との契約を更新「来シーズンJ2に必ず昇格しましょう」

FC岐阜は7日、GK松本拓也(33)、MF生地慶充(24)、MF山内彰(22)、FW山内寛史(27)の契約更新を発表した。 松本は湘南ベルマーレで2010シーズンにJリーグデビュー。その後は川崎フロンターレ、ギラヴァンツ北九州、ブラウブリッツ秋田を経て、2020年に完全移籍で岐阜に加入。今シーズンは明治安田生命J3リーグで12試合に出場した。 FC東京の下部組織出身である生地は、2021年に岐阜入り。プロ1年目となった2021シーズンは明治安田生命J3リーグで2試合の出場に終わったが、今季はリーグ戦14試合出場と着実に出場機会を増やした。 山内彰は今シーズンに東海学園大学から岐阜に加入。明治安田生命J3リーグ開幕節のY.S.C.C.横浜戦でプロデビューを果たしたが、第6節の松本山雅FC戦を最後に出番はなかった。 埼玉県出身の山内寛史は、早稲田大学から2017年にセレッソ大阪入り。FC町田ゼルビア、モンテディオ山形を経て、昨シーズン岐阜に入団した。今季は明治安田生命J3リーグ21試合に出場して、3得点の成績を残した。 来季も岐阜でプレーすることが決まった4選手は、クラブを通じてそれぞれが新シーズンへの気合いを示している。 ◆松本拓也 「来シーズンもFC岐阜でお世話になります。自分らしく、やるべきことをやります。応援よろしくお願いします」 ◆生地慶充 「FC岐阜を応援してくださるファン・サポーターの皆さま、日頃よりご支援いただいているスポンサーの方々、今シーズンも多くのサポートをありがとうございました。アウェイでも多くの方が駆けつけてくださり、その中でプレーすることに幸せを感じた1年でした。来シーズンもこのクラブの一員としてプレーできることにとても感謝しています。一日一日を大切に日々取り組んでいきたいと思います。来シーズンも共に戦ってください」 ◆山内彰 「来シーズンもFC岐阜でプレーさせていただくことになりました。今シーズンはサッカー人生の中で一番苦しくて、悔しいシーズンになりました。その中で得たものはたくさんありました。来シーズンはそれを活かして熱い思いを持ってプレーし、チームに貢献していきたいです。来シーズンJ2に必ず昇格しましょう。熱い応援よろしくお願いします」 ◆山内寛史 「来季も岐阜でプレーさせていただくことになりました。長良川競技場でファン・サポーターの皆さんと喜び合える瞬間のために全力で頑張ります。2023シーズンも共に戦ってください。応援よろしくお願いします」 2022.12.07 16:40 Wed
twitterfacebook
thumb

岐阜、鳥取FW田口裕也が完全移籍で加入「一緒にJ3優勝、J2昇格しましょう!」

FC岐阜は6日、ガイナーレ鳥取のFW田口裕也(21)が完全移籍で加入すると発表した。 三重県出身の田口は2020年に四日市中央工業高校から鳥取へと加入。3年間コンスタントに出場を重ね、明治安田生命J3リーグで通算84試合21得点の記録を残している。 移籍に際し、田口は両クラブへ通じて以下のようにコメントしている。 ◆FC岐阜 「この度、ガイナーレ鳥取から加入することになりました、田口裕也です。FC岐阜の一員になれる事を心から嬉しく思います」 「地元が三重県ということもあり小さい頃からFC岐阜というクラブは身近な存在でした。その素晴らしいクラブでプレー出来ることに感謝して全力で闘います!一緒にJ3優勝、J2昇格しましょう!よろしくお願いします!」 ◆ガイナーレ鳥取 「この度、FC岐阜に移籍することになりました。まず初めに、平素より多大なるサポート、ご支援いただいているパートナー企業様、どんな時も共に闘ってくれたファン、サポーターの皆様、そしてガイナーレ鳥取で出会った全ての選手、スタッフの皆さんに本当に感謝しています。ありがとうございました」 「高校でサッカーを辞めるつもりでいた僕に、プロになるチャンスを与えてくれた岡野(雅行)GM、そして吉野(智行)強化部長には感謝しかありません。本当にありがとうございます」 「僕がガイナーレ鳥取に来た時は、周りに全くついていけなくて、これからやっていけるのかと不安になる毎日でした。そこからすぐにコロナウイルスにより活動が出来なくなり、シーズンが遅れてスタートすることになりました。少し活動出来るようになってからシーズンが始まるまでの期間は、僕にとって本当に大きく成長出来た期間だと思っています」 「ボール回しは、2回に1回は鬼になって、アップなのに1人だけ汗をかいて体力の半分以上持っていかれるくらい回されて、練習の最後には足がつる日もありました。でも、毎日が本当に楽しかったです。そして、開幕戦セレッソ大阪U-23との試合でプロ初ゴールを決めて勝ったことは一生忘れないくらい嬉しかったです!そこからは勢いで1年目、2年目はやって来ました」 「しかし、今年3年目はなかなか結果が出せずに皆さんの期待に答えられなかったこと、本当に申し訳ないと思っています。でも、この経験は必ず今後に活かせると思っています!チームの目標であるJ3優勝、J2昇格という目標の力になれずにチームを離れることを許してください。すみません」 「いまの僕があるのは、間違いなくガイナーレ鳥取のおかげです。いつか、田口裕也はガイナーレ鳥取が育てたって言ってもらえるくらいすごい選手になることを約束します!」 「ガイナーレ鳥取という素晴らしいクラブで3年間プレー出来たこと、最高のサポーターの皆さんと一緒に戦えたことを本当に誇りに思います。次会う時は相手チームの選手としてですが、心のどこかで少しでも応援してくださると嬉しいです。本当にありがとうございました!」 2022.12.06 17:05 Tue
twitterfacebook
thumb

C大阪、修行続いたGK茂木秀が岐阜に完全移籍!

FC岐阜は5日、セレッソ大阪からGK茂木秀(23)の完全移籍加入を発表した。 桐光学園高校卒の茂木はC大阪でプロ入り後、FC町田ゼルビアや水戸ホーリーホックに続くレンタルで今年5月からFC今治に。アンダー世代の代表歴も持つ23歳GKは明治安田生命J3リーグの20試合でプレーした。 来季からはC大阪を完全に離れ、岐阜に活躍の場を求める茂木。今治を含めた3クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆FC岐阜 「初めまして。セレッソ大阪から加入しました茂木秀です。今シーズンFC岐阜さんと対戦した時のサポーターの応援や圧力は相手チームながらとても嫌な存在でした。それが来年自チームの応援となるとこんな力強いことはないと思っています。選手、サポーター一体となって来シーズンを駆け抜けましょう! このチームのJ2昇格に貢献できるよう全力で頑張りたいと思います。たくさんの応援よろしくお願いします」 ◆セレッソ大阪 「セレッソ大阪のサポーターの皆様、この度FC岐阜に移籍することになりました。目標であるトップチームでの出場は叶いませんでしたが、セレッソ大阪でプロ生活を始め、主にU-23で経験を積み、たくさんのいい思い出を作らせてもらいました。このチームでプレーしたい気持ちは変わらないし、いつか必ずまた戻って来て、また会える日を楽しみにしています。セレッソで培った経験を活かして、これからのサッカー人生も楽しみたいと思います! 今まで本当にありがとうございました。これからも引き続き応援よろしくお願いします!」 ◆FC今治 「サポーターの皆様。半年間の間でしたが、たくさんの応援をありがとうございました。僕自身、FC今治での時間はとても濃く本当に大好きなチームとなりました。来シーズンこのチームでプレーすることはできませんでしたが、このチームで得れたものを活かしてまたいつかこのチームに欲してもらえるような選手になれるようこれからも頑張っていきます。また来年は対戦相手として里山スタジアムに行けるのでまた皆様と会える日を楽しみにしています! 改めて今シーズンの応援ありがとうございました。今後とも茂木秀の応援をよろしくお願いします。#モギヒヤクノトシニ 」 2022.12.05 13:59 Mon
twitterfacebook
thumb

岐阜が石坂亮人の復帰発表 今年8月から北信越1部の福井へ

FC岐阜は2日、MF石坂亮人(19)の復帰決定を発表した。 石坂は岐阜U-18出身で、2種登録を経て、今季から正式昇格。今年8月から北信越フットボールリーグ1部の福井ユナイテッドFCに育成型期限付き移籍をした。復帰決定を受け、クラブを通じて決意を新たにしている。 「来シーズンFC岐阜に復帰することが決まりました。プロ一年目は悔しい感情でいっぱいでした。その中でも日々精進してきたことや得たものを活かして、来シーズンはピッチで躍動し全力で闘います。そして、必ずJ2昇格しましょう。応援よろしくお願いします!」 2022.12.02 11:20 Fri
twitterfacebook
thumb

岐阜が三國スティビアエブスの完全移籍移行を発表! 水戸から今季途中加入

FC岐阜は1日、水戸ホーリーホックからDF三國スティビアエブス(24)の完全移籍加入を発表した。 三國スティビアエブスは青森山田高校出身。順天堂大学に在学中の2020年に特別指定選手として水戸入りして、翌年に正式入団した。 今季は水戸で出番が減り、6月からFC岐阜に育成型期限付き移籍。明治安田生命J3リーグで4試合の出場だったが、完全移籍移行が決まった。 FC岐阜の公式サイトを通じて「FC岐阜に完全移籍することが決まりました」と残留決定を報告するとともに、意気込みを続けた。 「途中から来た僕を温かく迎え入れてくれたFC岐阜に関わる皆様、本当にありがとうございました。今シーズン、個人としてもチームとしても上手くいかないことが多く、悔しいシーズンになってしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです。来季こそはJ3優勝とJ2昇格できるよう、全身全霊で結果にこだわり頑張っていきたいと思います。来シーズンこそは笑顔で終われるように頑張ります」 一方、水戸の公式ウェブサイトでは思い出を振り返りながら、新天地での活躍を誓った。 「プロキャリアを水戸ホーリーホックでスタートできたこと、約2年半水戸ホーリーホックの選手として皆さんの前でプレーできたこと、今でもとてもいい思い出です! その中でピッチ内で結果を残すことができなくとても不甲斐ないですが、また皆さんの前でプレーする姿を見せられるように全身全霊で頑張っていきたいと思います。ありがとうございました!」 2022.12.01 11:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly