宮崎、U-18所属MF新城暖基の来季昇格内定を発表 「恩返しできるように必死に戦います」

2022.10.03 13:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
テゲバジャーロ宮崎は3日、同クラブU-18に所属するMF新城暖基(18)の来季昇格内定を発表した。

宮崎県西都市出身の新城はジュニアユース時代からクラブに所属し、U-15、U-18と昇格。現在は宮崎学園高等学校に在学中だ。

地元クラブで晴れてトップチーム昇格が決まり、クラブを通じてコメントしている。
「このたび、来季からトップチーム昇格することが決まりました新城暖基です。小さい頃から育ってきたこのクラブでサッカー選手としてスタートすることができとても嬉しく思います。少しでも早くピッチに立ちこれまで支えてくれた家族、仲間、クラブに恩返しできるように必死に戦います。ファン、サポーターの皆さん応援よろしくお願いします」

関連ニュース
thumb

宮崎が福岡大学FW永田一真の来季加入内定を発表「熱く情熱的なプレーで楽しませていきたい」

テゲバジャーロ宮崎は5日、福岡大学のFW永田一真(22)の来季加入内定を発表した。 永田は岡山県出身で、岡山学芸館高校から福岡大学へと進学していた。 永田はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、2023年度よりテゲバジャーロ宮崎に加入することが内定しました、福岡大学の永田一真です。幼い頃からの夢であった、プロサッカー選手としてのキャリアをテゲバジャーロ宮崎でスタートできることを大変嬉しく思います」 「まず、乾監督、児玉ヘッドコーチをはじめとするスタッフ陣の方々のおかげでここまで成長することができました。そして、ここまで関わってくださった指導者の皆様にも感謝しています。私のことを信じ、励まし共に歩んできた家族には本当に感謝しています」 「これからはテゲバジャーロ宮崎の永田一真として活躍し結果を残し、恩返しをしていきたいと思っています」 「熱く情熱的なプレーでファン、サポーターの皆さんを楽しませていきたいと思います。応援の程よろしくお願いします」 2022.12.05 15:02 Mon
twitterfacebook
thumb

宮崎が退任発表の髙﨑康嗣監督、急逝の工藤壮人に言及「彼を覚えておいてください」

テゲバジャーロ宮崎は24日、髙﨑康嗣監督(52)の退任を発表した。 髙﨑監督はこれまで土浦第一高校や筑波大学、東京大学でコーチを務め、2002年からは川崎フロンターレでコーチ業を歴任。同クラブでは地域・コーディネーターやスクール普及事業グループコーチも務めた。 その後、いわてグルージャ盛岡のヘッドコーチや専修大学の指揮官、新潟医療福祉大学のコーチを経て、今シーズンから宮崎の監督に就任。自身にとって初のJリーグクラブでの指揮となった。 今シーズンの明治安田生命J3リーグでは序盤こそ7連敗を喫すなど苦しい時期が続いたが、終盤に流れを掴むと7試合無敗を記録。12勝10分け12敗の9位でシーズンを終えた。 就任からわずか1年でチームを去ることになった髙﨑監督は、悔しさを滲ませつつもサポートへの感謝や、10月に急逝した元日本代表FW工藤壮人への想いを口にしている。 「このたび、契約満了に伴いテゲバジャーロ宮崎を離れることになりました。就任して1年間、テゲバジャーロ宮崎を支え、応援してくださっているファン・サポーターの皆様、クラブ関係者の皆様、スポンサー企業の皆様、そしてテゲバファミリーの皆様、選手・スタッフのみんな、2022年シーズンも共に戦っていただきありがとうございました」 「今期の目標である3位以内を達成するべく、超攻撃的にいくために、強く逞しくそして上手くすることを掲げて成長させ、勝利をお届けするために、ここまで努力を重ねて参りましたが、9位という目標とは違う結果になってしまいました」 「選手たちは懸命に走り、身体を張り、成長しようと、勝とうと努力を続けたにも関わらず、多くの勝利をお届けできなかったのは、監督である私の力不足によるものです。そんな中、10試合勝ちがなくても、いつもどんな時もチームと選手を押し上げ、一緒に前進しようとサポートして頂いた皆様には、とても深く感謝しています」 「天皇杯予選を含め35試合、いつも試合前にサポーターの皆様に挨拶をさせて頂きました。どんな状況でも暖かく迎えて笑顔のチャントで後押ししていただき感謝しています。どれだけの力になったかは計り知れません。初めて声出しのチャントを聞いた時は感動しました。志半ばでチームを去ることは残念です」 「それでも皆様にお願いです。一つは、工藤壮人がいたことを覚えておいてください。チームが苦しい状況でも、常に前向きに仲間やチームのことを考えて行動してくれた男が在籍してくれたことを。チームは、彼が残したものをより一層精進し、進化させてくれます」 「もう一つは、新たな2023シーズン、皆様の力強い、熱い、心のこもった援軍が必要です。是非、ユニスタに足を運んでください。皆様の声援が選手たちを確実に後押ししています。選手たちは、最後の1分1秒まで走り抜きます。そして皆様に笑顔と元気を届けます。繰り返しになりますが、是非、多くの方の声援を宜しくお願い致します」 「最後になりますが、来年からはどこにいてもいつも応援しています。テゲバジャーロ宮崎のこれからの発展を心から祈っております。一年間本当にありがとうございました」 2022.11.24 11:41 Thu
twitterfacebook
thumb

宮崎DF綿引康が契約満了 「皆様の温かさは一生忘れません」

テゲバジャーロ宮崎は23日、DF綿引康(24)の契約満了を発表した。 綿引は鹿島アントラーズのアカデミー出身で、前橋育英高校、鹿屋体育大学を経て、2020年に宮崎入り。今季は明治安田生命J3リーグ17試合に出場したが、退団の運びとなった。クラブを通じて別れの挨拶をしている。 「テゲバジャーロ宮崎に関わる全ての皆様、今シーズンも1年間応援ありがとうございました。熱いサポーターの皆様と出会い、共に闘うことができ本当によかったです。どんな時も背中を押してくれた皆さんには感謝しかありません」 「また、最高の仲間とサッカーすることができてとても幸せでした。宮崎の皆様の温かさは一生忘れません。自分の成長した姿を見せられるよう、これからより一層日々精進していきたいと思います。3年間本当にありがとうございました!」 2022.11.23 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

宮崎が薗田卓馬の退団発表…今季加入で6ゴールも

テゲバジャーロ宮崎は22日、FW薗田卓馬(29)の契約満了を発表した。 薗田は福岡大学を卒業後、アスルクラロ沼津、徳島ヴォルティスでプレー。今年から宮崎に加わり、鹿児島県出身の自身にとって初の九州に戻ってのシーズンを明治安田生命J3リーグ29試合6得点で終えた。 だが、チームは今季限りの契約をもって更新しない決断を下し、薗田は1年で退団する運びに。クラブを通じて別れの挨拶をしている。 「1年間という短い間でしたがありがとうございました。サポーターの皆様と出会い一緒にサッカーできてよかったです。また最高の仲間とサッカーできて、とても楽しかったし幸せでした。まだ移籍先は決まってませんが来年もサッカーを続けたいと思っています。これからも応援よろしくお願いします」 2022.11.22 19:05 Tue
twitterfacebook
thumb

いわきのルーキーFW有田稜がJ3得点王!後半戦定位置確保でPKなしの17得点マーク

2022シーズンの明治安田生命J3リーグ全日程が20日に終わり、いわきFCのFW有田稜が初のJ3得点王に輝いた。 国士舘大学から今季加入したルーキーの有田は、第3節愛媛FC戦の後半アディショナルタイムにJリーグ初出場を飾ると、投入直後にヘディングでJ初ゴールを記録した。 前半戦は途中出場が続いていたものの、第18節松本山雅FC戦からスタメンに定着。第26節から第30節にかけては5試合連続得点で一挙8ゴールをマークするなどし、PKなしで計17得点を積み上げた。 いわきFCは今季がJリーグ参入初年度のため、クラブからJの得点王が誕生するのは初めてのこととなる。 次点は16得点でFC岐阜のFW藤岡浩介。先シーズンはテゲバジャーロ宮崎で10得点を挙げ、得点ランキング2位となっていた点取り屋は、今季も岐阜でゴールを量産。最終節でも1得点を挙げたが、惜しくも及ばず、2年連続の次点となった。 3位は15得点で、鹿児島ユナイテッドFCのストライカー・有田光希と、第33節ではハットトリックを達成したガイナーレ鳥取のFW石川大地が並んだ。 ◆J3得点ランキング 【17】 有田稜(いわきFC) 【16】 藤岡浩介(FC岐阜) 【15】 有田光希(鹿児島ユナイテッドFC) 石川大地(ガイナーレ鳥取) 【14】 岡田優希(テゲバジャーロ宮崎) 【13】 横山暁之(藤枝MYFC) 【12】 米澤令衣(鹿児島ユナイテッドFC) 中川風希(FC今治) 千葉寛汰(FC今治) 【11】 横山歩夢(松本山雅FC) 2022.11.20 17:43 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly