【プレミアリーグ第9節プレビュー】ノースロンドン・ダービーとマンチェスター・ダービーが開催!

2022.10.01 16:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エリザベス女王の訃報やインターナショナルブレイクもあり、チームによっては1カ月ぶりのリーグ戦となる今節。注目はノースロンドン・ダービーとマンチェスター・ダービーだ。

首位アーセナルが3位スパーズをホームに迎える今季最初のノースロンドン・ダービー。開幕5連勝を収めたアーセナルは、第6節のマンチェスター・ユナイテッド戦で初黒星を喫したものの、直近のブレントフォード戦ではアウェイで3発快勝を収め、首位でインターバルへ突入することになった。

対するスパーズは、ここまで5勝2分け無敗とこちらも好調。直近のレスター戦ではソン・フンミンが今季初得点を含むハットトリックの活躍を披露し、6ゴールの大勝を収めている。
互いにこの上ない状態で臨むダービーだが、負傷者が多いのも共通点。アーセナルはジンチェンコやティアニーをはじめ、このブレイク中にトーマス・パルティやスミス・ロウも故障者リスト入りしてしまった。また、スパーズも守護神のロリスやクルゼフスキが負傷と、大きな痛手を被っている。

マンチェスター・ダービーも激戦必至。シティはチャンピオンズリーグを含め公式戦9試合で無敗を継続中で、ここ数試合ではCLでドルトムント相手にハーランドがゴールを決め、続くウルブス戦も3ゴールの快勝に貢献。ハーランドは現在、公式戦7戦連発中だ。

対するユナイテッドは、全試合延期となった第7節に第8節も延期となったため、リーグ戦は9月4日のアーセナル戦以来。その間に行われたヨーロッパリーグでは、初戦でソシエダに敗れたものの、第2節で昨季のCLで旋風を巻き起こしたシェリフをアウェイで破っている。

なお、シティではこの代表ウィークでストーンズとカルヴァン・フィリップスが負傷。ラポルテはトレーニングに復帰したが、今節の出場はないとグアルディオラ監督が確認した。ユナイテッドでもマグワイアが新たに負傷。一方で直近の試合を欠場していたマルシャルやラッシュフォードは出場可能と見込まれている。

7位のチェルシーはアウェイでクリスタル・パレスと対戦する。ユナイテッド同様に第8節のリバプール戦も延期となったため、1カ月ぶりのリーグ戦となる。この間にCLでは初戦でディナモ・ザグレブに敗れ、ポッター監督の初陣となった第2節のザルツブルク戦も勝ちきれなかった。なお、今節がポッター監督のチェルシーでの初リーグ戦となるが、ブライトン時代ではパレスに一度も勝てていなかった。

早くも3敗を喫し、7位に沈んでいるリバプールはホームでブライトンを迎え撃つ。こちらも1カ月ぶりのリーグ戦だが、直近のエバートンとのマージーサイド・ダービーはゴールレスドローに終わっている。その後のCLでもナポリに大敗を喫するなど、なかなか調子が上がらない今シーズン。ブレイク明けから波に乗っていきたいところだが…。

◆プレミアリーグ第9節
▽10/1(土)
《20:30》
アーセナルvsトッテナム
《23:00》
ボーンマスvsブレントフォード
クリスタル・パレスvsチェルシー
フルアムvsニューカッスル
リバプールvsブライトン
サウサンプトンvsエバートン
《25:30》
ウェストハムvsウォルバーハンプトン

▽10/2(日)
《22:00》
マンチェスター・シティvsマンチェスター・ユナイテッド
《24:30》
リーズvsアストン・ビラ

▽10/3(月)
レスターvsノッティング・フォレスト

関連ニュース
thumb

クリスティアーノ・ロナウドの新天地はやはりサウジアラビアか…年収総額2億ユーロのメガオファー

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)のサウジアラビア行きが迫っているようだ。 イギリスメディアのインタビューで監督やクラブ上層部への不満を漏らし、先月22日付でマンチェスター・ユナイテッドから契約解除が伝えられたC・ロナウド。現在はカタール・ワールドカップで活躍中だが、大会後の去就は高く注目されている。 ヨーロッパでは給与の問題から多くのクラブが門前払いとしてきた中で、新天地として現時点で最有力となっているのがサウジアラビア。少し前からアル・ナスルがオファーを出したと報じられており、一部ではデマという噂やすでに拒否したという噂など様々な憶測が飛び交っている状況だ。 だが、最新の情報を提供したスペイン『マルカ』によれば、やはり37歳は同クラブへの移籍が近づいている模様。契約期間は来年1月1日からの2年半。その年俸は驚愕の1億ユーロで、広告収入も含めるとシーズンあたり2億ユーロの収入が見込まれているとのこと。 なお、現在アル・ナスルを率いるのは、元ローマのルディ・ガルシア監督で、コロンビア代表GKのダビド・オスピナも在籍している。 2022.12.05 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがスペイン遠征メンバーを発表、W杯組13人とサンチョらが招集外に

マンチェスター・ユナイテッドは4日、中断期間を利用して行うスペイン遠征のメンバーを発表した。 中断期間前のプレミアリーグを5位で折り返したユナイテッド。現在はカタール・ワールドカップ(W杯)が開催中のため、多くの選手がオフ期間となっていたが、今月21日の公式戦再開に向け、スペイン遠征から再始動する。 今回の遠征は、W杯組の13選手とケガを抱えるDFアクセル・トゥアンゼベがメンバー外に。また、W杯の最終26人から漏れたイングランド代表FWジェイドン・サンチョもコンディション面に不安があり、本拠地での個人トレーニングになるとのことだ。 ユナイテッドは7日にカディスと、10日にレアル・ベティスと親善試合を行う予定で、いずれの試合もクラブの公式チャンネル『MUTV』で中継。中断期間明けは21日にEFLカップ(カラバオカップ)4回戦でバーンリーと対戦し、27日にプレミア第17節でノッティンガム・フォレストと対戦する。 2022.12.04 21:23 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリーがラッシュフォードへの関心を再燃、ユナイテッドの売却シナリオとは…

レアル・マドリーが、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(25)への関心を再燃させているようだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のラッシュフォード。グループ初戦のイラン代表戦で途中出場直後にゴールを挙げ、最終節のウェールズ代表戦ではスタメン出場し、圧巻の直接FKを含む2得点を挙げている。 所属するユナイテッドでも今季、公式戦19試合で8得点3アシストと好調。以前にもマドリーからの関心を報じられた時期があったが、ここにW杯での印象的な活躍が上乗せされたことで再燃してきているようだ。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、ユナイテッドはマドリーの動きを警戒しつつも、マドリー以外にもラッシュフォードに興味を持つクラブは存在。来たる移籍市場で売却せざるを得なくなる可能性が捨てきれないという。 それは、ラッシュフォードと契約延長で合意できていないため。契約が2023年6月までのなか、クラブは1年延長オプションの行使権を持つ。しかし、行使したとて2024年夏までに売り時は限られており、このまま延長オファーに同意して貰えなければ、いずれは売却せざるを得ないということだ。 2022.12.04 20:03 Sun
twitterfacebook
thumb

来夏去就注目のライスがステップアップ願望口に…

ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(23)が来シーズンのステップアップ願望を明かした。イギリス『テレグラフ』が報じている。 現在、プレミアリーグ最高の若手ホールディングMFとしての評価を確立するハマーズのキャプテン。今夏にはステップアップの可能性が取り沙汰されたものの、愛するクラブとの紳士協定によって残留を決断した。 しかし、今夏積極的な補強を敢行したチームは、デイビッド・モイーズ監督の限界を露呈するようなリーグ戦の低迷を強いられており、23歳MFの来夏の退団がより現実味を帯びてきている。 そういった中、現在スリーライオンズの一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)という代表レベルにおける最高峰の舞台を経験するライスは、公式会見の場で自身の去就に言及。 周囲のチームメイト同様にクラブレベルでもチャンピオンズリーグ(CL)のような最高峰の舞台に挑戦したいと、改めてステップアップ願望を口にした。 「皆さんが知っているように、チャンピオンズリーグのフットボールをプレーし、トロフィーを獲得している友人がここにはいる。キャリアは1つしかなく、キャリアの終わりには、自分が何を勝ち取ったのか、プレーした最大のゲームを振り返りたいと思うものだ」 「僕は野心的で、それをやりたいと思っている」 なお、ウェストハムはライスの移籍金を7000万ポンド~1億ポンド(約116億~166億円)程度に見積もっており、移籍先候補に挙がるプレミアリーグのメガクラブにとって十分に支払いが可能な金額だ。 ただ、以前から有力な候補に挙がる古巣のチェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールに関してはCL出場権獲得へ微妙な立ち位置となっており、マンチェスター・シティやアーセナルなどと競合した際にはその部分がネックとなりそうだ。 2022.12.02 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

リサンドロ・マルティネスが自身の信条を明かす「学び、規律、道徳、冷静に」

マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表DFリサンドロ・マルティネスが自身の信条を明かした。イギリス『サン』が伝えている。 今夏にアヤックスからユナイテッドへと移籍したL・マルティネス。当初はセンターバックでありながら180cmにも満たない身長を理由に「プレミアリーグでは通用しない」などと批判されるも、今ではチームの不可欠な存在となっている。 現在はアルゼンチン代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中。30日に行われるグループ最終節のポーランド代表戦を控えた前日会見では、逆風を乗り越え、ファンからの信頼を揺るがぬものにした今季前半を振り返った。 「周りの人から学び、周りの人が話す言葉、意見に耳を傾けるという心構えがとても大事だ。何よりも、自分自身は傲慢であってはならず、規律を重んじ、道徳的であり、良い人間でなくてはならない、と思ってやってきたよ」 一方、決勝トーナメント進出がかかる大事な一戦を前にし、アルゼンチン国民からの期待やプレッシャーを感じるかと問われると、それを認めつつ、それこそがやりがいだと口にした。 「W杯のそれ(重圧)は、他の大会と比較できないものだと知った。僕らはアルゼンチンのファンと生きた関係を築いていて、彼らの存在が僕らをやる気にしてくれている」 「どんな試合でも重要なのは冷静に戦うこと。ただでさえプレッシャーが大きい中、自分で自分を追い込む余裕はないんだ。このシャツを着るなら全力を尽くすと同時に、冷静でなくてはならない」 2022.11.30 17:22 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly