モロッコがユニフォームデザインで「文化を盗用している」とアディダスに抗議…断交中のアルジェリア代表のユニフォームが物議

2022.09.30 20:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユニフォームのデザインを巡って、大きな騒動に発展している。イギリス『BBC』によると、モロッコの文化省が「アディダス」を非難しているとのこと。モロッコ文化をアルジェリア代表のユニフォームに使用していると訴えている。

モロッコ人弁護士のムラド・エラジュティ氏は、モロッコの陶器のデザインによくみられる「ゼリージュ」という彩り豊かな幾何学模様が、アルジェリア代表のユニホームで採用されていると主張。モロッコ文化賞の代理として、アディダスに法的警告を行った。
エラジュティ氏は、アディダスのトップであるカスパー・ローステッド氏に書簡を送り、新たなデザインが「文化の盗用」であり、「モロッコの遺産の1つを盗み、文化を盗用している」としていた。

また、アディダスに対し、このデザインを2週間以内に中止するように依頼しているという。

アルジェリアとモロッコは隣接しており、2000kmの国境を有している。ともにフランスから独立した国家であり、たびたび紛争も起こっている。

そして1994年に治安上の理由から、両国間の国境は閉鎖。2021年にはモロッコとの全ての外交関係をアルジェリアが断ち切っていた。

アディダスは24日に、「文化と歴史にインスパイアされている。ロイヤルティに合わせ作られた」とし、2022-23シーズンのホームキットとアウェイキットを発表。アルジェリアのミシュワール宮殿から着を得たとしている。

なお、アルジェリアはカタール・ワールドカップ(W杯)には出場しない。

1 2

関連ニュース
thumb

ポルトガルとの準々決勝に臨むモロッコ監督レグラギ「我々のバックにはアフリカとアラブ人がいる」

モロッコ代表を率いるワリド・レグラギ監督が10日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)準々決勝、ポルトガル代表戦に向けた前日会見に臨んだ。 ラウンド16でスペイン代表を撃破し、モロッコ史上初のベスト8進出に導いたレグラギ監督はポルトガルとの決戦を前に意気込みを語った。 「我々のバックにはアフリカとアラブ人がいる。もちろん、最も重要なモロッコのために我々はプレーするが。国とチームを誇りに思う。ポジティブな雰囲気があり、家族のような団結力がある」 「代表チームがモロッコの人々を団結させている。それはお金やタイトルよりも重要なことだ。我々は試合に勝ち、このW杯でできるだけのことをしたい」 2022.12.09 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「謙虚さを感じられない」スペイン撃破のモロッコMFがガビやペドリを煽る画像を公開、スペイン紙も「物議を醸した」

モロッコ代表MFソフィアン・アムラバトがスペイン代表に喧嘩を売っている。 6日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16でスペインと対戦しPK戦の末に勝利したモロッコ。史上初のベスト8進出を決めた。 アムラバトは攻守に躍動。フィジカルを武器に中盤を制圧していたが、試合後のSNSではやや物議を醸している。 アムラバトは、自身のインスタグラムのストーリーズでファンが投稿した画像を2つアップ。、アムラバトをハンターに見立てて剣を持たせ、スペインのガビを刈る画像や、アムラバトに見立てた屈強な男がガビやセルヒオ・ブスケッツ、ペドリというスペインの中盤3人を仕留めるような挑発的なものだった。 本人が作成したわけではないが、自身のアカウントでもアップするのは珍しい。スペイン『アス』も「モロッコ代表MFは自身のインスタグラムで、スペインの選手たちを取り上げた2つの投稿を公開し、物議を醸した」と伝えており、ファンからも「謙虚さを感じられない」、「幼稚だ」、「誇示する必要はない」、「たまたま勝っただけだろ」といった意見が上がっている。 <span class="paragraph-title">【写真】アムラバトがSNSで公開した挑発的な画像</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Morocco midfielder Sofyan Amrabat shared this picture to his IG story yesterday...<br><br>Sending the golden boy Gavi home <a href="https://t.co/JYJmyuZu8f">pic.twitter.com/JYJmyuZu8f</a></p>&mdash; Footy Accumulators (@FootyAccums) <a href="https://twitter.com/FootyAccums/status/1600401658789273600?ref_src=twsrc%5Etfw">December 7, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.08 11:50 Thu
twitterfacebook
thumb

スペイン撃破のモロッコ、試合後にはイスラム教ならではの光景がピッチに広がる 試合中にも観客からの大歓声

モロッコ代表の選手たちがアッラーに感謝した。 モロッコは6日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16でスペイン代表と対戦。0-0のまま120分の戦いを終えると、PK戦を3-0で制し、史上初のベスト8進出を決めた。 前半はほぼスペインの攻撃を封じ、後半以降も粘り強く耐えたモロッコだが、試合後には同国ならではの光景がピッチに広がることに。選手やスタッフたちはゴールライン際に並んで跪くと、手と顔も地面につけて平伏し、神に感謝していた。 モロッコでは国民の多くがイスラム教徒。この祈りはスジュードと呼ばれるもので、イスラム教の礼拝姿勢の1つだ。 同じくイスラム教徒がほとんどであるカタールで行われている今大会。スペイン戦でもモロッコサポーターの大声援があったが、“アトラスの獅子”の躍進はどこまで続くだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】スペイン戦後のピッチに広がっていたイスラム教ならではのシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://t.co/IKbX8phYjS">pic.twitter.com/IKbX8phYjS</a></p>&mdash; 433 (@433) <a href="https://twitter.com/433/status/1600187881208807435?ref_src=twsrc%5Etfw">December 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.07 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

W杯終戦のスペイン代表、成功者ゼロのPK戦が不名誉記録も呼び込む

カタール・ワールドカップ(W杯)で失意のベスト16敗退に終わったスペイン代表だが、不名誉な記録も打ち立てての終戦になったようだ。 グループEを日本代表に次ぐ2位で突破したスペインは6日にモロッコ代表と対戦。延長戦を含め、あとひと押しが足らない展開が続いてPK戦に入ると、一番手からまさかの3連続失敗で敗退が決まった。 今大会で台風の目となるモロッコの引き立て役に成り下がってしまったスペインだが、データ分析会社『Opta』によると、W杯でのPK戦成績はこれで1勝4敗に。この負け数は大会最多の新記録だという。 そんなスペインだが、PK戦で誰一人として成功者がいなかったのも2006年大会のスイス代表に続く2カ国目に。2大会連続のベスト16敗退という結果とともに、残念なカタール大会となってしまった。 なお、W杯でのPK戦数はアルゼンチン代表とともに最多。失意に沈むルイス・エンリケ監督は試合後、PK戦について「PKキッカーの最初の3人は私がチョイスした」と説明している。 2022.12.07 12:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「PK1000」がトレンド入り、PK全員失敗のスペイン監督が前日会見で語った「PK1000本の宿題」がフラグ回収で話題に

スペイン代表が2大会連続のベスト16敗退となったが、ルイス・エンリケ監督の前日会見での発言が大きな波紋を呼んでいる。 6日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16でモロッコ代表と対戦したスペイン。グループステージでは日本代表に敗れ、2位通過となった中、このモロッコ戦も苦戦した。 素早いパス回しのモロッコに対し、スペインは前からプレスをかけていく。GKボノへも激しくプレスをかけた一方で、モロッコはそのプレスを回避しカウンターで攻める展開に。この試合は互いに得点を奪えず、0-0で120分間を終えた。 日本代表vsクロアチア代表に続き、今大会2試合めのPK戦に突入した中、スペインは3人が全員失敗。モロッコは3人目が失敗したものの、3-0で勝利を収めた。 不名誉な3連続失敗で大会を去ることになったスペインだが、試合前のルイス・エンリケ監督の発言が大きな話題となっている。 モロッコ戦を前に記者会見に臨んだルイス・エンリケ監督は、選手たちに1000本のPKという課題を課していたことを明かした。 「1年以上前、スペインのトレーニングキャンプで、少なくとも1000本のPKを蹴ってここに来るべきだと選手たちに言った」 「彼らは宿題をやってきたと思う。もし、ここに来るまで待ってからPKのトレーニングをすると…」 「最高に緊張する瞬間であり、自分のメンタルを見せるときだ。そして、1000回練習したのならば、自分が決断した形でPKを蹴ることができる」 確かに、運ではなくトレーニング。相手や周りの空気に飲まれずに蹴れば、ほとんどの選手が決められるものだが、そうはさせてくれないのが大きな大会でのPK戦だ。 スペインはユーロ2020の準決勝でPK戦の末にイタリア代表に敗れていた。そのこともあり、選手たちにPKの練習をしてくることを言ったようだが、結果は3人全てが失敗というものに。これが大きな話題となり「PK1000」がツイッターのトレンド入りするほどだった。 結果として選手たちが宿題をこなしたのかは不明だが、あまりの衝撃に世界がざわつくことに。一方で、モロッコ代表の最後のキッカーとなったDFアクラフ・ハキミは、嘲笑うかのように「パネンカ」と呼ばれるチップキックを中央に決めており、これも話題となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】モロッコ代表DFが余裕の「パネンカ」PKで勝利を決める</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Marrocos elimina Espanha com cavadinha e dancinha <a href="https://twitter.com/hashtag/MAR?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MAR</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ESP?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ESP</a> <a href="https://t.co/1AfQ2NqOkt">pic.twitter.com/1AfQ2NqOkt</a></p>&mdash; Jeff Nascimento (@jnascim) <a href="https://twitter.com/jnascim/status/1600185829262958593?ref_src=twsrc%5Etfw">December 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.07 12:10 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly