【ラ・リーガ第7節プレビュー】セビージャvsアトレティコ! “FIFAウイルス”懸念の代表戦明け初戦

2022.09.30 19:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インターナショナルマッチウィーク前に行われた第6節では、マドリード・ダービーを制した王者レアル・マドリーが開幕6連勝を達成。また、バルセロナやベティス、アスレティック・ビルバオといった上位陣も着実に勝ち点3を積み重ねている。

“FIFAウイルス”が懸念されるカタール・ワールドカップ前最後のインターナショナルマッチウィークを経て再開される第7節では、15位のセビージャと7位のアトレティコ・マドリーによるビッグマッチに注目が集まる。

セビージャは前々節にエスパニョールを破って今季初勝利を挙げたが、以降はチャンピオンズリーグ(CL)でコペンハーゲン、ラ・リーガでビジャレアルに2戦連続ドローと復調の兆しは見受けられず。ロペテギ監督の早期解任は見送られたものの、アトレティコ、アスレティック、CLでのドルトムントとの連戦と、ここからの4連戦が現体制の命運を握る。直近2試合では守備面に一定の改善が見受けられたが、攻撃面は選手個々の不振に加え、未だ最適解を見いだせておらず、アトレティコの堅守攻略に不安を残す。
対するアトレティコもレバークーゼン、ダービーでの敗戦によって今季初の公式戦戦連敗と調子はいまひとつ。CLでは2連勝で首位に立つクラブ・ブルージュとの連戦を控えており、このセビージャ戦でのパフォーマンスを浮上の足掛かりとしたい。やり繰りに苦戦するディフェンスラインではダービーで退場のDFエルモソを出場停止で欠くが、DFサビッチ、DFヒメネス、DFレギロンらに復帰の目途が立ち、MFヴィツェルを本来の中盤に戻し、より安定したゲームコントロールが期待される。一方、開幕以降トーンダウンが顕著なストライカー陣には奮起が求められるところだ。

ヨーロッパ5大リーグでも唯一となる開幕6連勝と絶好調の王者レアル・マドリーは、5位のオサスナを相手に7連勝を狙う。中断前のアトレティコ戦では主砲ベンゼマを欠くことで苦戦も予想されたが、FWヴィニシウス、FWロドリゴ、MFバルベルデの若手トリデンテが決定的な働きをみせ、敵地で2-1の勝利を収めた。週明けに行われるCLではシャフタールとの首位攻防連戦が控えるが、まずは難敵オサスナを相手に結果を残したい。

オサスナ戦ではクラブ、代表でフル稼働だったMFモドリッチの離脱にDFアラバもコンディションに不安を抱えるが、代わって負傷明けのベンゼマの復帰が決定的と見られ、自身不在の中で躍動した若手アタッカー陣との共演による攻撃陣のさらなる爆発が期待される。一方、対戦相手のオサスナはここまで2連勝後に敗戦というサイクルが続き、直近のヘタフェ戦では敗戦を喫しているが、自慢の堅守を武器に王者を撃破して前述のサイクルを継続することになるのか。

その王者を2ポイント差で追う2位のバルセロナは、10位のマジョルカとのアウェイゲームで6連勝を目指す。中断前の前節は前半序盤に数的優位を得た結果、FWレヴァンドフスキのドブレーテの活躍などで3-0の完勝を収めた。ただ、週明けからインテルとの重要なCL連戦を控える中、このインターナショナルマッチウィークでは“FIFAウイルス”に罹患。DFアラウホ、DFクンデ、MFフレンキー・デ・ヨング、FWデパイが代表活動中に負傷した上、チーム残留組のDFベジェリンと4選手が離脱を余儀なくされた。

そのため、今回のマジョルカ戦ではインテル戦に備えて大幅なターンオーバー敢行が見込まれており、緊急事態の右サイドバックに関してはDFセルジ・ロベルトが間に合わない場合、DFクリステンセンかDFエリック・ガルシアを右に回してDFピケをセンターバックで起用するか、3バックへの変更が想定される。FWムリキら馬力のある相手攻撃陣にへの対応に不安を残すだけに、[5-3-2]のソリッドな戦いを志向するホームチームに対して攻撃陣の力で押し切りたい。

MF久保建英を擁する8位のレアル・ソシエダは、11位のジローナを相手に連勝を目指す。久保は前節のエスパニョール戦で果敢なプレスからFWセルロートのゴールをお膳立てし、公式戦2試合連続アシストを記録。チームの2-1の勝利にきっちり貢献した。今回のインターナショナルマッチウィークではアメリカ代表戦で上々のパフォーマンスをみせ、エクアドル戦は完全休養となっており、今回のジローナ戦でもスタメン起用が濃厚だ。チームでは今季絶望のFWサディクに加え、FWカルロス・フェルナンデス、FWチョがコンディションの問題を抱えており、前述のセルロートやカンテラーノらと共にフル稼働が求められるところだ。

その他では連勝を狙う3位のベティスと13位のセルタが対峙するカード、開幕から唯一未勝利が続く最下位のエルチェの試合に注目したい。

《ラ・リーガ第7節》
▽9/30(金)
《28:00》
アスレティック・ビルバオ vs アルメリア

▽10/1(土)
《21:00》
カディス vs ビジャレアル
《23:15》
ヘタフェ vs バジャドリー
《25:30》
セビージャ vs アトレティコ・マドリー
《28:00》
マジョルカ vs バルセロナ

▽10/2(日)
《21:00》
エスパニョール vs バレンシア
《23:15》
セルタ vs ベティス
《25:30》
ジローナ vs レアル・ソシエダ
《28:00》
レアル・マドリー vs オサスナ

▽10/3(月)
《28:00》
ラージョ vs エルチェ


関連ニュース
thumb

元アトレティコFWのゲルハルト・ロダックス氏、57歳で逝去

17日、元オーストリア代表FWで、アトレティコ・マドリーなどでもプレーしたゲルハルト・ロダックス氏が57歳で逝去した。各国のメディアが伝えている。 ロダックス氏は現役時代、アドミラ・ヴァッカーやラピド・ウィーンなど、キャリアのほとんどを母国で過ごし、オーストリア1部通算246試合97得点を記録。アドミラ・ヴァッカー在籍時の1989-90シーズンには得点王となり、翌季から1シーズン半のみだがアトレティコでもプレーした。 オーストリア代表としては1990年のイタリアW杯に出場するなど、通算20試合3得点という経歴を持ち、母国では“金髪のロケット”という異名でよく知られた選手だった。 1996年の引退後はアドミラ・ヴァッカーのセカンドチームで2度にわたってコーチを務めるも、近年は重い病気と闘っていたとされ、17日、オーストリアの首都ウィーンから20kmほどの場所で電車にはねられて亡くなったという。 訃報を受け、現役時代の所属クラブなどが相次いで追悼コメントを発表。ロダックス氏のプロデビューと引退を見守ったアドミラ・ヴァッカーは「ロダックスのご家族の皆様に心よりお悔やみとお見舞いを申しあげます。私たちの思いは、あなたとともにあります」と声明を出している。 2022.11.18 19:52 Fri
twitterfacebook
thumb

シメオネ長期政権もついに終焉? アトレティコ次期指揮官の最有力はトゥヘルか

前チェルシー指揮官のトーマス・トゥヘル氏(49)が、アトレティコ・マドリー次期指揮官の最有力候補に挙がっているようだ。ドイツ『ビルト』などが伝えている。 9月にチェルシー指揮官の座を解かれたトゥヘル氏。新天地の候補としていくつかのクラブが挙がり、カタールW杯後にイングランド代表を率いるのではとも報じられたが、現在もフリーの状態が続いている。 ここ数日はアトレティコ行きが有力視されている模様。アトレティコは一昨季に7年ぶりのラ・リーガ優勝を達成も、今季はチャンピオンズリーグ(CL)でグループステージ敗退を喫し、ディエゴ・シメオネ監督(52)の長期政権に終止符を打つべき時が来たと叫ばれている。 首脳陣は6日のエスパニョール戦のドロー、続くマジョルカ戦の黒星を受け、シメオネ監督解任を本格議論。W杯後のスペイン代表退任が濃厚とされるルイス・エンリケ監督(52)が有力とも報じられたが、現在はトゥヘル氏が最有力とみて間違いないとのことだ。 2022.11.15 17:57 Tue
twitterfacebook
thumb

闘将ガビ氏がアトレティコ復帰へ! スポーツ部門でチームや責任者らの橋渡し役に

アトレティコ・マドリーのレジェンド、ガビことガブリエル・フェルナンデス・アレナスが、クラブに戻ってくるようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 アトレティコの下部組織出身で、在籍通算10年間でクラブ歴代5番目となる公式戦416試合の出場を誇ったガビ。ディエゴ・シメオネ政権では、ラ・リーガやコパ・デル・レイ、ヨーロッパリーグ制覇に大きく貢献し、1ゴール1アシストの活躍を披露した2017-18シーズンのヨーロッパリーグ決勝を最後に2度目の退団。その後はカタールのアル・サッドで2年間プレーしたのち、2020年11月に現役から退いた。 そんなガビ氏は今、アトレティコ入閣に向けてCEOのミゲル・アンヘル・ヒル・マリン氏と具体的な交渉を行っている模様。スポーツ部門に勤めると見られ、チームや指導陣、その他責任者らの橋渡し役として期待されているとのことだ。 なお、ガビ氏は昨夏にコーチライセンス取得の一環としてアトレティコに復帰しており、U-19にあたるフベニールAでノウハウを学んだ。その後、ヘタフェのセカンドチームを率いる流れとなったが、必要な資格が不足したため、白紙に戻っていた。 2022.11.14 14:55 Mon
twitterfacebook
thumb

原大智が決勝点で初戦突破に貢献! プリメーラ勢はカディス&アルメリアが初戦敗退…《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ1回戦が行われた。 スーペル・コパに参戦するレアル・マドリー、バルセロナ、バレンシア、レアル・ベティスを除く、プリメーラ所属の16クラブが参加した1回戦。 カタール・ワールドカップを戦う日本代表への早期合流が許可され、MF久保建英が不在となったレアル・ソシエダは6部のカサレガスと対戦し、セルロートのドブレーテの活躍などで4-1で快勝。順当に2回戦進出を決めた。 プリメーラ勢では公式戦5試合未勝利と低迷するアトレティコ・マドリーが、5部のアルマサン相手にアンヘル・コレアとフェリックスのゴールで2-0の勝利。また、ビジャレアルは6部のサンタ・アマリアに9-0の大勝を飾った。一方で、カディスとアルメリアはジャイアントキリングを許して初戦敗退となった。 セグンダ(スペイン2部)所属の日本人所属クラブでは、FW原大智の所属するアラベスが4部のリェイダ・エスポルティウと対戦。先発フル出場となった原は、後半立ち上がりの47分に右CKの流れからサルバ・セビージャのクロスを巧みなヘディングでゴール左隅へ流し込み、チームを1-0の勝利に導く決勝点を挙げた。 なお、MF柴崎岳が所属するレガネス、MF橋本拳人が所属するウエスカは、いずれも下部カテゴリーのチーム相手にPK戦の末に敗戦。両選手はベンチ外となった。 コパ・デル・レイ1回戦の結果は以下の通り。 ◆コパ・デル・レイ1回戦結果 ▽11/12(土) フエンテス(6) 1-4 オサスナ バルバダス(6) 0-2 バジャドリー ラルコラ(6) 0-3 エルチェ オートール(6) 0-6 マジョルカ サンタ・アマリア(6) 0-9 ビジャレアル リンコン(6) 0-3 エスパニョール アルマサン(5) 0-2 アトレティコ・マドリー ゲルニカ(4) 0-0(PK:6-5) レガネス(2) マナコル(5) 1-3 アンドラ(2) オロト(4) 0-4 レバンテ(2) ギフエロ(4) 2-0 デポルティボ・ラ・コルーニャ(3) アトレティコ・サグンティーノ(4) 1-0 アモレビエタ(3) ナバルカルネロ(4) 1-3 ログロニェス(3) ウエトル・タハル(5) 0-3 アルバセテ(2) グアダラハラ(4) 0-3 ポンフェデラ(2) アレナス(4) 1-0 ルーゴ(2) ベアサイン(4) 2-3 スポルティング・ヒホン(2) ラシン・リオハ(4) 0-2 ヒムナスティク(3) セスタオ・リーベル(4) 1-0 ラシン・フェロル(3) ウトレラ(4) 0-1 セウタ(3) クリスト・アトレティコ(4) 0-2 イビサ(2) カセレーニョ(4) 3-0 コルドバ(3) コリア(4) 2-0 フエンラブラダ(3) ▽11/13(日) ヴァラルデ(6) 0-2 セビージャ アルガー(6) 1-6 セルタ カサレガス(6) 1-4 ソシエダ モリェルッサ(6) 1-3 ラージョ・バジェカーノ レアル・ウニオン(3) 3-2 カディス アレンテイロ(4) 2-0 アルメリア アルシラ(4) 0-2 アスレティック・ビルバオ サン・ロケ・デ・レペ(4) 2-3 ヘタフェ キンタナル・デル・レイ(5) 1-2 ジローナ フベントゥド・デ・トレモリノス(4) 2-2(PK:4-2) ウエスカ(2) リェイダ・エスポルティウ(4) 0-1 アラベス(2) アトレティコ・パソ(4) 1-1(PK:3-2) ムルシア(3) ビメノル(5) 0-2 ミランデス(2) ディオセサーノ(4) 1-0 サラゴサ(2) レアルタド(5) 0-2 テネリフェ(2) ラス・ロサス(5) 0-3 エイバル(2) ペーニャ・デポルティバ(4) 1-1(PK:7-8) マラガ(2) アルファロ(4) 0-1 カルタヘナ(2) レクレアティボ(4) 0-0(PK:3-4) ブルゴス(2) ヒムナスティカ・デ・トーレラベガ(4) 2-3 オビエド(2) イビサ・イスラス・ピティウサス(4) 3-1 ラージョ・マハダオンダ(3) マンレサ(4) 1-3 ポンテベドラ(3) アルネド(4) 1-1(PK:4-3) アトレティコ・バレアレス(3) ウニオン・アダルベ(4) 1-2 リナレス(3) エルクレス(4) 2-4 ラ・ヌシア(3) シルボネロ(4) 0-1 インテルシティ(3) テルエル(4) 0-1 ラス・パルマス(2) イェクラーノ(4) 2-3 グラナダ(2) コルソ(4) 2-2(PK:4-3) エルデンセ(3) サン・フアン(4) 0-2 ヌマンシア(3) オウレンセ(4) 1-1(PK:2-4) アルコルコン(3) ウテボ(4) 2-2(PK:3-4) メリダ(3) ※()内は所属カテゴリー 2022.11.14 06:57 Mon
twitterfacebook
thumb

レギロンが入院…先日にようやくアトレティコデビューも

アトレティコ・マドリーの元スペイン代表DFセルヒオ・レギロンが入院した。 クラブは11日、昨夜に急性消化器疾患で入院した旨を明らかに。退院時期は現時点でわからず、症状の経過次第になるという。 かつてレアル・マドリーでプレーし、ここ2年をトッテナムで過ごしたレギロン。今夏に1年ローンでアトレティコ・マドリー入りした。 だが、今季は開幕前にケガ。9日に行われたマジョルカとのラ・リーガで途中から出場して、新天地デビューに辿り着いたばかりだった。 2022.11.12 09:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly