メッシのサインを体に貰ったGKが直後にタトゥースタジオ直行「夢が叶った」

2022.09.28 20:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミに所属するアルゼンチン人GKフランシスコ・ラニエリが夢を叶えた。イギリス『サン』が伝えている。いつも通りフロリダのトレーニング場で練習に励んでいたインテル・マイアミだが、偶然アメリカでトレーニングキャンプを行っていたアルゼンチン代表と顔を合わせることに。その中にはもちろんFWリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)の姿もあり、選手たちは大いに喜んだ。

中でもラニエリは大喜び。自身の左腕にメッシのサインを貰うと、そのまま2ショットも撮影し、満面の笑みを浮かべていた。
そして、ラニエリは大胆な行動に。貴重なサインを失いたくないと思ったアルゼンチン人GKはなんとそのままタトゥースタジオに直行。永遠の思い出として体に刻み込んだのだ。

そのラニエリは自身のインスタグラムを更新。メッシへ感謝の思いを綴っている。

「人生最高の日。昨日夢を叶えた。憧れの選手たちと、代表チームと、ピッチを共にした」

「私のアイドルであり、史上最高の選手、ピッチ内外で活躍する素晴らしい人物、私のお手本となる人物に出会った。あなたにお会いし、私の腕にサインすることを承諾してくれたときの感動は言葉にできない」

「レオ、あなたは私の夢を叶えてくれた。毎日、自分の腕を見るたびに、あなたに会ったときの感動を思い出すだろう。あなたの素晴らしさを言葉にすることはできない」

「多くの犠牲を払い、多くのものを捨てて、昨日のような夢を生きるために。このスポーツが私に与えてくれるチャンス 今まで以上に何事も継続することが大切だ」

1 2

関連ニュース
thumb

ベッカムの次男ロメオがブレントフォードへ! 今季終了までBチームにローン加入

ブレントフォードは6日、メジャーリーグサッカー(MLS)のインテル・マイアミからイングランド人MFロメオ・ベッカム(20)のレンタル加入を発表した。加入期間は今季終了までとなる。 ロメオ・ベッカムはかつてマンチェスター・ユナイテッドや、イングランド代表で活躍したデイビッド・ベッカム氏の次男。アーセナルのアカデミーに所属後、フットボールから遠ざかる時期があったが、現在は父が共同オーナーを務めるインテル・マイアミのリザーブチームでプレーしている。 ブレントフォードによると、ロメオ・ベッカムはトップチームの戦力に数えられたわけでなく、Bチームに所属する見通し。アメリカのシーズンが終わってから、Bチームのトレーニングに参加していたとのことで、今季いっぱいもローンプレーヤーとしてともに過ごす運びになったようだ。 Bチームを率いるニール・マクファーレン監督は「ロメオは信じられないほどよくやっている。このチームの文化に溶け込み、大きな存在になっているよ」とコメント。ロメオ・ベッカムも「ここにいられるのを誇りに思うし、とても幸せだ」などと喜びの心境を明かしている。 2023.01.07 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

みんな楽しそう! 花火をバックにベッカム一家が新年の挨拶も1人足りず「寂しいよ」

イングランド代表のレジェンドでもあるデイビッド・ベッカム氏が、家族と共に新年を祝った。 カタール・ワールドカップ(W杯)でもアンバサダーとして活躍し、その姿を何度もスタンドで見せていたベッカム氏。2023年を迎えるにあたり家族との写真で祝った。 ベッカム氏は、夜空に輝く花火をバックに家族揃った写真を投稿。妻のヴィクトリア・ベッカムさんをはじめ、ロメオ、クルース、ハーパー・セブンと3人の子供たちとのファミリーショットを公開した。 ベッカム氏は「ベッカムたちからハッピーニューイヤー」と投稿し、「ブルックリン、私たちは寂しいよ」と、長男のブルックリンがいないことを綴った。 ブルックリンは、今年4月に女優のニコラ・ペルツさんと結婚。クリスマスも2人で過ごしていることがインスタグラムなどを通じて発信されており、新年も妻と迎えたのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】美しくそして楽しげなベッカムファミリーも1人不在</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cm3A1sKIm1S/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cm3A1sKIm1S/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cm3A1sKIm1S/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">David Beckham(@davidbeckham)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.01 22:22 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシ、PSGと契約延長で口頭合意か

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(35)が、パリ・サンジェルマン(PSG)との契約延長で口頭合意に至ったようだ。 PSG移籍2年目の今季、パリの環境にもすっかりと慣れ、公式戦19試合出場で12得点14アシストの好スタッツを残すメッシ。だが、PSGとの契約は今季が2年契約の最終年となり、去就話がヒートアップしていたがフランスに残留することで決着したようだ。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、メッシはかねてから噂されていたメジャーリーグサッカー(MLS)のインテル・マイアミからのオファーを拒否し、古巣バルセロナとも交渉する事はなかったという。 なお、契約期間やサラリーについてはまだ未定となっており、近日中に行われるPSGのナセル・アル・ケライフィ会長やルイス・カンポスSDとの話し合いで決定される予定とのことだ。 2022.12.22 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

スペイン代表引退のブスケッツ、バルセロナ退団も決断か

元スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(34)は今季をもってバルセロナでのキャリアにも区切りを打つようだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)の戦いがベスト16に終わり、数日後に自身のSNSを介して代表引退を表明したブスケッツ。それにより、所属先のバルセロナに完全集中できる環境が整ったわけだが、今季が契約最終年であり、こちらもまた決断が注目されるところだ。 先月末に「2月ぐらいにはっきりさせて結論を出したい」との発言を残し、まだ何も決め事がない状況を強調したブスケッツだが、スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、今季限りで15年間ほどを過ごしたバルセロナのトップチームを離れる決断を下したという。 行き先は以前から取り沙汰されるメジャーリーグサッカー(MLS)のインテル・マイアミ。バルセロナのチャビ・エルナンデス監督は残留を説得しようとしたとのことだが、ブスケッツはW杯敗退から熟考の結果、代表からの引退とともに、来夏の移籍を決めた模様だ。 そんなブスケッツに対してはヨーロッパのクラブからも話があるが、アメリカ行きに心を惹かれ、その方面から良い内容のオファーが届いているとも。そのメインがインテル・マイアミのようで、交渉はすでに始められ、来年1月の初旬まで続く見通しとされる。 なお、インテル・マイアミでは同じく今季限りでパリ・サンジェルマン(PSG)との契約が満了するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(35)を獲得する噂もあり、ブスケッツはそれ次第でバルセロナ時代以来の共演もありうると、メディアは指摘している。 2022.12.18 19:20 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル・マイアミ、フィル・ネビル監督と契約更新! 今季はクラブ最高のシーズンに

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミは7日、フィル・ネビル監督(45)との契約を2023年まで延長した旨を発表した。 ギャリー・ネビル氏が実兄のフィル・ネビル監督。2021年からマンチェスター・ユナイテッド時代の戦友であるデイビッド・ベッカム氏らが共同オーナーのインテル・マイアミで監督としての手腕を振っている。 指揮2年目の今季はオフに18選手の大量補強も功を奏して、MLSイースタン・カンファレンスで参入3季目のクラブにとって史上最高位の6位でフィニッシュ。勝ち点、勝利数、総得点もすべて新記録を樹立した。 フィル・ネビル監督は「インテル・マイアミに残れるのは大変光栄なこと。私はいつも長期的に考えて、このクラブに長くいたいと思いだった」と喜びの思いとともに、決意を新たにした。 「初期の構築過程にあり、この2年間で大きく前進した感じもあるが、決して旅が終わったわけではない。2022年はリーグ戦で6位となり、プレーオフにも進出した。だが、それは成功ではなく、進歩にしか過ぎない。期待されているのは優勝だ」 最近はパリ・サンジェルマン(PSG)と契約最終年のFWリオネル・メッシを獲得しようとする動きが取り沙汰されたりと話題のインテル・マイアミ。フィル・ネビル監督の下、新シーズンもさらなる飛躍なるか。 2022.11.08 19:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly