「粋なことしてくれる!」PKストップで殊勲のシュミット・ダニエル、J公式がJ時代のセーブ集公開「正キーパー決まり」

2022.09.28 17:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エクアドル代表の前に立ちはだかった日本代表GKシュミット・ダニエル(シント=トロインデン)。試合後には、Jリーグ公式が当時のセーブ集を公開した。27日、日本代表はドイツのデュッセルドルフで行われたキリンチャレンジカップ2022でエクアドルと対戦。2-0で勝利した23日のアメリカ代表戦から先発11名を全て変更して臨み、シュミットがゴールマウスを守った。

鋭い出足のエクアドルに苦戦し、ゴールレスで後半を迎えると、試合終盤にDF谷口彰悟がPKを献上。絶体絶命のピンチを迎えた。だが、ここでシュミットが横っ飛びでセーブ。コースを完璧に読み切り、無失点で切り抜けた。
試合はゴールレスドローに終わったものの、会心のPKストップを含めて随所で好守を披露した守護神。Jリーグ公式SNSアカウントがシュミットのJリーグ時代のセーブ集を作成し、公開すると、瞬く間に大きな反響が上がった。

「粋なことしてくれるね!」、「間違いなく今の代表に必要な選手!」、「1対1の状況でのセーブが得意なイメージ」、「最高だぜダン」、「正キーパー、シュミットダニエルで決まり」などの賛辞に加え、「熊本で覚醒して様々な経験を積んで今がある!」、「間違いなくベガルタのベスト3に入る守護神です」のように、所属していたクラブのサポーターからも声援が送られた。

現在はベルギーでプレーする守護神は、Jリーグではベガルタ仙台、ロアッソ熊本、松本山雅FCに所属。J2でプレー経験を積みながら日本代表まで上り詰めた。

カタール・ワールドカップ(W杯)までおよそ2カ月。メンバー発表前最後のテストマッチでアピールに成功したシュミット。本大会でもピッチに立つことはできるだろうか。

1 2

関連ニュース
thumb

「強豪国相手に良い戦いができて勝つことを示せた」4年後のリベンジへ、守田英正が決意を新たに「1日たりとも無駄にできない」

日本代表のMF守田英正が、クロアチア代表戦を振り返った。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16、日本vsクロアチアが行われた。 前回大会準優勝のクロアチアと、初めてベスト8を目指す日本の対戦。立ち上がりから積極的に入った日本は、失点に気をつけながらも攻勢を見せると、前田大然のゴールで先制に成功する。 今大会初めて先制した日本だったが、後半の早い時間帯に失点。その後は攻め込みながらもゴールは奪えず、クロアチアの攻撃も凌いで1-1で終了。延長戦でもスコアは動かず120分間が終了した。 PK戦では、南野拓実、三笘薫と連続で失敗。浅野拓磨が成功も、吉田麻也が失敗と、3選手がGKに止められる事態に。そのまま1-3で破れ、4度目のベスト8挑戦も失敗に終わった。 試合後のインタビューに応じた守田。「悔しい」と語った中で、今後の成長を誓った。 「成長しないといけないと思いますし、チームを勝たせる選手にならないと、こういったゲーム展開の中で、僕の個人としてのパフォーマンスは特に良くなかったですし、良ければ勝っていたはずなので、より今後のパフォーマンスを上げていかなければいけないと思います」 初戦こそ欠場も第2戦から3試合出場した守田。中盤で効いていたプレーを見せていたが、悔しい結果となった。 4年後に向けては「1日たりとも無駄にできないですし、敗戦した今日切り替えることは難しいですが、次のW杯に向けて準備していくべきだと思います」とコメント。すでに4年後を見ているとした。 そしてベスト8に向けてやっていきたいことについては、「もちろんこの死のグループと言われたグループを勝ち抜けたのは、僕たちのパフォーマンスもそうですが、国民の皆さんが応援してくれたから突破できたと思います」と、後押しをしてくれた多くの日本国民に感謝。「残念ながらベスト8の目標には届かなかったですけど、僕たちが良いプレーをして、良いサッカーをすれば、強豪国相手に良い戦いができて勝つことを示せたと思うので、引き続き日本サッカーが向上して、僕自身が良い携わり方をしたいと思います」と語り、再び決意を新たにした。 2022.12.06 04:55 Tue
twitterfacebook
thumb

「悔しさが大きい」ビッグセーブで貢献し続けたGK権田修一、ベスト8に必要なもの「チェンジではなくアップデート」

日本代表の守護神を務めたGK権田修一が、クロアチア代表戦を振り返った。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16、日本vsクロアチアが行われた。 前回大会準優勝のクロアチアと、初めてベスト8を目指す日本の対戦。立ち上がりから積極的に入った日本は、失点に気をつけながらも攻勢を見せると、前田大然のゴールで先制に成功する。 今大会初めて先制した日本だったが、後半の早い時間帯に失点。その後は攻め込みながらもゴールは奪えず、クロアチアの攻撃も凌いで1-1で終了。延長戦でもスコアは動かず120分間が終了した。 PK戦では、南野拓実、三笘薫と連続で失敗。浅野拓磨が成功も、吉田麻也が失敗と、3選手がGKに止められる事態に。そのまま1-3で破れ、4度目のベスト8挑戦も失敗に終わった。 今大会4試合全てでゴールマウスを守り、ビッグセーブを連発した権田。今大会を振り返り「悔しさが大きいです」とコメント。自身のパフォーマンスには「ベスト8に行くのを目指していたので、そのためには僕自身がもう1つやらなければいけなかった。そこの差だと思います」と、ベスト16に終わってしまったことを語り、「もっと日本のGKとしてレベルを全体として上げていこうと思いました」と、更なる成長が必要だとした。 最後はPK戦で敗れての敗退。GKとしての見せ場だったが「悔しさが一番ですし、僕自身が勝負を決せれる状況がPK戦だったので、悔しいです」とコメントした。 試合を通じては「勝つためには最少失点で推移するしかないと思っていましたし、先に点を取ってくれて、ゼロで抑えられるのが一番良かったです」と、まずは失点をしないようにしたと語り、「逆にチームとしてただ引くだけじゃなく、ボールを持つ時間もあったので、拮抗した試合という中で、最後のPK戦で仕事があと一歩できなかったという思いです」と、選手たちがしっかりと戦った中で、PK戦で貢献できなかったことを悔しがった。 ベスト8を掲げて臨んだ今大会。足りなかったものについては「次の大会に向けて、サッカー協会だったり、色々な人が分析して、次に向かっていくと思いますが、1つ言えることは、前に進んでいることは間違いなくて、前回から今回も間違いなくレベルアップしているし、過去の先輩方から前に進んでいるというのは間違いないので、そこは自信を持ってこれからもやっていくことです」と目標こそ達成できていないものの、前身はしていると語り、「ただ一歩足りなかったということは、何かを変えなければいけないですし、チェンジではなくアップデートしていく必要があると思います」と、大きく変化させるのではなく、改善と成長が必要だとした。 4年後に向けては、「この4年間もできる限りのことをやってきたつもりですが、これでも足りなかったという現実があるので、4年間、明日から1日1日を大事にして、4年後にベスト8、ベスト4にいけるGKになりたいと思います」とコメント。また、日本代表についても「日本代表というものはサッカーをやっている限りは目指し続けますし、僕自身は常に高みを目指してやっていきたいです」と語った。 <span class="paragraph-title">【動画】モドリッチのミドルを権田がビッグセーブ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/JPN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JPN</a> 1-1 <a href="https://twitter.com/hashtag/HRV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#HRV</a><br>モドリッチのミドルを <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A8%A9%E7%94%B0%E4%BF%AE%E4%B8%80?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#権田修一</a> ビッグセーブ<a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://twitter.com/ABEMA?ref_src=twsrc%5Etfw">@ABEMA</a> で視聴中 <a href="https://t.co/bsJCDRzDnS">https://t.co/bsJCDRzDnS</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ABEMA%E3%81%A7FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ABEMAでFIFAワールドカップ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%81%AE%E8%A7%A3%E8%AA%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本田の解説</a> <a href="https://t.co/Ma9roFLYWr">pic.twitter.com/Ma9roFLYWr</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1599801033688875014?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 04:44 Tue
twitterfacebook
thumb

攻守に躍動の遠藤航「PK戦まで行ってしまったことが敗因」

日本代表は5日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16でクロアチア代表と対戦し、1-1で120分を終了。PK戦の末、1-3で敗れた。 初のベスト8進出を懸けた大一番、先発に復帰したシュツットガルトのMF遠藤航は攻守に躍動。球際の強さ、ゴール前への絡みと十分な活躍を見せたが、チームはベスト16の壁を突破することができなかった。 試合直後、遠藤はインタビューで以下のように述べた。 「前半はパーフェクトな流れだった。後半も引いたところから失点せず、2点目を取りにいく狙いだった。追いつかれたところは対応が難しかった。焦れずにやれていたし、プラン通りだった。PK戦はしょうがない。蹴った選手たちを責めることはできない。チームとしてPK戦まで行ってしまったことが敗因だと思います」 日本のファンに向けては「期待して頂いたのに負けてしまって申し訳ない。グループリーグから応援してくれた人たちには感謝しかない。この悔しさを次のW杯に向けて準備していきたい。切り替えるのは難しいが、所属クラブに帰ってしっかりやっていきたい」と懸命に前を向いた。 2022.12.06 04:41 Tue
twitterfacebook
thumb

「新しい景色を見せられなくて申し訳ない」攻守に120分間走り回った伊東純也が日本代表を語る「良いチームだった」

日本代表のMF伊東純也が、クロアチア代表戦を振り返った。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16、日本vsクロアチアが行われた。 前回大会準優勝のクロアチアと、初めてベスト8を目指す日本の対戦。立ち上がりから積極的に入った日本は、失点に気をつけながらも攻勢を見せると、前田大然のゴールで先制に成功する。 今大会初めて先制した日本だったが、後半の早い時間帯に失点。その後は攻め込みながらもゴールは奪えず、クロアチアの攻撃も凌いで1-1で終了。延長戦でもスコアは動かず120分間が終了した。 PK戦では、南野拓実、三笘薫と連続で失敗。浅野拓磨が成功も、吉田麻也が失敗と、3選手がGKに止められる事態に。そのまま1-3で破れ、4度目のベスト8挑戦も失敗に終わった。 この試合は右ウイングバックで先発出場。途中インサイドハーフに入り、最後は再びサイドへ。攻守に渡って120分間を走り続けた伊東。試合後のインタビューでは、前半は良くできたと語った。 「前半、大然と合わなかったシーンは上手くできたと思います。今までよりは攻撃に関われたと思います」 今大会は思うように結果は出なかった伊東。チームについては「本当にタフで粘り強く戦えていたと思いますし、良いチームだったと思います」と語り、日本代表がよく戦えたと振り返った。 それでもベスト16の壁を越えられず。「こういう相手に勝ち切らないといけないですし、PK戦になる前に決めたかったです」と、120分までに決着を着けたかったとした。 そして応援してくれたファン・サポーターへは「新しい景色を見せられなくて申し訳ないと思います」と語り、悔しさを滲ませた。 <span class="paragraph-title">【動画】前田大然がW杯初ゴールで日本が先制!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/JPN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JPN</a> 1-0 <a href="https://twitter.com/hashtag/HRV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#HRV</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%89%8D%E7%94%B0%E5%A4%A7%E7%84%B6?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#前田大然</a> が先制ゴール<a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://twitter.com/ABEMA?ref_src=twsrc%5Etfw">@ABEMA</a> で視聴中 <a href="https://t.co/bsJCDRzDnS">https://t.co/bsJCDRzDnS</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ABEMA%E3%81%A7FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ABEMAでFIFAワールドカップ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%81%AE%E8%A7%A3%E8%AA%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本田の解説</a> <a href="https://t.co/GjPukq0mPH">pic.twitter.com/GjPukq0mPH</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1599794678299181056?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 04:33 Tue
twitterfacebook
thumb

「PKを蹴った選手たちを称えて」W杯4大会連続で全試合出場の長友佑都、さらなる日本の成長へ「Jリーグを盛り上げてほしい」

日本代表のDF長友佑都が、クロアチア代表戦を振り返った。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16、日本vsクロアチアが行われた。 前回大会準優勝のクロアチアと、初めてベスト8を目指す日本の対戦。立ち上がりから積極的に入った日本は、失点に気をつけながらも攻勢を見せると、前田大然のゴールで先制に成功する。 今大会初めて先制した日本だったが、後半の早い時間帯に失点。その後は攻め込みながらもゴールは奪えず、クロアチアの攻撃も凌いで1-1で終了。延長戦でもスコアは動かず120分間が終了した。 PK戦では、南野拓実、三笘薫と連続で失敗。浅野拓磨が成功も、吉田麻也が失敗と、3選手がGKに止められる事態に。そのまま1-3で破れ、4度目のベスト8挑戦も失敗に終わった。 試合後のインタビューで長友は、チームメイトを称え、PKを蹴った選手を称えてほしいとコメント。後輩たちに新しい景色を託したいとした。 「なかなか言葉が出てこないですけど、とにかく一生懸命最後まで戦った後輩たちと、勇気を持ってPKを蹴った選手たちを称えてほしいなと思います」 「この悔しさを必ず彼らがこの先の日本サッカーに生かしてくれると思いますし、必ず次に進めてくれると思います」 長友は今大会も4試合全てに出場。4大会連続のW杯で全ての試合に出場し、3度ベスト16に輝いた。 試合を振り返り「日本人の戦う魂は見せられたと思うし、負けてしまって残念ですけど、日本サッカーは確実に成長しているなと僕は感じています」とコメントした。 また、「Jリーグでプレーしている選手たちもいますし、みんなここにいる選手たちはJリーグで育って、海外でプレーしている選手たちです。これから日本サッカーの発展のためにも、Jリーグをもっと盛り上げていかなければいけないと思うので、皆さんのお住まいの地域にJリーグのチームがあると思うので、選手たちはこの勝利のために、ワンプレーのために努力しているので、是非応援してもらえたらと思います」とコメント。さらなる日本サッカーの発展に向け、Jリーグをもっと盛り上げてほしいと呼びかけた。 <span class="paragraph-title">【動画】前田大然がW杯初ゴールで日本が先制!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/JPN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JPN</a> 1-0 <a href="https://twitter.com/hashtag/HRV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#HRV</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%89%8D%E7%94%B0%E5%A4%A7%E7%84%B6?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#前田大然</a> が先制ゴール<a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://twitter.com/ABEMA?ref_src=twsrc%5Etfw">@ABEMA</a> で視聴中 <a href="https://t.co/bsJCDRzDnS">https://t.co/bsJCDRzDnS</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ABEMA%E3%81%A7FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ABEMAでFIFAワールドカップ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%81%AE%E8%A7%A3%E8%AA%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本田の解説</a> <a href="https://t.co/GjPukq0mPH">pic.twitter.com/GjPukq0mPH</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1599794678299181056?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 04:19 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly