「逃げ続けることはできない」暴力的行為でFAから告発されたC・ロナウドに被害者少年の母が再び怒り「彼はどうして夜眠れるの」

2022.09.27 12:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに手を叩かれた少年の母親が、事件について改めてコメントした。イギリス『ミラー』が伝えている。C・ロナウドは今年4月9日に行われた昨シーズンのプレミアリーグ第32節のエバートン戦の試合後、ピッチからロッカーに引き下がる際、通用口へとつながる通路でファンの少年の持っていた携帯を叩き落とし、その場を去っていた。

この件は、周りのサポーターが撮影していた動画にハッキリと映っており、SNSで拡散され騒動に発展。これを受け、同選手は自身のインスタグラムを通じて「僕の怒りが爆発してしまったことを謝罪したい」とすぐさま火消しに動くも、多くの批判を招いていた。
その後、マージーサイド警察が「暴行容疑」として関係者に聞き取り調査を実施するなど捜査をスタートした中、先月には警察から警告を受けていたC・ロナウドだが、さらに24日にはイングランドサッカー協会(FA)から「不適切かつ/または暴力的行為」の問題で告発された。

事態の進展を受け、少年の母親が改めてコメント。収まらぬ怒りを明かした。

「彼が最終的に正しい罰を受けることを望みます。彼はそれを逃れ続けることはできません。彼の行動は容認できません」

また、C・ロナウドのファンから「地獄のような6カ月間」に耐えてきたとする母親は、今回のFAの告発で問題が再燃したと語っている。

「私は再びこの事件を引きずっていると言う人々に追い詰められていますが、私は告発について何も知りませんでした」

「彼は半年前に処分されるべきでした。息子は、毎日彼に何が起きたのかという話をしています。彼は、まだ携帯電話を息子に返していません」

そして、携帯電話の修理代金をマージーサイド警察が支払ったことについてもC・ロナウドの対応を糾弾している。

「彼が支払うべきです。彼がこの事件のすべての発端です。それは私を困惑させます。彼は子供を暴行しても、いつも通り過ごすことができます。若いファンに与えた苦痛を理解しているなら、どうして夜眠れるのでしょう」

C・ロナウドが200ポンド(約3万円)の罰金を払ったことを警察から聞いたという母親は、心からの謝罪は受けていないともしている。

「彼は私たちに会うことを提案し、申し訳ないと言ったが、何も悪いことはしていないとも言った。それは謝罪ではなく、侮辱です」

なお、FAによってC・ロナウドの過失が認められた場合、警告や罰金、出場停止処分を受ける可能性があるという。

1 2

関連ニュース
thumb

カゼミロ圧巻2発などブラジル人トリオ活躍のユナイテッドが格下に快勝で5回戦進出《FAカップ》

マンチェスター・ユナイテッドは28日、オールド・トラッフォードで行われたFAカップ4回戦でレディングと対戦し、3-1で勝利した。 3回戦でエバートンとのプレミアリーグ勢対決を3-1で勝利し4回戦進出を決めたユナイテッド。リーグ前節では首位のアーセナルに競り負けて公式戦無敗記録が「9」でストップしたが、直近のEFLカップ準決勝1stレグではノッティンガム・フォレストに3-0で完勝。しっかりとリバウンドメンタリティを示した。 今季のチャンピオンシップ(イングランド2部)で14位に位置し、クラブレジェンドのポール・インスが率いるレディングをホームで迎え撃った一戦では、そのフォレスト戦からマルティネスに代えてマグワイアを起用した以外、同じスタメンを継続した。 [5-3-2]の後ろ重心のレディングに対して、キックオフ直後から圧倒的に押し込んでいくユナイテッド。14分にはボックス手前の好位置で得たFKをキッカーのラッシュフォードが直接狙うも、GKラムリーの好守に遭う。 以降もボールの主導権を握って相手陣内でハーフコートゲームを展開するホームチームは、ボックス内に人数をかける相手に対してブロックの外で素早くボールを動かしながら、アントニー、ブルーノ・フェルナンデスが積極的なミドルシュートでゴールへ迫っていく。 ゴールの匂いを強くさせる攻撃が続く中、35分にはカゼミロのスルーパスをDFがブロックして浮いたこぼれに反応したヴェグホルストからのヘディングパスをゴール前のラッシュフォードが頭で合わせてゴールネットを割る。だが、先制点かに思われたこのプレーはオフサイドポジションでプレーに関与したヴェグホルストのオフサイドを取られてゴール取り消しとなった。 その後も攻勢を続けるホームチームは幾つか決定機を作り出した一方、前半終了間際には自陣ボックス内でのマラシアの軽率な対応からホイレットに決定的なシュートを打たれるが、ここはGKデ・ヘアの好守で事なきを得た。 80%に迫るボール支配率にシュート15本と相手を圧倒しながらも、ゴールレスで試合を折り返したテン・ハグのチーム。後半も引き続き押し込む状況が続く中、百戦錬磨のブラジル代表MFが違いを生んだ。 まずは55分、エリクセンから右サイドのアントニーにミドルレンジのパスが通ると、中央で絶妙なアクションを起こしたカゼミロに同胞MFから完璧な斜めのラストパスが渡る。ここでカゼミロは相手DFをブロックしつつ、飛び出したGKの寸前で絶妙なチップキックでゴールネットを揺らした。 さらに、直後の58分にはバイタルエリア中央でエリクセンに代わって投入されたフレッジのワンタッチの落としに反応したカゼミロがうまく力の抜けた見事な右足のミドルシュートをゴール右下隅へ突き刺し、圧巻の連続ゴールとした。 カゼミロの2ゴールで一気にラクな展開となった赤い悪魔は、さらにレディングのベテランFWキャロルが続けて2枚のイエローカードをもらって退場となり、数的優位まで手にする。 そして、67分には右CKの場面でのクイックリスタートからB・フェルナンデスが意表を突いて入れたグラウンダーのクロスをニアに飛び込んだフレッジが巧みなヒールシュートで合わせてダメ押しの3点目とした。 この直後にユナイテッドはラッシュフォードとB・フェルナンデスを下げてペリストリとガルナチョ、73分にはカゼミロとヴェグホルストを下げてメイヌー、エランガと若手をピッチに送り出す。一連の交代によって緩みが出始めると、72分には右CKからエンベングに一矢報いるゴールを奪われる。 その後も10人相手に幾度かバタ付くシーンを作ったホームチームだったが、最終的には3-1のスコアで試合をクローズ。格下相手に危なげなく勝ち切り、5回戦進出を決めている。 2023.01.29 06:58 Sun
twitterfacebook
thumb

欠場続くサンチョ、FAカップで約3カ月ぶり復帰も?

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWジェイドン・サンチョに戦線復帰の可能性が浮上している。イギリス『BBC』が報じた。 今季でユナイテッド移籍2年目のサンチョ。シーズンが進むにつれ、存在感が薄れていき、昨年10月下旬に行われたチェルシーとのプレミアリーグを最後に試合から遠ざかっている。 カタール・ワールドカップ(W杯)の中断期間にスペイン遠征を実施したユナイテッドだが、サンチョはオランダでコンディション調整。今はクラブ練習場に戻ったが、欠場が続く。 今年に入ってもエリク・テン・ハグ監督から身体面と精神面の状態不安が話されるなか、17日から全体練習に合流。そして、試合に出られるか否かを見極る段階まできているようだ。 テン・ハグ監督は28日にホームで行われるFAカップ回戦のレディング戦に先立った会見で、サンチョの出場可否について、今後のトレーニングで見極める意向を明かした。 「彼はチームと一緒にトレーニングをしているし、様子を見る。復帰の途上にあり、一歩ずつ前進している」 なお、オランダ人指揮官は負傷離脱が続くポルトガル代表DFジオゴ・ダロトの欠場を明言して、先のカラバオカップを病欠のイングランド代表DFルーク・ショーも出場微妙と述べている。 2023.01.28 13:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、元ウェールズ代表のサヴェージ息子がイングランド3部へ! 今季いっぱいのローン

EFLリーグ1(イングランド3部相当)のフォレストグリーン・ローバーズは27日、マンチェスター・ユナイテッドからU-21ウェールズ代表MFチャーリー・サヴェージ(19)の半年レンタルを発表した。 元ウェールズ代表MFのロビー・サベージを父に持つサヴェージ。父と同じくユナイテッドのアカデミー育ちで、2021年4月にプロ契約を結び、同年12月のチャンピオンズリーグ(CL)でトップチームデビューを果たした。 エリク・テン・ハグ新監督の今季を迎えるにあたり、プレシーズンツアーにも帯同したが、ここまでは出番なし。セカンドチームでのプレーが続くなか、この後半戦からイングランド3部で力を磨くことが決まった。 2023.01.28 08:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ベッカム次男と彼女の自撮り、ユナイテッドのファンは2人よりも後ろの壁に大注目

元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏の次男・ロメオの自宅に、マンチェスター・ユナイテッドのファンが興味を示している。イギリス『サン』が伝えている。 かつてマンチェスター・ユナイテッドや、イングランド代表で活躍したベッカム氏の次男であるロメオ。アーセナルのアカデミーに所属後、フットボールから遠ざかる時期があったが、父が共同オーナーを務めるインテル・マイアミのリザーブチームに加入すると、1月にはブレントフォードにレンタルで加入。Bチームで公式戦デビューも飾っている。 公私ともに順調のロメオだが、26日に自身のインスタグラムを更新。モデルの彼女と自宅で肩を組みながらのセルフィーを投稿した。 現役時代には貴公子とも呼ばれたベッカム氏の次男・ロメオのロマンスにはさぞ注目が集まるかと思いきや、ファンの目を奪ったのは、2人の後ろにある1枚のユニフォームだった。 額縁に飾られたユナイテッドのユニフォームには、「RONALDO 7」のネーム入り。現在はアル・ナスルに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのものだ。 気が付いたファンは、2人そっちのけで「素敵なCR7のシャツ」、「後ろにロナウド」、「背景はCR7キット」とコメントしている。 ベッカム氏も背負ったユナイテッドの7番を着けたC・ロナウド。ロメオにとっても憧れの存在のようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】ロメオ・ベッカムとモデル彼女ミア・レーガンの2ショット!その後ろには…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cn2AZrYjbK5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cn2AZrYjbK5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cn2AZrYjbK5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ROMEO(@romeobeckham)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.27 21:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「3歳差には見えないな」元ユナイテッド2人がアメリカで再会!今はMLSの選手と監督「最高の写真」

マンチェスター・ユナイテッドとメジャーリーグ・サッカー(MLS)のファンが喜ぶ1枚だ。 ロサンゼルス・ギャラクシーのメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスが25日に自身のSNSを更新。「久しぶりに再会できてうれしい。ピッチの中や外で共有したすべての思い出に感謝したい。あなたの成功を祈っています」と元チームメイトとの2ショットを投稿。その人物とは、元イングランド代表FWのウェイン・ルーニー氏だった。 チチャリートことハビエル・エルナンデスは、2010年夏にユナイテッドへと完全移籍。主力だったルーニーともに二度のプレミアリーグ優勝にも貢献。その後はレアル・マドリーへのレンタル移籍やレバークーゼン、セビージャなどを経て、2020年からMLSの看板選手として活躍している。 一方のルーニー氏は、2017年までユナイテッドでプレーした後、古巣のエバートンを経て2018年から2年間MLSのDCユナイテッドでプレー。2022年夏からは同クラブの監督を務めている。 2023シーズンの開幕を目前に控えた中、別々のチームの選手と監督という立場で2人は再会。そんな2人の2ショットにはファンも喜んでおり、「3歳差には見えないな」、「いい時代だった」、「最高の写真」とコメントを寄せている。 <span class="paragraph-title">【写真】ルーニーとチチャリートがアメリカで再会!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">It&#39;s great to see you again after all this time. Thanks for all the memories we shared on and off the field. Wish you nothing but the best! <a href="https://twitter.com/WayneRooney?ref_src=twsrc%5Etfw">@waynerooney</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/OnceARedAlwaysARed?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#OnceARedAlwaysARed</a> <a href="https://t.co/3oVXLjwsKs">pic.twitter.com/3oVXLjwsKs</a></p>&mdash; Javier “Chicharito” Hernandez (@CH14_) <a href="https://twitter.com/CH14_/status/1618022837889150976?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.27 17:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly