「逃げ続けることはできない」暴力的行為でFAから告発されたC・ロナウドに被害者少年の母が再び怒り「彼はどうして夜眠れるの」

2022.09.27 12:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに手を叩かれた少年の母親が、事件について改めてコメントした。イギリス『ミラー』が伝えている。C・ロナウドは今年4月9日に行われた昨シーズンのプレミアリーグ第32節のエバートン戦の試合後、ピッチからロッカーに引き下がる際、通用口へとつながる通路でファンの少年の持っていた携帯を叩き落とし、その場を去っていた。

この件は、周りのサポーターが撮影していた動画にハッキリと映っており、SNSで拡散され騒動に発展。これを受け、同選手は自身のインスタグラムを通じて「僕の怒りが爆発してしまったことを謝罪したい」とすぐさま火消しに動くも、多くの批判を招いていた。
その後、マージーサイド警察が「暴行容疑」として関係者に聞き取り調査を実施するなど捜査をスタートした中、先月には警察から警告を受けていたC・ロナウドだが、さらに24日にはイングランドサッカー協会(FA)から「不適切かつ/または暴力的行為」の問題で告発された。

事態の進展を受け、少年の母親が改めてコメント。収まらぬ怒りを明かした。

「彼が最終的に正しい罰を受けることを望みます。彼はそれを逃れ続けることはできません。彼の行動は容認できません」

また、C・ロナウドのファンから「地獄のような6カ月間」に耐えてきたとする母親は、今回のFAの告発で問題が再燃したと語っている。

「私は再びこの事件を引きずっていると言う人々に追い詰められていますが、私は告発について何も知りませんでした」

「彼は半年前に処分されるべきでした。息子は、毎日彼に何が起きたのかという話をしています。彼は、まだ携帯電話を息子に返していません」

そして、携帯電話の修理代金をマージーサイド警察が支払ったことについてもC・ロナウドの対応を糾弾している。

「彼が支払うべきです。彼がこの事件のすべての発端です。それは私を困惑させます。彼は子供を暴行しても、いつも通り過ごすことができます。若いファンに与えた苦痛を理解しているなら、どうして夜眠れるのでしょう」

C・ロナウドが200ポンド(約3万円)の罰金を払ったことを警察から聞いたという母親は、心からの謝罪は受けていないともしている。

「彼は私たちに会うことを提案し、申し訳ないと言ったが、何も悪いことはしていないとも言った。それは謝罪ではなく、侮辱です」

なお、FAによってC・ロナウドの過失が認められた場合、警告や罰金、出場停止処分を受ける可能性があるという。

1 2

関連ニュース
thumb

ザビッツァー獲得のユナイテッドは「迅速で的確な反応を見せた」 元コーチがクラブを絶賛

かつてマンチェスター・ユナイテッドでアシスタントコーチを務めたレネ・ミューレンスティーン氏が、古巣の移籍市場での振る舞いを称賛した。 今シーズンから指揮を執るエリク・テン・ハグ監督の下で、現在4位と好調のユナイテッド。しかし、主軸の一人だったMFクリスティアン・エリクセンが1月28日に行われたFAカップ4回戦のレディング戦で悪質なタックルを受け、最大3カ月の長期離脱となった。 好調なチームに水を差されかねない事態となったものの、クラブは迅速に対応。エリクセンの長期離脱が判明してから12時間も経たないうちに、バイエルンからオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーを半年のレンタルで獲得した。 かつてサー・アレックス・ファーガソンの右腕としてチームを支えたミューレンスティーン氏は、こうしたクラブの動きを称賛。ザビッツァーはテン・ハグ監督の戦術にマッチするだろうと期待を示した。 「マンチェスター・ユナイテッドは、本当に迅速で的確な反応を見せてくれたと思う。エリクセンはとても素晴らしい選手であり、チームのビルドアップと攻撃をリンクさせる唯一の選手だった」 「彼の離脱はユナイテッドにとって大きな損失だ。だが、これほど素早く行動し、サビッツァーをレンタルで連れてくるとはね。おそらく、彼は以前からクラブかエリク・テン・ハグのレーダーに引っかかっていたのだろう」 「彼はテン・ハグの戦術にマッチする選手だ。勝者のメンタリティを備える、多才な才能を持った中盤の選手だと思う。彼はあらゆるスタイルに対応ができる、間違いなく賢い選手だ」 2023.02.02 17:13 Thu
twitterfacebook
thumb

スーパーコンピューターがプレミアリーグの最終順位を予想…今冬510億円投下のチェルシーは8位

あるイギリス企業が開発したスーパーコンピューターが、今季のプレミアリーグの最終順位を予測した。イギリス『サン』が伝えている。 冬の移籍市場が閉幕し、泣いても笑っても現スカッドで戦うのみとなった欧州リーグ。プレミアリーグでは例年通り、他国を圧倒する資金力で数多の移籍が成立した。 その中で今冬の主役となったのは間違いなくチェルシーだ。総額3億6360万ユーロ(約510億円)もの大金を投下し、ミハイロ・ムドリクやエンソ・フェルナンデスなど多くのビッグクラブが注目したタレントを次々と獲得。エンソ・フェルナンデスは英国史上最高額となる1億2100万ユーロの移籍金を記録した。 この移籍市場を踏まえてプレミアリーグの今後の順位変動は気になるところだが、イギリスのベッティング企業『bettingexpert』の専門家チームが、プレミアの最終順位表を予測するスーパーコンピューター『BETSiE』を開発した。 その『BETSiE』の予想では、優勝は現在トップのアーセナル。演算の結果、88.5ポイントの勝ち点でこのまま逃げ切るという。2位はマンチェスター・シティで82.9ポイント。3位にはマンチェスター・ユナイテッドがニューカッスルを抜いて割って入るとみられ、それぞれ勝ち点は71.4、70.9と僅差となっている。 5位と6位にはトッテナムとリバプールが予想されている。極度の不振に喘ぐ現在9位のリバプールだが、最終的にはなんとか欧州カップ戦の出場権を手にするようだ。 そして、気になるチェルシーはというと8位と結果振るわず。前半戦のような戦いを繰り返すと見込まれ、グレアム・ポッター監督の古巣であるブライトンにも及ばずという予測がなされている。 一方で、下位に目を向けると、最下位はエバートン。現在19位の同クラブはフランク・ランパード監督を解任し、後半戦の巻き返しに向けてショーン・ダイチ監督を招聘した。しかしながら最下位予想。現在降格圏に沈んでいるボーンマスとサウサンプトンと共に2部降格の可能性が高いようだ。 ◆スーパーコンピューター予想の最終順位表 (勝/引/負/勝ち点) 1. アーセナル(27.6/5.6/4.1/88.5pt) 2. マンチェスター・シティ(25.4/6.6/6.0/82.9pt) 3. マンチェスター・ユナイテッド(21.5/7.1/9.1/71.4pt) 4. ニューカッスル(19.3/12.9/5.0/70.9pt) 5, トッテナム(18.6/7.3/12.6/63.2pt) 6. リバプール(17.9/9.2/12.2/63.0pt) 7. ブライトン(18.0/8.5/11.7/62.5pt) 8. チェルシー(15.4/10.0/14.7/56.2pt) 9. ブレントフォード(13.8/12.9/10.2/54.4pt) 10. フルアム(14.6/7.8/16.1/51.5pt) 11. アストン・ビラ(14.1/8.8/15.9/51.1pt) 12. クリスタル・パレス(10.9/10.7/16.8/43.5pt) 13. ウェストハム(11.5/7.5/18.2/41.9pt) 14. リーズ(10.3/10.1/16.6/41.1pt) 15. レスター(10.4/7.7/20.9/39.0pt) 16. ノッティンガム・フォレスト(9.2/10.0/18.1/37.7pt) 17. ウォルバーハンプトン(8.8/9.5/19.8/36.0pt) 18. サウサンプトン(8.8/7.4/20.7/33.9pt) 19. ボーンマス(7.3/9.3/21.6/31.1pt) 20. エバートン(7.0/9.8/20.4/30.9pt) 2023.02.02 17:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「我々はユナイテッドだ」テン・ハグ監督は決勝進出も課題に言及「もう少し賢くなければならない」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、EFLカップ(カラバオカップ)決勝進出を評価した。クラブ公式サイトが伝えている。 ユナイテッドは1日に行われたEFLカップ準決勝2ndレグでノッティンガム・フォレストと対戦。1stレグを3-0で完勝したチームは、多くの選手を入れ替えて臨んだ一戦も主導権を握る有利な展開となった。 前半こそ無得点で終えたものの、73分にFWアントニー・マルシャルのゴールで先制すると、直後にはMFフレッジにも追加点が生まれ、そのまま2-0で勝利。この結果、合計スコア5-0としたユナイテッドが決勝進出し、ニューカッスルと対戦する。 就任初年度からいきなりチームをカップ戦決勝に導いたテン・ハグ監督だが、試合後にはチームの課題に言及した。 「前半は正直言ってあまり良くなかった。テンポが悪く、遅く、チャンスを作れなかった。相手に2度の好機を与えてしまったが、それはあってはならないことだろう。ただ、後半はより良くなったと思う。テンポが良くなり、良いゴールを決められた」 「こうした試合ではもう少し賢くなければならない。ボールをキープしてパスを回し続ける、それが我々のすべきことで、もっと動きをつけるべきだった。それがあまり実現できなかったと思う。ベンチからのインパクトが必要だったが、後半最初の15分間はテンポが良く、何度かチャンスも作れていた」 「試合が多いのは利点だ。試合ごとに改善ができる。選手たちにどこを改善しなければならないかを明確に示し、次の試合に持ち込める。それに、マンチェスター・ユナイテッドのようなクラブでは、3日おきに試合をするのは普通だろう。それに対応しなければならない」 また、決勝進出では満足せず、勝利を目指したいと意気込んだ。 「決勝進出は素晴らしい。そして決勝戦は勝つために戦うものだ。決勝戦に来るだけで達成感はない。そこで勝ちたい」 「まずは他にやるべきことがあり、プレミアリーグに戻る必要がある。我々はユナイテッドだ。ユナイテッドの選手である以上、その基準に合わせなければならない。みんなには土曜日のクリスタル・パレス戦が楽しみだと伝えた。カップ戦のことは忘れ、次の週に集中しなければならない」 2023.02.02 10:43 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがフォレストに快勝でニューカッスルの待つ決勝へ《EFLカップ》

マンチェスター・ユナイテッドは1日、EFLカップ準決勝2ndレグでノッティンガム・フォレストをホームに迎え、2-0で快勝した。この結果、2戦合計スコアを5-0としたユナイテッドが決勝進出を決めた。 敵地での1stレグを3-0で快勝していたユナイテッドは3日前に行われたFAカップ4回戦ではレディングに3-1と快勝した。その試合で負傷したエリクセンが欠場となった中、レディング戦のスタメンから6選手を変更した。 ヴェグホルスト、ガルナチョ、アントニーの3トップで臨んだユナイテッドが自陣に引くフォレスト相手に立ち上がりからボールを握っていく。 すると38分、CKの流れからルーズボールに反応したアントニーがボックス手前から際どいミドルシュートを放った。 さらに45分、カゼミロのクロスからヴェグホルストの放ったヘディングシュートがポストに直撃。ユナイテッドが好機を作りながらもゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半も危なげなく時間を進める中、ユナイテッドは62分に3枚替え。ラッシュフォード、マルシャル、10月以降離脱していたサンチョを投入した。 すると73分にマルシャルがゴール。カゼミロのパスカットを受けたマルシャルがボールを運びラストパス。ラッシュフォードのシュートはDFにブロックされたものの、ルーズボールをマルシャルが蹴り込んだ。 さらに3分後、ユナイテッドに追加点。ボックス右角からブルーノ・フェルナンデスが右足アウトで上げたクロスをファーサイドのラッシュフォードが合わせるとポストに直撃。ルーズボールをフレッジが蹴り込んだ。 このまま2-0で快勝としたユナイテッドがニューカッスルの待つ決勝へ進出している。 2023.02.02 07:47 Thu
twitterfacebook
thumb

「またJリーグでみれるの嬉しいよ」C大阪電撃復帰の香川真司は輝きを取り戻せるか!? 期待の一方でフィジカルを疑問視する声も「展開力はさすが」「運動量は減ったけど」

セレッソ大阪への復帰が決まった元日本代表MF香川真司。公開されたプレー集には期待と不安の入り混じった声が寄せられている。 1日、C大阪はシント=トロイデンから元日本代表MF香川真司の完全移籍加入を発表。12年半ぶりの古巣、そしてJリーグ復帰となる。 2006年にC大阪でプロ入りした香川は2010年夏のドルトムントへ移籍。以降はマンチェスター・ユナイテッド、ベシクタシュ、レアル・サラゴサ、PAOKテッサロニキ、シント=トロイデンと、欧州計6カ国でプレーしてきた。 ドイツやイングランドではタイトルを獲得してきた香川だったが、近年はパフォーマンスを上げることができず。ベルギーでも2年目の今季はジュピラー・プロ・リーグで12試合に出場して2得点と上々の滑り出しを切ったが、昨年11月には慢性的な痛みに悩まされる足の手術をし、カタール・ワールドカップ(W杯)明け後は出場がない。 『DAZN』はシント=トロイデン在籍時のプレー集を公開。種々の多数の声が寄せられた。 「またJリーグでみれるの嬉しいよ」 「シャドーのような動きは厳しくなったかもしれないけど創造性溢れるプレーで司令塔として洗練されてますね。3月で34歳。まだまだこれから」 「昔から定評があった展開力はさすがの世界水準」 「ターンや味方へのロングパスの精度の高さが健在で、かつてのワクワク感が感じ取れました」 「普通に上手い、運動量は減ったけどセンスは抜群」 「キレはなくなったけど、相変わらずうまいよね」 「期待しすぎないのが、一番だと思う。確実に今いるセレッソの中盤のほうが躍動感があって、見ていて楽しい」 Jリーグ復帰を喜ぶ声はもちろんのこと、視野に広さやキック精度といったゲームを作る部分には多数の賛辞が。一方で、フィジカルベースは逆説で結び、疑問視する声も聞こえてくる。 一大決心の下で日本復帰を決意した香川。大きな注目を集めるなか、観衆を魅了するプレーを披露することはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】12年半ぶりにJ復帰を決めた香川真司のプレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="iOd9Ks3qMys";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.01 19:25 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly