ハリルホジッチ監督が退任したモロッコ、W杯ユニフォームは国旗カラーの赤緑と白+ライオンのたてがみに

2022.09.27 07:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
出場権を獲得した元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が退任することとなったモロッコ代表。カタール・ワールドカップ(W杯)に向けたユニフォームは、クラシックなスタイルをベースとしているようだ。

ハリルホジッチ監督に率いられ、2大会連続のW杯出場を決めたモロッコ。1986年のメキシコ大会以来となるグループステージ突破を目指して戦うこととなる。

監督との確執から招集がされていなかった、ハキム・ツィエク(チェルシー)などの一部選手は9月に復帰。ヨーロッパでプレーする実力者が揃っているだけに、一枚岩になれれば台風の目となる可能性は高い。
そのモロッコのホームユニフォームは、1998年のフランス大会で着用していたユニフォームからインスピレーション。クラシックな見た目となった。

国旗の赤をベースに襟や袖口は緑に。胸には中央にプーマのロゴが白で入っており、両サイドが緑のボーダーに。胸にはサッカー連盟のエンブレムが入っている。

アウェイユニフォームは、白がbーエス。中央には緑でプーマのロゴ、サッカー連盟のエンブレムがあり、背番号は赤。その周りには、モロッコの伝統的なモチーフであるライオンのたてがみが描かれている。

また、襟と袖は国旗の緑と赤で縁取られている。




関連ニュース
thumb

日本代表サポのゴミ拾いが世界に波及!?イランやモロッコ、サウジに続きフランスまで!「次はどの国だ?」

カタール・ワールドカップ(W杯)で日本代表サポーターの行いが各国に広がっている。 20日に開幕したカタールW杯。オープニングゲームとなったカタール代表とエクアドル代表との一戦では、試合後にゴミが散乱したスタンドを片付ける日本人サポーターが世界で大きな話題となった。 W杯の度に話題となると言っても過言ではない日本人の行いだが、今大会ではその動きが他国にも広がっているようだ。 モロッコ代表やサウジアラビア代表、イラン代表のサポーターたちがゴミ拾いをする姿も見られたが、27日にはフランス代表のサポーターたちがデンマーク戦後にゴミ拾いを行っていた。 フランス代表の公式SNSがその様子を伝えると、FIFA(国際サッカー連盟)の公式SNSでも伝えられ、「次はどのチームだ?」とこの動きをさらに広げようと促している。 日本のサポーターたちは、敗れたコスタリカ代表戦でもゴミ拾いを実施。他国のサポーターの間でも習慣となるのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】W杯開幕戦でゴミを拾う日本人サポーター</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ar" dir="rtl"> <a href="https://t.co/GqB17hg9EX">pic.twitter.com/GqB17hg9EX</a></p>&mdash; عمر فاروق (@omr94_) <a href="https://twitter.com/omr94_/status/1594614463298416641?ref_src=twsrc%5Etfw">November 21, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】ゴミを拾うイラン代表のサポーターたち</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"> | <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://t.co/qduHbw8Q3L">pic.twitter.com/qduHbw8Q3L</a></p>(@alkasschannel) <a href="https://twitter.com/alkasschannel/status/1596123953780621313?ref_src=twsrc%5Etfw">November 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】フランス代表のサポーターもゴミを拾う</span> <span data-other-div="movie3"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Le bon exemple <br><br>Nos supporters français ont nettoyé leur tribune avant de partir du stade hier <a href="https://twitter.com/hashtag/FiersdetreBleus?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FiersdetreBleus</a> <a href="https://t.co/mwgrBuRkh6">pic.twitter.com/mwgrBuRkh6</a></p>&mdash; Equipe de France (@equipedefrance) <a href="https://twitter.com/equipedefrance/status/1596856041819365376?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.28 20:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ベルギー撃破の番狂わせも…モロッコ指揮官は「まだ何も勝ち取っていない」と冷静さ保つ

モロッコ代表のワリド・レグラギ監督は、ベルギー代表戦後も冷静さを保った。フランス『レキップ』が伝えた。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループF第2節でベルギーと対戦したモロッコ。序盤から相手に押し込まれる展開となるも、GKムニル・モハマディを中心とした守備陣が集中した対応を見せ、ゴールレスで前半を終えた。 試合を折り返しても、相手が主導権を握る時間が続いたが、73分にMFアブデルハミド・サビリが直接FKを決めて、先制点を奪取。後半アディショナルタイムにはFWザカリア・アブラクルが決定的な追加点を決め、2-0で優勝候補ベルギーを撃破した。 番狂わせを演じ、24年ぶりのW杯勝利を挙げたモロッコ。しかし、試合後のインタビューに応えたレグラギ監督はまだグループステージ突破を決めたわけではないと語りつつ、カナダ代表との次戦に向けた集中を強調した。 「今はまだ何も勝ち取っていない。もちろん、この勝利は喜びたいがね」 「カナダはとても良いチームなので、彼らに勝つためには、このファイティング・スピリットを持ち続けなければならない」 また、試合を振り返り、相手が主導権を持つ時間を受け入れる謙虚さが、勝因の一つだったと分析した。 「我々は謙虚さを持っている。育成やそれ以外の面で我々の少し先を行く国々があることを知っているのだ」 「前半、我々は対戦相手のトッププレイヤーたちの支配を受け入れる謙虚さを持っていた。戦術的には非常にハイレベルな試合で、特にケビン・デ・ブライネとエデン・アザールを相手に見つけられないようにパスコースを閉ざした」 2022.11.28 10:58 Mon
twitterfacebook
thumb

モロッコに金星献上のベルギー、アザールは「次の試合に向けて全力を」と切り替えを強調

レアル・マドリーのベルギー代表FWエデン・アザールが、27日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)グループF第2節モロッコ代表戦を振り返った。 ベルギーは終始押し込む展開としながらもモロッコの堅守に阻まれ、多くの好機は生み出せず。逆に終盤の2失点でモロッコに金星を献上してしまった。 3位に後退して最終節クロアチア代表戦が必勝となった中、ベルギーを主将として牽引する立場のアザールは懸命に前を向いた。 「みんなガッカリしている。今日、グループズテージを突破する気持ちでいた。だが、僕らはモロッコというとても優れたチームに出くわした。彼らを称賛したい。メンタルを整え、フィジカルを休め、次のクロアチア戦に臨みたい。今日はそれほど悪い試合ではなかった。何がうまく行かなかったかを確認する必要はあるけどね」 2022.11.28 04:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ベルギー戦MOM選出のツィエク「チーム全員の努力の賜物」

チェルシーのモロッコ代表MFハキム・ツィエクが大金星を挙げたベルギー代表戦を振り返った。 モロッコは27日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループF第2節でベルギーと対戦。守勢ながら73分と後半追加タイムのゴールで2-0のシャットアウト勝利を飾った。 優勝候補の一角であるベルギーを破るジャイアントキリングを起こしたモロッコだが、この試合で決定的な2点目をアシストしたツィエクはマン・オブ・ザ・マッチに選出された。しかしツィエクはチーム全体の勝利であることを強調した。 「僕はこのMOMの賞に相応しいとは思わない。チーム全員の努力の賜物だよ。チーム全体の仕事が素晴らしかった。そして60分過ぎに僕らは疲れが見えていたが、そこでサポーターが後押しし、力を与えてくれた。本当に僕らの助けとなってくれた」 また、クロアチア戦との比較については「今日の方が中盤の攻防で楽だった。ベルギーはクロアチアより多くのミスをしてくれた。僕らは彼らのミスを待っていた。そこを突いて良いタイミングでゴールを奪えたね」とゲームプラン通りだったことを明かした。 2022.11.28 02:30 Mon
twitterfacebook
thumb

堅守モロッコがベルギー撃破の番狂わせ、24年ぶりW杯での勝利《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)グループF第2節、ベルギー代表vsモロッコ代表が27日に行われ、0-2でモロッコが勝利した。 初戦のカナダ代表戦を1-0と競り勝ったベルギーは、3選手を変更。ムニエ、T・アザール、オナナがスタメンとなり、ルカクがベンチ入りした。 一方、クロアチア代表にゴールレスドローとしたモロッコは、クロアチア戦からスタメンを1人変更。守護神のボノが目まいを訴えて直前で欠場となり、ムニルがゴールマウスを守ることになった。 最前線にバチュアイ、2シャドーにデ・ブライネとアザールを据える[3-4-3]で臨んだベルギーがボールを持つ展開で推移。5分にはT・アザールのスルーパスをボックス左で引き出したバチュアイが決定的なシュートを放ったが、GKムニルにセーブされた。 その後も押し込むベルギーはセットプレーを軸にゴールに迫る中、19分にムニエがGK強襲のシュートを浴びせる。 しかし、前半半ば以降は自陣に引くモロッコを崩すことができず膠着した展開に。そんな中、ハーフタイム間際の追加タイム2分にモロッコにゴールが生まれかける。ボックス右角付近で得たFKをツィエクがゴールに向かって蹴り込むと、GKクルトワはセーブしきれずネットが揺れた。だがVARが入り、ゴール前に飛び込んだサイスにオフサイドがあったとしてノーゴールに。 助かったベルギーは迎えた後半も押し込む流れを続けると、52分にアザールがGK強襲のシュートを浴びせた。それでもゴールが遠いベルギーは60分、アザールに代えてメルテンスを投入。 しかし73分、耐えていたモロッコに先制点が生まれる。左サイドからサビリが直接狙ったFKがゴールに吸い込まれ、正真正銘の先制弾が生まれた。 失点を受けてデ・ケテラエル、トロサールを投入したベルギーは、終盤の81分にルカクを投入。だが、終盤にかけてはモロッコが自慢の堅守でベルギー攻撃陣を封殺。 そして追加タイム2分にツィエクのアシストからアブクラルが決定的な2点目を挙げたモロッコが優勝候補ベルギーを撃破。番狂わせを演じ、24年ぶりのW杯勝利とした。 2022.11.28 00:02 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly