日本を抑えて1位でW杯出場決めたサウジアラビア、W杯ユニは伝統の緑と白もスピード感と大胆さを表現

2022.09.26 23:38 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
6度目のワールドカップ(W杯)に出場するサウジアラビア代表のユニフォームが発表されている。カタールW杯アジア最終予選では、日本代表とグループステージで同居。日本に勝利するなどし、グループを首位で通過。2大会連続のW杯出場を決めていた。

エルヴェ・ルナール監督率いるチームは、カタールW杯ではアルゼンチン代表、ポーランド代表、メキシコ代表と実力あるチームと同じグループに入ることとなった。
W杯本番までは、9月に2試合を行い、エクアドル代表、アメリカ代表と対戦。日本と同じ相手とヨーロッパで戦っている。

さらに10月にはアルバニア代表とホンジュラス代表、11月のW杯前にはアイスランド代表おtクロアチア代表と、まだ5試合も調整試合を残しているのが特徴的だ。

そのサウジアラビアのカタールW杯ユニフォームは、伝統的な緑と白のカラーとなった。

ホームは伝統の緑。サウジアラビアサッカー連盟 (SAFF) の盾には、サッカーという言葉を多言語で表すアラビア語のハヤブサ(saqr)が描かれている。

濃い緑の中に、薄い緑の模様が入っており、これまでのユニフォームから柄がわかりやすく変化している。

また、アウェイはこれも伝統の白に。2018年、2020年のアウェイと同じコンセプトで作られ、スピード感と大胆さを表しているという。

27日に日本と対戦するエクアドルとは0-0のゴールレスドローに終わっていたが、残りの調整試合でどんな仕上げを行うだろうか。

1 2

関連ニュース
thumb

「息をするのも辛かった」メキシコに圧倒され28年ぶりのGS突破ならず、サウジアラビア監督が冷静に分析「勝つに値するものはなかった」

サウジアラビア代表のエルヴェ・ルナール監督が、メキシコ代表戦を振り返った。フランス『レキップ』が伝えた。 11月30日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループC第3節でサウジアラビアはメキシコと対戦した。 グループ3位のサウジアラビアと4位のメキシコの一戦。サウジアラビアは勝利すればグループステージ突破の可能性が。メキシコも大量得点差で勝てば2位通過が可能な状況だった。 試合は立ち上がりからメキシコが主導権を握るが、サウジアラビアが何とか耐えるという展開に。それでも後半に入りさらにギアを上げたメキシコが、48分、52分と連続ゴールを決める。 失点せずに耐えながらも、メキシコを上回れていなかったサウジアラビア。盛り返すことはできなかったが、アディショナルタイムの95分にナセル・アル・ドサリがGKとの一対一を決めて1点を返すことに成功。しかし、1-2で敗れて敗退が決まった。 初戦でアルゼンチン代表を下すという大金星を上げながらも敗退となったサウジアラビア。メキシコの戦い方は予想できたとルナール監督は語ったが、この試合でサウジアラビアが勝つ力はどこにもなかったと冷静に分析した。 「ラウンド16進出には大きな得失点差で勝たなければならず、メキシコが立ち上がりからスタートダッシュを切ることはわかっていた」 「もし総括するとすれば、GKに感謝するということだ。今夜の試合はスコアは試合内容を反映指定ない」 「一刻も早くと願っていた訳ではない。最後の3分間は、何かが起こる可能性があると思ったが、時すでに遅しだった」 「メキシコの激しさに息をするのも辛かった。彼らのプレシャーとデュエルの激しさのせいで、ボールをキープできなかった。これがチームの問題だ。デュエルではフィジカルレベルが同じである必要がある」 「W杯を戦った選手たちにはおめでとうと言いたいが、この試合で勝つに値するものはなかった」 「次のラウンドに進むというのは、常に難しいことだ。サウジアラビはあ1994年に1回だけ実現したが、この試合の前に、もう1度やり直せることを夢見ていたが、この試合を考えると値するものはなかった」 2022.12.01 15:45 Thu
twitterfacebook
thumb

メキシコがサウジアラビアから今大会初勝利を挙げるも得失点差でGS敗退…《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)グループC最終節のサウジアラビア代表vsメキシコス代表が11月30日に行われ、1-2でメキシコが勝利した。 グループ3位のサウジアラビア(1勝1敗)と4位のメキシコ(1分け1敗)がグループステージ逆転突破をかけて臨んだ最終節。 初戦でアルゼンチン代表から大金星を挙げるも、前節のポーランド代表戦は完敗を喫したサウジアラビアは、その試合からスタメンを3人変更。アル・マルキやアル・ナジェイ、アル・ブレイクに代えてアル・ガーナム、アル・ハッサン、タンバクティをスタメンで起用した。 一方、4日前に行われたアルゼンチン戦で完敗したメキシコは、その試合からスタメンを4人変更。エレーラやグアルダード、アラウホらを代えてマルティン、エドソン・アルバレス、ホルヘ・サンチェスらをスタメンで起用した。 試合は開始早々の3分にメキシコにチャンスが訪れる。ロサーノのスルーパスからDFの裏に抜け出したベガがGKとの一対一を迎えたが、これは絶妙なタイミングで飛び出したGKアル・オワイスのブロックに阻まれた。 対するサウジアラビアは、13分にペナルティアーク左手前でアブドゥルハミドが倒されて獲得したFKからカンノが直接ゴールを狙ったが、これはわずかに枠の上に外れた。 その後はメキシコがポゼッションでサウジアラビアを上回ると27分、ロサーノの右クロスをゴールエリア左に走りこんだピネダがダイビングヘッドで合わせたが、これはアル・ガーナムのブロックに阻まれた。 ハーフタイムにかけてもメキシコが優位に試合を進めたが、自陣で集中した守りを見せるサウジアラビア守備陣の牙城を崩すことができず。前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、メキシコはベガを下げてアントゥナを投入。すると開始早々の47分、チャベスの左CKをニアのモンテスがフリックするとゴール前のマルティンがゴールに流し込んだ。 今大会初得点を挙げたメキシコは52分にも、バイタルエリア中央手前でマルティンがタンバクティに倒されてFKを獲得。すると左足で狙ったチャベスのFKが直接ゴール右に突き刺さった。 さらに56分には、ロサーノがバイタルエリア中央のマルティンとのパス交換でボックス内に侵入したゴール右隅へシュートを流し込んだが、マルティンのオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。 3点目を狙うメキシコは、77分にマルティンとピネダを下げてヒメネスとカルロス・ロドリゲスを投入。すると直後の78分にボックス左から侵入したロサーノが飛び出したGKを引きつけて折り返すと、走りこんだアントゥナに決定機が訪れたが、シュートは相手DFのスライディングブロックに阻まれた。 攻め続けるメキシコは、87分にもC・ロドリゲスのロングスルーパスから相手DFの裏に抜け出したアントゥナが飛び出したGKの脇を抜くシュートでゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でノーゴールに。 その後、フネス・モリやケビン・アルバレスを投入しゴールを目指したメキシコだったが、試合終了間際の95分にナセル・アル・ドサリにゴールネットを揺らされ、痛恨の失点。 結局、試合はそのまま2-1でタイムアップ。最終戦で今大会初勝利を飾ったメキシコだが、得失点差でポーランドを上回ることができず。メキシコとサウジアラビアは揃ってグループステージ敗退となった。 サウジアラビア 1-2 メキシコ 【サウジアラビア】 ナセル・アル・ドサリ(後50) 【メキシコ】 マルティン(後3) チャベス(後7) 2022.12.01 06:10 Thu
twitterfacebook
thumb

日本代表サポのゴミ拾いが世界に波及!?イランやモロッコ、サウジに続きフランスまで!「次はどの国だ?」

カタール・ワールドカップ(W杯)で日本代表サポーターの行いが各国に広がっている。 20日に開幕したカタールW杯。オープニングゲームとなったカタール代表とエクアドル代表との一戦では、試合後にゴミが散乱したスタンドを片付ける日本人サポーターが世界で大きな話題となった。 W杯の度に話題となると言っても過言ではない日本人の行いだが、今大会ではその動きが他国にも広がっているようだ。 モロッコ代表やサウジアラビア代表、イラン代表のサポーターたちがゴミ拾いをする姿も見られたが、27日にはフランス代表のサポーターたちがデンマーク戦後にゴミ拾いを行っていた。 フランス代表の公式SNSがその様子を伝えると、FIFA(国際サッカー連盟)の公式SNSでも伝えられ、「次はどのチームだ?」とこの動きをさらに広げようと促している。 日本のサポーターたちは、敗れたコスタリカ代表戦でもゴミ拾いを実施。他国のサポーターの間でも習慣となるのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】W杯開幕戦でゴミを拾う日本人サポーター</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ar" dir="rtl"> <a href="https://t.co/GqB17hg9EX">pic.twitter.com/GqB17hg9EX</a></p>&mdash; عمر فاروق (@omr94_) <a href="https://twitter.com/omr94_/status/1594614463298416641?ref_src=twsrc%5Etfw">November 21, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】ゴミを拾うイラン代表のサポーターたち</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"> | <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://t.co/qduHbw8Q3L">pic.twitter.com/qduHbw8Q3L</a></p>(@alkasschannel) <a href="https://twitter.com/alkasschannel/status/1596123953780621313?ref_src=twsrc%5Etfw">November 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】フランス代表のサポーターもゴミを拾う</span> <span data-other-div="movie3"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Le bon exemple <br><br>Nos supporters français ont nettoyé leur tribune avant de partir du stade hier <a href="https://twitter.com/hashtag/FiersdetreBleus?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FiersdetreBleus</a> <a href="https://t.co/mwgrBuRkh6">pic.twitter.com/mwgrBuRkh6</a></p>&mdash; Equipe de France (@equipedefrance) <a href="https://twitter.com/equipedefrance/status/1596856041819365376?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.28 20:05 Mon
twitterfacebook
thumb

サウジアラビアに痛手…アルゼンチン戦で負傷した主将MFアル・ファラジュがチームを離脱

サウジアラビア代表は27日、主将のMFサルマン・アル・ファラジュがカタール・ワールドカップ(W杯)の代表チームから離脱したことを発表した。 アル・ファラジュは、22日に行われたグループC第1節のアルゼンチン代表戦に先発出場。しかし、前半終了間際に右すねを負傷し、そのままMFナワフ・アル・アビドとの交代を余儀なくされていた。 サウジアラビアサッカー連盟(SAFF)によれば、その後の検査でアル・ファラジュは右脛骨の損傷と診断されており、大会中の復帰が難しい状態となっていた。 サウジアラビアを率いるエルヴェ・ルナール監督は、同代表の公式ツイッターで「カタールW杯の残りの活動に参加できないというメディカルチームの判断を受け、アル・ファラジュにトレーニングキャンプから離れる許可を出した」とコメントした。 初戦のアルゼンチン戦で金星を挙げ、2戦目のポーランド代表相手にも優勢に試合を進める健闘を見せたサウジアラビアは、30日にベスト16進出を懸けてメキシコ代表との最終節に臨む。 2022.11.28 00:15 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯初ゴールのレヴァンドフスキ「出場しただけでなくゴールを決めた記憶として残したかった」

バルセロナのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがワールドカップ(W杯)初ゴールを振り返り、喜びをかみしめている。 レヴァンドフスキは26日、カタールW杯グループC第2節サウジアラビア代表戦で、後半37分に相手のミスを突いてチーム2点目を記録。前回大会3試合と、今大会初戦のメキシコ代表戦でPKを失敗してゴールを挙げられなかった中、5試合目の出場にして自身初のW杯でのゴールとなった。 「今大会が最後のW杯になる可能性があることを理解している。国家斉唱時、W杯に出場しただけでなくゴールを決めた記憶として残したいと思っていた。W杯でのゴールを目指してきたが、今日ついに達成できたよ」 「もちろん、代表チームの結果が最も重要だ。とはいえ、頭の片隅には代表チームの歴史の一部に自分も刻みたいという数パーセントの想いがあるのも事実だ。ゴールと勝利のために懸命に戦い続けたことが報われたと思う」 2022.11.27 03:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly