「ふくしまの米の存在や美味しさを知ってもらえると嬉しい」福島が稲穂を描いた“米ユニ”を発表!「デザインカッコいいです」

2022.09.26 19:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
福島ユナイテッドFCが2022シーズンの『ふくしまの米 PRユニフォーム』(米ユニ)を発表している。

米ユニは、2011年3月11日に発生した東日本大震災・福島第一原発事故に伴う福島県産品への風評の払しょくに繋げること、また、「ふくしまの米」を広くPRするために2020シーズンからスタートした。

3年目となる今年の米ユニは、米どころふくしまでたくましく育った、豊かな実りを黒地のユニフォームボディに表現。シャツには稲穂が描かれ、試合では秋風に揺られ収穫を待つ稲穂のように、選手達がピッチで風を切りながら走り抜ける雄姿がみられる。
今年の米ユニについて、福島のGK上川琢も「米ユニ 農業部の米課長としては、このPRユニフォームを着用することで、多くの人に『ふくしまの米』の存在や美味しさを知ってもらえると嬉しいです!ちなみにデザインめちゃくちゃカッコいいです」とコメントしている。

このユニフォームは、10月9日に行われる明治安田生命J3リーグ第28節のテゲバジャーロ宮崎戦から5試合で選手たちが着用。25日に行われたギラヴァンツ北九州戦のハーフタイムにはお披露目イベントも実施された。販売は26日の20時からとなっている。



1 2

関連ニュース
thumb

清水がプロ3年目のFW栗原イブラヒムジュニアと契約満了…今季途中からはJ3福島でプレー「もっとエスパルスでサッカーをしたかった」

清水エスパルスは23日、FW栗原イブラヒムジュニア(21)との契約満了を発表した。 栗原は埼玉県出身で、191cmの長身ストライカー。三菱養和SCユースから2020年に清水に入団。シーズン途中からアスルクラロ沼津へと育成方期限付き移籍していた。 プロ2年目の昨季はシーズン途中から鈴鹿ポイントゲッターずへ育成型期限付き移籍。今シーズンもシーズン途中から福島ユナイテッドFCへと育成型期限付き移籍していた。 プロ3年間で清水での出番は今シーズンのJ1で2試合、YBCルヴァンカップで2試合に出場したのみで、1得点に終わっていた。福島では明治安田生命J3リーグで13試合に出場し1得点だった。 栗原は両クラブを通じてコメントしている。 ◆清水エスパルス 「今シーズンをもちまして契約満了となりました。まずはエスパルスでの出会い全てに感謝しています。もっとエスパルスでサッカーをしたかった。もっと試合に出たかった。もっとゴールを決めたかった。この3年間本当に悔しくて、辛いことの方が圧倒的に多かったですが、今シーズン始めには平岡前監督にチャンスをいただき、エスパルスのユニホームを着て試合に出場することができました」 「ピッチの中から見るエスパルスサポーターの姿はとても熱いものを感じました。普段から試合に出場していない時も応援してくれていたサポーターの皆様の期待に応えることができず悔しいです。この悔しさを晴らすべく新たな場所で頑張ります。3年間ありがとうございました」 ◆福島ユナイテッドFC 「まずは僕を受け入れてくれた福島の皆さん、ありがとうございます。もっと自分の活躍でチームを勝たしたかったです。ですが、福島に来て本当に良かったと思っています」 「ここでの出会いや経験に感謝して、ここから先の人生に活かしていきます。本当にありがとうございました」 2022.11.23 17:45 Wed
twitterfacebook
thumb

福島が服部年宏監督の続投を発表「非常に悔しいシーズンでした」

福島ユナイテッドFCは18日、服部年宏監督(49)の続投を発表した。 現役時代は、ジュビロ磐田、東京ヴェルディ1969(現:東京ヴェルディ)、ガイナーレ鳥取、FC岐阜でプレーした。 日本代表としてもW杯に出場するなどした中、引退後は磐田の下部組織やトップチームで指導を行う中、今シーズンから福島の監督に就任した。 今シーズンの福島は、攘夷を争う時期もあった中で失速し、最終節を残した中で10位。1桁フィニッシュを目指すこととなる。 服部監督はクラブを通じてコメント。来季へ意気込んだ。 「日頃よりクラブへの多大なるご支援、ご声援ありがとうございます。2023シーズンも福島ユナイテッドFCで監督として指揮を執らせていただけることになりました」 「今シーズンはJ2ライセンスが初めて交付されましたが、昇格争いに最後まで関わり続けることができず、非常に悔しいシーズンでした」 「来シーズンはどんな状況でも「前へ」の意識を持ち、全力で戦うこと、走ることをピッチで表現し、選手、チーム、クラブと共に更に成長し結果を追求していきたいと思います。引き続きよろしくお願い致します」 2022.11.18 18:37 Fri
twitterfacebook
thumb

福島がDF新井秀明、MF遊佐克美の契約満了を発表「難しさを痛感させられた一年でした」

福島ユナイテッドFCは15日、DF新井秀明(22)とMF遊佐克美(34)の契約満了を発表した。 新井はU-18まで川崎フロンターレの下部組織に所属。その後、中央大学への進学を経て、今シーズン福島に加入した。プロデビューのシーズンとなったが、ポジションを掴むことはできず、明治安田生命J3リーグで1試合の出場にとどまった。 福島県出身の遊佐はツエーゲン金沢やFC岐阜のリザーブチームを経て、2010年からはパラグアイやインドでプレー。その後、2021年1月に地元のクラブである福島に加入した。しかし、主力に定着することはできず、今シーズンは試合出場がなかった。 今季限りで福島を去ることが決まった両選手は、クラブを通じてサポートへの感謝を述べている。 ◆新井秀明 「今シーズンで契約満了となりました。プロサッカー選手として試合に出て活躍することの難しさを痛感させられた一年でした。また、サポーターの皆さんの期待や声援にプレーで応えることができず、本当に悔しい気持ちでいっぱいです。ただ、プロサッカー選手としての第一歩を福島ユナイテッドFCで歩むことができて幸せでしたし、この苦しかった一年が無駄ではなかったことを次の舞台で証明します!一年間という短い間ではありますが、本当にありがとうございました!」 ◆遊佐克美 「自分が生まれ育った福島で、選手としてプレーできたことは最高の時間でした。自分の実力の無さから、全く試合に絡む事ができませんでした。その中で自分と向き合い続け、成長することができたと思っています」 「日ごろから福島ユナイテッドFCを支えてくださっているスポンサーの皆さん、ファン・サポーターの皆さん、社長をはじめ会社の皆さん、監督、現場スタッフ、チームメイト、感謝しても感謝しきれません!!この2年間で携わっていただいた全ての方々に、心からの感謝を込めて、ありがとうございました」 2022.11.15 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

福島が青山学院のDF鈴直樹の加入内定を発表

福島ユナイテッドFCは14日、青山学院大学のDF鈴直樹(22)の来季加入内定を発表した。 鈴は鹿児島県出身で、サンフレッチェ広島ユースから青山学院大学へと進学していた。 今季の関東大学サッカーリーグ2部で20試合に出場し1得点2アシストを記録していた。 鈴はクラブを通じてコメントしている。 「この度、2023シーズンから福島ユナイテッドFCに加入することになりました鈴直樹です」 「これまで支えてくださった全ての方々への感謝の気持ちを忘れず、福島ユナイテッドFCのJ2昇格へ向けて全力でプレーしたいと思います。応援よろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【写真】来季からの加入が内定した鈴直樹</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://t.co/ffsziPO9xt">https://t.co/ffsziPO9xt</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E3%83%A6%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%89?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#福島ユナイテッド</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%85%A8%E8%BA%AB%E5%89%8D%E9%80%B2?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#全身前進</a> <a href="https://t.co/xkV9nJBcRw">pic.twitter.com/xkV9nJBcRw</a></p>&mdash; 福島ユナイテッドFC (@fufc_staff) <a href="https://twitter.com/fufc_staff/status/1592065306750771200?ref_src=twsrc%5Etfw">November 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.14 22:03 Mon
twitterfacebook
thumb

福島DF北村椋太が2年過ごして退団 「心の底から感謝」

福島ユナイテッドFCは14日、DF北村椋太(24)の契約満了を発表した。 北村は湘南ベルマーレのアカデミー育ちで、関東学院大学を挟み、福島でプロ入り。プロ2年目の今季は明治安田生命J3リーグ16試合、天皇杯2試合でプレーしたが、退団する運びとなった。クラブを通じて別れの挨拶をしている。 「この度、福島ユナイテッドFCを退団することになりました。去年、シーズン始まるギリギリで進路が決まっていない僕を拾ってくれた、前監督の時さん、強化の柳原さんに感謝の気持ちでいっぱいです。プロの道をスタートした福島ユナイテッドFCでの2年間、良い事ばかりではなく苦しいことも沢山ありました」 「自分の思い描いていたプロキャリアとは違い、試合に出れない時間が続きました。だけど、それでも楽しかった。めちゃくちゃ楽しかったです。最高のチームメイトと現場、フロントスタッフに出会い、幸せで充実した時間を送らせて貰ったこと心の底から感謝しています。唯一の心残りとすれば、もっと数多くの試合に出てチームの勝利に貢献する事。トータルしても半年間しか試合に絡めませんでした。申し訳ない気持ちでいっぱいです」 「福島を離れることになりましたが、身体はまだまだ動くしサッカーで上に行きたい気持ちは変わりません。皆さんに、活躍する姿を見せれるようにまた一生懸命、今を頑張りたいと思います。ありがとうございました」 2022.11.14 16:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly