日本戦で着用へ、2大会ぶりW杯出場の米代表の新ユニフォームは他スポーツの要素を取り込みナイキのロゴも袖に移動

2022.09.22 19:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アメリカ合衆国サッカー連盟(USSF)は、22日までにカタール・ワールドカップ(W杯)でも使用する新ユニフォームを発表している。北中米カリブ海予選においてカナダ代表とメキシコ代表に次いで3位で突破したアメリカ。2大会ぶり11度目となるカタール大会では、イングランド代表、イラン代表、ウェールズ代表と同居するグループBに組み分けられている。

そのホームユニフォームは、無地の白をベースとしたシンプルなデザイン。胸元中央に代表のエンブレムが配置され、これまで前面に配置されていたサプライヤーのナイキのロゴ(スウッシュ)は両袖にデザインされている。
ホームユニフォームについてはアメリカの多様性と様々なスポーツ、リーグ、協会における歴史的な遺産からインスピレーションを得たとしており、アメリカンフットボールやバスケットボール、ホッケーのユニフォームの要素を取り入れている。

一方、アウェイユニフォームに関しては、青と黒の2色を独自のアイスダイ技術でプリント。アメリカのファッションやストリートウェアに見られるデザインに近い総柄になっている。

これらのユニフォームは、男子および女子が着用。男子チームは9月のインターナショナルマッチウィークで23日に日本代表戦(ドイツ)、27日にサウジアラビア代表戦(スペイン)を戦う予定で、このユニフォームもお披露目となる予定だ。

1 2

関連ニュース
thumb

「時にフェアではない」初の決勝T進出を逃したイラン、ケイロス監督は選手を称える「全てを与えても何も得られない選手を見たことはない」

イラン代表のカルロス・ケイロス監督が、アメリカ代表戦を振り返った。『ESPN』が伝えた。 29日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループBの最終節が行われた。 グループ2位で最終節を迎えたイランは、3位のアメリカに勝てば決勝トーナメント行きとなる試合。引き分けでも良い状況だった。 試合は38分にクリスチャン・プリシッチがゴールしアメリカが先制。イランは後半こそアメリカを圧倒するもゴールが最後まで遠く、試合終盤にはPKかと思われるシーンもあった中で何もなく試合終了。アメリカがベスト16に駒を進めた。 史上初のグループステージ突破を目指したイランだったが、逆転での敗退に。チームを率いるケイロス監督は、選手たちが報われなかったことを嘆いた。 「2018年、私はこれまで多くのクラブや代表チームを指導してきたと言ったが、キャリアの中でイランの選手のように全てを与えても何も得られない選手を見たことはなかった」 「フットボールは時にフェアではない。我々はより強くなって戻ってきて、全世界の尊敬を得ることになるだろう」 選手のパフォーマンスが結果に繋がらなかったとしたケイロス監督は、ゴールが生まれなかったことを嘆き、アメリカが良いプレーをしたと振り返った。 「ゴールを決めた人間には、フットボールの神々が祝福を与えてくれるが、残念ながら我々はゴールを決められなかった」 「私は試合前に、最初の2試合でアメリカが最も安定したチームだと言った」 「アメリカはウェールズやイングランドと同じように試合をスタートさせた。彼らは我々よりも優れ、より獰猛で、よりスピーディーでゴールを決めた。ただ、驚きはなかった」 「しかし、後半になると状況が変わり、ボールを保持して、前半のアメリカよりも多くのチャンスを作った。少なくとも1点を奪うには値した」 「アメリカの選手たちはスピードがある。フェラーリと対戦するときは、ハイウェイを閉鎖する必要がると言えるかもしれないが、それがハーフタイム後に我々がやったことであり、より良いチームだった」 また、改めて選手たちを称賛。チームへ捧げる精神を称えた。 「我々は他のチームとは比較にならない雰囲気の中でトレーニングしている。私が毎日選手たちと仕事をしていると、彼らはイランを代表したいという熱意と願望を示している」 2022.11.30 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「USA!USA!」アメリカ代表のGS突破にバイデン大統領も大興奮「やってくれたよ!」

カタール・ワールドカップにおけるアメリカ代表のグループステージ突破に、ジョー・バイデン大統領も大喜びしている。 アメリカ代表は29日、グループB最終節のイラン戦に臨み、1-0で勝利した。引き分け以下で敗退という背水の陣で、38分にクリスチャン・プリシッチのゴールで先制。最後まで虎の子の1点を守り切り、逆転でイランを抜いて2位通過を果たした。 2大会ぶりのグループステージ突破となったアメリカ代表。母国から応援していたバイデン大統領もかなり興奮したようだ。 「USA!USA! なんて最高の試合だ!」 「監督や選手たちと話した時、『君たちならできる!』と言った。彼らは『まあ』程度しか答えなかったが、やってくれたよ。神様からの愛だね」 <span class="paragraph-title">【映像】アメリカ代表のGS突破にバイデン大統領も大興奮</span> <span data-other-div="movie"></span><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">WE DID IT, JOE <a href="https://t.co/9SSACCSuX8">pic.twitter.com/9SSACCSuX8</a></p>&mdash; U.S. Men&#39;s National Soccer Team (@USMNT) <a href="https://twitter.com/USMNT/status/1597710579845984256?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.30 17:10 Wed
twitterfacebook
thumb

「キャプテン・アメリカだ!」「真のヒーロー」チームを決勝Tに導くゴールも負傷交代のプリシッチ、病院のベッドから勝利を祝うガッツポーズ!「心配しないで」

殊勲の決勝ゴールを記録しながらも、負傷交代となってしまったアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチが元気な姿を見せた。 29日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループBの最終節が行われた。 アメリカは、イラン代表と対戦。勝った方が決勝トーナメントに進出できるという状況の中、38分にプリシッチがゴールしアメリカが先制。その後はこの1点を守り切り、アメリカがベスト16に駒を進めた。 しかし、プリシッチはゴールの際にイラン代表のGKアリレザ・ベイランヴァンドと激突。これにより前半のみでピッチを後にし、病院へと搬送されていた。 試合後、自身のSNSを更新。「みんなをめちゃくちゃ誇りに思う。僕は土曜日に向けて準備するつもりだ。心配しないでくれ」と投稿。ベッドに寝ながらもガッツポーズする姿が話題となっている。 また、『ESPN』によればチームメイトのMFウェストン・マッケニーも「彼にメッセージを送って確認したら、『土曜には準備できていると信じるのが一番だ』と返ってきたよ」と語っていた。 なお、アメリカサッカー連盟(USSF)によると、プリシッチは骨盤の挫傷とのこと。経過を見守ることになるという。 プリシッチのガッツポーズと笑顔には「キャプテン・アメリカだ!」、「真のヒーローだ」、「真の良い選手だ」、「上手くいくことを願う」と応援するコメントが集まった。 グループ2位でラウンド16に進出したアメリカは、グループAを1位で通過したオランダ代表と12月3日にラウンド16で対戦する。 <span class="paragraph-title">【写真】負傷し病院送りもベッドでガッツポーズのプリシッチ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Clj9P6FPyuH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Clj9P6FPyuH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Clj9P6FPyuH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Bleacher Report(@bleacherreport)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.30 13:55 Wed
twitterfacebook
thumb

「国のために“ボール”を犠牲にした」アメリカ代表プリシッチの“股間”を心配する声多数も無事、ゴール時に相手GKと衝突

アメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチが体を張った。 29日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループB最終節でイラン代表と対戦したアメリカ。逆転での決勝トーナメント進出に向け勝利を目指した。 試合は膠着状態が続くが、38分に均衡が破れる。ボックス右深くまで侵入したセルジーニョ・デストが頭で折り返すと、ゴール前に走りこんだプリシッチがハーフボレーで身体ごとゴールに押し込んだ。 だが、このプレーでプリシッチは相手GKアリレザ・ベイランヴァンドと衝突。セーブしようと横っ飛びしたベイランヴァンドの左ヒザがプリシッチの体に当てってしまった。 中々プリシッチは起き上がれず、ファンからは「これは痛いな」、「彼は国のためにボールを犠牲にした」、「プリシッチのプリシッチが」と股間をぶつけたのではないかと心配する声やジョークが。プリシッチはその後ハーフタイムで交代となった。 だが、アメリカ代表によると実際にはプリシッチの腹部に当たっていたようで、骨盤挫傷と診断されたとのこと。ただ、グレッグ・バーホルター監督は「彼は予防措置として病院に運ばれた」と軽傷だと明かしている。 なお、試合はプリシッチの先制ゴールを守り切ったアメリカが勝利を収め、逆転で2大会ぶりのグループステージ突破を決めた。2位通過のアメリカは、12月3日に行われるラウンド16でグループAを首位で通過したオランダ代表との対戦が決定している。 <span class="paragraph-title">【写真】これは痛そう!悶絶するプリシッチ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Pulisic sacrificed his balls for his country. <a href="https://t.co/ypDpRbGmRR">pic.twitter.com/ypDpRbGmRR</a></p>&mdash; Troll Football (@TrollFootball) <a href="https://twitter.com/TrollFootball/status/1597678878189031424?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.30 12:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「頭の毛が少なくなったよ!」冗談も飛び出す喜びぶり、アメリカ代表指揮官がGS突破に「これは誇りだ」

アメリカ代表のグレッグ・バーホルター監督が、イラン代表戦を振り返った。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 29日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループBの最終節が行われた。 アメリカは、イランと対戦。勝った方が決勝トーナメントに進出できるという状況の中、38分にクリスチャン・プリシッチがゴールしアメリカが先制。その後はこの1点を守り切り、アメリカがベスト16に駒を進めた。 試合前には、アメリカサッカー連盟(USSF)がSNSでイスラム教の全知全能の神である「アッラー」を意匠化した国章がない編集されたイラン国旗を投稿した件を謝罪していた中、試合は問題が起こらずに終了していた。 史上5度目のグループステージ突破を果たしたバーホルター監督は、試合後のインタビューで冗談混じりに突破を喜んだ。 「頭の毛が少なくなったよ!(笑) この新たなアディショナルタイムで、私は1秒ずつ数えていた。ストレスだね(笑)ただ、我々は勝ち取り、オランダと戦う」 また、試合についても振り返り、選手たちのパフォーマンスを評価した。 「誇りに思う。これは誇りだ。前半はしっかりと行い、サッカーを見せることができた。良いプレーができたと思う」 「後半、我々は決定的に何ができるかを示した。みんながよく頑張った。無敗で次のラウンドに進むことができた」 グループ2位でラウンド16に進出したアメリカは、グループAを1位で通過したオランダ代表と12月3日にラウンド16で対戦する。 2022.11.30 11:57 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly