大分DF坂圭祐が右半膜様筋肉離れ…直近の試合はメンバー外

2022.09.22 14:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
大分トリニータは22日、DF坂圭祐の診断結果を報告した。

14日に行われた明治安田生命J2リーグ第36節の大宮アルディージャ戦にもフル出場した坂だが、18日に行われる第37節のツエーゲン金沢戦を欠場した。

大分市内の病院で検査を受け、右半膜様筋の肉離れと診断され、全治は未公表。今季のJ2リーグではここまで19試合に出場中だった。

関連ニュース
thumb

大分がMF小林裕紀と契約満了、3年半在籍「より活力や感動を与えられるクラブになっていくことを願っています」

大分トリニータは4日、MF小林裕紀(34)の契約満了を発表した。 小林は東京ヴェルディの下部組織育ちで、明治大学からジュビロ磐田に入団。その後、アルビレックス新潟、名古屋グランパスでプレーし、2019年8月に大分に加入した。 今シーズンは大分で4シーズン目を迎え、明治安田生命J2リーグで17試合出場に出場。YBCルヴァンカップで2試合、天皇杯で1試合に出場していた。 大分通算では、J1で48試合3得点、J2で17試合、リーグカップで5試合、天皇杯で4試合の出場だった。 小林はクラブを通じてコメントしている。 「大分トリニータに関わる全ての皆様へ。3年半、大分トリニータのユニフォームを着てプレーさせていただけたことを誇りに思います。皆様にどれだけのものを与えられたかはわかりませんが、僕は皆様からたくさんの力をいただきながらプレーすることができました。本当にありがとうございます」 「もっとプレーする姿や勝利する姿を見せたかったですが、それが叶わず残念です。大分トリニータがこれまで以上に、強く、逞しく、応援していただける皆様により活力や感動を与えられるクラブになっていくことを願っています。3年半本当にありがとうございました」 2022.12.04 12:15 Sun
twitterfacebook
thumb

大分MF野嶽淳也が大分で3シーズン目に 「悔しい思いを来シーズンの強い覚悟に」

大分トリニータは3日、MF野嶽淳也(28)の契約更新を発表した。 野嶽は神村学園高校、福岡大学を経て、鹿児島ユナイテッドFCでプロ入り。2021年7月から大分に移り、今季は明治安田生命J2リーグの3試合を含む公式戦5試合でプレーした。クラブを通じて決意を新たにしている。 「今年も一年間応援ありがとうございました。来シーズンも大分トリニータでプレーさせていただくことになりました。今シーズン一年間の悔しい思いを来シーズンの強い覚悟に変えて、チームの力になれるように頑張りたいと思います」 「今シーズンもたくさんの応援をいただいたおかげで、パワーをもらいました。来シーズンもスタジアムに足を運んでいただき、僕たちと一緒に戦っていただけると嬉しいです。来シーズンもよろしくお願いいたします」 2022.12.03 12:10 Sat
twitterfacebook
thumb

大分がルーキーGK濵田太郎と契約更新、今季は出場機会得られず「死に物狂いで1日1日を過ごしていきたい」

大分トリニータは2日、GK濵田太郎(22)と2023シーズンの契約を更新したことを発表した。 和歌山県出身の濱田は、初芝橋本高校から大阪産業大学を経て今季から大分へ加入。シュートストップとハイボールの処理に自身を持つが、ルーキーイヤーは残念ながら公式戦の出場機会をつかむことができなかった。 来季の飛躍を誓うGKは、クラブへ以下のようなコメントを充てている。 「2023シーズンも大分トリニータでプレーさせていただくことになりました」 「今シーズンはなかなか出場機会に恵まれず、なかなか試合にも絡むことが出来ませんでした。しかし、ファン、サポーターの皆様のサポートにより、自分自身も全力でプレーすることが出来ました」 「2023シーズンは1試合でも多く試合に出場し、期待に応えられるように頑張りますので、応援をよろしくお願いします。自分自身も死に物狂いで1日1日を過ごして頑張っていきたいと思います。来年もよろしくお願いします」 2022.12.02 14:20 Fri
twitterfacebook
thumb

大分DF上夷克典が契約更新で3季目に 「来シーズンは必ず優勝、そしてJ1昇格を」

大分トリニータは1日、DF上夷克典(26)の契約更新を発表した。 上夷は2019年に明治大学から京都サンガF.C.に入団後、2021年から大分でプレー。移籍2年目の今季はケガもありながら公式戦27試合に出場して、来季で3年目を迎えることとなった。契約更新を受け、クラブ公式サイトで決意を新たにしている。 「来シーズンも大分トリニータでプレーさせていただけることになりました。今シーズンは思うような結果が出せず、1年でのJ1復帰を果たすことができませんでした。個人的にもシーズン終盤に怪我をしてしまい、チームの力になれず、とても悔しいシーズンになりました」 「来シーズンは必ず優勝、そしてJ1昇格を果たしたいと思います。そのために練習から、もっとこだわり、ピッチの上で表現したいと思います。ひとつでも多くの勝利を、皆様にお届けできるように全力で戦います。来シーズンもぜひシーズンパスを購入してスタジアムに足を運んでいただき、昭和電工ドーム大分を盛り上げていきましょう」 2022.12.01 13:50 Thu
twitterfacebook
thumb

大分FW呉屋大翔が千葉移籍! 「1人のサッカー選手としてこのまま終わりたくない」

ジェフユナイテッド千葉は1日、大分トリニータからFW呉屋大翔(28)の完全移籍加入を発表した。 ヴィッセル神戸のアカデミーに在籍した経歴を持つ呉屋は2016年に関西学院大学からガンバ大阪入りし、徳島ヴォルティスや、V・ファーレン長崎でそれぞれレンタルも経験。長崎時代の2019年には明治安田生命J2リーグ22得点とゴールを量産して、翌シーズンの柏レイソル移籍に繋げたが、定位置確保といかず、2021年7月から大分に活躍の場を移した。 その大分に今季から完全移籍移行を果たして、J2リーグ35試合に出場すると、チームで2番目の7得点をマーク。そのほか、ルヴァンカップと天皇杯でも計3試合でプレーして、2ゴールの活躍を披露したが、千葉移籍を決断した。 千葉の公式サイトを通じて「このたびジェフユナイテッド市原・千葉に加入することになりました、呉屋大翔です」と加入の挨拶とともに意気込みを語っている。 「歴史ある素晴らしいクラブでプレーできることに感謝しています。小林監督のもと、ファン、サポーターの方々がワクワクするようなサッカーを素晴らしいチームメイトと作り上げたいと思っています。そしてその先のJ1昇格という目標を達成できるように全力を尽くします。応援よろしくお願いします!」 一方、大分の公式ウェブサイトでは「この度、ジェフユナイテッド市原・千葉に移籍することになりました」と報告。移籍の経緯などにも触れ、感謝の言葉も綴った。 「去年の夏に移籍してきて、チームを降格させてしまったこと。今年、J1に上がることができなかったこと。とても悔しく思っています。しかし1人のサッカー選手としてこのまま終わりたくない。もっと成長したいと思い、この決断をしました」 「どんな時も大分トリニータのために全力で勝利のためにプレーできたことは誇りです。ゴールを決めた時の昭和電工ドーム大分のゴール裏は最高でした。一生忘れません。最後になりますが、大分トリニータに関わるすべての皆様、ファン、サポーターの皆様、1年半ありがとうございました」 2022.12.01 13:40 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly