マンチェスター・ユナイテッドが過去10年間の移籍市場で最も無駄遣い…過払い金約340億円

2022.09.21 20:42 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
大金が毎回動き、その額も年々上昇しているヨーロッパの移籍市場。2012年以降の移籍市場で、評価額以上に資金を投入しているクラブが判明した。

スポーツ研究国際センターである「CIES Football Observatory」のが、過去10年間の移籍市場の各クラブの支出と、移籍前の選手の価値を比較するデータを元に、ヨーロッパの5大リーグ(プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、ブンデスリーガ、リーグ・アン)のランキングを作成した。

対象となるのは、移籍金が発生する取引のみ。過去10年間で選手の評価額よりも多くの金額を支払う、いわゆる「過払い」が最も多かったのはマンチェスター・ユナイテッドだった。
ユナイテッドは、33回の取引があり、その中で過払金は2億3800万ユーロ(約340億円)とのことだ。

2位のユベントスは36回の取引があり、2億3400万ユーロ(約334億2000万円)。この両クラブの差はほとんどない状況だ。

3位はパリ・サンジェルマン(PSG)で31回の取引で1億6200万ユーロ(約231億4000万円)、4位アストン・ビラの44回で1億4900万ユーロ(約212億8000万円)、5位レアル・マドリーの19回で1億4800万ユーロ(約211億5000万円)と続いた。

これのクラブは、悪く言えば「無駄遣い」をしているということ。もちろん、獲得後に選手が価値を上げることもあるため、一概には「無駄遣い」とは言えないが、適正な価格以上で多くの選手を獲得しているという事実は変わらない。移籍金が高騰化していく要員を作っているとも言える。

一方で、逆に節約をしているクラブもある。

最も「過払い」がないクラブは32回の取引があるアトレティコ・マドリーで、8200万ユーロ(約117億2000万円)。続いて、バルセロナの40回で4700万ユーロ(約67億2000万円)、セビージャの54回で4400万ユーロ(約62億9000万円)、フィオレンティーナの37回で3900万ユーロ(約55億7000万円)、ヘルタ・ベルリンの31回で3100万ユーロ(約44億3000万円)と続いている。

◆過去10年の移籍金過払いランキングトップ20
1位:マンチェスター・ユナイテッド/2億3800万ユーロ(約340億円)
2位:ユベントス/2億3400万ユーロ(約334億2000万円
3位:パリ・サンジェルマン/1億6200万ユーロ(約231億4000万円)
4位:アストン・ビラ/1億4900万ユーロ(約212億8000万円)
5位:レアル・マドリー/1億4800万ユーロ(約211億5000万円)
6位:チェルシー/1億3500万ユーロ(約193億円)
7位:アーセナル/1億2900万ユーロ(約184億4000万円)
8位:スタッド・レンヌ/1億1400万ユーロ(約162億9000万円)
9位:エバートン/9700万ユーロ(約138億7000万円)
10位:ドルトムント/7700万ユーロ(約110億円)
11位:ニューカッスル/7600万ユーロ(約108億6000万円)
12位:レスター・シティ/7400万ユーロ(約105億8000万円)
13位:リヨン/7100万ユーロ(約101億5000万円)
14位:サウサンプトン/7000万ユーロ(約100億円)
15位:ローマ/6700万ユーロ(約95億8000万円)
16位:ナポリ/6200万ユーロ(約88億6000万円)
17位:レバークーゼン/6100万ユーロ(約87億2000万円)
18位:モナコ/5700万ユーロ(約81億5000万円)
19位:リバプール/5600万ユーロ(約80億円)
20位:ウェストハム/5500万ユーロ(約78億6000万円)


関連ニュース
thumb

ラッシュフォードが「アイドルだった」C・ロナウド退団に言及「信じられない体験」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが、クリスティアーノ・ロナウドの退団について口を開いた。イギリス『サン』が伝えている。 今夏の移籍騒動から不穏さを醸した今季のC・ロナウド。エリク・テン・ハグ新監督の下で明らかに序列を落とすなか、試合で出場拒否に走れば、イギリスのテレビ『TalkTV』でもクラブの内部批判を展開した。 ユナイテッドはその後、「しかるべき措置の開始」を明らかにすると、22日にC・ロナウド側との双方合意による即座の退団決定をアナウンスした。 現在はカタール・ワールドカップ開催中ということもあり、その話題への関心は一旦薄まってはいるが、チームメイトはやはりコメントを求められているようだ。これまでに同胞のブルーノ・フェルナンデスやレアル・マドリーでも共闘したカゼミロが言及していが、ラッシュフォードも「彼はアイドルだった」と別れを惜しんだ。 「18カ月の間、彼とプレーできたことは信じられないような体験だった。いつも目標にしていたアイドルなんだ。だからこそ、彼の隣でプレーできるなんで夢みたいだったんだ」 「僕はそれをずっと思い出にしまっておく。永遠に心の中に残り続けていくことだろう」 「彼の幸運を祈っているよ。これまでマンチェスター・ユナイテッドのために成し遂げてきたことに感謝し、残りのキャリアがうまくいくことを願っている」 2022.11.28 16:25 Mon
twitterfacebook
thumb

EURO決勝でPK失敗のラッシュフォード、キッカーに名乗り「機会を逃したくない」

イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが、過去の呪縛からの解放を願っているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 カタールW杯に参戦中のラッシュフォードは、初戦のイラン代表戦で途中出場直後のファーストプレーからゴールを挙げ、6-2の大勝に貢献。続く第2戦のアメリカ代表戦でも途中出場したが、今度はゴールを挙げられず。チームも0-0のドローに終わった。 そんなラッシュフォード、昨年のEURO決勝戦ではPK戦での自身の失敗も響き、イングランドは準優勝という結果に。アメリカ代表戦後のインタビューでこの件を掘り返されると、今大会でチームがPKを獲得すれば、是非とも自身が蹴りたいと語っている。 「ペナルティキックの機会があるなら、絶対に逃したくない。フォワードとしてゴールを決めるチャンスだが、それだけでなく、僕個人にとってそれが重要な瞬間になるのは明白だ。この大会を楽しむと同時に、その瞬間を待ちわびているよ」 また、右足首に不安を抱えるFWハリー・ケインにも言及。第3戦のウェールズ代表戦ではラッシュフォードがスタメン起用されるとも伝えられるが、絶対的エースの状態は万全と口にしている。 「ハリーの状態は問題ないよ。彼も今大会を楽しんでいるし、とってもハッピーそうだ。彼はここまではノーゴールだけど、今のプレーを続ければすぐにネットを揺らすはずさ」 イングランド代表は31日のウェールズ代表戦で引き分け以上なら決勝トーナメント進出が決まる。 2022.11.28 15:53 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド退団のC・ロナウド、中東クラブからオファーか

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)に対して、サウジアラビアのアル・ナスルがオファーを送ったようだ。 今夏に移籍騒動がありながら、チームに残留したロナウド。しかし、エリク・テン・ハグ新監督が就任した今季は序列が下がると、10月の試合では出場拒否および無断退席によって一時トップチーム追放処分を科されるなど、ベテランらしからぬ問題行動が目立っていた。 11月中旬にはイギリスのテレビ『TalkTV』のインタビューでクラブの内部批判を展開。これを受けて、クラブは「しかるべき措置の開始」を明らかにし、22日に契約解除を発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)後の去就に注目が集まるロナウドだが、アメリカ『CBC』はサウジアラビアのアル・ナスルが同選手にオファーを送ったと報道。7500万ドル(約104億円)もの年俸で3年契約が提示されているようだ。 また、『CBC』によれば、現在国内のライバルであるアル・ヒラルをはじめ中東の他のクラブもロナウド獲得に関心を寄せている中、アル・ナスルはすでに今夏から接触している模様。代理人との幅広い話し合いを通して、交渉は比較的進んでいると見られており、同選手の最終判断を待つ段階まで来ているようだ。 アル・ナスルはこれまで9度のサウジ・プロフェッショナルリーグ優勝を誇る国内の強豪クラブ。しかし、ロナウドは以前よりチャンピオンズリーグ(CL)でのプレーに対して高いモチベーションを持っていると伝えられており、ヨーロッパ以外でのプレーが実現する可能性はそこまで高くないかもしれない。 2022.11.27 13:35 Sun
twitterfacebook
thumb

カゼミロ、C・ロナウド退団に悲しみも「幸運を祈る」

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)のマンチェスター・ユナイテッド退団に同僚のブラジル代表MFカゼミロが発言した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 今夏の移籍騒動から不穏さを醸した今季のC・ロナウド。エリク・テン・ハグ新監督の下で明らかに序列を落とすなか、試合で出場拒否に走れば、イギリスのテレビ『TalkTV』でもクラブの内部批判を展開した。 ユナイテッドはその後、「しかるべき措置の開始」を明らかに。一部メディアでは予想される結末として事実上の解雇が大半を占め、22日にC・ロナウド側との双方合意による即座の退団決定をアナウンスした。 カタール・ワールドカップ(W杯)にも負けず劣らずの話題を呼んだなか、レアル・マドリー時代からの戦友であるカゼミロもその件にコメント。いちチームメイトとして惜しむ声を上げつつ、エールも送った。 「彼とはメッセージをやり取りしていない。でも、クリスティアーノは経験豊富な選手で、自分のキャリアにとって何が良いのものなのかをわかっているはず。もちろん、悲しい。特にマンチェスターでは歴史上最高の選手の1人を巡る話なわけだから。いち友人として、僕らは今後の幸運を祈るだけ。フットボール面がすべてうまく行くのを願っている。僕らと対戦するときを除いてね」 2022.11.27 11:05 Sun
twitterfacebook
thumb

FW補強必須のユナイテッド、補強リストにデパイ…当事者間も接触か

マンチェスター・ユナイテッドの補強リストにバルセロナのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(28)が入っている模様だ。 その情報はドイツ『スカイ』のレポーターを務めるフロリアン・プレッテンベルク氏からのもの。エリク・テン・ハグ監督にデパイをユナイテッドに連れ戻す構想があるといい、すべての当事者間で接触もあるようだ。 そんなデパイだが、バルセロナとは契約最終年で、FWロベルト・レヴァンドフスキの加入にケガも重なって浮いた存在に。財政的に厳しいバルセロナはサラリーを削減したく、契約の解消さえもありうる状況だという。 デパイは2015年夏から1シーズン半にわたってユナイテッドでプレーしたが、鳴かず飛ばずに終わった過去。造反のFWクリスティアーノ・ロナウドと袂を分かち、ストライカー補強が急務なユナイテッドだが、いかに。 なお、渦中のデパイは先日、来たる1月に移籍を果たす可能性について「この先がどうなるかはわからない。今はW杯に集中していて、それ以外のことは何も」と話している。 2022.11.26 19:01 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly