カタールW杯唯一のニューバランス製、日本と対戦するコスタリカの新ユニフォームはシンプルなデザイン

2022.09.21 22:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
コスタリカサッカー連盟(FEDEFUTBOL)は、21日までにカタール・ワールドカップ(W杯)でも使用する新ユニフォームを発表した。北中米カリブ海予選を4位でフィニッシュしたコスタリカは、大陸間プレーオフへと進出。オセアニア予選を制したニュージーランド代表相手に勝利を収め、3大会連続6度目の本大会出場を確定させた。本大会では日本代表、スペイン代表、ドイツ代表と同じグループEに入る。

そのコスタリカのユニフォームサプライヤーはニューバランスが担当。カタールW杯出場国の中では唯一となる。
ホームユニフォームのデザインは無地の赤をベースとしたシンプルなもの。首元には白、袖口には青が配色されており、ショーツは青をベースにサイドに白のラインが入っている。

一方のアウェイユニフォームについても、ホームと同様のデザインの色違い。こちらは白をベースに袖口が青。そしてニューバランスのロゴが赤で施されており、ショーツも白がベースで青のラインが入っている。

そして、どちらのユニフォームにも2021年12月に導入されたばかりの新しい代表のエンブレムがプリント。新エンブレムは3つの火山を含む国章をイメージし、上部が山のようにデザイン。赤、白、青の3色で構成され、金色の線で縁取られている。

コスタリカは9月のインターナショナルマッチウィークで、23日に韓国代表と、27日にウズベキスタン代表といずれも韓国でのフレンドリーマッチを予定している。

1 2

関連ニュース
thumb

ドイツが意地の今大会初勝利もコスタリカと共に屈辱の2大会連続GL敗退に…《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)のグループE最終節、コスタリカ代表vsドイツ代表が1日に行われ、ドイツが2-4で勝利した。 初戦ではスペイン代表に0-7の衝撃的な大敗を喫したコスタリカだが、第2節では日本代表との接戦を1-0で勝利。ここまで1勝1敗の3位に位置し、2014年大会以来の決勝トーナメント進出を目指すチームは、2位の日本の結果次第では引き分け以上で突破を決められる状況に。崖っぷちの難敵を迎え撃った一戦では前節から先発3人を変更。サスペンションのカルボに代えてバルガス、コントレラスとジェルソン・トーレスに代えてアギレラとベネガスを起用した。 一方、ドイツは日本相手の衝撃の敗戦、スペイン相手の粘りのドローによって1分け1敗の最下位で最終節を迎えた。逆転での突破に向けて勝利且つ、首位チームの後押しが必要な状況の中でハンジ・フリック監督は、前節から先発1人を変更。ケーラーに代えてサネを起用し、キミッヒを右サイドバックに置く[4-2-3-1]を採用した。なお、守護神ノイアーはGKとしてW杯通算最多出場記録(19試合)を樹立した。 フランス人レフェリーのステファニー・フラパールさんが男子W杯史上初となる女性主審を務めた一戦は、自力での突破に8点が必要なドイツがリスクを冒して前に出ていく。 開始2分にミュージアラがミドルシュートでGKナバスをいきなり脅かすと、以降も流動的なポジションチェンジで相手5バックに揺さぶりをかける。そして、オフ・ザ・ボールの動きに長けたミュラーなどアタッカー陣が一瞬マークを外して際どいフィニッシュに絡んでいく。 すると、10分にはカウンターから中央左をドリブルで持ち上がったミュージアラが左サイド深くに走り込むラウムへ展開。そのラウムからの正確なクロスを中央に飛び込んだニャブリがヘディングでゴール右隅へ流し込んだ。 幸先よく先制に成功したドイツは、以降も70%を超えるボール支配率でハーフコートゲームを展開。前に出たいコスタリカを自陣に押し込めて自分たちのゴールから遠ざけつつ、アタッキングサードで違いを生むミュージアラを起点に幾度も決定機を創出する。 前半も半ばを迎えると、キャンベルら前線の身体を張ったプレーもあってコスタリカが徐々に狙いとするカウンターを仕掛けていくが、ドイツの守備陣にフィニッシュまで持ち込ませてもらえない。 対して早い時間帯に追加点を奪って相手を引き出したいドイツは、30分過ぎにキミッヒの無回転ミドルシュート、ボックス中央で仕掛けたミュージアラのシュートと2点目に迫る。さらに、39分にはボックス内で鮮やかなターンを見せたニャブリが右足を振るが、これはわずかに枠の右へ外れる。 ここまで粘り強く1点差を維持するコスタリカは前半終了間際に千載一遇のチャンス。42分、前線へのロングボールに対してDFラウム、DFリュディガーとドイツ守備陣の軽率な対応によってフラーがボックス内に抜け出して右足のシュート。だが、枠を捉えたこのシュートはGKミュラーに見事な反応ではじき出された。 冷や汗をかく形で前半を終えたドイツはゴレツカを下げてクロステルマンをハーフタイム明けに投入。この交代でクロステルマンが右サイドバック、キミッヒが本来の中盤に戻る。 後半もボールを握って押し込むものの、なかなか決定機まで持ち込めないドイツ。さらに、後半立ち上がりに他会場で日本が1-1のイーブンに追いついたとの情報が入り、突破に再びゴールが必要となると、ギュンドアンを下げてストライカーのフュルクルクを投入した。 しかし、この交代直後の58分にはコスタリカが後半最初のチャンスをモノにする。味方からのスルーパスに抜け出したフラーがボックス右で折り返すと、中央のワストンがヘディングシュート。これをGKノイアーが前にこぼしたところをテヘダが泥臭く押し込んだ。 追いつかれたことに加え、日本の逆転によってより窮地に立たされたドイツはここから猛攻に打って出る。だが、61分と62分のミュージアラ、リュディガーのシュートはいずれも枠に嫌われてしまう。さらに、66分にはミュラーとラウムを下げてゲッツェ、ハヴァーツを投入。後ろを3枚に変えて前がかる。 だが、先にゴールをこじ開けたのはまたしてもコスタリカ。70分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でファーで競り勝ったワトソンの頭での折り返しがゴール前で混戦を生むと、これをフアン・バルガスが泥臭く押し込んだ。 これで初めてリードを許したドイツだったが、失点からわずか3分後にボックス内のフュルクルクの絶妙なヒールパスに反応したハヴァーツがチップキックでゴールネットを揺らし、すぐさま同点に追いつく。 以降は互いの意地と意地がぶつかり合う白熱の展開となった中、ドイツが底力を見せる。85分、右サイドでボールを持ったニャブリがボックス手前からグラウンダーのクロスを供給すると、ファーサイドにフリーで走り込んだハヴァーツがワンタッチで合わせて逆転に成功する。 さらに、畳みかけるドイツは10分が加えられた後半アディショナルタイムに4点目を奪取。91分、キミッヒからの浮き球パスに反応したサネがボックス左から冷静に折り返すと、ゴール前でフリーのフュルクルクが左足で押し込んだ。当初、オフサイドフラッグが上がったものの、VARの介入によってオンサイドでのゴールが支持された。 これで他会場の試合でスペインが追いつけば、得失点差で2位通過が可能となる状況を作ったドイツだったが、先に試合を終えた日本が勝利したため、逆転は叶わず。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、白熱の激闘を見せた両者だったが、共に2大会連続でのグループリーグ敗退となった。 コスタリカ代表 2-4 ドイツ代表 【ドイツ】 テヘダ(後13) フアン・バルガス(後25) 【コスタリカ】 ニャブリ(前10) ハヴァーツ(後28) ハヴァーツ(後40) フュルクルク(後46) 2022.12.02 06:16 Fri
twitterfacebook
thumb

ゴミ捨て動画に続き、ゴミだらけのロッカールーム…日本代表を標的としたフェイクニュース再び、実際はイタリア代表のもの

先日は日本代表サポーターのゴミ拾い動画を編集し、逆再生してゴミ捨て動画を投稿した記者が炎上していたが、再び日本代表にまつわるフェイクニュースが話題となっている。 問題となっているのは、27日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)グループE第2戦の日本代表vsコスタリカ代表の一戦の後。試合はコスタリカがワンチャンスを生かして0-1で勝利していた。 勝利すればグループステージ突破が大きく近づく日本だったが、敗戦により一転して敗退の危機に。フェイクニュースとなったのは、敗れた日本がドレッシングルームを散らかして帰ったというものだった。 日本と言えば、前述の通りサポーターがゴミを拾う姿が今大会も大きな話題となり、国際サッカー連盟(FIFA)がサポーターにインタビューを申し込むほど。また、大会ボランティアが直接感謝を伝えようと、サポーターをスタンドに集めたことも話題だ。 さらに、この行動が多くの人の目に留まり、イラン代表、セネガル代表、フランス代表、モロッコ代表、エクアドル代表など、サポーターが帰る際に周りを片付けるという行為が広まっている。 また、サポーターだけでなく、日本代表チームがドレッシングルームを綺麗にして帰ることも話題となり、折り紙で作った鶴と「ありがとう」を日本語とアラビア語で書いた手紙を置いて帰ることも称賛されていた。 そんな中、信じられない写真が流出。ゴミが散らかり、煩雑な状態のロッカールームの写真がフェイスブックでアップされ「コスタリカ戦後の日本のドレッシングルーム」とキャプションが付けられていた。 しかし、これは全くのウソ。投稿されていた写真は、2022年3月に撮影されたもので、イタリア代表チームのドレッシングルームだとのこと。イギリス『サン』が取り上げたニュースで使用されていたものであり、北マケドニア代表に敗れたイタリア代表がW杯出場権を逃した後の様子だったようだ。 サポーターのゴミ拾い、そしてドレッシングルームの片付けなど、日本人が習慣的に行っていることに対し、世界では揶揄される風潮が広まっており、多くの人が信じていない一方で、一定数の人が騙されていることもあり、ソーシャルメディアの拡散力の凄さと、悪用の問題が浮き彫りとなっている。 <span class="paragraph-title">【写真】日本のコスタリカ戦後のドレッシングルームとして投稿されたフェイク写真</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Japan&#39;s dressing room after Costa Rica match.<a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/WorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WorldCup</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Japan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Japan</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/QatarWorldCup2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#QatarWorldCup2022</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/CostaRica?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CostaRica</a><a href="https://twitter.com/hashtag/Germany?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Germany</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Messi?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Messi</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/WorldCup2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WorldCup2022</a> <a href="https://t.co/l2qJ4yiWub">pic.twitter.com/l2qJ4yiWub</a></p>&mdash; Futbol Antrenman (@FutbolAntrenman) <a href="https://twitter.com/FutbolAntrenman/status/1596839622314962945?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】実際のコスタリカ戦後のドレッシングルーム</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> (@FIFAWorldCup_JP) <a href="https://twitter.com/FIFAWorldCup_JP/status/1597006101676949505?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.30 22:05 Wed
twitterfacebook
thumb

男子W杯初の女性主審に! 日本注目のコスタリカvsドイツの主審は女性審判のフラパールさん

フランス人レフェリーのステファニー・フラパールさん(38)が、男子ワールドカップ(W杯)で初の女性主審に任命された。 国際サッカー連盟(FIFA)は、12月1日に行われるグループE最終節、コスタリカ代表vsドイツ代表の主審にフラパールさんを任命した。 カタールW杯では合計129名の審判員の内、男子のW杯として初めて女性の審判員が6名選ばれた。その中でフラパールさんは日本の山下良美さん、ルワンダ人のサリマ・ムカンサンガさんと共に3名の主審に選出された。 22日に行われたグループC第1節のメキシコ代表vsポーランド代表では第4審判としてすでにW杯デビューを飾ったフラパールさんだが、今回のコスタリカvsドイツではついに主審としてデビューすることになった。 なお、世界的に知られる女性主審は、2019年のUEFAスーパーカップ担当したほか、カタールW杯欧州予選でも試合を担当。UEFAチャンピオンズリーグでも、2020-21シーズンに史上初となる女性審判として試合を裁いていた。 日本代表も属する混戦グループEの行方を左右する重要な一戦となるが、その試合を裁くフラパールさんのレフェリングにも注目が集まるところだ。 2022.11.30 06:45 Wed
twitterfacebook
thumb

カタールW杯、日本対コスタリカ戦を検証/六川亨の日本サッカーの歩み

「机上の空論」あるいは「取らぬ狸の皮算用」という言葉がある。 コスタリカが日本を相手に[5-4-1]で守備を固めてカウンター狙いで来ることは十分に想定できた。スペイン戦も0-3で迎えた後半は5BKにして守備を固めたが、それでもスペインのパスワークに翻弄されて4失点した。 日本がスペインのようなパスワークを駆使できるとは思わない。しかし自陣に引いてブロックを作る相手に、ポストプレーヤーの上田綺世はうってつけだろうし、狭いスペースならドリブラーの相馬勇紀、堂安律らが効果的なはず――と思ったものだ。 しかし上田は開始直後のポストプレー以外に見せ場はなし。相馬と堂安も前半は人数をかけて守るコスタリカに見せ場を作ることはできなかった。彼ら3人に加えてトップ下の鎌田大地ら攻撃陣は、ほとんど機能していなかった。 それはコスタリカの守備が良かったというより、「失点だけはしたくないという入りが慎重になりすぎた」(長友佑都)と言ったほうが正しいだろう。 その結果、押し上げが中途半端になり、選手間の距離が離れてしまったため、ワンタッチ、ツータッチのプレーがほとんど見られず、コスタリカDF陣を混乱に陥れることはできなかった。 上田にすれば、CBを背負ってワンタッチで落としたくても鎌田は遠い。鎌田はサイドに展開したくてもSBの押し上げが遅い。両サイドのドリブラーは味方のフォローが遅いためワンツーが使えなかったり、味方をダミーにしたフェイントを使えなかったりなどのストレスがあったのではないだろか。 これらの原因は、やはり連係不足、“急造のスタメン”だったことに行き着かざるを得ない。森保一監督の目ざした「1チーム2カテゴリー」による「ラージグループ」とはいえ、相馬も上田も森保ジャパンでは出場機会が少ない。そう思うと、やはり彼らは交代出場の“ジョーカー”として使うべきだった。 コスタリカのプラン変更を見越して攻撃陣をターンオーバーした采配は理にかなっていた。しかし前述したように誤算があった。そしてノックアウトステージを見据えた采配は「二兎追うものは一兎をも得ず」という残酷な結果に終わった。 すでに終わった試合のため、「あ~すれば」とか「こ~すれば」と悔やんでも結果は変わらない。しかし試合を検証することは次につながると思うので1、2点ほど私見を述べたい。 まずシステムである。相手は[5-4-1]のベタ引きが予想された。だからこそ森保監督も前線の選手を入れ替えてきた。そこで日本の[4-2-3-1]である。相手は守備一辺倒なので、ダブルボランチが必要なのかという疑問である。 遠藤の1ボランチで十分なため、中盤は逆三角形で守田英正と田中碧を前に出す[4-3-3]にすれば、前線の枚数は5枚に増える。守田や田中にペドリやガビのような攻撃的な役割を期待しないまでも、両SBの攻め上がりを含めれば前線の枚数は単純計算で増えるというわけだ。 ただし、そうすると鎌田の居場所をどこにするのかという問題が出てくる。森保監督がアジア最終予選で[4-3-3]を採用してから、鎌田の居場所はなくなった。現チームで[4-3-3]にすると、鎌田のポジションは消去法で左FWしかなくなる。しかし、これでチームが機能するかどうかは疑問であり、それこそ急造感は否めない。 [4-3-3]を採用するなら鎌田はベンチで、左FWはファーストチョイスが久保建英、セカンドチョイスがこれまでも起用してきた南野拓実ということになるだろう。しかし、これはこれで守田のコンディションを含めて“場当たり感”があるのでリスクが高すぎる。 そこで現実的なプランである。 目標である『ベスト8』を達成するためには、まずはグループリーグ突破を確実にする必要がある。それにはコスタリカ戦も勝点3の獲得を至上命題にすべきだった。日本が勝てば、コスタリカのグループリーグ敗退が決定し、スペイン対ドイツ戦の結果によってはドイツも脱落し、2試合でグループリーグ突破が決定した可能性もあった。 難敵ドイツを倒して「ジャイアントキリング」を演じたのだから、その勢いでスタメンは代えず、まずは格下のコスタリカもベストメンバーで叩いて2試合でグループリーグ突破をほぼ確実にする。これまで日本が一度もなしえなかった快挙でありアドバンテージでもあった。 そしてスペイン対ドイツ戦の結果次第ではグループ首位の可能性もあるので、そこで第3戦のスペインとノックアウトステージを含めてターンオーバーを考えればいい。 しかし、ドイツを倒したことで私を含め誰もが勘違いしてしまったのかもしれない。結果的にターンオーバーして勝てるほどコスタリカは楽な相手ではなかったし、森保ジャパンも選手起用を含めターンオーバーして勝てる実力がなかった。 まだカタールW杯は続いているため、森保ジャパンが快進撃を続けるかもしれない。結果が良いと過程は忘れられがちだが、コスタリカ戦の敗戦は内容と結果はもちろんのこと、そこに至るまでのチームマネジメントが分岐点になるような気がしてならない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.11.29 22:35 Tue
twitterfacebook
thumb

「カタールのコボちゃん」霜降り明星・せいやが現地カタールの新聞に登場、結果残す「やっぱり天才だ」「おもしろすぎ」

カタール・ワールドカップ(W杯)の観戦に現地を訪れた霜降り明星のせいやが、現地の新聞に掲載されたことを報告した。 学生時代にはサッカー部に所属し、「ABEMA FIFA ワールドカップ サポーターイレブン」にも選ばれたせいや。それもあり、カタールまで足を運んで日本代表戦を観戦した。 惜しくも敗れたコスタリカ代表との試合を観戦したことを報告していたせいやは、「カタールの番組アルジャジーラのインタビューがMCにハマって急遽スタジオに来い!とオファーがありました。カタールのラヴィットみたいな番組で跳ねたかもしれないです」と報告していたが、それとは別に新聞に掲載されたという。 自身のツイッターで紙面の写真を投稿し「よく分からんけどカタールの新聞で紹介されました!カタールのコボちゃんの枠かもしれないです!」と投稿。青い道着に日の丸のハチマキを巻いたせいやが、ファイティングポーズをとるというものだった。 紙面では「日本のテレビスターがコスタリカのファンと戦った」とされている。 これにはファンも「すごい!!!」、「おもしろすぎ」、「結果残してる」、「シンプルにすごい」、「やっぱり天才だ」と驚きのコメントが集まっている。 <span class="paragraph-title">【写真】カタールの新聞で紹介される霜降り明星・せいや</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">よく分からんけどカタールの新聞で紹介されました!<br>カタールのコボちゃんの枠かもしれないです! <a href="https://t.co/3ZlqQWDcBU">pic.twitter.com/3ZlqQWDcBU</a></p>&mdash; 霜降り明星 せいや (@simofuriseiyam) <a href="https://twitter.com/simofuriseiyam/status/1597446806438572033?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.29 21:05 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly