昇格目指すJ3富山、成績不振で石﨑信弘監督の退任を発表…後任にはHCの小田切道治氏が昇格

2022.09.19 13:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
カターレ富山は19日、石﨑信弘監督(64)の退任を発表した。

石崎監督はモンテディオ山形、大分トリニータ、川崎フロンターレ、東京ヴェルディ1969(現:東京ヴェルディ)、柏レイソル、コンサドーレ札幌(現:北海道コンサドーレ札幌)、杭州緑城U-18(中国)、テゲバジャーロ宮崎、藤枝MYFCで監督を歴任。昨シーズンから富山の監督に就任すると、最終的には昇格を逃したものの4位フィニッシュを果たしていた。

今シーズンも引き続きJ2昇格を目標としてシーズンインしたが、ここまで明治安田生命J3リーグ25試合を消化して、14勝3分け8敗の5位に。クラブは成績不振に加えて目標達成のため後がないこと、試合内容の課題が昨年から大きく改善されていないことを受け、第25節のアスルクラロ沼津戦後に指揮官交替の決断を下したと報告している。
また、後任は現在チームでヘッドコーチを務める小田切道治氏(44)に決定。地元富山県出身である小田切氏は、京都パープルサンガ(現:京都サンガF.C.)やヴァンフォーレ甲府などでプレー。2009年に富山で現役引退となった後も下部組織のコーチとしてクラブに残り、2019年からはトップチームのコーチを務めていた。

代表取締役社長の左伴繁雄氏は、監督交代の経緯と後任選定の理由を報告している。

「昨シーズンより監督として指揮をお願いして参りました石﨑信弘氏につきまして、先日行われましたリーグ第25節対アスルクラロ沼津戦をもちまして退任いただく決定を致しましたことを、慎んでご報告させていただきます。併せて石﨑氏の後任として現ヘッドコーチの小田切道治氏に務めていただくことをお知らせ致します」

「本人事は、今般の戦績を会社として掲げた「J2復帰」に照らし合わせれば、到底看過出来るものではないこと。また、サッカーの内容に見る課題(詳細は差し控えます)が昨年から大きく改善されていないこと。そして、J2復帰に向けて順位・競技試合数が限界に来ていることから、監督の交替に踏み切ったものです」

「一方で、90分戦えるフィジカルを作り上げ、結果には必ずしも結びつきませんでしたが、軸のしっかりしたスタイルを構築された功績は、決して色褪せるものではありませんし、最大限の感謝と敬意をお伝えしたいと思います」

「後任選定に際しましては、以下のことを留意致しました」

・大変申し上げ難いながらも、J3カテゴリーに来てくれる監督は、報酬面も含め限定されること。
・ある程度出来上がった型を持っているチームに対して、良いところは継続しながら課題となっている病巣を根治する処方箋を持っていること。
・現在籍選手の長短所を熟知し、それに応じた起用や指導がなされること。
・相手チームのスカウティングに則った戦略、戦術の選択が出来る柔軟性を有していること。
・戦い方や練習内容、強度、日常管理について、強化部とベクトルが合っていること。
・リバウンドメンタリティ醸成に長けたモチベーターであること。

「以上を踏まえ、現ヘッドコーチの小田切氏と致しました」

「小田切氏は地元富山出身の監督候補として、十分な研鑽を積んだ上で満を持した起用がなされるべきと考えておりました。しかし、本人が監督未経験ながらも、火中の栗を拾う覚悟を示してくれたクラブ愛は最大限尊重したいと考えます。ならば、この先どういう結果になろうと、任命責任は私にあり、その限りに於いて、彼を最後までサポートし、守っていく所存です」

「最後に、石﨑さん、これまでチームを鍛え上げていただき、本当にありがとうございました。そして残り1/3シーズンの9試合は、小田切監督を中心に、チーム/フロント、ファン・サポーターのみんなが一つになり、チャレンジ&カバーで乗り切って行きましょう」


関連ニュース
thumb

札幌が濱大耀と契約満了…2年間を過ごす富山からも退団

北海道コンサドーレ札幌は26日、DF濱大耀(24)との契約満了を発表した。 濱は札幌のアカデミー出身で、2017年にトップチーム昇格。2021年からはカターレ富山に貸し出されたが、2年間を通じて明治安田生命J3リーグで出番なしだった。 富山からも退団が決まった濱は両クラブを通じて別れの挨拶をしている。 ◆北海道コンサドーレ札幌 「北海道コンサドーレ札幌に関わる皆様、ユースから数えて9年間の間、たくさんの声援とサポートありがとうございました。ここ2年間はレンタル先での活動でしたが、札幌にいた4年間、ユースでの活動を含めれば7年間、本当に沢山の経験をさせてもらいました」 「9年間で毎日のように『結果で恩返しを』と闘志を燃やし進んできましたが、最後まで叶えることができずにチームを去ることになってしまい、申し訳なく思います。ですが、四方田さんやミシャさんのもとでサッカーを学べたこと、札幌のトップレベルの選手たちとしのぎを削り切磋琢磨できたとこと、迫力あるスタジアムでたくさんの応援の中プレーできたこと、札幌での日々はサッカー選手として、とても幸運なことだったと思えます 「ここでの経験を生かして次の場所でも頑張りたいと思います。最後に、お世話になったファンやサポーター、パートナー、チーム関係者の皆様、9年間本当にありがとうございました」 ◆カターレ富山 「カターレ富山に関わる皆様、2年間という短い間でしたが、ありがとうございました。今シーズンは昨年の怪我の影響で、シーズン中に復帰することは叶いませんでした。また、チームとしてJ2に復帰する目標を達成することができず、個人としてそこに全く貢献できなかったことを申し訳なく思います」 「僕の短いキャリアの中でも断トツで苦しい1年間でしたが、ファンやサポーターの皆さんがかけてくれる声援や日頃からのサポート、監督やコーチ、チームドクターやトレーナー、そしてチームメイトに支えられて今日まで練習に励むことができました」 「富山での2年間の経験を生かして、今後も自分らしく頑張っていこうと思います。またどこかで皆さんに会えることを楽しみにしています。2年間ありがとうございました」 2022.11.26 17:35 Sat
twitterfacebook
thumb

富山がルイス・エンリケとの契約満了を発表、今季加入もケガの影響で3試合の出場に終わる

カターレ富山は25日、ブラジル人FWルイス・エンリケ(24)との契約満了を発表した。 ルイス・エンリケは、ボタフォゴやアトレチコ・パラナエンセなどブラジルのクラブや、フィンランド、デンマークなど北欧でプレー。今シーズンから富山に加入した。 U-17ブラジル代表歴もあるなか、期待されたルイス・エンリケだったが、J3でわずか3試合の出場に終わっていた。 ルイス・エンリケはクラブを通じてコメントしている。 「チャンスを与えてくれたカターレ富山のみなさんに感謝を伝えたいです。そのチャンスを活かせなくて非常に残念で、つらい気持ちでいっぱいです」 「オファーをいただいたときに「カターレ富山は、今年こそ絶対にJ2復帰しなければいけない」と聞きました。そのために僕が試合に出場し、僕のゴールで勝利をもたらし、チームに貢献したいと思っていましたが、残念ながらケガのために試合に出場することができませんでした」 「それでもチームの一員として「自分に何ができるか?チームのためにできることをやろう」と思い、毎日の練習をチームメイトと一緒に頑張ってきましたが、結果J2復帰を達成することができませんでした」 「もっとチームに貢献して、チームに恩返しをしたかったです。今回は手術のためにブラジルに帰りますが、必ず治してまたグランドに戻ってきたいと思います。遠い地でも富山のサポーターに今後の活躍を見ていただきたいと思います」 2022.11.25 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

J3MVPは優勝いわきのルーキー有田稜! 17ゴールで得点王にも輝く《2022J3リーグアウォーズ》

21日に2022シーズンのJ3リーグアウォーズが行われた。 今季からJ1からJ3のカテゴリー別でそれぞれMVPやベストイレブンを選定することになったJリーグ。J1の表彰式から2週間、今回はJ3の各賞が発表された。 今季のJ3は新規参入のいわきFCが23勝を挙げる成績で優勝。最終的に2位の藤枝MYFCとは9ポイント差の大差をつけて、Jリーグ参入から1年でJ2昇格を果たした。 そして、そのいわきFCで17得点をマークし、J3得点王に輝いた有田稜がJ3初代MVPに。国士舘大学出身の有田は今季からいわきに入団。プロデビュー戦は第3節の愛媛FC戦で、後半アディショナルタイムからの途中出場だったが、直後に決勝ゴールを決める鮮烈な印象を与えた。来季以降の活躍にも期待したいストライカーだ。 また、年間最優秀ゴールには、Y.S.C.C.横浜のロリス・ティネッリが9月の松本山雅FC戦で決めたゴールが選ばれた。左サイドからドリブルで切り込み、DFをなぎ倒しながらボックス左へ侵入。右足を振り放ったシュートが決まり、これが来日初ゴールとなった。 そのほかでは、優秀監督に藤枝の須藤大輔監督が選ばれている。ベストイレブンはいわきから5名と最多の選出となった。 <span style="font-weight:700;">【2022 J3リーグ各賞受賞者】</span> <span style="font-weight:700;">◆最優秀選手賞</span> FW<span style="font-weight:700;">有田稜</span>(いわきFC) <span style="font-weight:700;">◆ベストイレブン</span> GK <span style="font-weight:700;">内山圭</span>(藤枝MYFC) DF <span style="font-weight:700;">安藤智哉</span>(FC今治) <span style="font-weight:700;">家泉怜依</span>(いわきFC) <span style="font-weight:700;">林堂眞</span>(カターレ富山) <span style="font-weight:700;">広瀬健太</span>(鹿児島ユナイテッドFC) MF <span style="font-weight:700;">嵯峨理久</span>(いわきFC) <span style="font-weight:700;">日高大</span>(いわきFC) <span style="font-weight:700;">横山暁之</span>(藤枝MYFC) <span style="font-weight:700;">山下優人</span>(いわきFC) FW <span style="font-weight:700;">有田稜</span>(いわきFC) <span style="font-weight:700;">有田光希</span>(鹿児島ユナイテッドFC) <span style="font-weight:700;">◆得点王</span> 【17得点】 FW<span style="font-weight:700;">有田稜</span>(いわきFC) <span style="font-weight:700;">◆フェアプレー賞</span> <span style="font-weight:700;">カターレ富山</span> <span style="font-weight:700;">◆優勝監督賞</span> <span style="font-weight:700;">村主博正</span>(いわきFC) <span style="font-weight:700;">◆優秀監督賞</span> <span style="font-weight:700;">須藤大輔</span>(藤枝MYFC) <span style="font-weight:700;">◆最優秀ゴール賞</span> <span style="font-weight:700;">ロリス・ティネッリ</span>(Y.S.C.C.横浜) 2022.11.21 21:20 Mon
twitterfacebook
thumb

岐阜がDF舩津徹也の引退を発表、富山、C大阪、山形、群馬でもプレー

FC岐阜は18日、DF舩津徹也(35)の現役引退を発表した。 舩津は大阪府出身で、立正大淞南高校からびわこ成蹊スポーツ大学を経て、2009年にカターレ富山に入団。その後、セレッソ大阪、モンテディオ山形、ザスパクサツ群馬でもプレーし、2021年から岐阜でプレーした。 J1通算12試合出場、J2通算250試合15得点、J3通算93試合4得点を記録。リーグカップで8試合、天皇杯では16試合1得点だった。 2022.11.18 22:47 Fri
twitterfacebook
thumb

富山MF姫野宥弥が今季退団へ 「2年間本当にありがとうございました」

カターレ富山は17日、MF姫野宥弥(26)の契約満了を発表した。 姫野は大分トリニータ、ヴェルスパ大分、ザスパクサツ群馬、藤枝MYFCを経て、2021から富山でプレー。今季は残り1試合の明治安田生命J3リーグで22試合2得点だが、シーズンをもって退団が決まった。クラブを通じて別れの挨拶をしている。 「カターレ富山のファン、サポーター、そしてスポンサーの皆さん2年間ありがとうございました。富山に来てチームとしても個人としてもJ2に復帰することが目標でしたが、それを達成することが出来なかったことが本当に悔しいです」 「来シーズンは富山でプレーすることは出来ませんが、富山のことが大好きなのでこれからも応援しています。まだホームで最終戦が残っているので、最後は勝利で皆さんと喜んでお別れ出来るようにしたいと思いますので、ぜひスタジアムに来て一緒に戦ってください。2年間本当にありがとうございました」 2022.11.17 15:55 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly