ベルギー代表選外のルカク、1週間以内にトレーニング復帰へ

2022.09.17 00:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルのベルギー代表FWロメル・ルカクが1週間以内に復帰するようだ。ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督が明かしている。

先月末のトレーニング中に左太ももを痛めたルカクは、公式戦6試合を欠場中。今月末にUEFAネーションズリーグを戦うベルギー代表にも選出されていない。

そのルカクについてマルティネス監督は次のように言及している。
「ロメルは順調に回復している。おそらく、1週間以内にインテルのトレーニングに復帰できるだろう。我々は慎重な決断をした。ワールドカップを前に再発したら厄介だからね。リスクは負わない方が良い」

インテルは代表ウィーク明け、10月1日にセリエA第8節でローマと戦い、4日にはチャンピオンズリーグでバルセロナと対戦する。

関連ニュース
thumb

インテルがラウタロのドッピエッタで最下位相手に辛勝! 苦しみながらも後半戦白星スタート《セリエA》

セリエA第20節、クレモネーゼvsインテルが28日にスタディオ・ジョヴァンニ・ツィーニで行われ、アウェイのインテルが1-2で逆転勝利した。 スーペル・コッパ王者としてミラノ凱旋を果たしたインテルだが、前節はエンポリ相手にシュクリニアルの前半退場が響き痛恨の0-1の敗戦。リーグ6戦ぶりの黒星により辛くも4位キープも、熾烈なトップ4争いに巻き込まれている。 その敗戦からのバウンスバックを図るネッラズーリは、最下位のクレモネーゼのホームに乗り込んだ一戦で先発4人を変更。サスペンションのシュクリニアルとバレッラに代えてアチェルビとガリアルディーニを代役に据えたほか、デ・フライとホアキン・コレアに代えてダンフリースとジェコを起用した。 リバウンドメンタリティを示したいインテルがホームチームを押し込む良い入りを見せたが、相手のスーパーゴールによってエンポリ戦に続いて先手を奪われる。 11分、左サイドでのスローインの流れからボックス手前左でメイテのパスを受けたオケレケが右足を振り抜くと、美しい軌道を描いたシュートが枠の右上隅のクロスバーの内側を掠めてゴールネットに突き刺さった。 最下位相手にまさかビハインドスタートとなったインテルはすぐさま反撃を開始。17分にジェコの鋭いボレーシュートでゴールに迫ると、直後にゴールをこじ開ける。21分、チャルハノールの滞空時間が長い右CKをジェコが巧みなダイレクトボレーで合わせると、GKが前に弾いたところをゴール前のラウタロ・マルティネスが冷静に押し込んだ。 良い時間帯に追いついて勢いづくインテルは、ここから相手陣内でハーフコートゲームを展開。25分にカウンターの形からボックス内でフリーのジェコに決定機が訪れるが、ややパワー不足のシュートはGK正面。以降も流れの中、セットプレーからラウタロを中心に前線のアタッカーが積極的に足を振っていく。 前半終盤にかけてはディ・マルコの強烈なミドルシュート、そのこぼれ球に反応したラウタロと続けて決定的なシュートを放ったが、GKカルネセッキの驚異的な連続セーブに遭う。結局、前半にシュート20本枠内6本とホームチームを圧倒し続けたが、1-1のイーブンで試合を折り返すことになった。 後半も引き続き前がかって押し込んでいくインテルだが、ハーフタイムの修正でボールを奪った後のプレーを改善したクレモネーゼにロングカウンターを許すなど、ワンサイドゲームには持ち込めない。 時間の経過と共に焦りからか細かいミスも散見され始めるが、頼れる2トップの連携から待望の逆転ゴールを奪い切る。65分、ペナルティアーク付近でボールを持ったジェコからボックス右に走り込むラウタロの足元にパスが通ると、腰の捻りを利かせた右足のシュートを放つ。これがDFにディフレクトして大きくコースが変わってゴール左隅に決まった。 ラウタロのドッピエッタで試合を引っくり返したインテルは、週明けコッパ・イタリアのアタランタ戦を睨んで2枚替えを敢行。チャルハノールとディマルコを下げてアスラニとゴセンスを67分に投入した。 さらに、後半半ばを過ぎて殊勲の2トップを下げてルカク、ホアキン・コレアの投入でカウンター色を強めるインザーギのチームだが、臆せずに戦うホームチームに苦戦。自分たちがなかなか攻め切れない中、ボックス内でデサースやブオナイウトといった途中投入の選手たちにフィニッシュのシーンを許す。 その後、試合終了間際の決定機はダンフリースが決め切れなかったものの、このままリードを守り切ってタイムアップ。最下位相手に苦しみながらも勝ち切ったインテルが後半戦を白星でスタートした。 2023.01.29 03:58 Sun
twitterfacebook
thumb

セビージャ、インテルでくすぶるホアキン・コレアの復帰を検討か

セビージャが、かつて所属していたインテルのアルゼンチン代表FWホアキン・コレア(28)の獲得を検討しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 思わぬ不振に喘いでいる今季のセビージャ。昨年10月についにフレン・ロペテギ監督を解任し、ホルヘ・サンパオリ監督の再招へいに舵を切った。だが、なかなか好転とはならず、直近でもコパ・デル・レイ準々決勝でオサスナに敗れている。 冬の移籍市場でなんとかテコ入れを図りたいところだが、今のところは22歳の若手センターバックであるロイク・バデのレンタル加入と、アヤックスにレンタルしていたルーカス・オカンポスの復帰のみ。リヨンの攻撃的MFジェフ・レーヌ=アデレードの獲得に近づいていたが、メディカルチェックを通過できず、破談となった。 特に手を加えたい前線に関しては、セビージャの下部組織出身であるトッテナムのブライアン・ヒルも候補に挙がっているが、同じく元セビージャの肩書を持つコレアも候補の一人となっているようだ。 2016年夏から2年間セビージャでプレーしたコレアは、当時は公式戦通算73試合15ゴール10アシストを記録。その後はラツィオ移籍を経て、2021年夏にインテルに加入した。しかし、インテルではロメル・ルカクやラウタロ・マルティネスの影に隠れ、なかなか結果が出せず。今期もここまで公式戦23試合の出場で3ゴールにとどまっている。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、すでにオペレーションは始まっているとのことで、セビージャは前線強化に向けて最後の踏ん張りを見せている。 2023.01.28 14:05 Sat
twitterfacebook
thumb

スモーリングにローマ退団要求報道も代理人が即座に否定

元イングランド代表DFクリス・スモーリング(33)の代理人が、今冬のローマ退団を要求したとする同選手に関する報道を真っ向から否定した。 今シーズン限りでローマとの契約が終了するスモーリングは、クラブとの延長交渉を進めている。だが、条件面でなかなか妥協点を見いだせず、交渉停滞が伝えられる。 そういった中、ここ最近ではFWエディン・ジェコ、MFヘンリク・ムヒタリアンと、2シーズン連続でジャッロロッシのベテランプレーヤーを引き抜いて主力としているインテルが、来夏のフリートランスファーでの獲得を目指しているとの報道もある。 そして、27日にイタリア『Tuttomercatoweb』は、今冬のローマ退団を望むスモーリングが、クラブに対して移籍を直訴したとのセンセーショナルなレポートを報じた。 DFリック・カルスドルプ、MFニコロ・ザニオーロに続く退団希望者が出たことで、ローマ界隈はざわつくことになったが、クラブサイドはすぐさま地元メディアの問い合わせに対して、前述の報道を否定。 さらに、スモーリングの代理人であるジェームズ・フェザーストーン氏は、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏を通じて、報道を否定する声明を発表した。 「クリスの未来は、ローマのオペラ座で繰り広げられるものではない。それと同じように、観客はパフォーマーと関わらない」 「我々はローマとの交渉を続けている」 「そして、クリスは今シーズン、ローマにさらなる成功をもたらすことに集中している」 クラブサイドと代理人サイドの迅速な対応によって大きな騒ぎになる前にことを収められたローマだが、今季もここまで25試合3ゴールの数字を残し、ディフェンスラインに安定をもたらすディフェンスリーダーの残留交渉をうまく進めたいところだ。 2023.01.28 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル、33歳ダルミアンと契約更新へ! チャルハノールの更新も迫る

インテルとイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(33)の契約更新が迫っているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 2020年夏にパルマから加入したダルミアン。加入1年目はアクラフ・ハキミが右サイドに君臨したことで出番が限られ、2年目は新加入のダンゼル・ダンフリースとポジション争いで満足な出場時間は得られなかった。 だが、3年目の今季は概ね主力としてプレー。ここまでのリーグ戦では14試合に出場しており、そのうち10試合が先発だ。 インテルとしては、ダンフリースと共存ながら及第点の結果を出す33歳のパフォーマンスは申し分なく、左サイドもこなせる器用さも持ち合わせていることから契約延長の意向は固まっており、この度2024年夏まで延長する見通しとなった。更なる延長オプションも盛り込まれているようだ。 また、現行契約が2024年夏までとなっているトルコ代表MFハカン・チャルハノール(28)に関しても契約更新が近づいており、イタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニ(23)とも近く交渉に入る模様だ。 2023.01.27 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ブロゾビッチがミラノ・ダービーで戦列復帰へ! 昨年9月以降スタメン出場なし

インテルのクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチは、2月頭の重要な一戦で戦列復帰するようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ふくらはぎのケガにより、年明けのセリエA再開以降、一度もピッチに立てていないブロゾビッチ。今季は昨年10月もケガで全休するなど、不動の存在でありながら、公式戦出場が12試合にとどまっている。 最後のスタメン出場は昨年9月となっているが、週明けから練習に復帰する見込み。28日に行われるセリエA第20節のクレモネーゼ戦、31日に行われるコッパ・イタリア準々決勝のアタランタ戦は間に合わないものの、2月5日のセリエA第21節、ミラノ・ダービーが復帰戦になるという。 スーペル・コッパこそミラン相手に3-0と完勝しているものの、昨年9月にリーグ戦で対戦した際は2-3で逆転負けを喫しているインテル。ブロゾビッチも来たるミラン戦での復帰に向けて全力を注ぐだろう。 2023.01.27 14:51 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly