熊本、高卒2年目の宮原愛輝と契約解除…本人からの申し出で

2022.09.16 18:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ロアッソ熊本は16日、FW宮原愛輝(20)の退団を発表した。宮原側から申し出があったとのことで、クラブは選手本人と協議。双方合意の上、本日16日付で契約解除に至ったという。

宮原は熊本県生まれで、熊本のジュニアユース出身。大津高等学校を経由して2021年に熊本でプロキャリアを始め、今季はここまで明治安田生命J2リーグ2試合に出場していた。

シーズンも終盤に差しかかるなか、退団となる宮原はクラブを通じてその旨を報告しつつ、感謝の言葉を送った。
「クラブからのリリースにあったとおり、本日付でロアッソ熊本を退団することになりました。約1年半の短い期間でしたが、素晴らしいクラブで最高の時間を過ごせたことは、私の人生において貴重な財産です。応援していただいたファン・サポーターや、チームメイト・スタッフ関係者の皆様には心から感謝いたします。ありがとうございました」


関連ニュース
thumb

今季躍進の熊本、土信田悠生ら7選手と契約更新

ロアッソ熊本が27日にGK田代琉我(24)、MF江﨑巧朗(22)、MF谷山湧人(19)、FW土信田悠生(23)、MF東山達稀(23)、MF藤田一途(23)、MF平川怜(22)との契約更新を発表した。 今季の明治安田生命J2リーグでは土信田が32試合1得点、藤田が28試合出場、東山が17試合1得点、平川が11試合2得点、田代が4試合出場、江崎が1試合出場を記録。谷山は出番がなかった。 2022.11.27 12:17 Sun
twitterfacebook
thumb

名古屋がターレス復帰発表! 今季加入も熊本に即レンタル

名古屋グランパスは27日、MFターレス(21)の復帰を発表した。 ブラジル出身のターレスは秀岳館高校に進学するのを機に来日し、2021年に熊本入団。今季を前に名古屋入りが決まったが、期限付き移籍という形で熊本で引き続きプレーした。 その今季は相次ぐケガもあり、明治安田生命J2リーグ12試合の出場に終わったが、チームはJ1参入プレーオフ進出と躍進の1年に。自身もプレーオフの3試合でプレーしていた。 名古屋入り決定から1年越しでJ1初挑戦を果たすターレスはクラブを通じて意気込みを語った。 「名古屋グランパスの皆さん、私を信じてくださり、2023シーズン共にプレーできることを本当に感謝しています。名古屋グランパスのような歴史ある素晴らしいクラブの一員になるという夢を叶えることができて、とても嬉しく思っています」 「ロアッソ熊本での2年間と同じように、プロとして日々精進していきたいと思います。また更にレベルアップして、ピッチで結果を残せるように、全力で頑張ります。ピッチに立ち、ゴールを決め、名古屋グランパスのサポーターの皆さんに『ターレスダンス』をご紹介できることを楽しみにしています。一緒に名古屋グランパスを盛り上げましょう!」 一方、熊本の公式ウェブサイトを通じては苦楽を振り返りながら、感謝の言葉を綴っている。 「シーズンをもちまして、ロアッソ熊本を離れることとなりました。子どもの頃からの夢であったプロサッカー選手を叶えてくれたチームに別れをつげることはとても心苦しいです。自分を歓迎してくれたサポーターのみなさん、加入してからいろんなことを教えてくれた監督・スタッフ・チームメイト、すべての皆さんに感謝しています」 「楽しいことも苦しいこともありましたが、忘れることはありません。本当は、皆さん一人一人に感謝の気持ちを伝えたい気持ちでいっぱいです。私はこれからもロアッソ熊本のことを応援しています。皆さん、来シーズンもロアッソ熊本を応援してください。ロアッソ熊本が本当に大好きです。2年間、お世話になりました」 2022.11.27 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

熊本がプロ2年目のMF東出壮太、DFレオ・ケンタと契約満了

ロアッソ熊本は18日、MF東出壮太(24)、DFレオ・ケンタ(20)との契約満了を発表した。 東出は北陸大学から2021年に熊本に入団。特別指定選手時代にJ3で3試合に出場。プロ1年目はJ3で10試合、天皇杯で2試合、プロ2年目はJ2で5試合の出場に終わった。 レオ・ケンタは秀岳館高校から2021年に熊本に入団。公式戦の出番は1度もなかった。 両選手のはクラブを通じてコメントしている。 ◆MF東出壮太 「今シーズンでロアッソ熊本を離れることになりました。ロアッソ熊本に関わるすべての方々、2年間ありがとうございました」 「自分の力不足で出場機会が少なく、チームの力になれなかったことが悔しいですが、この最高のチームで2年間共に闘えて幸せです」 「ロアッソ熊本の一員では無くなりますが、心の片隅で応援していただけると嬉しいです。ありがとうございました」 ◆DFレオ・ケンタ 「今シーズンをもちまして、ロアッソ熊本を去ることとなりました。子供の頃からの夢であったプロサッカー選手になることを実現させてくれたのは、ロアッソ熊本のおかげです」 「クラブスタッフ、選手、監督、コーチ陣への感謝の気持ちを忘れることはできません」 「残念ながら多くの怪我に見舞われ、自分の力を十分に発揮することができませんでした。しかし、最後まで私を応援してくれたクラブの皆さん、特にサポーターの皆さんには、本当に感謝しています」 「残念ながらチームを去ることになりましたが、これからしっかりと怪我を治して、また高いレベルでのプレーに戻れるために最大限の努力をします」 「また、私に日本の扉を開いてくれた秀岳館高校への感謝の気持ちは、一生忘れません。皆様いろいろと本当にありがとうございました。また会いましょう!」 2022.11.18 21:03 Fri
twitterfacebook
thumb

あと一歩でJ1昇格を逃した熊本からベストイレブンに2名! MF河原創「今でも悔しい」、FW髙橋利樹「全ての人に感謝」

2022シーズンの明治安田生命J2リーグのアウォーズが14日に開催。各賞が発表された。 これまではJ1をメインに全てのカテゴリーを同一のアウォーズで表彰していた中、今シーズンからはカテゴリーを分けてアウォーズを開催。そのため、J2のベストイレブンや最優秀選手賞のタイトルが誕生した。 初代J2ベストイレブンには、見事にJ2を制し、J1への昇格を果たしたアルビレックス新潟から最多の6名が選出。また、2位の横浜FCと4位のロアッソ熊本からは2名ずつ、3位のファジアーノ岡山からは1名が選出された。 1年前は明治安田生命J3リーグを優勝してJ2に昇格した熊本は、4位と大躍進。J1参入プレーオフでは、大分トリニータ、モンテディオ山形を下して決定戦に進出。惜しくも京都サンガF.C.との試合は1-1の引き分けに終わり、クラブ史上初のJ1昇格を逃していた。 その熊本からはキャプテンのMF河原創とエースのFW髙橋利樹がベストイレブンにえらばれた。 河原は受賞について「まずはベストイレブンに選んでいただき、凄く嬉しいです。チームとしてはJ1昇格ができませんでしたが、個人としては凄く充実した楽しいシーズンを送ることができました。ありがとうございます」とコメント。昇格こそできなかったが、充実していたと振り返った。 一方の髙橋は「J2ベストイレブンに選んでいただき、本当に光栄に思います。監督、スタッフ、チームメイト、自分に携わる全ての人に感謝したいと思います」とコメント。こちらも、自身を支えてくれた周囲への感謝を述べた。 13日に京都とのプレーオフを終え、一夜明けてのアウォーズ。改めて京都戦を振り返った河原は「チャンスも多く作りましたし、その中で昇格できなかったというのは、今でも悔しいです」とコメント。悔しさが残るという。 ただ、自身はリーグ戦フル出場と大車輪の活躍。そのシーズンについては「精神的にも身体的にもキツい時期はありましたが、起用してくれた監督やスタッフ、毎試合ケアをしてくれたトレーナーだったり、選手、家族含めて、色々な方に支えてもらって、フル出場できたので、本当にみんなに感謝したいです」と、周りの支えがあってこそのフル出場だとした。 その河原は今季成長できた点について「毎試合課題だったり、良かったところを全員で振り返りながらチームとして成長できましたし、個人としても毎試合試合を見て、反省だったりもっとこうしていこうと改善しながら1年できたので、色々な面で成長できたシーズンでした」と、しっかりと反省をすることが成長に繋がったと感じているようだ。 髙橋はチーム最多の14得点、リーグでも得点ランキング3位タイとなった。印象に残っているゴールは「試合の流れなどを加味すれば、ホームの大宮アルディージャ戦」とコメント。ゴールレスで迎えた78分に決めた決勝ゴールを挙げた。 また、14得点については「シーズン始まる前に2桁ゴールは目標にしていたので、それが取れたことは自信にもなりますし、自分のところにボールを届けてくれたチームメイトに感謝したいです」と感謝を口に。ゴールを量産できた要因については「自分は大卒1年目から熊本でやらせてもらって、大木監督とも3年目になりますし、大木監督のやりたいサッカーをやり続けた結果、3年目に浸透して、J1には上がれませんでしたがこのようなシーズンの終え方ができたと思います」と、積み上げてきたものが実ったと語った。 2022.11.15 08:45 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FCの小川航基が初代MVP! 得点王にも輝き個人三冠《2022J2リーグアウォーズ》

14日に2022シーズンのJ2リーグアウォーズが行われた。 今季からJ1からJ3のカテゴリー別でそれぞれMVPやベストイレブンを選定することになったJリーグ。J1の表彰式から1週間、今回はJ2の各賞が発表された。 今季のJ2はアルビレックス新潟が制覇し、2位の横浜FCとともにJ1へ昇格。プレーオフでは4位のロアッソ熊本が京都サンガFCへの挑戦権を勝ち取ったが、13日に行われたその一戦は1-1で終わり、京都の残留となった。 そんなJ2で初の最優秀選手賞に選ばれたのは横浜FCの小川航基。今季ジュビロ磐田から完全移籍で加入し、26ゴールで得点王にも輝いた。もちろんベストイレブンにも顔を揃えており、個人では三冠を手にする充実したシーズンとなった。 ベストイレブンでは、優勝した新潟から最多の6人が選ばれ、横浜FCや惜しくも昇格に届かなかった熊本からはそれぞれ2人、3位のファジアーノ岡山から1人という構成となった。 また、最優秀ゴールは、FC町田ゼルビアの山口一真が第16節の新潟戦で決めた直接FKが選ばれた。敵陣中央と距離のある位置から右足を振り抜き、強烈なブレ球シュートがゴール右に突き刺さる正真正銘のスーパーゴールだった。 J2リーグの記念すべき初代各賞は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">【2022 J2リーグ各賞受賞者】</span> <span style="font-weight:700;">◆最優秀選手賞</span> FW<span style="font-weight:700;">小川航基</span>(横浜FC) <span style="font-weight:700;">◆ベストイレブン</span> GK <span style="font-weight:700;">小島亨介</span>(アルビレックス新潟) DF <span style="font-weight:700;">堀米悠斗</span>(アルビレックス新潟) <span style="font-weight:700;">舞行龍ジェームズ</span>(アルビレックス新潟) <span style="font-weight:700;">ヨルディ・バイス</span>(ファジアーノ岡山) MF <span style="font-weight:700;">長谷川竜也</span>(横浜FC) <span style="font-weight:700;">伊藤涼太郎</span>(アルビレックス新潟) <span style="font-weight:700;">高宇洋</span>(アルビレックス新潟) <span style="font-weight:700;">高木善朗</span>(アルビレックス新潟) <span style="font-weight:700;">河原創</span>(ロアッソ熊本) FW <span style="font-weight:700;">髙橋利樹</span>((ロアッソ熊本) <span style="font-weight:700;">小川航基</span>(横浜FC) <span style="font-weight:700;">◆得点王</span> 【26得点】 FW<span style="font-weight:700;">小川航基</span>(横浜FC) <span style="font-weight:700;">◆フェアプレー賞</span> <span style="font-weight:700;">アルビレックス新潟</span> <span style="font-weight:700;">◆優勝監督賞</span> <span style="font-weight:700;">松橋力蔵</span>(アルビレックス新潟) <span style="font-weight:700;">◆優秀監督賞</span> <span style="font-weight:700;">大木武</span>(ロアッソ熊本) <span style="font-weight:700;">◆最優秀ゴール賞</span> <span style="font-weight:700;">山口一真</span>(FC町田ゼルビア) 2022.11.14 21:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly