台風14号の影響で18日開催の宮崎vs愛媛、鹿児島vs北九州が中止

2022.09.16 17:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグは16日、明治安田生命J3リーグの2試合の中止を発表した。

今回中止となったのは、18日(日)15時キックオフのテゲバジャーロ宮崎vs愛媛FC、19時キックオフの鹿児島ユナイテッドFCvsギラヴァンツ北九州の2試合となる。

いずれも台風14号が九州に接近しており、安全の確保や安全な試合の進行が困難なことから中止が決定した。
なお、鹿児島vs北九州に関しては、19日(月・祝)の18時に開催することが決定。場所は同じ白波スタジアムとなる。

また、宮崎vs愛媛に関しては代替日は決まっていない。


関連ニュース
thumb

藤枝がFW土井智之との契約満了を発表、今季シンガポールから加入

藤枝MYFCは28日、FW土井智之(25)との契約満了を発表した。 兵庫県出身の土井は、神戸弘陵学園高校から常葉大学へと進学し、2020年にアルビレックス新潟シンガポールへと入団。2021年に移籍したホウガン・ユナイテッドFCではシンガポール・プレミアリーグの得点王とMVPの個人タイトルを獲得すると、今季から藤枝へと加入した。 Jリーガーとして迎えた初のシーズンでは序盤から主力として活躍するも、夏以降は負傷の影響もあって出場機会を掴めず。J3で17試合に出場して4得点という成績だった。 土井はクラブを通じてコメントしている。 「これからも土井智之を貫いていきます。最高のストライカーになります。ありがとうございました」 2022.11.28 18:31 Mon
twitterfacebook
thumb

「必ず一年でJ2に戻りましょう!」琉球がMF武沢一翔と契約更新、大卒1年目から35試合に出場

FC琉球は28日、MF武沢一翔(23)との契約更新を発表した。 武沢は茨城県出身で鹿島アントラーズのジュニアユース、ユースに所属。トップチームには昇格することなく、東京学芸大学へと進学し、今シーズンからFC琉球に加入した。 プロ1年目から主力となり、今季はJ2で35試合に出場。チームはJ3降格となったが、中盤のレギュラーとして存在感を示した。 契約更新を受け、次のようにコメントしている。 「来シーズンもFC琉球で闘わせていただくことになりました。昨シーズンに経験した悔しさを決して忘れることなく、その想いを原動力に変え、選手、スタッフ、ファンサポーターの皆様、そしてクラブに関わる全ての方々と共に必ず一年でJ2に戻りましょう!」 「目標がブレることはありませんが、地に足をつけて、目の前の試合、目の前の練習に100%で取り組むことをお約束します。来シーズンも熱い応援をよろしくお願いします!」 2022.11.28 18:04 Mon
twitterfacebook
thumb

藤枝、今季加入も出場なしのGK菅原大道と契約更新「本当に夢のよう」

藤枝MYFCは28日、GK菅原大道(27)との契約更新を発表した。 秋田県出身の菅原は、仙台大学卒業後、北海道サッカーリーグの北海道十勝スカイアースに入団。その後、関東サッカーリーグ1部の栃木シティフットボールクラブを経て、今季から藤枝に加入した。 Jリーガーとしての1年目は、シーズンを通してセカンドGKとしての立ち位置を確保するも、J3のベストイレブンにも選出された正GK内山圭の存在を前に、出場ゼロという結果に。悲願のJ2昇格を決めたチームをベンチから支えた。 しかし、27日には内山のサガン鳥栖への完全移籍が発表。J2の舞台で迎える来シーズンは出場機会の増加が期待される。 菅原は契約更新を受け、次のようにコメントしている。 「まずは1年間共に闘ってくれたMYFCファミリーの皆さん、最高の応援ありがとうございました!今年地域リーグから藤枝MYFCに加入させていただき、1年目で昇格し、来シーズンはJ2でプレーできます!本当に夢のようです」 「僕ができることといえば、大声を出してがむしゃらにやることくらいなので、慢心することなく、初心を忘れず来年も頑張っていきたいと思います!来シーズンもよろしくお願いします!」 2022.11.28 17:07 Mon
twitterfacebook
thumb

「命を最優先することを決めました」富山DF鹿山拓真が26歳で現役引退…理由は度重なるケガや病気「決して簡単な決断では」

カターレ富山は28日、DF鹿山拓真(26)の現役引退を発表した。 鹿山は長崎県出身で、190cmの長身DF。東海学園大学から2018年にV・ファーレン長崎へと入団。2021年途中に富山へと期限付き移籍すると、今シーズンから完全移籍に切り替わっていた。 今シーズンは明治安田生命J3リーグで7試合に出場し1得点。天皇杯で2試合の出場に終わっていた。 Jリーグ通算ではJ2で15試合、J3で12試合1得点、リーグカップで10試合1得点、天皇杯で9試合出場だった。 鹿山はクラブを通じてコメント。ケガや病気を理由に引退することを決断したことを明かした。 「いつも応援ありがとうございます。突然の発表ではございますが、今シーズンをもちまして引退することを決めました」 「理由といたしましては、プロ一年目からの度重なる脳震盪。何度も繰り返しており、プレーもなかなか思いっ切りできなくなってきていること。そして、今年は自然気胸という病気になり、術後の神経痛などの痛みもなかなか良くならず、痛みと怖さを抱えながらプレーをしてきました」 「あらためて、自分自身のプロサッカー選手としての価値そして、自分の人生を見つめ直し、命を最優先することを決めました。決して簡単な決断ではありませんでしたが、この決断に至りました。たくさんの方に支えられ短いプロ生活ではありましたが本当に楽しく、素晴らしい時間を過ごすことができました」 「V・ファーレン長崎、カターレ富山で一緒にプレーしてくれた選手の皆様。支えてくださったフロントスタッフの皆様。ファンサポーターの皆様。そしてスポンサーの皆様。短い間ではありましたが、皆様と共に闘えたことをとても誇りに思います。本当にありがとうございました」 「いつも夢を応援してくれた家族。みんなが居てくれたから、とても苦しい時も頑張って立ち上がることができました。感謝してもしきれません。本当にありがとう」 「先日のボランティア&シーズンパス感謝の集いで、たくさんの方に「最終戦、復帰されてて、すごく感動しました!涙が出ました。」と仰っていただきました。本当に嬉しかったですし、サッカーというものは本当に素晴らしいもので、今まで頑張ってきてよかったと心から思えました。温かい言葉をいただき本当にありがとうございました」 「最終戦、終了の笛が鳴ったと同時に、もっとピッチに立ちたい。その想いでピッチを去ることができませんでした。そして、涙が止まりませんでした」 「たくさんの方に応援していただき、支えていただきました。なかなか活躍という形での恩返しはできませんでしたが、皆さんの応援のおかげで最終戦のピッチに戻ってくることができましたし、ここまでプレーすることができました。本当に感謝の気持ちで胸がいっぱいです。本当にありがとうございました」 「最後になりますが、人生は挑戦の連続だと思っています。命ある限り、一度きりの人生をこれからもたくさんのことにチャレンジし続けていきたいと思います!変わらず応援していただけたら幸いです。とても幸せでした。本当にありがとうございました!」 2022.11.28 13:18 Mon
twitterfacebook
thumb

讃岐がFW栗田マークアジェイとの契約満了を発表、今季はJFLの鈴鹿へ期限付き移籍

カマタマーレ讃岐は28日、FW栗田マークアジェイ(24)の契約満了を発表した。 栗田は東京都出身で、東京実業高校から静岡産業大学へ進学。2020年に讃岐に入団した。 プロ1年目から主力として活躍すると、2021シーズンはJ3で24試合に出場して2得点を記録。今季はJFLの鈴鹿ポイントゲッターズに期限付き移籍となった。 鈴鹿ではJFLで12試合に出場して1得点に終わった中、期限付き移籍期間が終了。そのまま契約満了となった。 栗田は両クラブを通じてコメントしている。 ◆カマタマーレ讃岐 「僕がプロになる扉を開けてくれたのがカマタマーレ讃岐でした。本当に感謝しています。このクラブで結果を出すのが1番の目標でしたがその目標を達成出来なくてとても悔しいです。自然豊かで住みやすい香川県が大好きでした!3年間応援してくれていたファン、サポーターの皆様ありがとうございました」 ◆鈴鹿ポイントゲッターズ 「鈴鹿のファン、サポーターの方々はとても優しく、いつも元気をもらえていました!個人として結果は出せませんでしたが、充実したシーズンを過ごすことができて人間的にも成長することができました」 「来シーズンは別のチームになりますが、進化した姿を見せれるように頑張りますので僕のことをチェックしてくれると嬉しいです!1年間お世話になりました!」 2022.11.28 12:11 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly