台風14号の影響で18日開催の宮崎vs愛媛、鹿児島vs北九州が中止

2022.09.16 17:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグは16日、明治安田生命J3リーグの2試合の中止を発表した。

今回中止となったのは、18日(日)15時キックオフのテゲバジャーロ宮崎vs愛媛FC、19時キックオフの鹿児島ユナイテッドFCvsギラヴァンツ北九州の2試合となる。

いずれも台風14号が九州に接近しており、安全の確保や安全な試合の進行が困難なことから中止が決定した。
なお、鹿児島vs北九州に関しては、19日(月・祝)の18時に開催することが決定。場所は同じ白波スタジアムとなる。

また、宮崎vs愛媛に関しては代替日は決まっていない。

関連ニュース
thumb

J2昇格の藤枝、FW押谷祐樹と契約満了「J2でのプレーを楽しみにしていたので残念」

藤枝MYFCは30日、FW押谷祐樹(33)の契約満了を発表した。 押谷はジュビロ磐田の下部組織からトップチームに昇格。その後、FC岐阜、ファジアーノ岡山、名古屋グランパス、徳島ヴォルティスでプレー。2021年から藤枝でプレーしている。 2021シーズンは明治安田生命J3リーグで28試合6得点、今シーズンは16試合で3得点を記録していた。 チームはJ2に初昇格も退団することとなった押谷はクラブを通じてコメントしている。 「2年間ありがとうございました。来年もう一度J2でプレーができ、静岡ダービーや岡山、徳島と対戦できると楽しみにしていたので残念です」 「ファン・サポーターの皆様に直接お礼が言えなかったのも悲しいですが、またどこかで皆様にお会いできたら嬉しいです」 2022.11.30 18:12 Wed
twitterfacebook
thumb

藤枝、DF秋山貴嗣の現役引退を発表「これからはより家族第一で生きていきたい」

藤枝MYFCは30日、DF秋山貴嗣(30)の現役引退を発表した。 ヴィッセル神戸の下部組織で育った秋山は、2015年に関西大学からガイナーレ鳥取に加入。初年度からポジションを掴み3シーズンにわたって主力としてプレーした後、2018年に藤枝へ移籍した。 藤枝でも移籍直後から、センターバックの主力としてチームに貢献。チームが明治安田生命J2昇格を果たした今シーズンも、リーグ戦24試合に出場して1ゴール1アシストの成績を残した。 それでも、8年間のプロキャリアに終止符を打つ決断を下した秋山。クラブを通じてこれまで所属したクラブや関係者への感謝を口にしている。 「2022シーズンをもって、現役を引退することにしました。ガイナーレ鳥取、藤枝MYFCで関わってくださった全ての関係者の皆様、本当にありがとうございました。ガイナーレ鳥取が僕を拾ってくれたおかげでここまで幸せな時間を過ごすことが出来ました」 「藤枝MYFCでは最後にJ2昇格という目標を達成することが出来たので本当に良かったと思います。様々な経験をすることができ、嬉しい時も苦しい時も共に戦えた時間は、僕にとってかけがえのない財産です」 「そして、ファン・サポーター、スポンサー様、どんな時も熱い応援で一緒に戦い続けてくれたこと、本当に感謝しています。ありがとうございました」 「最後に、両親、妻、娘、友人、こういった自分をどんな時も支えてくれた存在がいたからこそ常に前向きに取り組んでこられたと思っています。本当にありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします。プロサッカー選手として8年間サッカーをすることができ、本当に幸せでした。これからはより家族第一で生きていきたいと思います。本当にありがとうございました」 2022.11.30 17:46 Wed
twitterfacebook
thumb

鳥取、大卒6年目の石井光輝と契約更新 「強い覚悟と責任感を持って戦っていきます」

ガイナーレ鳥取は30日、DF石井光輝(27)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 常葉学園橘高校出身の石井は2017年に関西大学から鳥取に入団。6年目の今季は明治安田生命J3リーグ18試合に出場して2ゴールだった。クラブを通じて決意を新たにしている。 「来シーズンも鳥取でプレーできる事を大変嬉しく思います! 自分自身が大事にしている謙虚さひたむきさをもう一度しっかりと体現できるように全力で取り組んで行きます。選手第1号の更新の意味、鳥取への強い思いを胸に目標に向かって強い覚悟と責任感を持って戦っていきます。よろしくお願いします」 2022.11.30 15:20 Wed
twitterfacebook
thumb

鳥栖がイスマエル・ドゥンガと契約満了 レンタル先の讃岐からも退団

サガン鳥栖は30日、FWイスマエル・ドゥンガ(29)の契約満了を発表した。 かつて母国ケニアや、ギリシャ、ザンビア、アルバニアでプレーしたドゥンガは2021年の鳥栖入りで初来日。今年からカマタマーレ讃岐に期限付き移籍したが、明治安田生命J3リーグ4試合の出場で無得点だった。 2021年11月にケニア代表から声がかかった経歴の持ち主だが、レンタル加入先の讃岐からも退団が発表されたドゥンガ。両クラブを通じて、それぞれ別れの挨拶をしている。 ◆サガン鳥栖 「愛するサガン鳥栖ファミリーの皆様、この度、鳥栖を離れることになりました。鳥栖では1年のみのプレーとなりましたが、まずは日本でプレーできる機会を与えてくださったすべての関係者、私を受け入れてくれたチームメイトやスタッフの皆さんに感謝申し上げます」 「私自身日本に来て最初のクラブがサガン鳥栖でとても良かったと思います。試合に出た際にはいつも力強いパワーをサポーターから感じていました。今でもその光景が忘れられません。また皆さんにお会いできるようにこれからも頑張りたいと思いますので、どうぞ今後もドゥンガをよろしくお願いします。DOMO ARIGATOGOZAIMASHITA.」 ◆カマタマーレ讃岐 「ファン、サポーター、関係者の皆様、このたびチームを離れることとなりとても残念です。日本に来た2年間は私にとっていい時も悪い時もありましたが、全ていい経験でした」 「試合に出れずチームも勝てない苦しい中、それでもスタジアムで声をかけてくれるファンの皆さん、私のフラッグを作ってくれて声出し応援の時に私の名前を呼んでくれたファンの皆さんのことは一生忘れません。今後のことはまだわかりませんがまた皆さんにお会いできる日を楽しみにしております! DOMO ARIGATOGOZAIMASHITA.」 2022.11.30 14:40 Wed
twitterfacebook
thumb

今治がMF村井清太と契約満了、ここ2年はJFLや関西1部に期限付き移籍「色々な人を見返したい」

FC今治は30日、MF村井清太(22)の契約満了を発表した。 村井は神奈川県出身で、東京ヴェルディユースから2019年に今治に加入。2021シーズンはJFLの奈良クラブへと期限付き移籍していた。 2022シーズンは関西サッカーリーグ1部のおこしやす京都へと期限付き移籍。リーグ戦14試合で7得点を記録していたが、京都も退団となっていた。 今治ではJ3で2試合、JFLで2試合に出場していた。 村井はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズン限りでFC今治を退団することになりました。実際クラブにいたのは2年ちょっとでしたが、僕をこのクラブに誘ってくれた高司さん、岡田さんに本当に感謝しています。このクラブでプロキャリアをスタートできて本当に良かったと思っています」 「この4年間辛いことや苦しいこともたくさんありましたが、一緒に戦ってきたチームメイト、そして暖かいファン、サポーター、バックスタッフ、VOYAGEの方々に何度も救われました」 「また絶対に這い上がって、色々な人を見返したいです。そして自分に関わってくれた全ての人に恩返しがしたいです。これからも応援よろしくお願いします!4年間本当にありがとうございました!」 2022.11.30 10:55 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly