「やばすぎ」「待ってました」山形戦に元Flower、E-girlsのモデル佐藤晴美さんの来場が決定!「行ける人羨ましい」

2022.09.15 21:01 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
モンテディオ山形は15日、18日にNDソフトスタジアム山形で行われる明治安田生命J2リーグ第37節のジェフユナイテッド千葉戦でモデルの佐藤晴美さんが来場することを発表した。佐藤さんは場外ステージでのトークショーや、スタジアム内でキックインセレモニー、ハーフタイムでの場内挨拶に参加する。

また、この試合では、「ワイムpresentsモンテディオ山形ガールズデー」として、子どもから大人まですべての女性が楽しめることをコンセプトに、女性の方先着3,300名様にベースボールシャツのプレゼントが贈られるなど、女性に向けた多くのイベントを行う予定だ。
山形県出身の佐藤さんは、女性ダンス&ボーカルグループ『Flower』や『E-girls』に所属。さらに、2012年に『東京ガールズコレクション』でモデルデビューすると、様々な媒体に出演。2021年1月からはソロ・アーティストとして活動をスタートさせ、様々なファッション誌で活躍、また女優としてドラマや映画にも出演するなど幅広く活動している。

豪華ゲストの来場にはファンも驚き。「行ける人羨ましい」、「やばすぎ」、「いくしかねー」、「うらやましい」、「待ってました」と熱をあげている。


関連ニュース
thumb

山形、GK藤嶋栄介との契約更新を発表「まずはしっかり怪我を治し…」

モンテディオ山形は8日、GK藤嶋栄介(30)との契約更新を発表した。 藤嶋は地元熊本の大津高校時代にU-16日本代表の経験を持つGK。同校卒業後は福岡大学に進学し、3・4年次にサガン鳥栖の特別指定選手に指定されると、2014年からの正式な入団を勝ち取った。 3シーズン鳥栖に在籍したのち、ジェフユナイテッド市原・千葉や川崎フロンターレなどを経て2020年10月に山形へ移籍。同年はJ2リーグ11試合、翌年は21試合に出場するも、今季は天皇杯1試合の出場にとどまった。 藤嶋はクラブの公式サイトを通じ、コメントを発表した。 「2023年も山形で闘える事を誇りに思います。まずはしっかり怪我を治してチームの為にプレー出来るようにオフ期間でしっかりパワーアップしてきます。今年味わった思いを来年に思いっきりぶつけましょう」 「全員が同じ方向を向き、同じ目標に向かえば結果はついてくると思います。その為に僕自身にやれる事を全力でやっていきます。来年もよろしくお願いします!」 2022.12.08 18:55 Thu
twitterfacebook
thumb

山形、サイドアタッカー新垣貴之との契約を更新「J1昇格に向けて共に戦いましょう!」

モンテディオ山形は8日、MF新垣貴之(26)との契約を更新したことを発表した。 沖縄県出身の新垣は突破力が魅力のサイドアタッカーで、流通経済大学から2019年にギラヴァンツ北九州へと加入。J2、J3併せて95試合7得点を記録していた。 山形へは今季から加入したが、出番は途中出場の9試合に。11月には右肩関節反復性脱臼で全治約6カ月と発表されていた。 新垣は復帰と来季への意気込みを、クラブ公式サイトへ充てている。 「来シーズンもモンテディオ山形でプレーさせてもらう事になりました。来季は怪我スタートになりますが、この機会を与えてくれたチームに感謝しかないです。復帰した時にファンサポーター、支えてくれる人たちの前でチームのチカラになれるようなプレーをしたいと思います。J1昇格に向けて共に戦いましょう!」 2022.12.08 14:32 Thu
twitterfacebook
thumb

山形が名古屋のU-21日本代表DF成瀬竣平を育成型期限付き移籍で獲得「J1昇格を目指し全力で闘いたい」

モンテディオ山形は8日、名古屋グランパスのU-21日本代表DF成瀬竣平(21)を育成型期限付き移籍で獲得することを発表した。 移籍期間は2024年1月31日まで。名古屋との公式戦には出場できない。 成瀬は名古屋の下部組織出身で、U-15、U-18と所属。2種登録時代にJ1デビューを果たすと、2019年に正式に昇格していた。 名古屋ではJ1で45試合に出場。リーグカップでも13試合、天皇杯で2試合に出場。今シーズンはシーズン途中にファジアーノ岡山へと期限付き移籍し、J2で31試合、天皇杯で1試合に出場していた。 新たに武者修行に出る成瀬は、3クラブを通じてコメントしている。 ◆モンテディオ山形 「モンテディオ山形の皆さん、はじめまして。 育成型期限付き移籍で加入する成瀬竣平です。山形でプレーする機会を与えていただき、とても感謝しています。僕自身、今まで以上の覚悟と責任を持ち、このクラブの一員として、J1昇格を目指し全力で闘いたいと思います。そして、クラブに関わる全ての人と共に喜びあえるシーズンにしたいと思います。よろしくお願いします!」 ◆名古屋グランパス 「来シーズンはモンテディオ山形でプレーすることになりました。昨シーズンに引き続きこのチームを離れることにはなりますが、アカデミー時代からお世話になっている名古屋グランパスへの思いは変わりません。自分の活躍が皆さんの耳に届くよう、山形の地で頑張ってきたいと思います」 「そしてまたグランパスファミリーの皆さんの前でプレーできるその時を楽しみにしています。少しでも僕のことを気にかけていただけたら幸いです!」 ◆ファジアーノ岡山 「今シーズン途中加入という形で、チームに加わらせていただき、J1昇格を目指して日々精進してきました。僕自身、初めての移籍ということもあり、不慣れな部分も大いにありましたが、選手、スタッフ、サポーターの方達に支えられ、シーズンを通して戦うことができました」 「チームはプレーオフまでいったものの、J1昇格という形で終わることができず、とても悔しい気持ちでいっぱいです。これから自分自身もっとレベルアップした姿を皆さんにお見せできるよう頑張っていきたいと思います」 「短い間でしたが、たくさんの応援をありがとうございました。またスタジアムで会えることを楽しみにしています」 2022.12.08 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

山形生え抜きのGK大友竜輔が契約更新 「J1昇格を成し遂げる1年に」

モンテディオ山形は7日、GK大友竜輔(22)の契約更新を発表した。 大友は山形のユース育ちで、2種登録選手も経験して、2019年に昇格。2020年から2シーズンにわたってアスルクラロ沼津に貸し出され、今季から復帰した。 その今季は明治安田生命J2リーグの1試合でプレー。契約更新を受け、クラブを通じて来季の抱負を語っている。 「2023シーズンも山形でプレーできる事をとても嬉しく思います。山形に貢献できるような最高のシーズンにできるように努めていきます! 応援してくださる、ファン、サポーターの皆様と共にJ1昇格を成し遂げる1年にしましょう!」 2022.12.07 18:39 Wed
twitterfacebook
thumb

山形、川崎FからDFイサカ・ゼインを獲得! 今季は横浜FCにレンタル

モンテディオ山形は7日、川崎フロンターレからDFイサカ・ゼイン(24)の完全移籍加入を発表した。 ガーナ人の父親と日本人の母親を持つ東京都出身のイサカ・ゼインは2020年に桐蔭横浜大学から川崎F入り。2シーズンでわずか1試合の出場にとどまったこともあり、今シーズンは横浜FCに期限付き移籍の形で加入した。 横浜FCでは開幕からスタメンの座を掴むと、シーズンを通して右ウィングバックの主軸に定着。明治安田生命J2リーグで29試合に出場して2ゴール7アシストを記録し、チームのJ1昇格に大きく貢献した。 新シーズンに再びJ2でプレーすることになったイサカ・ゼインは、期限付き移籍期間満了が発表された横浜FCを含む3クラブでコメントしている。 ◆モンテディオ山形 「モンテディオ山形の皆さん、はじめまして。イサカ・ゼインです。来季よりモンテディオでサッカーができることになりすごくワクワクしています。これから一緒に戦い、応援してくださるサポーターの皆さんの前で一日でも早くプレーできるように、勝利の喜びを分ちあえるように、毎日全力でサッカーに取り組みベストを尽くしたいと思います。ゼインと呼んでいただけたら嬉しいです。これからよろしくお願いします」 ◆川崎フロンターレ 「川崎フロンターレサポーターの皆さん、フロンターレに携わっていただいている全ての皆さん、この度モンテディオ山形に完全移籍することになりました。フロンターレではなかなか試合に出ることができず、サポーターの皆さんと共にピッチで喜びを分かち合える時間がなくて、悔しい時間のほうが長かったです」 「しかし、川崎フロンターレという日本一のチームに2年間在籍し、偉大な選手たちをはじめとした素晴らしいチームメイト、チームスタッフ、そして関係者の方々にサポートしていただき、プロサッカー選手としての基盤をつくっていただけたと思っています。これから、サッカー選手としても、一人の人間としても、もっともっとレベルアップして、またいつかフロンターレの皆さんの前でプレーできるように頑張ります!」 「1年間期限付き移籍でチームを離れても、SNSなどで応援してくださるサポーターがいて本当にうれしかったですし、励みになりました。少し離れますが、引き続き応援していただけたらありがたいです。ありがとうございました!」 ◆横浜FC 「横浜FCサポーターの皆さん、横浜FCに携わっていただいている全ての皆さん、大変お世話になりました。プレーしたのは1年間でしたが、横浜FCでプレー出来たことは僕のサッカー人生でとても大切な時間になりました」 「良い時も悪い時も常に三ツ沢の素晴らしい雰囲気の中で勝利に向けて皆さんとプレーできたこと、勝利を分ちあうことが出来たこと、本当に素晴らしい時間をすごさせていただき感謝しています。横浜FCからは離れてしまいますが、これからも応援していただけると嬉しいです。1年間本当にありがとうございました!」 2022.12.07 11:38 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly