ハーランドの古巣恩返し弾で逆転のシティがGS連勝! セビージャは決め手欠き格下とドロー…《CL》

2022.09.15 06:27 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のグループG第2節、マンチェスター・シティvsドルトムントが14日にシティ・オブ・マンチェスター・スタジアムで行われ、ホームのシティが2-1で逆転勝利した。

シティは今季CL開幕戦となったセビージャ戦をハーランドの2ゴールの活躍などで4-0の完勝。悲願のビッグイヤー獲得を目指すシーズンで力強いスタートを飾った。エリザベス女王逝去に伴い、先週末のトッテナムとのビッグマッチが開催延期となったことで、中6日と休養十分で臨んだ一戦ではそのセビージャ戦から先発4人を変更。ルベン・ディアスとセルヒオ・ゴメスに代えてアケとストーンズ、フォーデンとベルナルド・シウバに代えてマフレズとギュンドアンを起用した。なお、今夏イングランドに新天地を求めたハーランドとアカンジはいずれも先発で古巣初対戦に臨んだ。

対するドルトムントはコペンハーゲンとの開幕戦をロイスのゴールなどで3-0の快勝。しかし、先週末に行われたリーグ戦では前指揮官マルコ・ローゼの初陣となったRBライプツィヒ相手に0-3の大敗を喫し、今季2敗目を喫した。その大敗からのバウンスバックを図るテルジッチのチームは先発2人を変更。ヴォルフとブラントに代えてジャン、レイナを起用した。
戦前の予想通り、立ち上がりからシティがボールの主導権を握る形で試合がスタートする。だが、[4-5-1]のコンパクトな守備陣形を維持しつつ、ボールホルダーにもきっちり制限をかけるドルトムントの守備を前になかなか良い形でエリア内に侵入できない。

以降も膠着状態が続く中、早い時間帯で打開策を見いだしたいホームチームは、マフレズやカンセロの個人技を起点にサイドからの崩しを試みるが、中央でフンメルスやジューレにことごとく撥ね返される。

共に攻撃を売りとするチームだが、ドルトムントがうまく中央を締めながら相手の攻撃をスピードダウンさせ、クローズな展開に持ち込む。序盤のエズジャンのカウンター以降はなかなか攻め手がないものの、要所で得るセットプレーでチャンスを窺う。

一方、主役のハーランドにほとんど良い形でボールが入らず、デ・ブライネも窮屈なプレーを強いられるシティは、攻撃が完全に手詰まる。となれば、守備で流れを持ってきたいところだが、ドルトムントの極力リスクを排除した攻撃を前になかなかカウンターを繰り出せず。シュート4本枠内0本という見せ場を欠いたまま、ゴールレスでハーフタイムを迎えることになった。

後半も試合展開に大きな変化はなし。引き続きシティが押し込む入りとなったが、先に決定機を作ったのはドルトムント。52分、モデスト、エズジャンを起点としたロングカウンターからロイスがボックス左に抜け出す。DFに寄せられながらもうまくシュートコースを作り、体勢を崩しながら右足のシュートを放つ。だが、これはわずかに枠の右へ外れる。

この後半最初の決定機は逸したものの、2度目のチャンスをモノにした。56分、レイナの右CKの流れからボックス左でこぼれ球に反応したロイスがボレーでシュート性の折り返しを入れると、ゴール前にタイミングよく飛び出したベリンガムが頭でコースを変えてゴール右隅に流し込み、一昨季の対戦に続いて母国クラブ相手にゴールを奪った。

リズムを掴めないままビハインドを背負ったシティはこの直後に3枚替えを敢行。マフレズとグリーリッシュの両翼をフォーデン、アルバレスに入れ替えたほか、ギュンドアンに代えてベルナルド・シウバをピッチへ送り出す。

主力投入で流れを変えたいホームチームは67分、デ・ブライネのスルーパスに抜け出したハーランドがボックス右で右足のシュートを狙うが、これはDFフンメルスに寄せられた影響もあって右ポストに当ててしまう。

それでも、主力投入で攻撃に個での打開力とリズムが生まれたシティは、ここから相手を自陣深くに押し込んで多彩な攻めで揺さぶりをかけていく。これを受け、テルジッチ監督はモデストを下げてシュロッターベックの投入で後ろを5枚に変更するが、結果的にこの選択が試合の流れを大きく変えることになった。

以降も押し込み続けるシティは80分、右サイドのタッチライン際で大きな展開を受けたデ・ブライネが内側を取ったストーンズに繋ぐと、ドフリーのイングランド代表DFはエリア外から右足を一閃。鋭いブレ球のミドルシュートが枠を捉えると、GKマイヤーはボールに触れることさえもできずにゴールネットに突き刺さった。

この同点ゴールで完全に勢いづくホームチームは、初の古巣対戦でやや存在感を欠いていたエースストライカーがようやく目覚める。84分、ボックス手前左でボールを持ったカンセロが右足アウトを使ったクロスをゴール前に供給すると、DFシュロッターベックの背後から飛び出したハーランドが驚異的な打点の左足ボレーで合わせ、公式戦6試合連発となる恩返し弾とした。

この日の主役のゴールで試合を引っくり返したシティは、気落ちするアウェイチームの反撃を危なげなく凌ぎ切り、2-1の逆転勝利。苦しみながらも見事な勝負強さでグループステージ連勝を飾った。

また、同日行われたグループGのもう1試合、コペンハーゲンvsセビージャは、0-0のドローに終わった。

共に大敗スタートとなった両チームが、グループステージ初勝利を懸けて激突した一戦は、試合を通して拮抗。直近のリーグ戦で今季初勝利を手にしたセビージャは前半序盤こそ攻勢を仕掛けたが、以降はホームチームに押し返される。

ゴールレスで折り返した後半は積極的な選手交代で流れを引き寄せにかかったが、相手の堅守を前にほとんど決定機を作れず。敵地から最低限の勝ち点1を持ち帰るにとどまった。

関連ニュース
thumb

イングランド代表、ストーンズが56年ぶりW杯優勝に自信「実現可能」

イングランド代表DFジョン・ストーンズが、カタール・ワールドカップ(W杯)の優勝を目指すと改めて宣言した。 グループBを首位通過したイングランド代表は、4日に行われる決勝トーナメント1回戦でセネガル代表との対戦に。ここまでの全3試合に出場したストーンズは一発勝負の戦いを目前にし、前日会見で大会制覇を誓っている。 「誇りに思えるような素晴らしい旅にしたいと願っている。今大会で多くの番狂わせを目の当たりにした。だから、(セネガルに)勝って当然だなんて微塵も思っていない」 「僕たちはW杯で優勝するためにいる、と繰り返し言ってきたよね。僕は今でもそれが実現可能だと信じているよ。これまでの歩みを振り返り、どこまで進みたいかを今一度、考える必要があるね」 「前回の(ロシア)W杯、EUROと、2度のトーナメントでトロフィーまで接近したが、どちらも最後は敗れた。二度とあの感覚を体験したくないんだ。W杯の4位は素晴らしい成果ではあったが、今回はさらに上に行くべきだ」 ストーンズが言及した昨年のEUROは決勝戦でイタリア代表にPK戦の末に敗北。今大会では決勝トーナメントを見据え、「ペナルティキックの練習とそのディテールについて少なくない時間を費やしてきた」とも明かしている。 2022.12.03 17:01 Sat
twitterfacebook
thumb

来夏去就注目のライスがステップアップ願望口に…

ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(23)が来シーズンのステップアップ願望を明かした。イギリス『テレグラフ』が報じている。 現在、プレミアリーグ最高の若手ホールディングMFとしての評価を確立するハマーズのキャプテン。今夏にはステップアップの可能性が取り沙汰されたものの、愛するクラブとの紳士協定によって残留を決断した。 しかし、今夏積極的な補強を敢行したチームは、デイビッド・モイーズ監督の限界を露呈するようなリーグ戦の低迷を強いられており、23歳MFの来夏の退団がより現実味を帯びてきている。 そういった中、現在スリーライオンズの一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)という代表レベルにおける最高峰の舞台を経験するライスは、公式会見の場で自身の去就に言及。 周囲のチームメイト同様にクラブレベルでもチャンピオンズリーグ(CL)のような最高峰の舞台に挑戦したいと、改めてステップアップ願望を口にした。 「皆さんが知っているように、チャンピオンズリーグのフットボールをプレーし、トロフィーを獲得している友人がここにはいる。キャリアは1つしかなく、キャリアの終わりには、自分が何を勝ち取ったのか、プレーした最大のゲームを振り返りたいと思うものだ」 「僕は野心的で、それをやりたいと思っている」 なお、ウェストハムはライスの移籍金を7000万ポンド~1億ポンド(約116億~166億円)程度に見積もっており、移籍先候補に挙がるプレミアリーグのメガクラブにとって十分に支払いが可能な金額だ。 ただ、以前から有力な候補に挙がる古巣のチェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールに関してはCL出場権獲得へ微妙な立ち位置となっており、マンチェスター・シティやアーセナルなどと競合した際にはその部分がネックとなりそうだ。 2022.12.02 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「自分がいないW杯に興味なし?」ハーランドがボローニャで目撃される… その目的とは?

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがボローニャで目撃されたようだ。 今夏にドルトムントからシティへ移籍し、公式戦24試合で29ゴール4アシストと絶好調のハーランド。現在は代表チームがカタール・ワールドカップ(W杯)と無縁なこともあり、束の間のオフに入ったとされる。 そんななか、イタリア『カルチョメルカート』によると、28日にイングランドや母国ノルウェーのみならず、W杯開催地のカタールからも遠く離れたイタリア北部のボローニャでハーランドが目撃されたとの情報が。 どうやらハーランドはこの前日、イタリア北部のマラネッロという小さな町に滞在。マラネッロは高級スポーツカーでお馴染みのフェラーリが本社を置く町として広く知られ、ハーランドもフェラーリ購入のために訪れていたという。 その翌日にはマラネッロから近いボローニャへと移動し、観光とショッピングを満喫したとのこと。『カルチョメルカート』には「ユーベのメディカルチェックかと思ったのに」、「自分がいないW杯には興味がないのかも」といった珍コメントが寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】腕時計ブランドとコラボしたハーランド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/ClUAJIXA9Yg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/ClUAJIXA9Yg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/ClUAJIXA9Yg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">BREITLING(@breitling)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.30 21:09 Wed
twitterfacebook
thumb

再び初戦でシティvsチェルシー! FAカップ3回戦の対戦カード決定

FAカップ3回戦の組み合わせ抽選会が28日に行われた。 イングランドサッカー協会(FA)に登録されている全てのクラブが出場可能なFAカップ。この3回戦からはプレミアリーグ勢、チャンピオンシップ(イングランド2部)勢が参戦する。 今回の組み合わせでは先日のEFLカップ3回戦に続きマンチェスター・シティとチェルシーという優勝候補同士の対決が実現。 さらに、前大会王者のリバプールはウォルバーハンプトン、マンチェスター・ユナイテッドはエバートンとのプレミア勢と対戦することに。また、クリスタル・パレスvsサウサンプトン、ブレントフォードvsウェストハムが1部同士で激突する。 DF冨安健洋のアーセナルとMF三笘薫のブライトンは、前者がフットボールリーグ1(イングランド3部)のオックスフォード、後者がチャンピオンシップのミドルズブラと対戦。その他ではトッテナムがフットボールリーグ1のポーツマス、DF中山雄太が長期離脱中のハダースフィールドは同じチャンピオンシップ勢のプレストンと対戦する。 なお、3回戦は2023年1月6日~9日にかけて開催される。FAカップ3回戦組み合わせは以下の通り。 ◆FAカップ3回戦 マンチェスター・シティ vs チェルシー マンチェスター・ユナイテッド vs エバートン リバプール vs ウォルバーハンプトン クリスタル・パレス vs サウサンプトン ブレントフォード vs ウェストハム オックスフォード(3) vs アーセナル トッテナム vs ポーツマス(3) ミドルズブラ(2) vs ブライトン シェフィールド・ウェンズデー(3) vs ニューカッスル ハル・シティ(2) vs フルアム カーディフ(2) vs リーズ ボーンマス vs バーンリー(2) ブラックプール(2) vs ノッティンガム・フォレスト ダゲナム&レッドブリッジ(5)orジリンガム(4) vs レスター・シティ アストン・ビラ vs スティブネイジ(4) プレストン(2) vs ハダースフィールド(2) レディング(2) vs ワトフォード(2) チェスターフィールド(5) vs WBA(2) チャールトン(3)orストックポート(4) vs ウォルサール(4) ボレアム・ウッド(5) vs アクリントン・スタンリー(3) ダービー・カウンティ(3) vs バーンズリー(3) コヴェントリー(2) vs レクサム(5) ノリッジ(2) vs ブラックバーン(2) イプスウィッチ(3) vs ロザラム(2) ルートン・タウン(2) vs ウィガン(2) フリートウッド・タウン(3) vs QPR(2) グリムズビー(4) vs バートン・アルビオン(3) フォレストグリーン・ローヴァーズ(3) vs バーミンガム(2) ブリストル・シティ(2) vs スウォンジー(2) ハートルプール(4) vs ストーク(2) ミルウォール(2) vs シェフィールド・ユナイテッド(2) シュールズベリー(3) vs サンダーランド(2) ※()内の数字は所属カテゴリー 2022.11.29 06:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「ここ以上の場所などない」 名将グアルディオラ、シティと新たに25年まで契約

マンチェスター・シティは23日、ジョゼップ・グアルディオラ監督(51)との契約を新たに2年延長した旨を発表した。新たな契約期間は2025年までとなる。 かつてバルセロナ、バイエルンの指揮を執り、フットボール界屈指の名将と評される手腕をもって2016年からシティを率いるグアルディオラ監督。チャンピオンズリーグ(CL)での優勝こそまだだが、プレミアリーグとリーグカップを4度ずつ制したほか、2018-19シーズンにFAカップのタイトルも獲得した。 その2018-19シーズンにイングランド史上初の国内トレブルも成し遂げ、通算戦績は374試合で271勝。勝率72.4%を誇り、1試合あたりの平均得点も2.46ゴールと強烈なチームを築くが、以前に2023年夏までの現行契約をもってシティを離れ、代表チームを指揮する可能性も示唆している状況だった。 グアルディオラ監督は「あと2年、マンチェスター・シティに残れることになり、非常に嬉しく思う」と喜びの心境とともに、決意を新たにしている。 「私を信頼してくれたクラブのみんなに感謝の言葉しかない。私はここで幸せで、快適に過ごしている。自分の仕事を全うするために必要なものがすべて揃っているんだ。このクラブの次なる章も素晴らしいものになる」 「過去10年がそうだったように、次の10年もね。非常に安定しているからだ。(就任の)初日から、ここにいるのは特別なものを感じた。ここ以上の場所などない。だから、私はここに残り、トロフィーのために戦い続けたい」 2022.11.23 19:55 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly