ハーランドの古巣恩返し弾で逆転のシティがGS連勝! セビージャは決め手欠き格下とドロー…《CL》

2022.09.15 06:27 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のグループG第2節、マンチェスター・シティvsドルトムントが14日にシティ・オブ・マンチェスター・スタジアムで行われ、ホームのシティが2-1で逆転勝利した。

シティは今季CL開幕戦となったセビージャ戦をハーランドの2ゴールの活躍などで4-0の完勝。悲願のビッグイヤー獲得を目指すシーズンで力強いスタートを飾った。エリザベス女王逝去に伴い、先週末のトッテナムとのビッグマッチが開催延期となったことで、中6日と休養十分で臨んだ一戦ではそのセビージャ戦から先発4人を変更。ルベン・ディアスとセルヒオ・ゴメスに代えてアケとストーンズ、フォーデンとベルナルド・シウバに代えてマフレズとギュンドアンを起用した。なお、今夏イングランドに新天地を求めたハーランドとアカンジはいずれも先発で古巣初対戦に臨んだ。

対するドルトムントはコペンハーゲンとの開幕戦をロイスのゴールなどで3-0の快勝。しかし、先週末に行われたリーグ戦では前指揮官マルコ・ローゼの初陣となったRBライプツィヒ相手に0-3の大敗を喫し、今季2敗目を喫した。その大敗からのバウンスバックを図るテルジッチのチームは先発2人を変更。ヴォルフとブラントに代えてジャン、レイナを起用した。
戦前の予想通り、立ち上がりからシティがボールの主導権を握る形で試合がスタートする。だが、[4-5-1]のコンパクトな守備陣形を維持しつつ、ボールホルダーにもきっちり制限をかけるドルトムントの守備を前になかなか良い形でエリア内に侵入できない。

以降も膠着状態が続く中、早い時間帯で打開策を見いだしたいホームチームは、マフレズやカンセロの個人技を起点にサイドからの崩しを試みるが、中央でフンメルスやジューレにことごとく撥ね返される。

共に攻撃を売りとするチームだが、ドルトムントがうまく中央を締めながら相手の攻撃をスピードダウンさせ、クローズな展開に持ち込む。序盤のエズジャンのカウンター以降はなかなか攻め手がないものの、要所で得るセットプレーでチャンスを窺う。

一方、主役のハーランドにほとんど良い形でボールが入らず、デ・ブライネも窮屈なプレーを強いられるシティは、攻撃が完全に手詰まる。となれば、守備で流れを持ってきたいところだが、ドルトムントの極力リスクを排除した攻撃を前になかなかカウンターを繰り出せず。シュート4本枠内0本という見せ場を欠いたまま、ゴールレスでハーフタイムを迎えることになった。

後半も試合展開に大きな変化はなし。引き続きシティが押し込む入りとなったが、先に決定機を作ったのはドルトムント。52分、モデスト、エズジャンを起点としたロングカウンターからロイスがボックス左に抜け出す。DFに寄せられながらもうまくシュートコースを作り、体勢を崩しながら右足のシュートを放つ。だが、これはわずかに枠の右へ外れる。

この後半最初の決定機は逸したものの、2度目のチャンスをモノにした。56分、レイナの右CKの流れからボックス左でこぼれ球に反応したロイスがボレーでシュート性の折り返しを入れると、ゴール前にタイミングよく飛び出したベリンガムが頭でコースを変えてゴール右隅に流し込み、一昨季の対戦に続いて母国クラブ相手にゴールを奪った。

リズムを掴めないままビハインドを背負ったシティはこの直後に3枚替えを敢行。マフレズとグリーリッシュの両翼をフォーデン、アルバレスに入れ替えたほか、ギュンドアンに代えてベルナルド・シウバをピッチへ送り出す。

主力投入で流れを変えたいホームチームは67分、デ・ブライネのスルーパスに抜け出したハーランドがボックス右で右足のシュートを狙うが、これはDFフンメルスに寄せられた影響もあって右ポストに当ててしまう。

それでも、主力投入で攻撃に個での打開力とリズムが生まれたシティは、ここから相手を自陣深くに押し込んで多彩な攻めで揺さぶりをかけていく。これを受け、テルジッチ監督はモデストを下げてシュロッターベックの投入で後ろを5枚に変更するが、結果的にこの選択が試合の流れを大きく変えることになった。

以降も押し込み続けるシティは80分、右サイドのタッチライン際で大きな展開を受けたデ・ブライネが内側を取ったストーンズに繋ぐと、ドフリーのイングランド代表DFはエリア外から右足を一閃。鋭いブレ球のミドルシュートが枠を捉えると、GKマイヤーはボールに触れることさえもできずにゴールネットに突き刺さった。

この同点ゴールで完全に勢いづくホームチームは、初の古巣対戦でやや存在感を欠いていたエースストライカーがようやく目覚める。84分、ボックス手前左でボールを持ったカンセロが右足アウトを使ったクロスをゴール前に供給すると、DFシュロッターベックの背後から飛び出したハーランドが驚異的な打点の左足ボレーで合わせ、公式戦6試合連発となる恩返し弾とした。

この日の主役のゴールで試合を引っくり返したシティは、気落ちするアウェイチームの反撃を危なげなく凌ぎ切り、2-1の逆転勝利。苦しみながらも見事な勝負強さでグループステージ連勝を飾った。

また、同日行われたグループGのもう1試合、コペンハーゲンvsセビージャは、0-0のドローに終わった。

共に大敗スタートとなった両チームが、グループステージ初勝利を懸けて激突した一戦は、試合を通して拮抗。直近のリーグ戦で今季初勝利を手にしたセビージャは前半序盤こそ攻勢を仕掛けたが、以降はホームチームに押し返される。

ゴールレスで折り返した後半は積極的な選手交代で流れを引き寄せにかかったが、相手の堅守を前にほとんど決定機を作れず。敵地から最低限の勝ち点1を持ち帰るにとどまった。


関連ニュース
thumb

「ここ以上の場所などない」 名将グアルディオラ、シティと新たに25年まで契約

マンチェスター・シティは23日、ジョゼップ・グアルディオラ監督(51)との契約を新たに2年延長した旨を発表した。新たな契約期間は2025年までとなる。 かつてバルセロナ、バイエルンの指揮を執り、フットボール界屈指の名将と評される手腕をもって2016年からシティを率いるグアルディオラ監督。チャンピオンズリーグ(CL)での優勝こそまだだが、プレミアリーグとリーグカップを4度ずつ制したほか、2018-19シーズンにFAカップのタイトルも獲得した。 その2018-19シーズンにイングランド史上初の国内トレブルも成し遂げ、通算戦績は374試合で271勝。勝率72.4%を誇り、1試合あたりの平均得点も2.46ゴールと強烈なチームを築くが、以前に2023年夏までの現行契約をもってシティを離れ、代表チームを指揮する可能性も示唆している状況だった。 グアルディオラ監督は「あと2年、マンチェスター・シティに残れることになり、非常に嬉しく思う」と喜びの心境とともに、決意を新たにしている。 「私を信頼してくれたクラブのみんなに感謝の言葉しかない。私はここで幸せで、快適に過ごしている。自分の仕事を全うするために必要なものがすべて揃っているんだ。このクラブの次なる章も素晴らしいものになる」 「過去10年がそうだったように、次の10年もね。非常に安定しているからだ。(就任の)初日から、ここにいるのは特別なものを感じた。ここ以上の場所などない。だから、私はここに残り、トロフィーのために戦い続けたい」 2022.11.23 19:55 Wed
twitterfacebook
thumb

グアルディオラがシティと2年の契約延長で合意! 近日中に公式発表へ

ジョゼップ・グアルディオラ監督(51)がマンチェスター・シティとの2年間の契約延長で合意に至った模様だ。移籍市場に精通するジャーナリストのデイビッド・オーンスタイン氏が報じている。 バルセロナ、バイエルンを指揮した後、2016年にシティの新指揮官に就任したグアルディオラ監督。以降、公式戦374試合を指揮し、276勝43分け55敗と圧倒的な戦績を残す。クラブ悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇は達成できずも、4度のプレミアリーグ制覇など国内の11ものトロフィーを獲得している。 シティとの現行契約は今シーズン限りも、以前から契約延長に前向きな姿勢を見せていたスペイン人指揮官は、2025年までの契約延長に合意に至ったという。 契約に関しては2020年11月の延長時と同じ形式で、基本的には1年契約となっている。残りの1年はグアルディオラ監督とクラブの双方が延長オプションを保持する形となり、必要に応じて早期契約終了を選択できるという。 グアルディオラ監督とシティは今回の中断期間を利用し、共通の将来について話し合いを行っており、近日中にも公式発表がなされる見込みだ。 2022.11.22 22:05 Tue
twitterfacebook
thumb

あわやW杯欠場の大事故に…イングランド代表MFがジムで足に重りを落とす「もっと重かったらひどいことに」

マンチェスター・シティに所属するイングランド代表MFカルヴァン・フィリップスが衝撃の事実を明かした。イギリス『BBC』が伝えた。 フィリップスは2021年のユーロ前にイングランド代表に定着。リーズ・ユナイテッドでプレーしていた中、今シーズンからマンチェスター・シティへと完全移籍を果たした。 大きな期待を寄せられていた中、慢性的な肩の痛みを抱えており、9月に手術。W杯には間に合わない可能性も指摘されていたが、見事にメンバー入りを果たした。 今季はわずか54分間しかピッチに立っておらず、最後に公式戦でプレーしたのは2カ月前の9月14日という状況。ただ、W杯前最後の試合となった12日のプレミアリーグ第16節のブレントフォード戦ではベンチ入りを果たしていた。 奇跡的に招集を受けたフィリップスだったが、肩のケガ以上にW杯行きを逃す可能性があったという事実を告白した。 「5kgのプレートじゃなかったら、もっと重かったらひどいことになっていたと思う」 「ブレントフォードとの試合の前、僕はプロフェショナルとして試合の前にジムに行って、レッグプレスでアキレス腱を鍛えていたんだ」 「ラックから重りをを引っ張り出そうと思ったら、それが後ろに引っかかっていたと思うんだけど、僕の足の上に真っ直ぐに落下して、切ってしまったんだ」 「でもそれほど悪くはない。トレーニングによる水膨れの方が痛いぐらいだった。あまり酷くはないけど、10秒ぐらい立っていて『なんてこった!今のはなんだったんだ?』って思ったよ」 なんと、試合に出ていないフィリップスはジムでトレーニングをしていた際にウェイトを足に落とした事故を告白。大きなケガにはならなかったが、本人が言う通り、より重いものだったら骨折などプレー不可能な状態になっていたことは間違いない。不幸中の幸いということだろう。 また、自身の肩については「今、肩の状態は大丈夫だ。およそ7週間半前に手術を受けた」と語り、「12週間で回復すると言われたけど、やるべきことよりも多くのことをした。ワールドカップに行くことができるように、より早く回復したいと思っていた。そして今、僕はここにいる」とコメント。しっかりと回復し、無事にプレーできるようだ。 イングランド代表はグループBに入っており、初戦は21日の22時にイラン代表と対戦する。 2022.11.20 22:07 Sun
twitterfacebook
thumb

元コートジボワール代表コロ・トゥーレ氏、英2部ウィガンで監督業スタートか

元コートジボワール代表のコロ・トゥーレ氏(41)が、ウィガンで初の監督業を務めることになりそうだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 現役時代にアーセナルやマンチェスター・シティ、リバプールなどで活躍したコロ・トゥーレ氏は、2017年夏にセルティックで引退し、そのまま当時の指揮官だったブレンダン・ロジャーズの下でアシスタントコーチに就任。現在はそのロジャーズ監督とともにレスター・シティで同職を務めている。 そんなコロ・トゥーレ氏に監督就任のオファーを出しているのが、チャンピオンシップで22位に沈むウィガン。同クラブは10日に2020年夏から監督を務め、昨季はリーグ1(イングランド3部)優勝に導いたリーム・リチャードソンを解任し、来月中旬のリーグ再開に向けて後任を探しているところ。 候補としては、コロ・トゥーレ氏の弟であるヤヤ・トゥーレ氏も挙がっていたようだ。同氏は現在、トッテナムのアカデミーでコーチを務めている。 2022.11.20 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

まだ22歳のハーランド、代理人が過度な期待に警鐘「今の状況から彼を守らねば」

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの代理人が、選手への過度な期待に警鐘を鳴らしている。 今夏にドルトムントからシティへ加入し、すでに公式戦18試合23得点3アシストと、ただでさえ大きかった期待値を大幅に上回る活躍を披露しているハーランド。残念ながらカタールW杯ではお目にかかれないが、今後のさらなる飛躍も楽しみな22歳だ。 レアル・マドリーが数年後の獲得を目論んでいるとも噂されるなか、代理人を務めるラファエラ・ピメンタ氏がスペイン『マルカ』のインタビューに応じ、選手の去就について言及している。 「ハーランドにはしっかりとしたキャリアプランがある。私自身が事細かに把握しているわけではないが、彼の中で明確なものがあるのは確かだ。今後、何が起こるかは誰にもわからない」 また、すでに世界最高の選手の1人に数えられるハーランドだが、同氏いわくまだ22歳で、成長過程にあるとのこと。過度な期待はキャリアの妨げになり得ると警鐘を鳴らしている。 「彼についての誇張されたニュースもよく目にする。まだ22歳で、1人の人間として成熟しきっているわけではない。私たちはこの状況から彼を守らなくてはならない」 「すべては彼次第だが、彼自身のプレーや言葉のみにフォーカスするべき。雑音や単なる憶測は不要だし、論争がでっち上げられるのも不快だ」 2022.11.18 14:34 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly