水戸に痛手、MF新里涼が左前距腓じん帯損傷…今季28試合4得点

2022.09.13 17:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
水戸ホーリーホックは13日、MF新里涼の負傷を発表した。

クラブの発表によると、新里は10日に行われた明治安田生命J2リーグ第35節のいわてグルージャ盛岡戦にて負傷。茨城県内の病院で検査を行った結果、左前距腓じん帯損傷と診断されたという。

なお、全治は明かされていない。
新里は、この試合に先発出場。しかし、74分に敵陣の左サイドで小松駿太のタックルを受けてピッチに倒れ込むことに。左足首付近にスパイクが入っており、そのまま自力で歩けず担架に乗せてられての交代となった。

キャプテンも務める新里は、今季の明治安田J2で28試合に出場し、キャリアハイの4得点を記録していた。

関連ニュース
thumb

水戸、今季JリーグデビューのMF柳町魁耀の契約更新「来シーズンこそは共に新しい歴史を」

水戸ホーリーホックは7日、MF柳町魁耀(20)の契約更新を発表した。 茨城県出身の柳町。ジュニアユース時代から鹿島アントラーズの下部組織に所属するもトップチーム昇格はならず、昨シーズンから水戸でプレーしている。 加入初年度は出番なしに終わったが、今季は明治安田生命第24節の横浜FC戦で後半から投入されJリーグデビュー。その後、終盤にかけて出場機会を増やし、リーグ戦6試合に出場して2アシストの成績を残した。 来季も水戸でプレーすることが決定した柳町。クラブを通じて、新シーズンへの意気込みを述べている。 「今シーズンもたくさんのご声援ありがとうございました。ホーリーホックファミリーの皆さん、来シーズンこそは共に新しい歴史を作りましょう!応援よろしくお願いします!」 2022.12.07 13:53 Wed
twitterfacebook
thumb

水戸MF森勇人が讃岐に完全移籍 「強い覚悟で決断」

カマタマーレ讃岐は7日、水戸ホーリーホックからMF森勇人(27)の完全移籍加入を発表した。 森は名古屋グランパスのアカデミー卒で、トップチームに昇格したが、2016年シーズン終了後に契約満了。2017年からガンバ大阪で再起を期したが、そこでもインパクトを残せず、2018年に退団した。 そうして2019年から水戸入りし、移籍2年目と3年目の明治安田生命J2リーグで30試合以上の出場数を記録。今季も16試合に出場して2得点だったが、来季からは讃岐に活躍の場を移す運びとなった。 森は讃岐を通じて「カマタマーレ讃岐に関わる全ての皆様。はじめまして、水戸ホーリーホックから加入しました森勇人です」と挨拶の言葉とともに意気込みを語っている。 「オファーをいただき熟考を重ね、このチームでプレーすることを強い覚悟で決断しました。米山監督のもと、持っている全ての力を発揮し、ゴールやアシストでチームの勝利に貢献出来るよう日々精進していきます」 「スポンサーの皆様、サポーターの皆さん。カマタマーレ讃岐のために僕に出来ることを全て行っていきます。まずは日々の行動から示し続けて信頼を勝ち取っていきます」 「またはじめて四国、香川県に住むということでとてもワクワクしています。素敵な場所や食べ物など皆さんからのおすすめを教えていただけると嬉しいです。こちらもすごく楽しみにしています! これからどうか応援よろしくお願いします!」 一方で、水戸を通じてはチームに関わる各方面に感謝の言葉を綴り、「水戸ホーリーホックに関わるすべての皆様の活躍を願っております。4年間本当にお世話になりました」などとコメントしている。 2022.12.07 10:10 Wed
twitterfacebook
thumb

京都DF長井一真が完全移籍で水戸へ 「昇格に向けて全力で熱くプレー」

水戸ホーリーホックは6日、京都サンガF.C.からDF長井一真(24)の完全移籍加入を発表した。 長井は関西大学から特別指定選手も経験して、2021年に京都入り。今季はセンターバックだけでなく、サイドバックもこなして、公式戦17試合に出場したが、来季から水戸に活躍の場を求める運びとなった。 水戸を通じて「京都サンガF.C.から来ました、長井一真です」と挨拶の言葉とともに意気込みを語っている。 「1年でJ1に昇格させるという強い覚悟を持って水戸ホーリーホックに加入しました。自分の良さを最大限に発揮し、チームを勝たせる選手になって、水戸ホーリーホックのJ1リーグ昇格に向けて全力で熱くプレーします! 宜しくお願いします!」 一方の京都を通じては「京都サンガF.C.に来て、多くのことを学び成長することができました」と別れの言葉を綴った。 「プロサッカー選手とは何かと教えてくれたスタッフ、選手、ファン・サポーターの方々には感謝しかありません。今年は何度も悔しい苦しい思いをしましたが、その経験も今後の自分の財産とし成長していきます。強化指定の期間を合わせ3年間、本当にお世話になりました」 2022.12.06 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

水戸の45歳GK本間幸司、契約更新! 来季で在籍25年目に突入

水戸ホーリーホックは5日、GK本間幸司(45)の契約更新を発表した。 1996年に水戸短期大学附属高校から浦和レッズ入りした本間は1999年途中から当時日本フットボールリーグ(JFL)に属した水戸に移籍。それ以来、水戸でキャリアを紡ぎ、在籍24年目の今年も控えだったが、天皇杯の1試合でプレーした。契約更新を受け、決意を新たにしている。 「こんにちは! 今シーズンもたくさんの応援とサポートをありがとうございました。目標に手が届きそうだったのに掴み取れなかった事が残念で申し訳ない思いです。来シーズンで水戸ホーリーホック在籍25年目の節目です。来シーズンも目標は変わらないので必ず達成出来るように心を燃やしています! また一緒に闘っていただけると心強いです!よろしくお願いします」 2022.12.05 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

水戸がフィリピン代表DFタビナス・ジェファーソンと複数年契約「『J1昇格』を堂々と言葉に」

水戸ホーリーホックは4日、フィリピン代表DFタビナス・ジェファーソン(24)との契約更新を発表した。 タビナス・ジェファーソンは、桐光学園高校から川崎フロンターレに入団。FC岐阜、ガンバ大阪への期限付き移籍を経て、2021年に水戸に加入した。 今シーズンは明治安田生命J2リーグで23試合に出場し1得点を記録していた。 タビナス・ジェファーソンはクラブを通じてコメントしている。 「皆さん。お待たせいたしました。お待たせしすぎたのかもしれません」 「来シーズンも水戸ホーリーホックでプレーさせて頂きます。僕自身プロになってから2年以上同じクラブで過ごす事がなく、キャリアの中で最長の在籍したクラブが水戸ホーリーホックとなりました。僕にとって水戸ホーリーホックというクラブは家そのものです」 「だからこそこのクラブ。ファミリーでJ1昇格を掴み取りたいと強く思います。まだみた事のない景色とか色んな表現でなく、『J1昇格』を堂々と言葉にしてまた日々精進していきたいと思います」 「小さなクラブにとっては壮大な計画かもしれませんが、成し遂げられないことでは無いと思います。だからこそ、みんなでJ1昇格まで一丸となり、周りになにを言われようと信じて突き進んでいきましょう。僕たちファミリーにはその力があります」 「最後になりましたが、いつも多大なサポートをしてくれるパートナー企業の皆さん、常に背中を押してくれるファミリーの皆さんには本当に感謝しています。来年も、角がたつ言動をしてしまうかも知れませんが(角刈りだけに)どうそよろしくおねがいします」 2022.12.04 19:57 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly