「選手、審判団がみんな笑顔」J通算200試合出場の岡山FW永井龍、セレモニーは息子の独壇場!霜降り明星・せいやの持ちネタ披露に本人も反応

2022.09.12 21:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ファジアーノ岡山のFW永井龍の子供は将来大物になりそうだ。永井は7月4日にサンフレッチェ広島から岡山へと期限付き移籍。9月4日にホームで行われた明治安田生命J2リーグ第34節のFC町田ゼルビア戦で72分から途中出場し、Jリーグ通算200試合出場を達成した。

永井は、セレッソ大阪、オーストラリアのパース・グローリーFC、大分トリニータ、V・ファーレン長崎、名古屋グランパス、松本山雅FCでもプレー。200試合出場を記念し、クラブから記念のパズルとタオルマフラーが販売された。
翌第35節のモンテディオ山形戦では試合前にセレモニーが行われ、息子の琉太郎くんから花束が贈呈された。記念撮影後、引き上げる永井とは対照的に、琉太郎くんはピッチ上でストップ。突然、お笑いコンビ「霜降り明星」せいやさんの持ちギャグ、『うぅ』を披露した。

これには永井も驚いたようで、自身のツイッターで「琉太郎劇場でした!」とコメント。「いきなり霜降り明星のせいやさんの『うぅ』やるし、写真撮影終わってもピッチから出ようとしないし、大物になる予感がしました!家族に祝ってもらえて幸せでした!」と、残している。

この投稿にはせいやさん本人も反応。「ウゥッをやる息子さんかわいすぎ!!永井さん応援しております」と残し、ファンからも「山形の選手たちも笑っての良いね」、「後ろの選手たちがめっちゃ笑ってるのがいい」、「後ろの選手、審判団がみんな笑顔で見てるのが素敵すぎる」と、会場全体の視線を集めた琉太郎くんに温かい声が届けられた。


関連ニュース
thumb

岡山がFWハン・イグォンと契約更新、今季韓国2部から加入

ファジアーノ岡山は5日、韓国人FWハン・イグォン(28)の契約更新を発表した。 世代別の韓国代表歴もあるハン・イグォンはこれまで慶南FCや大田ハナシチズン、牙山ムグンファFC、水原三星ブルーウィングスと母国でプレー。昨シーズンはKリーグ2(韓国2部)のソウルイーランドFCでリーグ戦28試合6ゴールを記録し、今シーズンから岡山に加入した。 今シーズンは明治安田生命J2リーグ第6節の大宮アルディージャ戦でデビューを飾ると、徐々に出場機会が増加。リーグ戦28試合に出場して、4ゴールを記録した。 2022.12.05 11:37 Mon
twitterfacebook
thumb

岡山が3選手と契約更新! 今夏加入の輪笠祐士も

ファジアーノ岡山は2日に契約更新選手として、GK金山隼樹(34)、GK谷口璃成(19)、MF輪笠祐士(26)を発表した。 金山は2018年にコンサドーレ札幌(現・コンサドーレ札幌)から加わり、谷口は明秀日立高校から今季入団のルーキー。輪笠は今年8月にブラウブリッツ秋田から加入した。 今季の明治安田生命J2リーグでは金山が13試合、輪笠が12試合(秋田時代は29試合出場で1得点)。谷口は出番なしだった。 2022.12.02 17:50 Fri
twitterfacebook
thumb

岡山が水戸MF鈴木喜丈を完全移籍で獲得「身体を張って頑張りたい」

ファジアーノ岡山は1日、水戸ホーリーホックのMF鈴木喜丈(24)の完全移籍加入を発表した。 鈴木は東京都出身で、FC東京の下部組織で育ち2017年にトップチームに昇格。2020年9月に水戸へと育成方期限付き移籍すると、2021年はFC東京でプレーも、2022年に完全移籍で水戸に加入していた。 水戸ではキャプテンマークを巻くこともあり、今シーズンの明治安田生命J2リーグで36試合に出場していた。 鈴木は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ファジアーノ岡山 「はじめまして。水戸ホーリーホックから来ました鈴木喜丈です。左利きでポジションはセンターバックです。岡山の屈強なディフェンス陣に負けないくらい身体を張って頑張りたいと思います」 「チームのJ1昇格に貢献できるよう、そしていち早くファジアーノ岡山の一員として認めてもらえるように一生懸命頑張ります。たくさん応援していただけると嬉しいです」 ◆水戸ホーリーホック 「水戸ホーリーホックファミリーの皆さんへ」 「2020年夏からお世話になりました。怪我で丸2年サッカーができず、それでも這い上がるために必死だった自分を温かく受け入れていただいて、ホーリーホックファミリーの皆さんには感謝しかありません」 「移籍に関しては本当にたくさん悩みました。水戸でやり残したこともあるし、自分自身まだまだ水戸で成長できると感じていたからです。しかし、新たな環境で挑戦したいという思いが強くあり、移籍を決断しました」 「水戸ホーリーホックに関わる皆さん、2年半本当にありがとうございました。どこに行っても水戸ホーリーホックの名に恥じないように頑張ります」 2022.12.01 14:20 Thu
twitterfacebook
thumb

FC東京、岡山の守備支えたDF徳元悠平を完全移籍で獲得「念願のJ1リーグ優勝のために全力を尽くします」

FC東京は1日、ファジアーノ岡山のDF徳元悠平(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 沖縄県出身の徳元は、那覇西高校から城西国際大学へと進学。2018年にFC琉球に入団した。 J3からスタートしたプロキャリアは、1年目からリーグ戦31試合に出場し2得点を記録。チームのJ3優勝&J2昇格に貢献すると、2年目はJ2で35試合に出場。2020年に岡山へ完全移籍した。 岡山でも主軸を張り、3シーズン連続でリーグ戦30試合以上出場。今季も31試合に出場し1得点を記録し、チームの3位フィニッシュに貢献していた。岡山での通算成績はJ2で106試合3得点、天皇杯で2試合出場だった。 ついにJ1の舞台にステップアップした徳元は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC東京 「このたび、ファジアーノ岡山から加入することになりました徳元悠平です。念願のJ1リーグ優勝のために全力を尽くします」 「ファン・サポーターのみなさんとお会いできることを楽しみにしています。よろしくお願いします」 ◆ファジアーノ岡山 「このたび、FC東京に移籍することになりました。3シーズン、どんな時もともに戦ってくださったファジアーノ岡山に関わる全ての方々に感謝します」 「岡山で培ったことを存分に発揮し、FC東京で頑張ります!!本当にありがとうございました」 2022.12.01 13:08 Thu
twitterfacebook
thumb

J2ベスイレのヨルディ・バイスが岡山と契約更新! 39試合出場7ゴール

ファジアーノ岡山は30日、DFヨルディ・バイス(33)との契約更新を発表した。 母国オランダや、ルーマニア、オーストラリアでもプレーしたヨルディ・バイスは2018年7月のV・ファーレン長崎入りを機に日本を舞台に。徳島ヴォルティスや、京都サンガF.C.を渡り歩いた後、今季に岡山入りした。 その岡山でも攻守にパワフルなプレーを披露して、明治安田生命J2リーグ39試合に出場。得点数も守備者ながら7ゴールと持ち味を発揮して、残念ながら昇格とはならなかったが、チームを3位でJ1参入プレーオフに導いた。 なお、今季から新設されたJ2リーグアウォーズではベストイレブンに輝いている。 2022.11.30 17:35 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly