W杯を捨てても移籍か? エスパニョールのチーム内得点王デ・トーマスが市場閉まるも移籍強行へ

2022.09.10 18:50 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
キャリアの一部を捨ててでも移籍したい選手もいるようだ。

エスパニョールに所属するスペイン代表FWラウール・デ・トーマス(27)だが、ラージョ・バジェカーノへ移籍することになるという。スペイン『アス』が伝えた。

レアル・マドリーの下部組織育ちのデ・トーマスは、カスティージャからコルドバやレアル・バジャドリー、そしてラージョへとレンタル移籍。2018年7月にファーストチームへ昇格すると、2018年8月から再びラージョへレンタル。2019年7月にベンフィカへ完全移籍した。
2020年1月にはエスパニョールへと完全移籍し、半年でスペインへと戻ると、2021-22シーズンのラ・リーガでは34試合で17ゴール3アシストを記録。チーム内得点王として活躍した。

スペイン代表にも招集され、4試合に出場。カタール・ワールドカップ(W杯)のメンバーにも滑り込む可能性があった中、1月までのプレー機会を捨てる覚悟があるようだ。

デ・トーマスは今夏ラージョへの移籍を画策。しかし、移籍市場が締め切られる中、数分間合わずに移籍が成立しなかったという。

エスパニョールとは2026年夏までの契約がある中、退団を決意。しかし、市場が閉まってしまっては移籍は不可能。期限が遅いトルコや中東からも興味は保たれていたが、ラージョに戻りたいため、断ったという。

なお9日の時点でも条件面はラージと交渉しており、移籍の実現に向けて動いている模様。1200万ユーロ(約17億3700万円)の移籍金が発生し、1月の市場が開くまでプレーはできないことになるが、移籍で決着が着くか注目だ。


関連ニュース
thumb

マドリーが左SBを補強へ? メンディ売却に備えてA・デイビスらを候補に

レアル・マドリーが、バイエルンのカナダ代表DFアルフォンソ・デイビス(22)ら複数の選手をリストアップしているようだ。スペイン『Fichajes』が報じている。 マドリーは今夏以降、左サイドバックの主力であるフランス代表DFフェルラン・メンディ(27)との契約延長交渉が停滞しており、売却がたびたび噂に。首脳陣が後釜の選定に力を入れているという。 有力候補として名前が挙がるのは、ラージョ・バジェカーノの元U-21スペイン代表DFフラン・ガルシア(23)だ。マドリーの下部組織出身で、現在も保有権の50%を持つことから安価で獲得が可能とされている。 だが、やはり本命はビッグネームの模様で、前述のデイビスに加え、ミランのフランス代表DFテオ・エルナンデス(25)も注視。デイビスの獲得には最低でも7000万ユーロ(約101億円)、テオ・エルナンデスには8000万ユーロ(約116億円)が必要とのことだ。 また、パリ・サンジェルマン(PSG)のポルトガル代表DFヌーノ・メンデス(20)もリストアップ。しかし、PSGとは今夏のFWキリアン・ムバッペの一件以降、緊張関係が続いているため、実際に獲得に動く可能性は低いとみられている。 2022.11.15 15:38 Tue
twitterfacebook
thumb

首位陥落の痛い敗戦にアンチェロッティ「腹立たしいし、がっかり」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が7日に敵地で行われたラ・リーガ第13節のラージョ戦後、感想を述べた。スペイン『マルカ』が報じている。 開始早々に先制を許したなか、37分にMFルカ・モドリッチのPKで追いつき、その4分後にDFエデル・ミリトンのゴールで勝ち越したレアル・マドリーだが、前半終了間際に再び失点。67分にやり直しPKを決められ、競り負けた。 今季初黒星で2試合未勝利となり、首位の座もバルセロナに明け渡してしまったアンチェロッティ監督は力強さの欠如を敗因に挙げた。 「ミスをした。ライバルが持つような力強さがなかった。試合を均衡させる上でのクオリティがなかった。力強さのレベルが低かった」 また、カタール・ワールドカップ(W杯)の開幕があと2週間を切った状況が影響したのではという質問に「それとは関係ない」と返し、FWヴィニシウス・ジュニオールを筆頭に「デュエルでの競り負けが散見された」と話した。 そして、「腹立たしいし、がっかりだ。シーズンの前半はかつてないほど良い状態だった。もう次だ。選手に失望してはいない。力強さが足りず、負けた。こういう試合では強度がないと、質も上がってこない」とも続けた。 2022.11.08 10:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ラージョに3失点のマドリーが今季リーグ初黒星で2位に後退…《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは7日、ラ・リーガ第13節でラージョ・バジェカーノと対戦し2-3で敗戦した。 前節のジローナ戦でリーグ戦の連勝がストップしたマドリーが、2連勝中のラージョのホームに乗り込んだ一戦。 ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)最終節のセルティック戦を圧勝したマドリーは、その試合の先発から出場停止のクロースをチュアメニに変更した以外は同じ先発メンバーで試合に臨んだ。 アセンシオ、ロドリゴ、ヴィニシウスの3トップで試合に臨んだマドリーは、開始早々に失点する。5分、アルバロ・ガルシアのパスで左サイドを抜け出したフラン・ガルシアの折り返しをコメサーニャが左足で合わせると、これがゴール右隅に吸い込まれた。 その後も強度の高いプレーを見せるラージョに対し、マドリーはやや押し込まれる展開に。それでも34分、マドリーはバルベルデとのワンツーでボックス右深くまで侵入したアセンシオがフラン・ガルシアに倒されると、オンフィールドレビューの末にPKを獲得。これをモドリッチが中央に沈めた。 試合を振り出しに戻したマドリーはセットプレーから逆転に成功する。41分、アセンシオの右CKからゴール左手前でフリーのミリトンがヘディングシュートを叩き込んだ。 このまま前半終了かと思われたが、マドリーは得点からわずか3分後にアルバロ・ガルシアにシュートを叩き込まれ、前半は2-2で折り返した。 迎えた後半、マドリーはラージョに再びリードを許す。64分、フラン・ガルシアのロングパスに反応したアルバロ・ガルシアのトラップした浮き球がカルバハルの右腕に当たると、オンフィールドレビューの末にPKを献上。 一度はオスカル・トレホのシュートをGKクルトワが止めたものの、キッカーが蹴る前にゴールラインを離れていたとの判定で蹴り直しに。これをオスカル・トレホにゴール右隅に決められた。 勝ち越しを許したマドリーは、69分にカマヴィンガ、79分にマリアーノ、85分にルーカス・バスケス、ナチョを投入。89分にはバイタルエリア左でボールを拾ったアセンシオのクロスからロドリゴが決定機を迎えたが、シュートは枠の上に外れた。 結局、試合はそのまま2-3でタイムアップ。13戦目して今季リーグ戦初黒星を喫したマドリーが2位に後退した。 2022.11.08 07:05 Tue
twitterfacebook
thumb

モラタ先制弾のアトレティコ、ファルカオに土壇場恩返し弾献上で逃げ切り失敗のドロー《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第10節、アトレティコ・マドリーvsラージョが18日にシビタス・メトロポリターノで行われ、1-1のドローに終わった。 アトレティコは前節、好調のアスレティック・ビルバオ相手にグリーズマンが奪ったゴールをヘイニウドら守備陣のソリッドなパフォーマンスで守り抜く、代名詞であるウノセロで3連勝を達成。アスレティックを抜いて3位に浮上した。 曲者ラージョとのマドリード自治州ダービーで4連勝を狙ったシメオネのチームは、守護神オブラク、カピタンのコケの負傷離脱によってGKグルビッチ、ヴィツェルを代役に起用。前線はモラタとグリーズマンの2トップとなった。 立ち上がりからボールを握って押し込むアトレティコは、セットプレーを軸に相手ゴールに迫っていく。決定機まであと一歩、二歩という場面が目立つ中、ファーストチャンスをゴールに結びつける。 20分、相手陣内右サイドでボールを奪ったグリーズマンが早いタイミングで右足のグラウンダークロスを供給すると、タイミング良くゴール前に走り込んできたモラタが右足ダイレクトでゴール左隅へ流し込んだ。 2トップの好連携で幸先よく先制に成功したホームチームは、直後にもヴィツェルがミドルシュートを狙うなど、畳みかける攻めで追加点を狙っていく。だが、前半半ばを過ぎると、徐々にラージョに反撃を許し、古巣対戦のファルカオにボックス付近で仕事をされる場面が目立つ。 前半終盤には筋肉系のトラブルか、レマルがプレー続行不可能となり、40分にカラスコがスクランブル投入されたが、1点リードを維持してハーフタイムを迎えた。 後半は立ち上がりから拮抗した展開が続く。その流れの中でパテ・シス、モラタと互いにセットプレーから際どいシーンを作り出す。 60分過ぎにはアトレティコがモラタとヴィツェルを下げてアンヘル・コレア、クーニャと2人のアタッカーを同時投入。対するラージョは中盤を削ってホームチームからレンタル加入中のカメージョを投入し、2トップに変更した。 すると、この交代でリズムを掴んだのはアウェイのラージョ。68分にはカメージョが枠の右を掠める左足のミドルシュートを放つと、直後にはカメージョからのショートスルーパスにファルカオが抜け出すが、ここはシュートを打ち切れない。 後半半ばを過ぎると、アスレティック戦同様に守る時間帯が続くアトレティコは、グリーズマンが前線と中盤でうまくボールを引き出しながらクーニャの推進力を生かしてトドメの2点目を狙う。だが、今季ここまでゴールがないクーニャは幾つかのシュートチャンスをモノにできない。 その後、何とか粘りの守備で時計を進めたアトレティコだったが、最後の最後に追いつかれる。ボックス内でエンテカと競ったホセ・ヒメネスの腕に相手のヘディングシュートが直撃。オンフィールド・レビューの結果、ラージョにPKが与えられる。そして、ここでキッカーを務めたのは古巣対戦のファルカオ。百戦錬磨のストライカーはプレッシャーがかかるこのPKを冷静に左上隅に突き刺し、92分の同点ゴールとした。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、自治州ダービーで勝ち切れなかったシメオネのチームはリーグ連勝が「3」でストップした。 2022.10.19 06:05 Wed
twitterfacebook
thumb

スペイン代表FWラウール・デ・トーマスのラージョ移籍が正式決定、5年契約締結も1月まで選手登録は不可

ラージョ・バジェカーノは13日、エスパニョールに所属するスペイン代表FWラウール・デ・トーマス(27)が完全移籍で加入することを発表した。 契約期間は2027年6月30日までの5年間となる。 レアル・マドリーの下部組織育ちのデ・トーマスは、カスティージャからコルドバやレアル・バジャドリー、そしてラージョへとレンタル移籍。2018年7月にファーストチームへ昇格すると、2018年8月から再びラージョへレンタル。2019年7月にベンフィカへ完全移籍した。 2020年1月にはエスパニョールへと完全移籍し半年でスペインへと戻ると、2021-22シーズンのラ・リーガでは34試合で17ゴール3アシストを記録。チーム内得点王として活躍した。 今夏の移籍市場でラージョへの移籍を望んでいたものの、間に合わず。市場が開いていたトルコや中東からも興味は持たれていたが、ラージョ行きを望み、その願いが叶ったこととなった。 スペイン『アス』によれば、移籍金は固定で800万ユーロ(約11億5500万円)、最大1100万ユーロ(約16億円)になる予定とのことだ。 なお、今夏の移籍市場は閉鎖しており、デ・トーマスは1月の市場が開くまでは選手登録ができず。スペイン代表としても4試合プレーしていたが、これでカタール・ワールドカップ行きは無くなったと考えて良さそうだ。 2022.09.13 18:12 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly