「魔法使いだ」「100点」久保建英の幻アシストをソシエダがプレイバック!「マジでうまい」

2022.09.07 11:52 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・ソシエダに所属する日本代表MF久保建英のパスが今なお反響を呼び続けている。3日、ソシエダはラ・リーガ第4節でアトレティコ・マドリーと対戦。久保は71分から途中出場し、試合は1-1の引き分けに終わった。

この試合で注目を集めたのは76分のプレー。トップ下に入った久保がボックス手前からダブルタッチを使った見事なスルーパスを通し、FWウマル・サディクのゴールを演出するが、ここはオフサイドでゴールは認められなかった。
決まっていれば久保のアシストとサディクのフィニッシュどちらも完璧というプレーには多くの称賛が浴びせられていたが、ソシエダの公式SNSは5日に改めてこのプレーをプレイバック。「タケの幻のアシスト。絵文字で表現するなら?」と意見を募った。

すると、ファンからは絶叫の絵文字や魔法使いの絵文字とともに「マジでうまい」、「オフサイドじゃなかったら伝説だったな」、「100点」、「信じられない」と改めて驚きの声が上がった。

ソシエダは8日にヨーロッパリーグ(EL)のグループリーグ初戦でマンチェスター・ユナイテッドと対戦。久保はELの舞台でも魔法のようなプレーを見せられるか。

1 2

関連ニュース
thumb

バルセロナが夏に鎌田大地の獲得か? 現地紙が情報収集中と報道、今季でフランクフルトとの契約が満了

財政難に陥りながらも選手の補強に余念がないバルセロナ。今夏の移籍市場では、フランクフルトの日本代表MF鎌田大地(26)に関心を寄せているという。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 鎌田はサガン鳥栖から2017年7月にフランクフルトへと完全移籍。出番が得られずにシント=トロイデンへ1年間のレンタル移籍を経験すると、得点能力が覚醒。フランクフルトに復帰すると、チームの中心選手として頭角を洗わず。 2021-22シーズンはチームをヨーロッパリーグ(EL)王者に導く活躍を見せると、今シーズンもブンデスリーガで15試合に出場し7ゴール4アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)では6試合で3ゴールを記録するなど、攻撃を牽引していた。 日本代表としてもカタール・ワールドカップ(W杯)でプレー。ヨーロッパでの注目が高まり、今冬の移籍市場でも話題に上っている中、フランクフルトとの契約は2023年夏で満了を迎えることとなっている。 フランクフルトとの契約延長はまだされておらず、退団の可能性が高まっていると報じられている中、ドルトムントへの移籍も浮上していた。 この冬の移籍はないと見られているなか、バルセロナは鎌田に関して情報収集。昨シーズンはヨーロッパリーグの準々決勝でも対戦し、鎌田の実力も直接把握している状況。そのため関心が高まっているとされている。 今シーズンの活躍と年齢を考えれば、フリーになれば引く手数多となる鎌田。財政難でもあるバルセロナとしては、サラリーも抑えられる可能性がある鎌田の加入は願ってもないものかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】鎌田大地と堂安律の日本人対決!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="SfyHppuW32A";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.26 22:15 Thu
twitterfacebook
thumb

中村俊輔に憧れたティアニー、古巣セルティックの日本人について冨安健洋から情報収集「トミと話をして、一緒に試合を観るけど…」

アーセナルのスコットランド代表DFキーラン・ティアニーが、自身の古巣であるセルティックの日本人選手について言及した。スコットランド『サン』が伝えた。 スコットランド生まれのティアニーはセルティックのアカデミー出身。2016年1月に18歳でファーストチームに昇格すると、左サイドバックのレギュラーとしてプレー。公式戦170試合で8ゴール37アシストを記録した。 2019年8月にアーセナルに加入すると、ケガなどに悩まされながらも公式戦110試合で5ゴール13アシストを記録。今シーズンは途中出場なども多いが公式戦23試合で1ゴール1アシストを記録している。 ティアニーは今でもセルティックのファンとして知られるが、そのセルティックは昨シーズンから一気に日本人選手が増加。FW古橋亨梧をはじめ、FW前田大然、MF旗手怜央、MF井手口陽介、DF小林友希、DF岩田智輝と6名が所属。また、アンジェ・ポステコグルー監督もJリーグからやってきたこともあり、日本に縁が強くなっている一方で、チームもリーグ制覇を成し遂げるなど大きく結果を残している。 アーセナルでは日本代表DF冨安健洋とチームメイトであるティアニーは、古巣の日本人選手についてコメント。冨安にそれぞれの選手について教えてもらっていると明かした。 「トミとはよく話をする。僕は日本から来た選手のことはよく知らなかったし、先月サインした2人も同じだ。僕はJリーグを観ていないから、トミに情報と選手としての考えを聞いたんだ」 「前田大然はカタールで開催されたワールドカップの日本代表でトミと一緒にいたね。トミは契約した全ての選手についてポジティブなことを言っていたし、それを聞いてとても嬉しいよ」 また、冨安についてもコメント。両サイドバックでプレーする冨安はライバルにもなるが、良い関係を築いているようだ。 「彼も本当に素晴らしい選手だし、素晴らしいチームメイトだ。とても良い仲間だ」 「僕はいつもトミと話をして、トレーニング場ではセルティックの試合があれば一緒によく観ている。僕は、彼をセルティックのファンにしようとしているんだ(笑)」 ティアニーと言えば、幼少期に当時セルティックでスター選手だった元日本代表MF中村俊輔からスパイクをもらったエピソードが有名。同じ左利きのキックの名手に憧れていたことは有名だが、中村が多くの日本人の憧れでもあると語った。 「おかしな話だけど、僕がセルティックで子供の頃に中村俊輔からスパイクをもらった古い映像をトミが見たらしい。彼はずっと前から気がついていたんだ」 「中村は子供の頃のトミのヒーローの1人だったけど、それは世界中の多くの日本人選手と同じだと思うよ」 <span class="paragraph-title">【動画】中村俊輔からスパイクを手渡され驚いて固まる幼い頃のティアニー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A young Kieran Tierney beams after being handed boots by Celtic legend Shunsuke Nakamura <br><br>The look on his face ☺☺☺ <a href="https://t.co/HcB8hqFVE9">pic.twitter.com/HcB8hqFVE9</a></p>&mdash; Metro Sport (@Metro_Sport) <a href="https://twitter.com/Metro_Sport/status/1160512006736220160?ref_src=twsrc%5Etfw">August 11, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.26 19:35 Thu
twitterfacebook
thumb

久保建英がダビド・シルバに捕まる!?ソシエダのトレーニングは鬼ごっこ

日本代表MF久保建英が所属するレアル・ソシエダ。今シーズンのラ・リーガでは3位につけ、ヨーロッパリーグでは決勝トーナメントに進出するなど好調を維持している。 25日にはコパ・デル・レイ準々決勝でバルセロナと対戦したソシエダだが、24日には試合前練習の様子をクラブの公式YouTubeチャンネルで公開。その中で久保が元スペイン代表MFダビド・シルバに捕まる場面があった。 ソシエダが取り入れていたのは鬼ごっこのアレンジバージョン。限られた範囲内で行い、さらに鬼が複数いるというものだ。 選手たちは大声をあげて楽しみながら逃走。久保も鬼から逃げていたが、名手ダビド・シルバからは逃げきれず、タッチされていた。 元気な姿を見せていたダビド・シルバだが、その後ヒラメ筋を負傷し練習を早退。バルセロナ戦は欠場となっており、心配な状況だ。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英がダビド・シルバから全力で逃げる!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="n4l6u_I-Vg0";var video_start = 91;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.26 12:20 Thu
twitterfacebook
thumb

久保がスライディング受けるもカード無し…直後に起きたソシエダMFメンデスの退場にファン嘆き「ブスケッツのファウルが先なのに」

レアル・ソシエダにとって厳しい試合となった。 25日のコパ・デル・レイ準々決勝でバルセロナと対戦したソシエダ。日本代表MF久保建英も先発で出場した。 しかし、試合は前半からバルセロナが優勢。さらに38分には試合の流れを大きく左右するプレーが起こる。 中盤でのボールの競り合いから、ボールを持った久保にバルセロナのセルヒオ・ブスケッツがスライディング。直後のルーズボールでソシエダのブライス・メンデスがブスケッツの足を踏んでしまった。 最初はイエローカードが提示されたこのプレーだったが、VARの末にレッドカードに変更。ソシエダは数的不利を強いられることとなった。 ソシエダボールで再開されたため、ブスケッツのファウルの後にメンデスの退場があったという流れだが、ソシエダにとって厳しい結果となった。 数的不利を受けて後半にはシステムをフラットな[4-3-1-2] から[4-4-1]に変更したソシエダだが、後半の52分にはバルセロナのウスマーヌ・デンベレが先制ゴール。アレクサンダー・セルロートの決定機などゴールには近づいたソシエダだったが、結局0-1で敗れている。 メンデスのプレーと判定には、ファンも「退場が痛かった」、「ブスケッツのファウルが先なのに」、「ブスケツのプレーもイエロー出てもおかしくないと思う」、「いらん事した」と嘆いている。 ただ、メンデスのプレー自体は報復ととられかねない軽率なものだった。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英へのスライディング直後、メンデスが一発退場</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">¡Se queda con 10 la Real Sociedad!<br><br>Brais se va expulsado.<a href="https://twitter.com/hashtag/CopaDelRey?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CopaDelRey</a> <a href="https://t.co/9Hr1t6wwrV">pic.twitter.com/9Hr1t6wwrV</a></p>&mdash; ESPN Deportes (@ESPNDeportes) <a href="https://twitter.com/ESPNDeportes/status/1618349095218970624?ref_src=twsrc%5Etfw">January 25, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.26 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

「ベストプレーヤー」「全てを捧げていた」クロスバー直撃にアシスト未遂の久保建英、バルサに敗戦も地元紙は高評価

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英は、敗戦ながら高い評価を得ている。 25日、ソシエダはコパ・デル・レイ準々決勝でバルセロナと対戦した。 タイトル獲得へ大事な一戦となる中、9連勝中のチームはバルセロナに主導権を握られてしまう。すると38分、ブライス・メンデスがブスケッツの足を踏んでしまい、VARチェックの末に一発退場。数的不利となると、52分にウスマーヌ・デンベレにゴールを許してしまう。 30分にはボックス内からシュートを放ち、クロスバーに直撃させていた久保は、59分にもボックス内左からグラウンダーのクロスを送ると、アレクサンダー・セルロートは合わせるだけだったが、まさかのシュートは枠外に。結局1-0で敗れ、準々決勝敗退となった。 チームは敗れたものの久保には高い評価。スペイン『ElDesmarque』は7点(10点満点)を与え、チームのベストプレーヤーだと評価した。 「レアル・ソシエダのベストプレーヤー。前半にはクロスバーを叩き、セルロートのゴールをお膳立てしたが、ノルウェー人は見事に外してしまった」 「攻撃はとても切れ味があり、スピードもあった。ピッチに立った77分間、彼は全てを使い果たした」 また、スペイン『Noticias de Gipuzkoa』は6点(10点満点)を与え、この試合でのパフォーマンスを高く評価した。 「イマノルは改めてプレーメーカーへの大きな信頼を持っていることを確認した。シルバの役割として出場したため苦戦を強いられたものの、前半にはクロスバーを叩き、ハーフタイム後にはセルロートへの決定的なチャンスを与えた。彼は全てを捧げていた」 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英、クロスバー直撃の惜しいシュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="qXpasr8V_zY";var video_start = 45;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】久保建英が完璧クロスもセルロートはまさかのミスキック</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="qXpasr8V_zY";var video_start = 134;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.26 10:02 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly