【CLグループF展望】王者に死角なし! セルティックは残り1枠巡る争いに挑む

2022.09.06 18:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2022-23シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月6日に開幕する。前大会王者が組み込まれたグループFは、レアル・マドリーが頭一つ抜けた存在となるが、残り1枠を巡る争いは熾烈を極めることになりそうだ。

◆編集部予想
◎本命:レアル・マドリー
○対抗:RBライプツィヒ
△連下:セルティック
☆大穴:シャフタール・ドネツク

◆王者に死角なし~レアル・マドリー~
Getty Images

昨季の大会を驚異的な勝負強さで制し、最多優勝記録を14回に更新したマドリー。今大会においても連覇を狙うエル・ブランコが、優勝候補の最有力候補だ。
アンチェロッティ体制2年目のチームは、今夏の移籍市場で黄金の中盤を支えたMFカゼミロが流出したものの、DFリュディガー、MFチュアメニという2人のビッグネームを補強。これにより、ディフェンスラインではDFアラバのよりフレキシブルな起用が可能となり、中盤では2年目のMFカマヴィンガ、プレシーズンから好アピールが続くMFセバージョスの存在を含め、MFモドリッチとMFクロースへの依存度を解消した。引き続きエースFWベンゼマのバックアップ不在という爆弾を抱えているが、少なくとも今回のグループステージの戦いにおいて大きな問題とはならないはずだ。

ラ・リーガでも開幕4連勝と最高の滑り出しを見せるチームは、セルティックとのアウェイ戦でグループステージ開幕を迎え、以降は一番のライバルと目されるライプツィヒとのホームゲーム、後にシャフタールとの連戦に挑む。グループステージ突破に向けては難所セルティック・パークでの初戦、勝ち点3必須となるライプツィヒとの初戦が重要となる。ここできっちり連勝できれば、早いタイミングでの決勝トーナメント進出が見えてくる。

◆実績、タレントで2番手も不振振り払えるか~ライプツィヒ~
Getty Images

2シーズンぶりのグループステージ突破を目指すライプツィヒが、王者に次ぐ有力な突破候補となる。

昨季はマンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマンのメガクラブの後塵を拝して3位敗退となったが、ブンデスリーガでは途中就任のテデスコ監督の下で大きな改善をみせ、きっちり4位フィニッシュでCL出場権を確保した。今夏の移籍市場においてはMFエンクンク、MFライマー、DFグヴァルディオルといった市場の人気株の慰留に成功。加えて、元エースFWヴェルナー、DFラウム、DFディアロといった実力者を獲得し、昨季以上のスカッド構築に成功した。

ただ、今季ここまでのブンデスリーガでは1勝2分け2敗と昨季序盤戦に続き低迷。対戦相手からの対策が進み、失点の多さに加え、ヴェルナーを新たに組み込んだ攻撃面においても期待される爆発力を見せられていない。とはいえ、ここ数年の実績とスカッドの質を考えれば、後述の2チームとの実力差は少なからずあり、過密日程の中で戦い方を整理しつつ、重要なセルティックとの連戦までにチームとしての最適解を見いだしたい。

◆3人のサムライがCLデビュー~セルティック~
Getty Images

昨季のスコットランド王者は2017-18シーズン以来の参戦となる欧州最高の舞台でグループステージ突破を目指す。

また、今回のグループステージでは登録枠の問題でMF井手口陽介が無念の登録メンバー外となったものの、FW古橋亨梧、MF旗手怜央、FW前田大然の3人の日本人選手がCLデビューを飾ることになる。

ポステコグルー監督の下で昨季のスコティッシュ・プレミアリーグを圧倒的な強さで制したセルティックだが、ヨーロッパリーグ(EL)ではグループステージ敗退、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)ではプレーオフ敗退と悔しい早期敗退となった。

元横浜FM指揮官のスペクタクルなアタッキングスタイルは、個の優位性を保てる国内リーグにおいては機能しているが、タレントで上回るヨーロッパの格上相手の対戦では守備面においてリスクが大きい。今回のグループステージにおいては、自分たちの志向するスタイルにこだわりつつも、守備的なプランを含めマイナーチェンジが必要か。とりわけ、対戦相手の3チームはいずれも鋭いカウンターを有しており、守備陣の奮闘が求められるところだ。

エースの古橋を始めとする日本人選手には、同クラブのレジェンドであるMF中村俊輔がかつてマンチェスター・ユナイテッドを相手に世界に驚きを与えたような鮮烈な活躍を期待したい。

◆戦禍の母国を背負って奇跡の突破目指す~シャフタール~
Getty Images

ウクライナ屈指の名門であるシャフタールは、未だ戦禍に晒される母国を背負って奇跡のグループステージ突破を狙う。

今年2月末から続くロシアによる軍事侵攻を受け、深刻な状況が続くウクライナ。それでも、先月に入って国内リーグの新シーズンがスタートし、フットボール界においては少しずつ日常が戻ってきている状況だ。

ただ、FIFAによる外国籍選手の移籍特例措置が継続されたことで、これまで多くのブラジル人選手を中心に強力なスカッドを構築してきたドネツクのチームは、大幅なプラン変更を余儀なくされている。現スカッドではブルキナファソ代表FWトラオレ、クロアチア人MFジュラセク、ブラジル人DFルーカス・テイラーを除き、全選手をウクライナ人選手で構成。また、イタリア人指揮官デ・ゼルビの退任によってクロアチア人指揮官のヨビチェビッチ新監督の下で刷新中。

また、安全面を考慮してグループステージのホームゲームは、すべて隣国ポーランドでの開催となるため、ホームアドバンテージも得にくい状況だ。

そういった厳しい状況の中、若きエースFWムドリク、MFステパネンコ、DFマトヴィエンコらウクライナ代表選手を中心にチーム一丸となった戦いで、奇跡を起こしたい。

関連ニュース
thumb

【2022-23ブンデス前半戦ベストイレブン】バイエルンから最多4選手、鎌田を選出

2022-23シーズンのブンデスリーガ前半戦が1月25日に終了しました。本稿では今季のブンデスリーガ前半戦ベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 GKコーエン・カスティールス(30歳/ヴォルフスブルク) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:17(先発回数:17)/失点数:20/出場時間:1530分 バイエルンに次ぐ失点数の少なさから選出。ベルギー代表ではクルトワの前に完全に影に隠れてしまっているが、安定感が売りの大型GK。フルタイム出場も高評価。 DFジョシュア・キミッヒ(27歳/バイエルン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:17(先発回数:16)/得点数:3/出場時間:1456分 1試合のみ右サイドバックでプレーした以外は本職の中盤センターで起用された今季前半戦。安定したゲームメーク力と卓越したパスセンスで好機を演出し続けた。 DFダヨ・ウパメカノ(24歳/バイエルン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:0/出場時間:1522分 移籍初年度となった昨季はライプツィヒ時代のような躍動感溢れるプレーが影を潜めていたウパメカノだが、今季は本来のパフォーマンスを取り戻している様子。全試合スタメンで起用され、昨季散見されたポカがほぼなくなっている。 DFヴィリー・オルバン(30歳/ライプツィヒ) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:3/出場時間:1530分 ライプツィヒの守備の要。イケイケなサッカーを展開している中、後方で締める役割を全う。チームの重石となっている。 MFイェスパー・リンドストローム(22歳/フランクフルト) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:16(先発回数:14)/得点数:7/出場時間:1087分 しなやなか突破が魅力のアタッカー。2シャドーの一角で起用され、シュートセンスも非凡。得点力が日に日に増し、相手にとって怖い存在となっている。 MFジャマル・ムシアラ(19歳/バイエルン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:16(先発回数:14)/得点数:9/出場時間:1135分 瞬く間にブンデスを代表する選手に。飄々とプレーしているが、技術の高さは折り紙付き。難しいプレーを簡単に見せるタイプの技巧派MFだ。 MFジュード・ベリンガム(19歳/ドルトムント) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:16(先発回数:16)/得点数:4/出場時間:1440分 ムシアラと同世代の傑物。この年齢にして風格を漂わせる稀有な存在。近い将来のメガクラブ入りが約束されたビッグスターだ。 MF鎌田大地(26歳/フランクフルト) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:15(先発回数:13)/得点数:7/出場時間:1109分 ヨーロッパリーグでは常に勝負強さを発揮していた鎌田だが、ついにブンデスリーガでもゴールを量産。これまでは5ゴールがキャリアハイだったが、前半戦だけで既に7ゴールを記録。しかもボランチにコンバートされた中での記録だけにその飛躍ぶりが窺える。 FWクリストファー・エンクンク(25歳/ライプツィヒ) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:15(先発回数:14)/得点数:12/出場時間:1283分 セカンドストライカータイプのエンクンクだが、その得点力は本物。昨季の20ゴールに続き、今季も既に12ゴールをマーク。抜群のシュートセンスは必見。直前の負傷により欠場となったW杯で活躍する姿が見たかったところ。 FWエリック・マキシム・チュポ=モティング(33歳/バイエルン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:12(先発回数:8)/得点数:7/出場時間:694分 第10節からスタメンに定着し、そこから7ゴールを記録。チームも上昇気流に乗り、首位ターンの立役者と言っていい活躍ぶりだった。また、得点だけでなくポストプレーの面でも貢献度が高く、周囲の選手たちの得点機会を大幅に増やすことに繋げている。 FWヴィチェンツォ・グリフォ(29歳/フライブルク) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:16(先発回数:14)/得点数:9/出場時間:1145分 堂安と共にフライブルクの攻撃を司るアタッカー。左サイドからの仕掛けとシュート精度は一級品。フライブルク躍進の立役者だ。 2023.02.02 18:01 Thu
twitterfacebook
thumb

【2022-23ブンデスリーガ前半戦総括】 超WS選出の最優秀選手はムシアラ

11連覇を目指すバイエルンが2位ウニオン・ベルリンに3ポイント差を付けて順当に首位ターンとした今季のブンデスリーガ前半戦。そのウニオンと、フライブルクの両伏兵の躍進が目立った中、バイエルンの牙城を崩したいドルトムントとライプツィヒはやや安定感に欠ける戦いぶりだった。 ◆レヴァンドフスキの穴をチュポ=モティングが埋める~バイエルン(勝ち点36)~ 年間30ゴールを約束してくれた希代のFWレヴァンドフスキの抜けた穴はやはり大きかった。追加点を奪いきれず試合を決めきれないことから8月下旬から9月中旬にかけて格下相手に4試合勝利から見放される時期があった。ただ、レヴァンドフスキの控えに甘んじていたチュポ=モティングを最前線で起用してからは昨季までの安定した強さが蘇り、W杯ブレイク前は6連勝で終えることに成功。上昇ムードに乗った。 ◆ローゼ監督就任でV字回復~ライプツィヒ(勝ち点32)~ 昨季途中就任でチームをV字回復させたテデスコ体制で新シーズンを迎えたライプツィヒ。しかし5試合を終えた段階で1勝と振るわず解任を決断し、昨季ドルトムントを率いていたローゼ監督を迎えた。この決断が奏功し、チームは昨季同様にV字回復。エンクンク、ショボスライらが躍動してローゼ監督就任後は8勝3分け1敗の好成績を収め、3位で前半戦を終えた。 ◆守備の立て直し利かず~ドルトムント(勝ち点31)~ バイエルンの牙城を崩さなければならないドルトムントだったが、補強した成果が出たとは言えない前半戦となった。目玉のシュロッターベックとジューレの両ドイツ代表センターバックは不安定なドルトムント守備陣を安定させることはできず。とりわけシュロッターベックに至ってはミスから失点に関与する場面も散見され、期待されたパフォーマンスを発揮できているとは言えない。今やピッチ内の王様と化したベリンガムが際立ったプレーでチームを牽引している姿は頼もしいが、彼に頼りきりなようでは到底バイエルンに追いつくことはできないだろう。 ◆鎌田と堂安が好調チームを牽引~10人の日本人ブンデスリーガー~ W杯明けにデビューした上月を含めると10人がプレーしている今季の日本人ブンデスリーガー。とりわけ目立った活躍を見せたのがフランクフルトの鎌田だ。既にブンデスキャリアハイとなる7ゴールをマーク。ボランチへのコンバートをしたにも関わらず、ゴールへの関与が増しており、好調さが際立っている。W杯では思うような活躍を見せられなかったが、悔しい想いを糧に後半戦での活躍に期待したい。 鎌田とは対照的にW杯で大活躍だった堂安はフライブルクでの好調を持続した様子だ。PSVからレンタルで加入し、2季ぶりのブンデスリーガでのプレーとなったが、成長した姿を披露してくれた。主に右ウイング、シャドーでの起用となった中、攻撃面での存在感が増した。毎試合ゴールチャンスに絡む勢いがあり、充実の時を過ごしている。 シュツットガルトでレギュラーを張る遠藤と伊藤に関しては昨季同様の安定したパフォーマンスを披露している。チームの結果は出ていないが、彼らは自身のタスクをしっかりとこなしている印象だ。 昨季、シャルケの1部復帰に貢献した板倉はボルシアMGでもセンターバックのレギュラーとしてプレー。ヒザを負傷するアクシデントはあったが、W杯でも安定したプレーを見せた。再開後のブンデスリーガでもそつのないプレーをしており、今後の代表守備陣を支えていく存在として期待したい。 一方でサンプドリアからシャルケに活躍の場を移した吉田は大苦戦している。キャプテンを任され期待されているが、走力のあるアタッカーに対応できないことが多々あり、戦犯となっている。代表では守備を統率する頼もしい姿が見られるが、言葉が通じないのか、持ち味が出ていない模様。チームは最下位と厳しいがベテランの経験値を生かして立て直しを図れるか。 そのシャルケに彗星の如く現れた上月。果敢なアタッカーはデビューから2戦目で早くもブンデス初ゴールをマーク。後半戦の活躍が楽しみな逸材だ。 W杯では重傷明けながらスーパーサブとして結果を残した浅野に関してはボーフムではノーゴールと苦戦しているが、後半戦巻き返しとなるか。 そして代表から引退している長谷部を除いて唯一ブンデスリーガーではW杯落選となった原口は心機一転、移籍先のシュツットガルトでレギュラー奪取を目指す。 【最優秀選手&監督】 ★最優秀選手 ◆MFジャマル・ムシアラ(バイエルン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 前半戦を終えて9ゴール7アシストと圧巻のスタッツを残した。レヴァンドフスキが抜け、マネやミュラーの離脱があった中、弱冠19歳が攻撃陣を牽引する働きを見せた。既に完成されたプレーを見せるムシアラが今後どういった成長を遂げるのか、楽しみでならない。 ★最優秀監督 ◆マルコ・ローゼ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_6_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季就任したドルトムントでは成功できなかったが、自身の哲学とライプツィヒの相性は良かったようだ。ローゼ監督就任によってライプツィヒの躍動感溢れるプレーが復活。とりわけショボスライが本来のパフォーマンスを取り戻して攻撃陣を牽引。魅力的かつ強いチームに仕上げている。 【期待以上】 ★チーム ◆ウニオン・ベルリン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_6_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季15ゴールのアウォニーを引き抜かれた中、前半戦を終えた段階で首位バイエルンを3ポイント差で追う2位ウニオンを選出。一昨季7位、昨季5位と年々進化を遂げているウニオンだが、その立役者は言わずもがな堅守速攻のスタイルを一切崩さないフィッシャー監督の手腕によるもの。そのブレない方針で後半戦も安定した戦いを見せてくれそうだ。 ★選手 FWコロ・ムアニ(フランクフルト) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_6_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ナントから加入し、前半戦を終えて6ゴール11アシストを記録。周囲も生かせるタイプのストライカーで柔軟性が高い。ボレから完全にレギュラーの座を奪い、フランクフルトの攻撃に幅を与えた。 【期待外れ】 ★チーム ◆レバークーゼン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_6_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季3位に導いたセオアネ監督の下で迎えたシーズンだったが、チャンピオンズリーグとの兼ね合いの影響か、全く結果が出なかった。8試合を終えた段階で1勝に留まり、10月の段階でセオアネ監督を解任せざるを得ない状況となった。後任にはトップチームの監督初挑戦となるシャビ・アロンソが就任。どこまで巻き返せるかに注目だ。 ★選手 ◆DFニコ・シュロッターベック&ニクラス・ジューレ(ドルトムント) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_6_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 不安定な守備陣のテコ入れを図るべく獲得した両ドイツ代表DF。彼らの能力に申し分はないはずなのだが、前半戦を見る限りドルトムントの守備力を向上させるほどの影響力はなかったようだ。チームスタイルの問題なのか、センターバックにとって受難のチームなのか原因は不明だが、後半戦にフィットすることを祈るばかりだ。 2023.02.02 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【2022-23セリエA前半戦ベストイレブン】ナポリから最多6選手を選出

2022-23シーズンのセリエA前半戦が24日に終了しました。本稿では今季のセリエA前半戦ベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 GKアレックス・メレト(25歳/ナポリ) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230122_8_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:19(先発回数:19)/失点数:14/出場時間:1710分 昨季終盤、自身の凡ミスでスクデット争いから脱落し、放出も噂されたメレト。しかし今季は絶対的守護神として君臨し、ナポリの堅守を支えている。失点はここまでリーグ最少の14。飛躍を遂げているGKの一人だ。 DFジョバンニ・ディ・ロレンツォ(29歳/ナポリ) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230122_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:19(先発回数:19)/得点数:1/出場時間:1699分 堅実な守備に一層磨きがかかり、一対一の局面でほぼ負けることがない。華やかなナポリ攻撃陣の影で地味な仕事を淡々とこなしている新主将を高く評価。 DFダニーロ(31歳/ユベントス) 出場試合数:19(先発回数:18)/得点数:2/出場時間:1632分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230122_8_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ユベントス堅守の象徴。右サイドバック、3バックの右を高いレベルでプレー可能なことによりシステム変更を柔軟に行える貴重な存在だ。 DFキム・ミンジェ(26歳/ナポリ) 出場試合数:18(先発回数:18)/得点数:2/出場時間:1575分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230122_8_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> クリバリの穴を埋めるという途方もないと思われたプレッシャーを見事に跳ね除けた韓国代表DFを選出。冨安と共にアジア人DFのレベルの高さをカルチョの国に印象付けた。 DFフェデリコ・ディマルコ(25歳/インテル) 出場試合数:19(先発回数:17)/得点数:3/出場時間:1345分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230122_8_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ペリシッチが移籍した中、ゴセンスとのポジション争いを制してインテルの左サイドに君臨。正確無比なクロスを武器にジェコとはホットラインを築いている。 MFサンドロ・トナーリ(22歳/ミラン) 出場試合数:16(先発回数:14)/得点数:2/出場時間:1298分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230122_8_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ケシエが旅立った中、ミランの中盤をベナセルと共に支える中心選手に。攻守両面で戦えるダイナモで日に日に存在感を増している。 MFスタニスラブ・ロボツカ(28歳/ナポリ) 出場試合数:19(先発回数:17)/得点数:1/出場時間:1570分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230122_8_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 捌いて良し、運んで良しと攻撃サッカーを展開するナポリにとって欠かせない存在。ナポリ絶好調のキーマンだ。 MFハカン・チャルハノール(28歳/インテル) 出場試合数:18(先発回数:17)/得点数:2/出場時間:1383分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230122_8_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ブロゾビッチがコンディション不良で長期不在だった中、中盤アンカーを見事にこなした。昨季も任されることがあったが、今季はその経験を生かし、順応して見せた。ブロゾビッチ不在によって大きく崩れた昨季の二の舞を防げているのはチャルハノールの存在が大きい。 FWラファエル・レオン(23歳/ミラン) 出場試合数:18(先発回数:16)/得点数:8/出場時間:1358分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230122_9_tw12.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 爆発的な突破力はセリエAのみならず欧州リーグにおいてもトップクラス。決定力も増しており、いよいよ手が付けられない選手になってきている。 FWビクター・オシムヘン(24歳/ナポリ) 出場試合数:15(先発回数:14)/得点数:13/出場時間:1251分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230122_9_tw13.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今季もケガでの離脱がありながら13ゴールを挙げてリーディングスコアラーとなっている。規格外の身体能力、テクニックも十分で対峙したDFは対応に四苦八苦だ。 FWクヴィチャ・クワラツヘリア(21歳/ナポリ) 出場試合数:15(先発回数:14)/得点数:7/出場時間:1102分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230122_9_tw14.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今季の欧州リーグにおいて最大の発見と言っていい存在。注目され、厳しいマークに遭った中でも打開できる能力はもはや本物。 2023.01.26 18:01 Thu
twitterfacebook
thumb

【2022-23セリエA前半戦総括】 超WS選出の最優秀選手はクワラツヘリア

覇権奪還を狙うインテル、連覇を目指すミラン、積極補強を敢行したユベントス辺りでスクデット争いが展開されるかと思われた今季のセリエAだったが、蓋を開けてみればナポリの独走が際立つ前半戦となった。 ◆攻守の要流出も新戦力が大当たり~ナポリ(勝ち点50)~ スパレッティ体制2季目の今季、ナポリが大化けした。開幕前はFWインシーニェ、MFファビアン・ルイス、DFクリバリら攻守の要流出によって大幅な戦力ダウンを強いられ、スクデット争いはもちろん、チャンピオンズリーグ出場権獲得すら危いと予想していた。それが前半戦を終えて2位ミランに12ポイント差を付けての首位独走と、良い意味で予想を裏切った。その要因は新戦力のFWクワラツヘリアとDFキム・ミンジェが前述の選手たちの抜けた穴を見事に埋めきったこと。チームは戦力ダウンどころかむしろアップした印象だ。33年ぶりのスクデット獲得へ、あとは昨季露呈した勝負弱さが後半戦に顔を覗かさなければ悲願成就だ。 ◆大崩れはせずも新戦力不発が痛い昨季王者~ミラン(勝ち点38)~ 年明け後こそ1勝と苦しんでいるが、連覇を狙うミランはピオリ監督の下、安定した戦いを続けている。ただ新戦力が期待に応えられず、昨季のチーム力を維持するのがやっとという状況だ。とりわけ期待していたFWデ・ケテラエルはここまでノーゴール、FWオリジは1ゴールと、前線は36歳のベテランFWジルーに頼らざるを得ない状況だ。FWレオン、MFトナーリらの目に見える成長は頼もしいものの、じり貧な感は否めない。ナポリとの勝ち点差、勢いを考慮すると追いつくのは至難の業だ。 ◆良い意味で平凡~ラツィオ(勝ち点37)~ サッリ体制2季目の今季、ラツィアーレのDFロマニョーリを迎えたラツィオは大崩れせず良い意味で平凡だった。順位は3位、得点は35、失点は15。十分なスタッツを残し、上位に位置している。スクデット争いには手が届かないだろうが、チャンピオンズリーグ出場権争いには最後までしっかり残ると思われる予想通りの前半戦となっている。 ◆選手層のバランスの悪さ~ローマ(勝ち点37)~ ヨーロッパ・カンファレンスリーグ初代王者として迎えた新シーズン、FWディバラを筆頭にFWベロッティ、MFワイナルドゥム、MFマティッチと好補強を敢行していたローマだが、思ったほど成績は伸びなかった。ワイナルドゥムの長期離脱は誤算だったが、各ポジションの選手層にバランスの悪さがあり、とりわけサイドの人材が乏しいのが痛かった。 ◆誤算ルカク~インテル(勝ち点37)~ 昨季ミランに一歩及ばず連覇を逃したインテルは覇権奪還に向けてかつてのエースFWルカクを呼び戻した。スクデット奪還へ気概を見せた補強…のはずだったが、そのルカクが負傷により全く稼働できず。6試合、わずか350分の出場に留まり1ゴールを挙げるに終わった。ベテランFWジェコ、現エースFWラウタロの奮闘で何とか踏ん張ってはいるものの、追加点を奪いきれずに勝ち点を落とした試合は少なくない。高いレンタル料に見合った働きが後半戦にできるのか、インテルの巻き返しはルカクの双肩に懸かっている。 ◆怒涛の8連勝も勝ち点15剥奪~ユベントス(勝ち点23)~ アッレグリ体制2季目の今季はMFポグバ、FWディ・マリアらトップタレントを獲得して3季ぶりの覇権奪還を目指した。だが、目玉の2選手は負傷によりほぼ稼働できず。とりわけポグバは前半戦出場なしと、大きな誤算となった。アッレグリのサッカーらしい堅実な戦いで無失点による8連勝を達成したものの、9連勝を懸けたナポリとの大一番では無残に惨敗。実力差を見せつけられて引導を渡された直後、不正会計問題により勝ち点15剥奪の制裁と、ネガティブな話題に包まれて前半戦を終えた。 【最優秀選手&監督】 ★最優秀選手 ◆FWクヴィチャ・クワラツヘリア(ナポリ) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230122_7_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 無名のジョージア人がカルチョの国を席巻した。クラブのレジェンドであるFWインシーニェの穴を埋める存在として加入したクワラツヘリアは、そのインシーニェの穴を埋める以上のインパクトを残してしまった。 ★最優秀監督 ◆ルチアーノ・スパレッティ(ナポリ) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230122_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 魅力的且つ強いチームに仕上げた手腕は流石の一言。これまでもローマやインテルで好チームを作ってきたが、今季のナポリはスパレッティ監督にとって最高傑作と言えるのではないか。マラドーナを擁してスクデットを獲得した伝説のチームに匹敵するような優雅さと実力を持っていると言って過言ではない。 【期待以上】 ★チーム ◆ナポリ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230122_7_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今季前半戦に関してはナポリ一色のセリエAだったことから選出。披露しているサッカーが他のクラブとは1ランク違った。 ★選手 DFキム・ミンジェ(ナポリ) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230122_7_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> クワラツヘリアと並ぶ今季前半戦のナポリ躍進の立役者。フェネルバフチェで一定の評価は得ていたもののトップレベルのセリエAではどうかという疑問の眼差しを一蹴した。対人能力の強さは折り紙付き。ミスもなく集中力も高い。穴のないセンターバックだ。 【期待外れ】 ★チーム ◆インテル <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230122_7_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 期待外れというほどでもないが、前半戦を終えて6敗を喫したことを踏まえて選出。もったいない勝ち点の落とし方が目立った。 ★選手 ◆FWロメル・ルカク(インテル)、MFポール・ポグバ(ユベントス) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230122_7_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 両者共に負傷による欠場のため致し方ない面もあるが、両クラブにとって核となる活躍を期待していた選手だったということもあり叱咤を込めて選出。後半戦では負傷に悩まされないことを祈る。 2023.01.26 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【2022-23プレミアリーグ前半戦ベストイレブン】首位アーセナルから最多5人! 健闘ニューカッスルからも4人を選出

2022-23シーズンのプレミアリーグが早くもシーズン折り返しに。そこで、前半戦のベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定した。 ◆前半戦ベストイレブン(各チーム19試合消化時点) GK:ポープ DF:ボトマン、ウィリアン・サリバ、アカンジ、ガブリエウ MF:ギマランイス、トーマス・パルティ、ウーデゴール FW:サカ、ハーランド、アルミロン GKニック・ポープ(30歳/ニューカッスル) 出場試合数:19(先発回数:19)/失点数:11/出場時間:1710分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20230124_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今季からニューカッスルに活躍の場を移したイングランド代表GKが前半戦のベストイレブン入り。ダーロウやドゥブラフカなど長らくマグパイズのゴールマウスを守ってきた守護神からポジションを奪い、毎試合のようにビッグセーブを連発。リーグ最少の11失点でチームの躍進を最後尾から支えた。 DFスヴェン・ボトマン(23歳/ニューカッスル) 出場試合数:17(先発回数:16)/得点数:0/出場時間:1418分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20230124_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 多くのビッグクラブが注目した中、3700万ユーロの移籍金でリールから加入したボトマン。195cmの体躯は伊達ではなく、屈強な選手が揃うプレミアの舞台でも対等に渡り合う強さを見せている。また、キックの精度もまずまずで、ロングフィードからチャンスメイクするプレーも何度か見られた。同胞のファン・ダイクの活躍を想起させる貢献度だが、年齢を考えるとまだまだ伸び代もある。 DFウィリアム・サリバ(21歳/アーセナル) 出場試合数:19(先発回数:19)/得点数:2/出場時間:1696分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20230124_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 母国での数年にわたる武者修行のおかげで一回り大きくなってカムバックしたサリバ。開幕戦からセンターバックの先発を勝ち取ると、前半戦は全試合で先発し、1試合を除いてフル出場。192cmの長身を生かしたセットプレーと対人の強さで最終ラインを支えるとともに、非凡なボールプレーで攻撃にも貢献した。 DFマヌエル・アカンジ(27歳/マンチェスター・シティ) 出場試合数:17(先発回数:16)/得点数:0/出場時間:1196分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20230124_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ドルトムントから加入したニューカマーを前半戦のベストイレブンに選出。決して層の薄くないセンターバック陣において、グアルディオラ監督のファーストチョイスに。デビュー戦となった第8節のウルブス戦以降、全試合で先発出場しており、広大な守備エリアや冷静な判断力を備える非凡な才能ですっかりシチズンズに溶け込んだ。 DFガブリエウ(25歳/アーセナル) 出場試合数:19(先発回数:19)/得点数:2/出場時間:1710分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20230124_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> サリバとのコンビでガナーズのゴール前に鉄壁を構築したガブリエウ。サリバ同様に190cmを超える身長で、空中戦では向かうところ敵なしの守備陣形を築いた。また、セットプレー時の嗅覚を持ち合わせ、11月に行われたチェルシーとのロンドン・ダービーではCKで決勝点を記録。左利きという希少性もアーセナルにとって強力な武器だ。 MFブルーノ・ギマランイス(25歳/ニューカッスル) 出場試合数:16(先発回数:16)/得点数:3/出場時間:1314分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20230124_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ニューカッスルの躍進においてこの男の存在は欠かせない。昨年1月にリヨンから4200万ユーロの移籍金で加入したブラジル代表MFは、豊富な運動量で中盤の蓋役になれるだけでなく、攻撃センスも非凡で昨季は半シーズンだけで5ゴールをマーク。そして今季は3ゴール3アシストをマークしており、辛口のロイ・キーン氏も「彼は6番、8番、10番、その全ての役割をこなせる選手だ」と舌を巻いている。 MFトーマス・パルティ(29歳/アーセナル) 出場試合数:16(先発回数:16)/得点数:2/出場時間:1395分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20230124_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> アーセナルの攻守におけるキーマン。中盤でフィルター役に徹することもできれば、デュエルの強さ、ポジショニング、配球力で攻撃のアクセントにも。パルティの存否でチームのクオリティが変わってしまう程の存在感で、前半前で唯一黒星がついた9月のユナイテッド戦はガーナ代表MFが不在だった。 MFマルティン・ウーデゴール(24歳/アーセナル) 出場試合数:18(先発回数:18)/得点数:8/出場時間:1531分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20230124_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 前半戦MVP級のパフォーマンスを披露したウーデゴール。アルテタ監督が惚れ込んだ才能は、今季は正式にキャプテンを任され、卓越したプレーにその重みも加わることに。ボールプレーはデ・ブライネを彷彿とさせる精度の高さで、そのうえ守備も献身的。前半戦は8ゴール6アシストで、すでに昨季の成績を超えている。 FWミゲル・アルミロン(28歳/ニューカッスル) 出場試合数:19(先発回数:19)/得点数:9/出場時間:1584分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20230124_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 在籍5年目にしてようやく本領を発揮。これまでニューカッスルではユーティリティ選手のように様々なポジションで起用されてきたが、ハウ監督の下で右ウイングに固定されると、プレースタイルも確立され、チームの特攻隊長に。シーズン前半戦で記録した9ゴールは、加入から3シーズン半で記録した総得点と同数。まるで別人かのように、今季のアルミロンは躍動している。 FWアーリング・ハーランド(22歳/マンチェスター・シティ) 出場試合数:19(先発回数:18)/得点数:25/出場時間:1551分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20230124_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> プレミアリーグ初挑戦ながらこの活躍は見事の一言。デビュー戦でいきなり2ゴールを挙げ、その後も息をするかのように得点を量産。リーグ史上最速となる14試合で20得点に到達してしまった。また、プレミアデビューから19試合目で4度のハットトリックを達成しているが、こちらもリーグ最速記録。ファン・ニステルローイ氏の65試合を大幅に更新する驚異の数字となった。 FWブカヨ・サカ(21歳/アーセナル) 出場試合数:19(先発回数:19)/得点数:7/出場時間:1418分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20230124_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> サカの強みはなんと言ってもスピードとドリブルのキレ。一度勢いに乗ったドリブルはアンストッパブルで、今季のガナーズの主砲の一つとなった。右サイドは特に攻撃の起点になることが多く、サカはまさにアーセナルの切り込み隊長。前半戦は7ゴール7アシストと、その役を見事に演じて見せた。 2023.01.24 19:36 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly