バルサが敵地でセビージャ粉砕! レヴィ3戦連発にクンデが2Aで痛烈恩返し《ラ・リーガ》

2022.09.04 05:54 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第4節、セビージャvsバルセロナが3日にサンチェス・ピスフアンで行われ、アウェイのバルセロナが0-3で勝利した。

セビージャは前節、セグンダ王者アルメリアに1-2の逆転負け。昨季わずか4敗のチームは、すでに今季2敗目を喫する最悪な序盤戦となっている。ホームで今季初白星を目指した強豪対決では、イスコを初めてスタメンで起用するなど、若干のメンバーの入れ替えを行った。

対するバルセロナは、バジャドリー相手にレヴァンドフスキの2試合連続ドブレーテの活躍などで4-0の圧勝。危なげなく今季初の連勝を飾った。来週ミッドウィークにビクトリア・プルゼニとのチャンピオンズリーグ(CL)初戦を控える中、前節と全く同じスタメンを採用。。前節、待望の新天地デビューを飾ったばかりのクンデは、引き続きスタメンでサンチェス・ピスフアン初帰還となった。
注目の強豪対決は今季初白星奪取に向けて強いモチベーションを見せるセビージャが、アグレッシブな入りを見せる。開始5分には高い位置でのボール奪取からイスコのラストパスに抜け出したラキティッチに決定機も、ここはGKテア・シュテーゲンの見事なワンハンドセーブに阻まれた。

一方、バルセロナはハフィーニャ、デンベレの両翼による質的優位を生かしながら徐々に攻撃に出ていくが、なかなかレヴァンドフスキに良い形でボールが入らず、攻撃に厚みが出ない。また、ビルドアップの局面でも相手の圧力に晒され、なかなかリズムを出せない。その間にハイラインの背後を続けて取られるが、いずれもオフサイドの判定となった。

戦前の予想とは異なり、セビージャ優位で試合は進んでいくが、先にゴールをこじ開けたのは劣勢のバルセロナ。

21分、中盤でのガビのボール奪取からカウンターを発動。相手陣内左のハーフスペースをデンベレが持ち上がって左を並走するレヴァンドフスキに絶妙なラストパス。飛び出したGKボノのポジションを見極めたレヴァンドフスキのチップキックはゴールライン上でDFフェルナンドにかき出されるが、そのクリアに詰めたハフィーニャが頭で押し込み、待望のラ・リーガ初ゴールとした。

圧倒的な個のクオリティで一気に試合の流れを変えたチャビのチームは、直後にもボックス付近でクリアミスに反応したハフィーニャが今度は得意の左足でゴールへ迫るが、これはわずかに枠の上に外れた。

前半半ばから終盤にかけては中盤での攻防が続く。ただ、攻め切れないホームチームに対して、前線の個の能力が光るアウェイチームがカウンターから再三の決定機を作り出す。そして、36分には相手陣内右サイドでボールを持ったクンデがボックス中央でボールを呼び込んだレヴァンドフスキへ絶妙なフィードを供給。これを胸トラップしたポーランド代表FWが完璧な右足ボレーを叩き込み、3試合連続ゴールとした。

この2点目で心が折れかける相手に畳みかけるバルセロナは、前半ラストプレーでもロングカウンターから絶好機を創出。しかし、レヴァンドフスキのランニングをオトリに自らフィニッシュに持ち込んだデンベレのシュートは精度を欠き、試合を決める3点目を奪うことはできなかった。

相手の決定機逸によって何とか後半に望みを繋いだセビージャはハーフタイムに2枚替えを敢行。グデリとジョルダンを下げてカルモナ、デラネイを同時投入。さらに、並びを[4-3-3]から[3-4-2-1]に変更した。

この変更によって心機一転、後半に臨んだセビージャだったが、その出ばなをいきなり挫かれる。

50分、バルセロナは右CKの場面でショートコーナーを選択し、ハフィーニャが左足インスウィングで正確なクロスをファーサイドに供給。これをクンデが冷静に頭で折り返すと、中央でフリーのエリック・ガルシアが右足で流し込み、待望の加入後初ゴールを奪った。

これで試合の大勢が決した中、バルセロナは負傷したエリック・ガルシアに代えてセルジ・ロベルトを投入したのを皮切りに、主力を早いタイミングでベンチへ下げてジョルディ・アルバやデ・ヨングらをピッチに送り出す。

一方、敗色濃厚も意地を見せたいセビージャは新加入のドルベリや負傷明けのスソをピッチに送り出していく。しかし、GKテア・シュテーゲンを中心に集中力を維持するバルセロナを前に一矢報いるゴールさえも奪うことができない。

その後、試合は守護神ボノの孤軍奮闘の活躍もあり、3-0のスコアが維持されたままタイムアップ。激しいブーイングがこだましたサンチェス・ピスフアンから3連勝という最高の結果を持ち帰ることになったバルセロナが、CL初戦に大きな弾みを付けた。

関連ニュース
thumb

ペドリがリーグ2戦連発! 鉄壁バルセロナが公式戦3試合連続のウノセロ勝利《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第19節、ジローナvsバルセロナが28日にエスタディ・モンティリビで行われ、アウェイのバルセロナが0-1で勝利した。 今節に2位のレアル・マドリーと3位のレアル・ソシエダによる上位対決が控える中、きっちり勝ち点3を重ねて首位固めを目指すバルセロナは、11位のジローナとのカタルーニャ自治州ダービーに臨んだ。 前節のヘタフェ戦、直近のコパ・デル・レイ準々決勝のソシエダ戦をいずれも渋い内容のウノセロ勝利で飾ったチャビ率いるチームは、コパから先発4人を変更。サスペンションのレヴァンドフスキに代えてアンス・ファティを起用したほか、クリステンセンとバルデ、ペドリに代えてエリック・ガルシア、マルコス・アロンソ、ハフィーニャがスタメン入りした。 開始直後の3分にハイラインの背後へ飛び出したヤン・コウトが決定機に絡むなど、集中した入りを見せたホームのジローナ。これに対して、受け身の立ち上がりを凌いだバルセロナは、ボールを握って徐々に試合をコントロールしていく。 ハフィーニャとデンベレの両ウイングを起点に相手のコンパクトな守備ブロック攻略を図る中、アウェイチームに思わぬアクシデントが発生。20分過ぎに縦へ仕掛けたデンベレが左大腿部を痛めて自ら交代を要求。これを受け、25分にペドリをスクランブル投入し、ガビを左ウイングに移した。 その後、相手のビルドアップのミスを突いたファティのシュートで際どいシーンを作り出したバルセロナは、中央と外側で細かくボールを出し入れしながら点と点で合わせるコンビネーションプレーで局面の打開を図る。その形からペドリやファティにチャンスが訪れたが、先制点を奪い切るまでには至らなかった。 迎えた後半、攻撃停滞のバルセロナはマルコス・アロンソに代えてジョルディ・アルバを投入し、左サイドの攻撃を修正した。 この交代とハーフタイムの修正によって攻撃にリズムが生まれ始めたバルセロナは、60分過ぎに先制に成功する。61分、相手陣内右サイドでのハイプレスからボールを奪い切ってショートカウンターを発動。中央のファティを経由したボールがボックス左に走り込むアルバに繋がると、アルバのグラウンダーのクロスをGKガッサニーガが触ってこぼれたところをゴール前のペドリが冷静に押し込んだ。 ペドリのリーグ戦2試合連続ゴールによってリードを手にしたバルセロナは、ここからゲームコントロールを優先した戦い方にシフト。さらに、ファティやハフィーニャと前線の選手を下げてバルデやケシエの投入で逃げ切りを図る。 一方、追う展開となったホームチームは切り札のストゥアーニを始め、攻撃的な選手を次々にピッチへ送り出すと、リスクを冒して前に出ていく。 バルセロナが幾度か得たカウンターチャンスをモノにできず、最少得点差のまま試合は最終盤に突入。その中で相手のパワープレーに対して防戦一方の展開を強いられるアウェイチームだが、ゴール前でのマルティンのシュートミスやクンデやアラウホらの再三の好守によってゴールを割らせず。 そして、公式戦3試合連続のウノセロで勝ち切る勝負強さを発揮したバルセロナがラ・リーガ3連勝でマドリーとソシエダにプレッシャーをかけることに成功した。 2023.01.29 02:18 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、今季加入マルコス・アロンソとの契約を1年延長!

バルセロナは27日、スペイン代表DFマルコス・アロンソ(32)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。また、契約解除金は5000万ユーロ(約70億6000万円)に設定されている。 昨夏、チェルシーからフリートランスファーで加入したアロンソは、ここまで公式戦19試合に出場し、2ゴールを記録。当初は手薄な左サイドバックの補強として獲得したが、アレハンドロ・バルデの台頭、ジェラール・ピケの引退、負傷者が続出したチーム事情により、センターバックで新境地を開くことに。 元々189cmという恵まれた体躯を備え、チームに左利きのセンターバックが不在ということもあり、チャビ・エルナンデス監督は強豪相手の対戦を除き同ポジションで積極起用。今季はすでに公式戦10試合でセンターバックとしてプレーしている。 1年契約での加入となっていた中、アロンソサイドは2年契約を望んでいるとされていたが、最終的には1年の契約延長で合意に至った。 2023.01.28 00:41 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサが史上2度目となるシーズン4着目のユニフォーム発表! カタルーニャの旗をデザインした黄色と赤

バルセロナは27日、2022-23シーズンの4番目のユニフォームを発表した。 新たに発表されたユニフォームは「+ Catalunya + Barça」というスローガンが掲げられ、クラブのルーツに敬意を表している。 胸にはカタルーニャのセニェーラの旗をあしらい、キャプテンのアームバンドからインスピレーション。クラブのエンブレムにも入っているルーツをベースとしている。 124年の歴史を通じて世界的に知られるようになったクラブだが、カタルーニャの文化や生活様式と密接に結びつき、世界中のファンにその価値を伝えてきた。 黄色をベースに赤のラインが5本入っており、胸の中央部にエンブレムが入るユニフォーム。袖口はクラブカラーであるブラウグラナでデザインされている。 28日に行われるアウェイでのジローナ戦で初めて着用。カタルーニャ・ダービーとしても知られる戦いであり、サッカーだけでなくバスケットボールチームもジローナ戦で同じユニフォームを着用。29日には女子チームがテネリフェ戦で着用する。 なお同じシーズンに4つのユニフォームを発表するのは史上2度目のこととなる。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】バルセロナ史上2度目の4つめのユニフォーム発表!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Barça is going to wear the new kit on Saturday for <a href="https://twitter.com/hashtag/GironaBar%C3%A7a?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#GironaBarça</a>! <a href="https://t.co/1wMvwGuEeS">pic.twitter.com/1wMvwGuEeS</a></p>&mdash; FC Barcelona (@FCBarcelona) <a href="https://twitter.com/FCBarcelona/status/1618933353423708161?ref_src=twsrc%5Etfw">January 27, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ht" dir="ltr"> A tribute to our roots.<br>A new kit loaded with sentiment.<br><br>+ 2023.01.27 22:50 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、先日トップデビューのFWアラルコンと契約延長!

バルセロナは27日、U-19スペイン代表FWアンヘル・アラルコン(18)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 なお、来シーズンから正式にバルセロナ・アトレティックの一員となる18歳FWには、4億ユーロ(約564億円)の契約解除金が設定されている。 カタルーニャのカステイダフェルス生まれでエスパニョールのカンテラ育ちのアラルコンは、2018年夏にバルセロナのカンテラに加入。以降はヒザのケガなどもありながら、アタッカーとして非凡な才能を示し、リザーブチームにあたるバルセロナ・アトレティックでもプレー。そして、今月19日に行われたコパ・デル・レイのセウタ戦ではトップチームデビューも飾っていた。 左ウイングを主戦場に個での打開力、質の高いオフ・ザ・ボールの動き出し、正確なフィニッシュと総合力の高いアタッカーとして期待を集める有望株だ。 <span class="paragraph-title">【動画】新契約にサインのアラルコンが意気込み語る</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">: “Estic molt feliç de seguir vinculat a aquest gran Club&quot;<br><br> Las declaraciones de Ángel Alarcón después de renovar su contrato con el FC Barcelona hasta el 2025<a href="https://twitter.com/hashtag/For%C3%A7aBar%C3%A7a?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ForçaBarça</a> <a href="https://t.co/1dPHDQh47y">pic.twitter.com/1dPHDQh47y</a></p>&mdash; Barça Atlètic (@FCBarcelonaB) <a href="https://twitter.com/FCBarcelonaB/status/1618962119818461185?ref_src=twsrc%5Etfw">January 27, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2023.01.27 22:28 Fri
twitterfacebook
thumb

元バルセロナDFピケが新恋人との2ショットをこのタイミングで初披露!昨年破局の歌手・シャキーラさんとは泥沼バトル中

元スペイン代表DFジェラール・ピケ氏が新彼女との交際を公にしている。 2022年11月に現役を引退したピケ氏。プライベートでは2010年の南アフリカ・ワールドカップ公式ソング『Waka Waka』のミュージックビデオ撮影でコロンビア出身の世界的歌手・シャキーラさんと知り合うと、それから約12年間にわたって交際。事実婚の状態で、9歳のミランくんと7歳のサシャくんがいた。 しかし、ピケ氏は20代の女子学生との不貞行為をすっぱ抜かれてしまい、シャキーラさんと破局。ビッグカップルが消滅していた。 そんな2人を巡っては、シャキーラさんが新曲の中でピケ氏と新パートナーを揶揄するような歌詞で“口撃”。「あなたはフェラーリとトゥインゴと交換した。あなたはロレックスをカシオと交換した」とバカにした。 すると、ピケ氏も自身がチェアマンを務める7人制サッカーの大会「キングスリーグ」の会場にトゥインゴに乗って姿を現し、カシオとスポンサー契約を結ぶという反撃に出るなど、泥沼のバトルとなっている。 その中、ピケ氏は自身のインスタグラムを更新。特にコメントはなかったが、破局の理由となった女子学生・クララ・チア・マルティさんとの2ショットを掲載した。 ピケ氏はこれまで、シャキーラさんとの破局は認めていたものの、クララさんとの関係を公言はしていなかった。このタイミングでのSNSへのアップはさらなる火種となりそうだが、ピケ氏とシャキーラさんを巡るバトルの行方は。 <span class="paragraph-title">【写真】ピケがこのタイミングで新恋人との2ショットを披露!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cn2umB7jwQX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cn2umB7jwQX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cn2umB7jwQX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Gerard Piqué(@3gerardpique)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.27 20:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly