ミラン、シャルケで吉田とコンビを組むチャウ獲得が決定的に!

2022.08.29 13:57 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランが、シャルケのU-21ドイツ代表DFマリック・チャウ(21)の獲得を決定的なものとしたようだ。

ナイジェリア人の父とフィンランド人の母を持つチャウは、レバークーゼンやボルシアMG、シャルケの下部組織を渡り歩いたセンターバック。シャルケのユースには2015年7月に加入し、2020年3月に行われたブンデスリーガ1部のホッフェンハイム戦でプロデビューを果たした。

その翌シーズンから本格的にトップチーム入りすると、昨季はブンデス2部で31試合に出場しリーグ優勝と昇格に貢献。今季もここまで日本代表DF吉田麻也とコンビを組んでブンデス1部の3試合に出場していた。
27日のウニオン・ベルリン戦でもフル出場したばかりのチャウだが、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、すでにミラノ市内のホテルに滞在しており、29日にもメディカルチェックを受診するとのこと。ミランはシャルケに移籍金600万ユーロ(約8億2000万円)を支払い、完全移籍での獲得となるようだ。

今夏は最終ラインの選手層拡充に力を注いできたミラン。移籍市場閉幕が迫るなか、ついにセンターバックの獲得を決定的なものとしたようだ。

関連ニュース
thumb

ザニオーロの新天地はミランorボーンマスの2択? 交渉難航で残留の可能性も

ローマ退団を希望するイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)の新天地は、現時点でミランとボーンマスの2択となっているようだ。 先日にジョゼ・モウリーニョ監督が退団希望を認めたことで、今冬の退団が濃厚とみられるザニオーロ。 一時はトッテナムが有力な新天地候補に挙がっていたが、交渉が難航したノースロンドンのクラブは、ビジャレアルのオランダ代表FWアルノー・ダンジュマをレンタルで補強。今冬に関しては完全に獲得レースから撤退した。 そういった中、現時点で最も有力な新天地は、セリエAのライバルであるミランだ。 ローマ時代にインテルからザニオーロを獲得したスポーツディレクターのリッキー・マッサーラ氏は、以前から23歳の獲得を希望しており、イタリア残留を望む選手自身もミラノ行きを最優先事項としており、すでに個人間での合意も伝えられる。 ただ、ミランが掲示したとされる買い取りオプション付きのレンタルのオファーはローマ側に拒否されており、現在もクラブ間交渉は平行線をたどっている模様だ。 一方、トッテナムに代わるプレミアリーグ勢として新たに候補として浮上しているのが、ボーンマスだ。現在、リーグ戦18位と降格圏に沈むチェリーズは巻き返しに向けた目玉補強としてザニオーロの獲得を目指しているという。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ボーンマスはローマに対して移籍金3000万ユーロ(約42億5000万円)+アドオン、将来的なリセール時の移籍金10%の支払いという好条件のオファーを掲示。クラブ間で大筋合意に至っているという。 ただ、先日にボーンマスからのオファーを固辞したとされるザニオーロ自身にイングランド行きの考えはなく、個人間での交渉は進んでいないという。 先日にモウリーニョ監督が語ったように、ローマとしては必ずしも今冬の売却を急いでいるわけではないため、残り1週間を切った今冬の移籍市場でザニオーロのローマ退団が実現するには、ミランがローマの要求を受け入れるか、同選手がボーンマス行きを受け入れるかのいずれかになる。 2023.01.27 01:09 Fri
twitterfacebook
thumb

今季出場ゼロ… ミラン構想外のバカヨコ、トルコ行き了承も金銭面で不満?

ミランの元フランス代表MFティエムエ・バカヨコ(28)は、トルコ行きが破談に終わる可能性もあるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 2021年夏にチェルシーからのレンタルでミランへと復帰したバカヨコ。前回の在籍時は主力としてプレーしたが、2度目の加入後はパッとせず、今季に至っては一度もプレーしていない。 完全な構想外と見なされるなか、ミランとしては今夏に買い取り義務が発生するため、放出を躊躇する理由がなく、昨年末以降はスュぺル・リグ(トルコ1部)のアダナ・デミルスポルへの売却交渉に取り組んできた。 代理人も当該クラブとの話し合いを続け、25日にバカヨコ本人がトルコ行きを了承。現年俸250万ユーロを上回る300万ユーロ(約4億2000万円)の3年契約という条件を提示されているようだ。 トルコ行きが差し迫った状況とも考えられるが、どうやら金銭面で合意していない模様。このためか、アダナ・デミルスポルがバカヨコから撤退するそぶりを見せているとのことだ。 『カルチョメルカート』は、「バカヨコがミランを不安にさせている」と締めくくっている。 2023.01.26 18:51 Thu
twitterfacebook
thumb

ラツィオ戦で負傷交代のトモリ、インテルとのダービー欠場濃厚

ミランのイングランド代表DFフィカヨ・トモリが数週間離脱するようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 トモリは24日に行われたセリエA第19節ラツィオ戦で先発。しかし、24分に負傷交代していた。『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』によれば左腰の回旋筋を痛めたとのことで、数週間離脱すると報じている。 ミランは次節サッスオーロ戦後、2月5日にインテルとのダービーを控えるが、守備の要であるトモリを欠いて臨まなければならない可能性が高くなった。 ミランは現在、公式戦4戦勝ちなし。不調のチームに追い打ちをかけるトモリの離脱となりそうだ。 2023.01.25 22:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「ジルーかっこいい!」「ずるくないですか?」ミランとオフホワイトの新作コラボウェア姿がオシャレ「クールすぎ」

ミランとイタリアの高級ファッションブランド『オフホワイト』のコラボウェアの新作が発表されている。 2022年にオフホワイトとパートナーシップ契約を締結したミラン。同ブランドが手掛けた公式ウェアはお洒落だと注目を集めていた。 24日にセリエA第19節でラツィオとアウェイで対戦したミランだが、この日の遠征で新しいウェアを着用。選手たちは、赤いハイネックの長袖の上に、黒のセットアップに袖を通した。ジャケットの背面には、背番号もプリント。クラシックとストリートが融合したデザインになっている。 選手たちの着用姿にはファンも喜び。「ジルーかっこいい!」、「ずるくないですか?」、「クールすぎ」、「最高のコラボ」といったコメントが集まった。 ラツィオに0-4と大敗を喫し、公式戦4戦勝ちなしと不調のミランだが、新しいウェアについては好評のようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】カッコイイ!ミランとオフホワイトの新作ウェア</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">La collab AC Milan x Off-White <a href="https://t.co/EKEgkvmpm3">pic.twitter.com/EKEgkvmpm3</a></p>&mdash; BeFootball (@_BeFootball) <a href="https://twitter.com/_BeFootball/status/1617964539403993090?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.25 21:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ミランが年明けから急失速… マルディーニSDは復調に自信 「心理的要因、好転は可能」

ミランのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるパオロ・マルディーニ氏がチームの不振に言及した。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ミランは24日に行われたセリエA第19節でラツィオと対戦。4分にいきなり先制点を許すと、前半のうちに追加点も献上し、巻き返しを期した後半も67分、75分と立て続けにネットを揺らされる。結局、0-4という衝撃的な大敗を喫した。 なんとか2位の座を確保しているものの、首位ナポリと12ポイント差をつけられ、直近の公式戦5試合で勝利なし。マルディーニSDは試合後、2-2のドローに終わった8日のローマ戦から変化が生じたとの見解を示し、完璧なチームではないとも語った。 「ローマ戦? あの時はゲームを支配された上で2失点した。全てはそこから始まったかもしれない。ローマ相手なら十分ありえることで、経験として受け入れるべきだ」 「現在は多くの選手が戻り、スクデットを獲得した昨季のチームがここにある。だが、チャンピオンズリーグ(CL)でラウンド16まで進出したと言っても、我々が欧州最高のレベルではないことも理解している」 また、昨夏に退団した選手の不在が影響しているのではとの質問にはきっぱりと否定している。 「フランク・ケシエ? 想定をはるかに超える金銭要求があったために去った。それでもサンドロ・トナーリとイスマエル・ベナセルの中盤はトップレベルだ。ロマニョーリ? 昨季のラスト10試合はフィカヨ・トモリとピエール・カルルで優勝しただろう」 一方、現役時代にミランで酸いも甘いも経験してきたマルディーニSDは、強いミランを取り戻せると自信を示した。 「今は守備のスイッチが優れていない。その場合、相手の脅威は増すこととなる。チームスポーツでは味方をカバーし合うことが重要で、選手を孤立させてはならない。だが、ここ3週間はそれが欠けている。技術面ではなく心理的要因が大きい。好転は可能だ」 2023.01.25 15:43 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly