ゲッツェ移籍後初ゴールに鎌田が2アシストのフランクフルト、今季初勝利《ブンデスリーガ》

2022.08.29 02:33 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトは28日、ブンデスリーガ第4節でブレーメンとのアウェイ戦に臨み、4-3で勝利した。フランクフルトのMF鎌田大地はフル出場、DF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。前節ケルン戦で直接FK弾を決めて2戦連発とした鎌田。チームは終盤の失点で追いつかれてドローに終わり2分け1敗スタートとなった中、鎌田は[4-2-3-1]の左MFで先発となった。

1勝2分けスタートのブレーメンに対し、立ち上がりから攻勢に出たフランクフルトは開始2分に先制する。コロ・ムアニがボックス左深くまで侵入してマイナスにパス。ペナルティアーク中央で受けたゲッツェが強烈なミドルシュートを叩き込んだ。
ゲッツェの移籍後初ゴールで先制したフランクフルトだったが、14分に追いつかれる。CKの流れからユングにシュートを決められた。

さらに17分、FKからビッテンコートのヘディングシュートが決まって一気に逆転されてしまう。

セットプレーから立て続けにゴールを許したフランクフルトは、19分に鎌田がヘディングシュートでネットを揺らすもオフサイドに阻まれる。

それでも32分、鎌田が中盤でボールをカットしてショートカウンターに出た流れからコロ・ムアニがシュートを決めきって同点に。

さらに39分、ローデのスルーパスに抜け出したリンドストロームがボックス右に侵入。GKとの一対一を制して3-2と勝ち越して前半を終えた。

迎えた後半開始3分、フランクフルトが突き放す。鎌田がボックス中央でポストプレー。丁寧な落としからソウがシュートを流し込んだ。

主導権を握るフランクフルトは71分にピンチを迎えるも、ボックス左からブキャナンの放ったシュートは枠の上に外れて助かった。

終盤にかけてはフランクフルトが危なげなく時間を消化。追加タイムにPKで1点差に詰め寄られたものの、4-3で制し今季初勝利を手にしている。

1 2

関連ニュース
thumb

バイエルン、W杯欠場の決まったサディオ・マネの手術成功を発表

バイエルンは18日、セネガル代表FWサディオ・マネの手術が成功したことを発表した。 クラブの発表によると、マネは17日の夜に右腓骨頭の腱を再固定手術を受けたとのこと。手術はオーストリアのインスブルックで、ロンドンのクリスチャン・フィンク教授とアンディ・ウィリアムス医師によって行われた。 マネは8日に行われたブンデスリーガ第14節のブレーメン戦で右足を負傷。セネガルサッカー協会(FSF)は回復を見越し、カタール・ワールドカップ(W杯)に臨む26名のメンバーにマネを選出。 しかし、17日にFSFのチームドクターのマヌエル・アフォンソ氏から「残念ながら我々が想像していたほど改善が見られず、残念ながらサディオをワールドカップから除外させなければならない」との公式声明が発表されていた。 なお、マネは数日中にミュンヘンに帰国しリハビリを開始する予定とのことだ。 2022.11.18 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルンが6発圧勝で首位堅持! マネ負傷懸念もニャブリが圧巻ドライアーパック《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第14節、バイエルンvsブレーメンが8日にアリアンツ・アレーナで行われ、ホームのバイエルンが6-1で圧勝した。 バイエルンは前節、チュポ=モティングのドッペルパックの活躍によってヘルタ・ベルリンとの3-2の競り合いをモノにして4連勝を達成。ウニオン・ベルリンを抜いて首位に浮上した。5連勝での首位堅持を狙うナーゲルスマン監督は、7位のブレーメンとのホームゲームに向けて先発1人を変更。負傷のアルフォンソ・デイビスに代えてリュカ・エルナンデスを起用した以外、同じスタメンを並べた。 リーグ屈指の名門対決は序盤から思わぬ攻め合いとなる。まずは開始6分、バイエルンが波状攻撃からマネのシュートのこぼれ球に反応したボックス右のミュージアラがシュートを匂わせてからの鮮やかな切り返しでDFとGKの逆を取り、左足のシュートをゴール左下隅に突き刺し、リーグ戦4試合連続ゴールとした。 これで一気にホームチームの流れかに思われたが、ブレーメンが素早い反発力を見せる。10分、右サイドで作ったトライアングルでの鮮やかなダイレクトでのパス交換で局面を打開したヴァイザーがそのまま内側にボールを運び、ボックス左でフリーのユングにラストパス。これをユングがゴール右下隅へ左足のシュートを流し込んだ。 自分たちのお株を奪われる見事な崩しで追いつかれたバイエルンだが、直後に勝ち越しのチャンス。ボックス内でのニャブリの仕掛けからDFピーペルのファウルを誘うと、オンフィールド・レビューの末にPKが与えられる。だが、公式戦7試合連発中のチュポ=モティングのシュートはGKパブレンカに完璧に読まれて痛恨の失敗に。 さらに、直前から筋肉系のトラブルを訴えていたマネがピッチに座り込んで自ら交代を要求。20分にサネがスクランブル投入された。 PK失敗に主力の負傷交代と難しい流れを迎えたホームチームだが、百戦錬磨の王者は全く揺らぎを見せない。まずは22分、ボックス左でゴレツカのシュートのこぼれ球に反応したニャブリが絶妙な右足のコントロールシュートをゴール右上隅の完璧なコースに突き刺す。 これで勝ち越したチームは26分、キミッヒのスルーパスに抜け出したゴレツカがボックス内でGKを右にかわして無人のゴールへ流し込む。さらに、28分にはチュポ=モティングからの絶妙なスルーパスに抜け出したサネがボックス内でGKを引き付けて左を並走するニャブリへプレゼントパス。これを古巣対戦のFWがスライディングシュートで流し込み、ドッペルパックを達成した。 わずか6分間で3ゴールを奪い、瞬く間に試合を決めたバイエルンは、以降はややペースを落としながらきっちりゲームをコントロール。前半終了間際には一瞬の緩みからバーク、ドゥクシュに続けて決定機を与えたが、ここはGKノイアーの好守などで凌ぎ切った。 余裕を持って後半に入ったナーゲルスマンのチームは序盤から主導権を握る。54分にはチュポ=モティングからの絶妙なスルーパスに抜け出したサネに決定機も、左足シュートは左ポストを叩く。 58分には負傷明けのリュカに加え、チュポ=モティングがお役御免となり、ザビッツァー、コマンが同時投入される。PK失敗のチュポ=モティングはこれで公式戦連続ゴール記録が「7」でストップした。 後半はゴールが遠いものの、危なげなく時計を進めるホームチームは、70分を過ぎて殊勲のミュージアラ、ゴレツカのゴールスコアラー2人を下げてテル、グラフェンベルフ、テルを同時投入。新加入の若手2人にプレー機会を与えつつ、試合をクローズに入る。 ホームサポーターとしてはもうひと盛り上がりがほしい後半終盤。ピッチ上のエンターテイナーがその期待に応える。82分、押し込んだ流れからボックス右でパスを受けたニャブリが細かいステップワークで切り込むと、複数のDFをかわした後にDFとGKの股間を右足アウトサイドのシュートで抜く圧巻のフィニッシュでドライアーパックを達成。 さらに、直後の84分には相手CKからのロングカウンターで中央を持ち上がったテルが複数の味方のランニングをオトリにペナルティアーク付近から強引に左足を振ると、GKの手を弾いたパワフルショットがゴールネットに突き刺さった。 その後、危なげなく試合を締めくくったバイエルンが6-1の圧勝でリーグ5連勝を達成。首位キープに成功している。 2022.11.09 06:24 Wed
twitterfacebook
thumb

コンディション不良続くミュラー、W杯前のリーグ戦2試合の欠場が決定

バイエルンを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督が、ドイツ代表MFトーマス・ミュラーがカタール・ワールドカップ前に行われるリーグ戦を欠場することを明かした。 ミュラーは10月上旬に新型コロナウイルスに感染。その後は筋肉系のケガやインフルエンザでコンディションが整わなず、今季はここまで公式戦15試合の出場にとどまっている。 ナーゲルスマン監督は、ミュラーの状態について7日に行われた会見で以下のにコメントした。 「トーマスは快方に向かっている。早ければ明日にもテストできるだろうけど、リスクは冒したくないし、ワールドカップ前に少し休ませてあげたい。だから、ブレーメン戦とシャルケ戦にも彼は連れて行かないことにしたんだ」 2022.11.08 01:15 Tue
twitterfacebook
thumb

シャルケが泥沼の8連敗…またもレイス体制初勝利ならず《ブンデスリーガ》

吉田麻也の所属するシャルケは5日、ブンデスリーガ第13節でブレーメンと対戦し1-2で敗戦した。吉田はフル出場している。 公式戦7連敗中で最下位に沈むシャルケが、9位ブレーメンの本拠地ヴェーザーシュタディオンに乗り込んだ一戦。前節フライブルクに完敗したシャルケは、その試合から先発を2人変更。吉田はマトリシアニとのセンターバックコンビで先発に名を連ねた。 立ち上がりから攻勢に出るシャルケは16分、左クロスをカラマンがボックス内で競り合うと、こぼれ球をペナルティアーク内のクラルがダイレクトシュート。相手DFにディフレクトしたボールがゴール右に吸い込まれたが、その前のプレーでカラマンがオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。 その後は一進一退の展開が続いたが、シャルケは30分に失点する。グルエフのサイドチェンジで右サイドを抜け出したヴァイザーがボックス右深くまで切り込み折り返すと、走り込んだフュルクルクがワンタッチシュートをゴールに突き刺した。 先制を許したシャルケは、38分にモールの右クロスからテローデがヘディングシュートで合わせたが、これは左ポストを直撃。結局、1点のビハインドで前半を終えた。 後半は膠着状態が続く中、シャルケは76分に再び失点する。ヴァイザーのロングパスでDFの裏に抜け出したドゥクシュが飛び出したGKの確認しチップキックのシュートを放つと、戻りながらの対応となった吉田が懸命に足を伸ばしたが、クリアし切れずにゴールネットに吸い込まれた。 2点差を追うシャルケは89分、中盤からのロングパスをボックス内で競り合ったポルターが落とすと、最後はドレクスラーが右足でゴールに流し込み1点を返したが、反撃はここまで。シャルケはレイス体制での初勝利を逃し8連敗を喫している。 2022.11.06 04:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ブレーメンがビッテンコートと契約延長!「将来が楽しみ」

ブレーメンは26日、ドイツ人MFレオナルド・ビッテンコート(28)と契約を更新したことを発表した。期間は明らかにされていない。 ドルトムントやハノーファー、ケルンなどにも在籍したビッテンコートは、2019年夏にホッフェンハイムからレンタルでブレーメンに加入。同シーズンに公式戦33試合6ゴール2アシストを記録し、700万ユーロの移籍金で完全移籍した。 2部降格の昨季は内側側副靭帯損傷でシーズン序盤を欠場したものの、リーグ終盤戦ではキャプテンマークを巻くなどチームの顔として1年での昇格に貢献。今季はここまで公式戦8試合で3ゴール1アシストをマーク中だ。 「僕たち家族は、この街やクラブに来た時からホームのように感じていた。降格という厳しい局面もあったけど、そういう時こそ、クラブやファンの気持ちを感じ取ることができるんだ」 「昇格したときの喜びも同様で、ここブレーメンは本当に特別な街だ。今、ピッチの上ではすべてが素晴らしく、私の家族もここで本当に幸せだ」 「それが残留の大きな理由のひとつで、金銭的な面はそれほど重要ではなかったのは確かさ。ここヴェルダーでの自分の将来が本当に楽しみだよ」 2022.10.26 19:20 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly