遠藤&伊藤フル出場のシュツットガルト、退場者出しケルンにゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

2022.08.29 00:31 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シュツットガルトは28日、ブンデスリーガ第4節でケルンとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。シュツットガルトのMF遠藤航とDF伊藤洋輝はフル出場している。

前節、堂安フライブルクとの日本人対決に敗れたシュツットガルトは2分け1敗スタートとなった中、遠藤と伊藤が開幕から4試合連続揃って先発となった。

1勝2分けスタートのケルンに対し、[3-5-2]で臨んだシュツットガルトは遠藤がボランチ、伊藤が左センターバックでスタート。
開始20秒、遠藤のミドルシュートで幕を開けた一戦は、シュツットガルトが良い入りを見せる。5分、CKからマヴロパノスのヘディングシュートが枠を捉えるもGKシュワーブのセーブに阻まれた。

さらに22分にも決定機。カウンターからヒューリッヒのパスを受けたムヴァンパがシュート。しかし、ここもGKシュワーブのセーブに阻止された。

良い流れが続くシュツットガルトは38分、やはりカウンターから絶好機。だが、ムヴァンパはGKとの一対一を止められ、ゴールを割ることができずに前半を終えた。

迎えた後半、開始5分にまたもムヴァンパに決定機が訪れたシュツットガルトだったが、これを決めきれずにいると、56分に退場者。ファイファーがヒューバースの足首にタックルを見舞って一発退場となった。

10人となったシュツットガルトだったが、ケルンに主導権を握られることなく時間を進めていく。

ラストプレーの追加タイム5分には大ピンチを迎えるも、ティールマンの強烈なシュートをGKミュラーがビッグセーブで凌ぎ、0-0で終了。勝ち点1を持ち帰っている。

関連ニュース
thumb

遠藤航、独紙に明かす「イングランドへの挑戦は目標」

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航が、キャリアの目標について語った。 昨季からシュツットガルトのキャプテンに就任した遠藤。2シーズン連続でブンデスリーガ最多のデュエル勝利数をマークするなど、大きな存在を示しており、今季も主軸としてここまで公式戦16試合に出場している。 日本代表でも不動のボランチとしての地位を確立。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選では、ホームの中国代表戦を除く8試合にフル出場しており、開幕が迫る本大会でもそのボール奪取能力に大きな期待がかかる。 そんな遠藤はドイツ『キッカー』のインタビューで、現在のキャリアの目標はプレミアリーグに挑戦することだと明言。また、フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠の背中を見て、チャンピオンズリーグ(CL)でのプレーにも憧れていると語った。 「イングランドへの挑戦は目標として、まだ頭の中にあります。何よりもCLでプレーしたい。それは率直な気持ちです」 「長谷部さんはCLでベスト16に進出することで、フランクフルトが何ができるかを証明している」 「だけど、シュツットガルトはとても快適に感じています。このチームは15年前にブンデスリーガのチャンピオンにもなりました。またそれが可能になるかもしれません。まず第一に、シュツットガルトで可能な限り多くのことを達成したいと思っています」 2022.11.21 17:48 Mon
twitterfacebook
thumb

【ブンデスリーガ日本人選手】板倉がW杯前最終戦で戦列復帰!堂安vs原口の上位対決はフライブルクに軍配

ブンデスリーガ第15節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第15節では伊藤、鎌田、堂安、原口、吉田が先発出場、板倉が途中出場した。 板倉滉の所属するボルシアMGは、ホームでドルトムントと対戦。試合は開始早々の4分にホフマンにゴールでボルシアMGが先制。19分にブラントのゴールで追いつかれたが、26分にホフマンのFKをベンセバイニがヘッドで叩き込み勝ち越すと、30分にもN・シュロッターベックがネットを揺らし、2点をリードする。 その後、前半終盤にセットプレーのこぼれ球をN・シュロッターベックに押し込まれ、再び1点差とされたボルシアMGだったが、後半開始早々の46分にコネがミドルシュートを沈め、リードは再び2点差に。 その後も危なげなく試合を進めたボルシアMGは、88分にコネに代えて板倉が大きな歓声に迎えられ、およそ2カ月ぶりのピッチへ。結局、試合はそのまま4-2でボルシアMGが快勝した。 また、堂安の所属するフライブルクと原口の所属するウニオン・ベルリンによる日本人対決は、前半で4点を奪ったフライブルクが、前半で10人となったウニオンの反撃を1点に抑え、4-1で勝利している。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽11/11 ボルシアMG 4-2 ドルトムント ◆88分までプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=430468">結果ニュース</a> ★鎌田大地[フランクフルト] ▽11/13 マインツ 1-1 フランクフルト ◆フル出場 ★長谷部誠[フランクフルト] ▽11/13 マインツ 1-1 フランクフルト ◆ケガのため欠場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=430562">結果ニュース</a> ★堂安律[フライブルク] ▽11/13 フライブルク 4-1 ウニオン・ベルリン ◆76分までプレー ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽11/13 フライブルク 4-1 ウニオン・ベルリン ◆60分までプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=430565">結果ニュース</a> ★吉田麻也[シャルケ] ▽11/12 シャルケ 0-2 バイエルン ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=430509">結果ニュース</a> ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽11/12 レバークーゼン 2-0 シュツットガルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽11/12 レバークーゼン 2-0 シュツットガルト ◆ケガのため欠場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=430504">結果ニュース</a> ★浅野拓磨[ボーフム] ▽11/12 アウグスブルク 0-1 ボーフム ◆ケガのため欠場 2022.11.14 06:50 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤負傷欠場のシュツットガルト、伊藤フル出場もレバークーゼンにシャットアウト負け《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは12日、ブンデスリーガ第15節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。シュツットガルトのDF伊藤洋輝はフル出場、MF遠藤航は負傷欠場している。 前節ヘルタ・ベルリン戦をラストプレー弾で劇的勝利とした15位シュツットガルト(勝ち点14)は、遠藤が脳震とうにより欠場となった中、伊藤が[4-3-3]の左サイドバックでスタメンとなった。 13位レバークーゼン(勝ち点15)に対し、守勢の入りとなったシュツットガルトは30分に押し切られる。ディアビに持ち上がられ、ボックス手前からコントロールシュートを決められた。 ハーフタイムにかけても好機を作れなかったシュツットガルトは1点ビハインドのまま前半を終えた。 迎えた後半もレバークーゼンのペースで進む中、63分にピンチ。ディアビの左クロスに合わせたフリンポンのシュートがバーに直撃した。 そして77分にはフリンポンにボレーシュートでネットを揺らされるも、わずかにオフサイドで助かった。しかし82分、CKからターに決められ万事休す。 レバークーゼンの前に全くチャンスを作れなかったシュツットガルトは敗戦でブレイクに入ることとなった。 2022.11.13 01:25 Sun
twitterfacebook
thumb

一時意識不明に陥った日本代表MF遠藤航、ヴィマー監督も無事を報告「W杯出場を願っている」

シュツットガルトのミヒャエル・ヴィマー暫定監督が、日本代表MF遠藤航の無事を改めて報告した。 遠藤は8日に行われたブンデスリーガ第14節のヘルタ・ベルリン戦で、相手のイバン・シュニッチと頭同士で激突し、一時意識不明に。ピッチ上で何とか意識を取り戻したものの、プレーを続けられる状態ではなく、担架で運ばれ、病院へ直行していた。 カタール・ワールドカップが間近に迫り、日本代表としても具合が心配されたが、翌日には退院。脳震盪による合併症の可能性もあったものの、スポーツ・ディレクターのスヴェン・ミスリンタート氏は「勝利の女神は、我々の3番、ワタルにも宿っていた」 と無事を報告した。 そして、12日のレバークーゼン戦に向けた会見の場で、ヴィマー暫定監督も遠藤について言及。試合には出られないものの、快方に向かっていることを伝えている。 「ワタルは病院で一晩過ごし、いくつか検査を行った。脳震盪を起こしていたが問題ない。現在は回復に向かっているよ」 「昨日連絡があってね。彼がワールドカップに出られることを願っている」 2022.11.11 20:35 Fri
twitterfacebook
thumb

「待ってました!嬉しい」シュツットガルトの日本語版ツイッターがオープン、遠藤からのメッセージ動画も

シュツットガルトは10日、クラブツイッターの日本語版アカウントの運用を開始した。 シュツットガルトには現在、日本代表MF遠藤航とDF伊藤洋輝に加え、U-21チームにDFチェイス・アンリ、DF岡田怜と4名の日本人選手が所属している。 過去にもFW岡崎慎司(シント=トロイデン)やDF酒井高徳(ヴィッセル神戸)、FW浅野拓磨(ボーフム)らがプレーしていた。 OBにはギド・ブッフバルト氏らを擁するなど、日本との縁も深いドイツの古豪は、ついに日本語版の公式アカウントをオープンさせた。 ヘッダーにはもちろん日本人選手2人の姿。記念すべき1つ目の投稿は遠藤からの動画メッセージだ。 8日のブンデスリーガ第14節、ヘルタ・ベルリン戦にて脳震とうを負った遠藤だが、動画そのものは先週撮影されたとのこと。悩ましいタイミングでオープンを迎えることとなったが、ツイッターでは併せて療養中の遠藤へ「ぜひ応援のメッセージをお願いします」とも綴っている。 それに応えるかのよう、「早く良くなりますように」と容態を心配する声や、「待ってました!嬉しいです」とアカウント開設を歓迎する声などが続々と届いている。 なお、程度が心配された遠藤だが、クラブによれば脳震とうによる合併症等はなく、9日中に退院すると報告されている。 <span class="paragraph-title">【動画】シュツットガルトの日本語版ツイッターオープンによせた遠藤航からのメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">日本代表 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%81%A0%E8%97%A4%E8%88%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#遠藤航</a> 選手&amp; <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E6%B4%8B%E8%BC%9D?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#伊藤洋輝</a> 選手が所属するVfBシュトゥットガルトの日本語公式ツイッターが本日オープン!<br><br>現在は脳震盪から回復中の <a href="https://twitter.com/wataru0209?ref_src=twsrc%5Etfw">@wataru0209</a> にぜひ応援のメッセージをお願いします <br><br>(※動画は先週撮影したものです) <a href="https://t.co/n0hDdVY1J4">pic.twitter.com/n0hDdVY1J4</a></p>&mdash; VfB Stuttgart_JP (@VfB_JP) <a href="https://twitter.com/VfB_JP/status/1590630354171445250?ref_src=twsrc%5Etfw">November 10, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.10 21:22 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly