モデスト移籍後初弾のドルトムントがヘルタに辛勝《ブンデスリーガ》

2022.08.28 00:28 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントは27日、ブンデスリーガ第4節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。

前節ブレーメンに痛い逆転負けを喫したドルトムントはアデイェミが負傷から復帰。[4-2-3-1]の2列目右に入った。

1分け2敗スタートのヘルタに対し、開始4分にピンチ。ケニーのボレーシュートが枠を捉えたが、GKコベルの好守で凌いだドルトムントが自陣に引くヘルタ相手に押し込む展開で推移する。
すると22分、右クロスに合わせたモデストのボレーシュートが枠を捉えるも、GKクリステンセンのファインセーブに阻まれた。さらに25分、アデイェミのスルーパスを受けたモデストがボックス内から決定的なシュートを放ったが、枠を捉えることはできない。

それでも32分、モデストが3度目の正直で移籍後初ゴールをマークする。エズジャンの右クロスをヘッドで合わせた、

ドルトムントが1点をリードして迎えた後半も攻め込む展開で推移。そんな中、68分にヨヴェティッチにボックス内から決定的なシュートを許すも、GKコベルのファインセーブで凌いだ。

守護神の好守で凌いだドルトムントは72分に追加点のチャンスを得るも、ベリンガムのシュートはGKクリステンセンの守備範囲だった。

そして79分、リヒターのミドルシュートがバーに直撃して助かったドルトムントが1-0で逃げ切り。勝利を取り戻している。

関連ニュース
thumb

ドルトムントが16歳新星FW獲得へ! 今季ベルギー1部で最年少ゴール記録樹立

ドルトムントが、ベルギーの新星アタッカーの獲得に迫っているようだ。 近年多くの若手逸材を獲得し、ワールドクラスへ育成する好循環が続くドルトムント。そのドイツの名門が新たに獲得に動いているのが、アンデルレヒトに所属するU-19ベルギー代表FWジュリアン・デュランヴィル(16)だ。 ドイツ『シュポルト1』など複数メディアの報道によると、ドルトムントとアンデルレヒトは、移籍金850万ユーロ(約12億円)+アドオン300万ユーロ(約4億2000万円)の条件でクラブ間合意。また、すでに個人間合意の16歳FWは、26日にメディカルチェックを受診した後、2027年までの4年半契約にサインする見込みだという。 アンデルレヒトのアカデミー出身のデュランヴィルは、昨年5月に行われたクラブ・ブルージュ戦でトップチームデビュー。今シーズンはここまで公式戦10試合に出場し、昨年9月4日に行われたOHルーヴェン戦では16歳3カ月30日でのジュピラー・プロ・リーグ最年少ゴール記録を樹立している。 170cmの右利きのアタッカーは左右のウイングが主戦場。爆発的なスピードと足元のテクニックを生かした緩急自在のドリブル突破が最大の特長で、正確なクロスを含めてアタッキングサードで違いを埋めるチャンスメーカーだ。 今後はプレースタイルが近いイングランド代表FWジェイドン・サンチョのような成長曲線が期待されるところだ。 2023.01.27 00:22 Fri
twitterfacebook
thumb

劇的逆転弾で2連勝のドルトムント、テルジッチ監督は「幸運な勝者となった」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督が、劇的勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ドルトムントは25日に行われたブンデスリーガ第17節でマインツと対戦した。開始早々に先制点を許しながらも、4分にDFユリアン・リエルソンのゴールで同点に。以降は後半に入ってもこう着状態が続き、このままドローに終わるかに思われたアディショナルタイム、CKからMFジョバンニ・レイナが劇的逆転弾を決め、2-1で勝利した。 リーグ再開後2連勝を飾ったテルジッチ監督は、試合後に改善点を口にしつつも逆転したチームを称賛。失点後に正しい姿勢を見せてくれたと称えている。 「最初のボールロストからCKを与えてしまい、またもや0-1でのスタートとなった。ただ、これに対してチームは実に良い反応を示したと思う。すぐさま同点ゴールを決めたし、他の局面でも多くのチャンスを得られた。その後、マインツは交代で[5-4-1]に変更して守備を固めてきた。それによって多くの問題が出たが、前半はゲームをコントロールしたと思う」 「残念ながら、後半もそれほど明確ではなかった。60分以降は、両チームともオープンな目線でプレーしていた。我々はほぼ最後のプレーで幸運な勝者となった。三者三様の展開と言えるかもしれない。とはいえ、再開から勝ち点6でスタートできたのは嬉しい」 また、テルジッチ監督はリーグ再開後2戦連続ゴールのレイナに言及しており、この調子を続けてほしいと期待した。 「彼にはゲームを加速させる意味で、もっとボールを奪うことを期待していた。ただ、こうした状況の中で、自分の仕事をしてくれたのは非常にポジティブだ。彼が再び勝利に導くゴールを決めたのは、本人にとっても素晴らしいことであり、この調子を続けてほしい」 2023.01.26 11:27 Thu
twitterfacebook
thumb

レイナの後半AT逆転弾でドルトムントがマインツ下して連勝《ブンデスリーガ》

ドルトムントは25日、ブンデスリーガ第17節でマインツとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。 前節アウグスブルクとの打ち合いを何とか制して首位バイエルンとのポイント差を7に縮めた6位ドルトムント(勝ち点28)は、アウグスブルク戦のスタメンから2選手を変更。フンメルスと出場停止のベリンガムに代えてジューレとジャンを起用した。 12位マインツ(勝ち点20)に対し、ムココを最前線に、2列目に右からアデイェミ、ブラント、マレンと並べたドルトムントは開始2分に失点する。左CKからニアサイドのイ・ジェソンにヘッドで決められた。 しかし4分、すかさず追いつく。ボックス手前右のリエルソンがカットインから左足を一閃。強烈なシュートがDFにディフレクトしてネットが揺れた。 リエルソンの移籍後初ゴールで試合を振り出しに戻したドルトムントは7分にムココ、9分にジューレが立て続けにゴールに迫って攻勢をかけたが、それ以降ば徐々に膠着した展開に。 38分にマレンがミドルシュートでオンターゲットを記録したドルトムントだったが、1-1で前半を終えた。 迎えた後半もドルトムントが押し込む展開で推移。 しかし前半同様に膠着状態を打破できなかったことから62分に3枚替え。アラー、バイノー=ギテンス、レイナを投入した。 だが、その後もマインツの集中した守備を攻略できず。このまま引き分けかと思われた追加タイム3分、ドルトムントに勝ち越し弾。 右CKをアラーが頭で合わせ、ゴールエリア左に詰めていたレイナが左足で押し込んだ。直後にタイムアップとなりドルトムントが劇的勝利。苦しみながらも再開後2連勝としている。 2023.01.26 04:29 Thu
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ熱視線のベリンガム、ドルトムントからの新契約拒否で今夏の移籍加熱か

ドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガム(19)は、クラブからの新契約を拒否する方針のようだ。 2020年夏にバーミンガムから17歳の若さでドルトムント入りすると、瞬く間に主軸に定着してさらなるビッグクラブから注目を集める存在となったベリンガム。今シーズンも公式戦23試合に出場して10ゴール4アシストと、19歳の若さでチームを力強く牽引している。 ドルトムントは底知れないクオリティを備えた若手MFの流出を避けるため、クラブ最高給となる週給18万ポンド(約2900万円)の新契約をオファーするという。しかし、イギリス『ミラー』によると、選手側は今後数日のうちにこのオファーを拒否する構えとのことだ。 選手側は今夏の移籍を既定路線としており、すでに代理人を務める父親のマーク・ベリンガム氏は、関心を寄せるクラブのひとつであるリバプールと交渉の場を設けたとも報じられている。 その他にもレアル・マドリーやマンチェスター・シティが非常に強い関心を示しており、ベリンガム本人はチャンピオンズリーグ(CL)でのプレーを熱望することから、今夏の争奪戦は必須の様相に。いずれにしても、ベリンガムが来シーズン以降もドルトムントに残留する可能性は極めて低いようだ。 2023.01.23 18:12 Mon
twitterfacebook
thumb

精巣がん克服のアラーがついに公式戦復帰、指揮官も感動「鳥肌が立った」

ドルトムントのコートジボワール代表FWセバスティアン・アラーに待望の瞬間が訪れた。 今季開幕前にアヤックスからドルトムントに加入したアラーは、その直後に精巣がんが発覚し、治療のため無期限離脱を強いられることになった。一時は引退も危ぶまれたが、2度の手術を乗り越え今年に入って実戦復帰。ドルトムントでの公式戦初出場が今や遅しと待たれていた。 そして、22日に行われたブンデスリーガ第16節のアウグスブルク戦でついのその時が。後半17分、ユスファ・ムココとの交代で、加入からおよそ6カ月の時を経てピッチに舞い降りた。 この奇跡の生還にジグナル・イドゥナ・パルクに集まった81,325人のサポーターは「セバスティアン!」、「アラー!」と大合唱。移籍後初ゴールはお預けとなったが、チームはその後2点を追加し、4-3の打ち合いを制した。 試合後にエディン・テルジッチ監督がアラーの復活に言及し、試合直前のドレッシングルームで本人からのスピーチあったことを明かした。プレーについても満足感を示し、コートジボワール代表FWの復帰を心から喜んだ。 「試合前、ドレッシングルームを出る前にセバスティアンがチームに話しかけた時、私たちは鳥肌がった。彼の復帰を誰もが喜んでおり、その瞬間を共有できたことを誇りに思う」 「ただ、それは感情的なことだけでなく、彼のクオリティも見て欲しいところだ。彼のボールの持ち方、フリーでの動き方、そして周りの使い方、それら全てが彼が戻ってきたことの喜びにつながるのだ」 2023.01.23 17:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly