ストライカー不足のエバートン、ブライトンのモペイ獲得に向けて交渉か

2022.08.26 14:24 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンがブライトン&ホーヴ・アルビオンのフランス人FWニール・モペイ(26)獲得に向けて交渉を進めているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

エバートンは今夏の移籍市場で、ブラジル代表FWリシャルリソンがトッテナムに移籍。加えて、イングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィンがプレシーズン中に負傷したことで、ストライカー不足のままシーズンに突入することになった。

プレミアリーグでは開幕から1分け2敗で17位に沈むなか、事態を打開すべく、フランク・ランパード監督はストライカーの補強を熱望。『スカイ・スポーツ』によると、クラブはモペイ獲得に向けてブライトンと交渉を進めている模様だ。
ニースの下部組織出身であるモペイはサンテチェンヌやブレスト、ブレントフォードを経て2019年夏にブライトンへ加入。すぐさまチームの主力に定着すると、在籍3シーズン連続でプレミアリーグ8ゴール以上を記録している。

モペイに対しては今夏の移籍市場でノッティンガム・フォレストやフルアムが獲得を目指して交渉を進めていたが、エバートンは争奪戦を制する自信を深めているとのこと。ただし、獲得まではいくつかの条件をクリアにする必要もあると報じられ、引き続き交渉が進められている。

なお、エバートンはモペイと並行してサウサンプトンのスコットランド代表FWチェ・アダムス(26)獲得も模索。サウサンプトンは移籍金2500万ポンド(約40億4000万円)程度を求めており、こちらの交渉も注目されている。

関連ニュース
thumb

エバートンオーナーがクラブ売却の噂否定、降格危機には「ファンみんなの協力が必要だ」

エバートンのオーナーであるファルハド・モシリ氏が、クラブ売却の噂を否定した。 2016年にエバートンのオーナーとなったモシリ氏。これまで5億ポンド(約841億2000万円)以上を費やして選手を獲得してきたが、計画性のない強化は実を結ばず、近年は低迷から抜け出せずにいる。 今季も就任2年目を迎えたフランク・ランパード監督の下で開幕から大苦戦。直近8試合未勝利に陥ると、直近のウェストハム戦に敗れ順位が19位まで下降したことを受け、23日に同監督の解任が発表された。 2シーズン連続で降格の危機に陥ったクラブに対してファンは不満を爆発させており、スタジアム内外で抗議が頻発。こうした事態を受け、一部メディアからはモシリ氏がクラブ売却を検討しているとも報じられた。 しかし、イギリス『ミラー』によると、モシリ氏はこうした報道を否定。現在は立て直しに全力を尽くしていると強調し、未曽有の危機から脱するためにはファンのサポートが必要不可欠だと訴えた。 「私にクラブを売却するつもりはない。現在はグローバルなスポンサーシップや商業開発に関する専門性を高めたいと思っている。多くのスポーツ専門の投資家はこうした知識を豊富に備えており、エバートンもそれを確保したい」 「これは我々の歴史の中で、もっとも重要な時期になっている。私はこの理事会を信頼しているよ。過去にも監督を解任し、新たな人物を任命したことがある。私は変化を恥ずかしがる人間ではない。必要だと感じれば、変更を加えるだけだ」 「我々は冷静になり、ピッチ内における現在の位置を乗り越えていく必要がある。私は現状に痛みを感じており、ファンの声も耳にしているよ。私は何も見逃さず、すべてのリストを持っている」 「私はこのクラブをエリートクラブの仲間に加えるため、尽力しているよ。しかし、その実現にはみんなの協力が必要だ。ファンはエバートンにとって、もっとも重要な存在だからね。我々は共にこの状況を乗り越えていかなければならない。そして我々だけが、これを一緒に乗り越えていけるのだ」 「エバートンは、グディソン・パークと12人目の男(ファン)に依存してきた。ファンの全面的なサポートがなければ、我々はどんどん弱くなるだろう。ファンがついてきてくれるならどんなことでも実行するし、実際に私は24時間体制で改善に取り組んでいる」 2023.01.26 18:11 Thu
twitterfacebook
thumb

複雑化するビエルサの去就…メキシコ代表監督就任の可能性は

アルゼンチン人指揮官マルセロ・ビエルサの去就がなかなか定まらないようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 これまでにアルゼンチンやチリなどナショナルチームをはじめ、クラブレベルでもアスレティック・ビルバオなどで好成績を収めてきたビエルサ監督。直近では2018年夏からリーズを指揮し、2019-2020シーズンにチャンピオンシップ優勝に導いく手腕を発揮した。 だが、成績不振で解任の憂き目にあった昨年2月以降はフリーの状態。最近ではフランク・ランパード監督を更迭したエバートンが招聘に動いているともっぱらの噂だが、別の情報ではカタール・ワールドカップを最後にヘラルド・マルティーノ監督と袂を分けたメキシコ代表との関連が伝えられている。 『ESPN』のデイビッド・ファイテルソン記者によれば、ビエルサ氏はメキシコ代表監督就任に向けて既に承諾済み。しかし、メキシコサッカー連盟(FMF)では週明けから新たな組織委員会が発足する見込みで、その新たな構成メンバーらが67歳指揮官の招聘に反対しているという。 クラブ・アメリカ、クラブ・ティファナ、チバス・グアダラハラ、サントス・ラグーナのオーナーらで構成される新組織委員会は、ビエルサ監督よりも元代表監督のミゲル・エレーラや、パチューカの現指揮官ギジェルモ・アルマダがお気に入りのようだ。 こうなると、一度エバートンからのオファーを断ったというビエルサ氏の去就も今再び不透明に。マージーサイドクラブは招聘を諦めていないと言われているが、果たして。 2023.01.26 18:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ビエルサ氏は消極的? エバートン次期指揮官、元バーンリーのショーン・ダイク氏が筆頭か

元バーンリー指揮官のショーン・ダイク氏(51)が、次期エバートン指揮官の筆頭候補に躍り出たようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 エバートンは23日にフランク・ランパード監督を解任。今季のプレミアリーグで3勝6分け11敗の19位に低迷し、昨年10月以降は白星なしと混迷を極めるなか、ようやく監督交代を決断。次期指揮官は元リーズ・ユナイテッド指揮官のマルセロ・ビエルサ氏(67)が濃厚とされていた。 一方、バーンリーを昨年4月まで10年間率い、限られた予算と戦力の中でプレミアリーグに確かな爪痕を残した経験を持つダイク氏は候補の1人に過ぎず。だが、ここに来てビエルサ氏よりもダイク氏が優勢との見方が強まっている。 ダイク氏は26日にエバートンのオーナー、ファルハド・モシリ氏と会談する予定。モシリ氏の第1希望はビエルサ氏とのことだが、現在フリーの67歳ビエルサ氏は、現場復帰にさほど強い意欲を見せていないと考えられている。 なお、移籍市場においてはU-21イングランド代表FWアンソニー・ゴードン(21)が2日連続で練習を欠席した模様。同選手は今冬のニューカッスル移籍が取り沙汰されており、移籍金4000万ポンド(約64億1000万円)での交渉成立が有力視されている。 主軸のゴードン退団は致命的な戦力ダウンをもたらすが、誰が混迷エバートンの手綱を握ることになるのだろうか。 2023.01.26 14:52 Thu
twitterfacebook
thumb

トッテナム、ビジャレアルのオランダ代表FWダンジュマをレンタル移籍で獲得!

トッテナムは25日、ビジャレアルに所属するオランダ代表FWアルノー・ダンジュマ(25)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。 PSVの下部組織出身でNECナイメヘン、クラブ・ブルージュ、ボーンマスを渡り歩き、2021年の夏にビジャレアルに加入したダンジュマ。持ち前のドリブルスキルに得点力にも磨きをかけ、初年度から公式戦34試合で16得点4アシストと活躍した。 カタール・ワールドカップの出場こそ逃したが、代表にも復帰。今季もケガによる出遅れがありながら、ここまで公式戦17試合で6ゴールを記録していた。 スペインで輝きを放つダンジュマには、プレミアリーグで19位に沈むエバートンが関心を示すと、先週末にはメディカルチェック等を済ませるなど移籍目前となっていたが、土壇場でベルギー代表FWレアンドロ・トロサールの獲得に失敗したトッテナムが介入。強奪する形でダンジュマの獲得を成功させた。 2023.01.26 01:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「電話はない」アラダイス氏がエバートン指揮官復帰を否定… 代わりにエール「十分に優れたチーム」

サム・アラダイス氏(68)が、自身がエバートン指揮官に復帰するという噂を否定した。イギリス『サン』が伝えている。 エバートンは23日にフランク・ランパード監督の解任を発表。今季のプレミアリーグで3勝6分け11敗の19位に低迷し、昨年10月以降は白星なしと混迷を極め、辛抱強く擁護してきたクラブがとうとう決断を下した格好となった。 後任候補にはプレミアリーグでの指揮経験者が並び、その筆頭はリーズ・ユナイテッドを率いていたマルセロ・ビエルサ氏(67)とも言われている。また、他にもウォルバーハンプトンの元指揮官ヌーノ・エスピリト・サント氏(49)、バーンリーの元指揮官ショーン・ダイク氏(51)などが挙げられている。 2017年12月から2018年5月にかけてエバートンを指揮した経験を持つアラダイス氏もその1人とされていたが、当の本人が「それが本当なら、すでに電話がかかってきているはずだ」とブックメーカーのインタビューで否定。次期監督へのアドバイスに話題を切り替えた。 「エバートンのオーナーたちには敬意を払っているが、ニューカッスルのような投資が明らかに足りない。チームを早急に機能させられる誰かが就任する必要がある」 「適切な監督ならエバートンを救えるだろうが、選手たちにヘッドフォンを装着させ、周囲の雑音を全てシャットアウトするというミッションもある。完全には防げないだろうが、選手へのアプローチに集中を傾けなくてはならない」 「問題を解決すべく、そしてプレミアリーグに残るべく、ここからが本当の戦いになる。エバートンは十分に優れたチームだと思っているよ。ミッションを完遂できるはずだ」 2023.01.25 20:32 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly