「女優さん」、「綺麗な脚」新潟L・北川ひかるが夏の思い出の“花火”ショット「彼女との夏の1ページ」

2022.08.26 09:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©WE LEAGUE
アルビレックス新潟レディースのなでしこジャパンDF北川ひかるの夏ショットが話題だ。北川は7月のEAFF E-1サッカー選手権に臨むなでしこジャパンに追加招集。しかし、負傷のため大会途中で離脱していた。

それでも20日に行われたWEリーグカップ第1節のちふれASエルフェン埼玉戦には先発フル出場し、ケガも問題ないようだ。
その北川がインスタグラムを更新。「暑い毎日が終わりそうという話を聞いたので夏の思い出」として、花火をする姿をアップした。

月をバックに砂浜で花火をする北川の姿には「女優さん」、「素敵な1枚」、「とても素敵」、「可愛い」とコメント。また、体育座りで花火をしている姿に「綺麗な脚」、「サッカー選手とは思えない御御足の綺麗さ」と美脚にも目がいったようだ。

さらに、「一緒に花火したい」というリクエストも。また、タイトル「彼女との夏の1ページ」と彼女との海デートでの花火ショットにも見えるようだ。夏もあとわずかだが、「今年もう一度出来たらいいな」という花火を北川はできるだろうか。

1 2

関連ニュース
thumb

ベレーザは植木理子の2ゴールで新潟Lを、INAC神戸は成宮唯弾でEL埼玉を振り切り決勝進出《皇后杯》

第44回皇后杯準決勝の2試合が、22日にサンガスタジアム by KYOCERAで行われ、日テレ・東京ヴェルディベレーザとINAC神戸レオネッサが決勝進出を決めた。 13:00キックオフの第1試合では日テレ・東京ヴェルディベレーザとアルビレックス新潟レディースが対戦。ベレーザは開始直後の3分に藤野あおばがボックス右角付近からDF2枚の間を縫って入り、ボックス右から右足でネットを揺らすと、12分にも宇津木瑠美の好フィードから植木理子が抜け出し、同じような位置からネットを揺らした。 前半は守勢の時間が続いた新潟Lも後半開始早々に反撃ののろしを上げる。51分、GK平尾知佳のロングキックからゴール前での混戦を作ると、道上彩花のポストプレーに山谷瑠香が反応。チェックにきたベレーザ宮川麻都のオウンゴールを誘発した。 さらには滝川結女のシュートがクロスバーをたたくなど、新潟Lがペースをつかんだかに見えたが、66分にベレーザが突き放す。北村菜々美のクロスをファーで植木が合わせて再び2点差に。リードを広げたベレーザがそのまま逃げ切り、2大会ぶりの決勝進出を決めた。 16:00キックオフの第2試合はINAC神戸レオネッサとちふれASエルフェン埼玉が相まみえた。 足の具合が心配された三宅史織も先発したI神戸は守屋都弥や成宮唯のコントロールショットなどで攻勢に出ると、32分に先制点を奪取。自陣から土光真代が対角のロングフィードを送ると、愛川陽菜が頭で落とし、髙瀬愛実がループシュートを沈めた。 初の決勝進出を目指すEL埼玉も39分、高いラインを敷いたI神戸最終ラインの裏へ西川明花からスルーパスが送られると、吉田莉胡が反応。イーブンのボールはGK山下杏也加にわずかに先に触れられるも、ブロックしてマイボールにし、無人のゴールへ流し込んだ。 同点で折り返した後半、前へ出たのはI神戸だった。62分、中へ絞った守屋の落としから伊藤美紀がシュート。こぼれ球を成宮が左足で蹴り込んだ。 再びビハインドとなったEL埼玉も終盤まで反撃を試みるが、後半アディショナルタイムの瀬戸口梢の左足シュートは枠の上へ。追いすがるEL埼玉を振り切ったI神戸が4大会ぶりの決勝進出を果たしている。 なお、決勝戦は28日15:00にキックオフ予定。ヨドコウ桜スタジアムで行われる。 ◆準決勝 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">日テレ・東京ヴェルディベレーザ 3</span>-1 アルビレックス新潟レディース 【ベレーザ】 藤野あおば(前3) 植木理子(前12、後21) 【新潟L】 オウンゴール(後6) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">INAC神戸レオネッサ 2</span>-1 ちふれASエルフェン埼玉 【I神戸】 髙瀬愛実(前32) 成宮唯(後17) 【EL埼玉】 吉田莉胡(前39) 2023.01.22 18:15 Sun
twitterfacebook
thumb

「うわぁ、きれいだ」ビッグスワンが七色にライトアップ!新潟レディースの皇后杯勝利祝う

デンカビッグスワンスタジアムが虹色に彩られた。 アルビレックス新潟のホームスタジアムとして使用されているビッグスワンは、これまでも勝利を祝うライトアップを実施。昨年9月16日からはホーム・アウェイに関わらず、男子が勝利した場合には新潟カラーの橙色・青色、女子が勝利した場合には回転するレインボーカラーと定められていた。 だが、アルビレックス新潟レディースは、今季のWEリーグでここまで未勝利。12月の皇后杯4回戦勝利で、設定日以降初の勝利を収めた。 大宮アルディージャVENTUSとの対戦となった15日の準々決勝でも、後半の追加タイムに道上彩花がヘディング弾を沈め、劇的な勝利。2大会ぶりの準決勝進出を決めた。 ビッグスワンもレディースの勝利を祝し、「アルビレックス新潟レディースが皇后杯準々決勝で勝利したため、今夜(1/15)のスタジアムライトアップはレインボーカラーを点灯します」と告知。七色に輝くスタジアムの写真を投稿した。 ライトアップされたスタジアムは好評を博し、「ブラボー」、「フクアリでもやってほしい」、「嗚呼、美しい〜」、「いいなこれ」、「うわぁ♪きれいだぁ」といった感嘆の声などが上がっている。 新潟レディースの皇后杯での最高成績は準優勝。これまで4度の決勝進出を果たしているが、いずれもINAC神戸レオネッサの前に涙をのんでいる。 22日に行われる準決勝の相手は、大会最多優勝を数える日テレ・東京ヴェルディベレーザ。「準決勝、決勝とレインボーカラーが見れます様に」との声のように、悲願の初優勝を飾ることはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】虹色にライトアップされたビッグスワン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">アルビレックス新潟レディースが皇后杯準々決勝で勝利したため、今夜(1/15)のスタジアムライトアップはレインボーカラーを点灯します <a href="https://t.co/3GQmINzAvV">https://t.co/3GQmINzAvV</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ビッグスワン</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%B7%91%E8%8A%B1%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#緑花センターニュース</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%85%AC%E5%9C%92%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#公園イベント</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E6%96%B0%E6%BD%9F%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%B9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アルビレックス新潟レディース</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%9A%87%E5%90%8E%E6%9D%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#皇后杯</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%EF%BC%94?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ベスト4</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ライトアップ</a> <a href="https://t.co/lsn4lW1ApK">pic.twitter.com/lsn4lW1ApK</a></p>&mdash; デンカビッグスワンスタジアム (@bigswan_niigata) <a href="https://twitter.com/bigswan_niigata/status/1614507301733552130?ref_src=twsrc%5Etfw">January 15, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.15 21:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ベスト4出揃う!WEリーグ女王INACに最多優勝のベレーザ、新潟LとEL埼玉が準決勝進出《皇后杯》

第44回皇后杯準々決勝の4試合が、15日に各地で行われた。 雨中のカンセキスタジアムとちぎでは2試合が行われ、14時キックオフの第1試合では大会最多優勝を誇る日テレ・東京ヴェルディベレーザがサンフレッチェ広島レジーナを3-0で退けた。 ボールを支配するベレーザに対し、レジーナは速攻からチャンスを作り、互いにフィニッシュシーンを迎えるも、ゴールレスのまま推移する。無得点で前半を終えるかと思われた44分、ベレーザは小林里歌子が左サイドを突破してマイナスに折り返すと、ニアで受けた植木理子が中へ切れ込みながら右足のシュート。しっかりと腰をひねり切って左隅へと流し込んだ。 ビハインドで折り返したレジーナも中嶋淑乃が自ら仕掛けてのシュートを見せるが、67分に再びベレーザがネットを揺らす。木下桃香から斜めのパスを受けた藤野あおばがボックス右まで持ち込むと、ボールを晒しながらDFの足が上がるのを待って股の下を抜く対角へのシュートを沈めた。 GK田中桃子にもファインセーブが飛び出したベレーザは、78分にカウンターから植木がこの日2点目を奪取。3得点無失点の快勝を収め、次のステージへ駒を進めた。 18時キックオフの2試合目では、前回女王の三菱重工浦和レッズレディースと昨季のWEリーグ覇者INAC神戸レオネッサが顔を合わせた。 今季のリーグ戦では、耐える時間が続いたINACが少ないチャンスをものにし、2-1で勝利。直近のリーグ戦と同様、新型コロナウイルス陽性判定者が複数出たために限られたメンバー編成を強いられるなか、INACはこの試合も序盤から守勢を強いられ、多数のシュートを浴びた。 それでも、先手を取るのが巧者たる所以。21分、高いラインを敷く浦和ディフェンスの裏へボールが出ると、エリア外まで飛び出したGK福田史織の前で守屋都弥が触ってループシュート。枠はそれたが、これに成宮唯が詰め、INACがファーストシュートで試合を動かした。 先制の2分後にも再び守屋から成宮。右サイド高い位置で切り返しての左足クロスを、背番号「10」がファーで合わせ、2本のシュートであっという間にリードを広げた。 まさかの展開を余儀なくされた浦和は後半も怒涛の攻撃を仕掛け、清家貴子が幾度も決定機を迎えるも、WEリーグ初代MVP、GK山下杏也加の牙城を崩せない。75分に安藤梢が公式戦3試合連続ゴールとなる、胸トラップからの反転シュートを沈めて1点を返すも、反撃もここまで。 前半のリードを守り切ったINACが3大会ぶりのベスト4進出。ただ、猶本光とのコンタクト後に右ヒザを痛め、ピッチを後にした三宅史織の状態が懸念される。 兵庫県立三木総合防災公園陸上競技場では、後半の追加タイムにアルビレックス新潟レディースの道上彩花がヘディング弾を沈め、大宮アルディージャVENTUSに劇的な勝利。2大会ぶりの準決勝進出を決めた。 広島広域公園第一球技場で行われた関東勢対決、ノジマステラ神奈川相模原vsちふれASエルフェン埼玉は、西川明花のPK弾と三浦桃のゴールでエルフェンが勝ち抜け。3大会ぶりにベスト4入りを果たしている。 準決勝は2試合とも22日にサンガスタジアム by KYOCERAで、決勝は28日にヨドコウ桜スタジアムで行われる。 ◆準々決勝 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">日テレ・東京ヴェルディベレーザ 3</span>-0 サンフレッチェ広島レジーナ <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟レディース 1</span>-0 大宮アルディージャVENTUS 三菱重工浦和レッズレディース 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 INAC神戸レオネッサ</span> ノジマステラ神奈川相模原 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ちふれASエルフェン埼玉</span> ◆準決勝 組み合わせ ▽2023年1月22日 サンガスタジアム by KYOCERA 《13:00》 日テレ・東京ヴェルディベレーザ vs アルビレックス新潟レディース 《16:00》 INAC神戸レオネッサ vs ちふれASエルフェン埼玉 2023.01.15 19:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ベレーザが内容圧倒も…マイ仙台GK松本がPKストップでゴールレスドロー、互いにトップ2と勝ち点差開く《WEリーグ》

9日、2022-23 Yogibo WEリーグ 第8節の日テレ・東京ヴェルディベレーザvsマイナビ仙台レディースが味の素フィールド西が丘で行われ、ゴールレスドローに終わった。 トップ2へ食らいつくため、どちらも勝ち点「3」が欲しい3位・仙台と4位・ベレーザの一戦は、ホームチームが序盤から主導権を掌握。木下桃香のシュートや植木理子の左ボレーがクロスバーを直撃するなど、ゴールまであと1歩と迫ると、小林里歌子のシュートが万屋美穂のハンドを誘発し、26分にPKの絶好機を迎えた。 だが、左下隅を狙った小林のキックはGK松本真未子ががっちりキャッチ。その後もチャンスを量産したが、最後までゴールを割れなかった。 仙台も76分に松永未衣奈が切れ込んでの左足を見せたが、大半を守備に追われながらの勝ち点「1」。トップを目指すにあたっては課題が残るが、この日の内容を考えれば、勝ち点を拾えたことはポジティブだ。 また、8日に行われた2試合では、首位のINAC神戸レオネッサがアルビレックス新潟レディースに辛勝。新型コロナウイルスの影響でベンチ入りメンバー4人の難局だったが、1-1で迎えた後半の追加タイムに守屋都弥が決勝点となる勝ち越しゴールを挙げている。 2位の三菱重工浦和レッズレディースも安藤梢の2試合連続ゴールなどで9位・ジェフユナイテッド市原・千葉レディースに勝利。ここまで1勝にとどまっている千葉は、成績不振のために今節を最後に猿澤真治監督が退任することが発表されていたが、ラストマッチを勝利で飾ることはできなかった。 ◆第8節 ▽1月7日 ノジマステラ神奈川相模原 1-1 大宮アルディージャVENTUS サンフレッチェ広島レジーナ 0-0 AC長野パルセイロ・レディース ▽1月8日 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">INAC神戸レオネッサ 2</span>-1 アルビレックス新潟レディース ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 三菱重工浦和レッズレディース</span> ▽1月9日 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 0-0 マイナビ仙台レディース WE ACTION DAY(今節試合なし) ちふれASエルフェン埼玉 <span class="paragraph-title">【動画】INACvs新潟Lのハイライト、後半ATに守屋のファインゴールで勝ち越し</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="MVWjeWd0pzg";var video_start = 123;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.09 16:40 Mon
twitterfacebook
thumb

前回優勝の浦和Lが猶本光の先制点などで連覇へ好発進!WEリーグ勢の前にアマチュア勢は全滅《皇后杯》

第44回皇后杯4回戦の8試合が、17日から18日にかけて各地で行われた。 WEリーグ勢が登場する4回戦。前回大会の覇者、三菱重工浦和レッズレディースは、AC長野パルセイロ・レディースと対戦し、3-1で勝利を収めた。立ち上がり5分に猶本光が先制点を奪うと、18分には菅澤優衣香が追加点を奪取。前半終了間際に奥津礼菜に1点を返されたものの、60分に再び菅澤が決め、連覇へ向けて幸先の良いスタートを切った。 アルビレックス新潟レディースは、昨季準優勝のジェフユナイテッド市原・千葉レディースを撃破した。リーグ戦では未勝利で最下位に沈む新潟Lだったが、2分、57分とエース・道上彩花が2ゴールを。3大会連続のベスト8進出を決めている。 WEリーグで首位に立つINAC神戸レオネッサはASハリマアルビオンとの兵庫県勢対決に臨んだ。INACは7分に田中美南が先制点を挙げるも、ASハリマも17分に新堀華波が決めて同点に。1-1で折り返した56分、INACは浜野まいかが勝ち越しゴールを決めると、そのまま逃げ切り。準々決勝へ駒を進めた。 学生チームで唯一勝ち残っていた昨季の全日本大学女子サッカー選手権大会(インカレ)女王・早稲田大学は、大宮アルディージャVENTUSに敗れた。開始早々2分に山崎円美のミドルシュートで失点を喫すると、その後は互いにゴールを奪えずタイムアップ。4回戦で姿を消すこととなった。 また、女王奪還を目指す日テレ・東京ヴェルディベレーザは、小林里歌子がケガからの復帰後初ゴールを挙げるなど、マイナビ仙台レディースに4-1と快勝。そのほか、なでしこリーグ勢と対戦したWEリーグチームはすべて勝利を収めている。 ◆皇后杯4回戦 ▽12月17日 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟レディース 2</span>-0 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大宮アルディージャVENTUS 1</span>-0 早稲田大学 ▽12月18日 マイナビ仙台レディース 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 日テレ・東京ヴェルディベレーザ</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">サンフレッチェ広島レジーナ 1</span>-0 ニッパツ横浜FCシーガルズ <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">三菱重工浦和レッズレディース 3</span>-1 AC長野パルセイロ・レディース <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">INAC神戸レオネッサ 2</span>-1 ASハリマアルビオン <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ノジマステラ神奈川相模原 1</span>-0 スフィーダ世田谷FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ちふれASエルフェン埼玉 2</span>-1 伊賀FCくノ一三重 ◆準々決勝 組み合わせ ▽2023年1月15日 日テレ・東京ヴェルディベレーザ vs サンフレッチェ広島レジーナ アルビレックス新潟レディース vs 大宮アルディージャVENTUS 三菱重工浦和レッズレディース vs INAC神戸レオネッサ ノジマステラ神奈川相模原 vs ちふれASエルフェン埼玉 2022.12.18 16:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly