菅原AZが藤本&新井ジル・ヴィセンテ撃破! 三好は無念の敗退…《ECL予選プレーオフ》

2022.08.26 06:33 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
25日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)予選プレーオフの2ndレグが行われた。

ヨーロッパリーグ(EL予選)プレーオフ敗退組10チームと共に、本戦出場22チームを決めるECL予選プレーオフ。

各リーグの上位チームが参戦するメインパスではMF藤本寛也とMF新井瑞希を擁するジル・ヴィセンテとDF菅原由勢を擁するAZの日本人対決第2ラウンドが行われた。
AZホームの1stレグで4-0の大差が付いたこともあり、ホームのジル・ヴィセンテは10番背負うを藤本をベンチに置いたものの、新井をスタメンで起用。一方、菅原は初戦に続きベンチスタートに。

試合は大量リードのAZがリスク回避の慎重な戦いを見せる中、ジル・ヴィセンテが攻勢を仕掛ける展開に。初戦同様に左ウイングに入った新井は開始直後にゴールライン際からの左足クロスで味方のシュートチャンスを演出するなど、持ち味のドリブルで見せ場を作る。

以降も新井は自身でフィニッシュまで持ち込めないものの、サイドだけでなく中央でもボールを受けながら攻撃にアクセントを付けるが、チームは後方に重心を置くAZの守備を崩し切れない。

ゴールレスで折り返した後半、ジル・ヴィセンテは53分に藤本ら3選手を一気に投入。ここから攻撃のギアを上げたいところだったが、60分には一瞬の隙を突かれて中央を崩され、エヴイェンにチップキックを流し込まれた。さらに、63分にはロングカウンターを浴びてラインダースにトドメのゴールを献上した。

これで2戦合計6-0としたAZは64分に菅原ら3選手を一気に投入。右サイドバックに入った菅原は新井とマッチアップする形に。

何とか一矢報いたいホームチームは83分、新井の浮き球で局面を変えて藤本のラストパスから決定機を作るが、相手GKの好守に遭う。その後、ボセリの個人技で1点を返したホームチームだったが、試合はこのままタイムアップ。2戦合計6-1の完勝となったAZが本大会行きを決めた。

また、MF三好康児を擁するアントワープは、トルコの強豪イスタンブール・バシャクシェヒルとホームで対戦し、1-3で敗れた。この結果、2戦合計2-4となったアントワープの敗退が決定した。

初戦を1-1のドローで終えたアントワープは、初戦ベンチスタートの三好を右ウイングでスタメン起用。しかし、チームは開始8分に右サイド深くに抜け出したオカカのクロスをゴール前のエズジャンにワンタッチで流し込まれ、先制を許す。

早い時間帯に追いつきたいアントワープは、三好がナインゴランらと共に積極的にボールに関与しながら決定機に絡む。しかし、ミドルレンジからの再三のシュートはなかなか枠を捉え切れない。

それでも、ホームチームは後半立ち上がりの56分に相手GKとの交錯で得たPKをフレイが決めて2戦合計スコアでイーブンに戻す。しかし、そのゴールからわずか2分後には左サイドからのクロスをオカカに頭で流し込まれ、再びビハインドを追う展開に。この失点直後の60分に三好はベンチに下がることに。

その後、チームは決死の攻勢を仕掛けたものの、逆にセットプレーからトドメの3点目を奪われてしまい、万事休す。無念のプレーオフ敗退となった。

5大リーグの強豪クラブでは、ビジャレアル、フィオレンティーナ、ウェストハム、ケルン、ニースがいずれも本戦行きを決めている。

◆ECL予選プレーオフ 2ndレグ

▽チャンピオンズパス
クルージュ(ルーマニア) 1-0(AGG:1-0) マリボル(スロベニア)
リンフィールド(北アイルランド) 1-1(AGG:3-3[PK:2-4]) FK RFS(ラトビア)
デュドランジェ(ルクセンブルク) 1-1(AGG:1-3) レフ・ポズナン(ポーランド)
バルカニ(コソボ) 1-0(AGG:3-1) シュクピ(北マケドニア)
スロバン・ブラチスラヴァ(スロバキア) 2-1(AGG:2-2[PK:6-5]) ズリニスキ・モスタル(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

▽メインパス
バーゼル(スイス) 2-0(AGG:2-1) CSKAソフィア(ブルガリア)
ラピド・ウィーン(オーストリア) 0-1(AGG:1-2) ファドゥーツ(リヒテンシュタイン)
スラビア・プラハ(チェコ) 2-0(AGG:3-2) ラクフ・チェンストホヴァ(ポーランド)
アポエル(キプロス) 3-2(AGG:3-5) ユールゴーデン(スウェーデン)
ニース(フランス) 2-0(AGG:2-1) マッカビ・テル・アビブ(イスラエル)

ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) 1-1(AGG:2-2[PK4-3]) ウニヴェルシタテア・クライオヴァ(ルーマニア)
アントワープ(ベルギー) 1-3(AGG:2-4) イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ)
ヴァイキング(ノルウェー) 1-3(AGG:3-4) FCSB(ルーマニア)
ハムルーン・スパルタンズ(マルタ) 3-3(AGG:4-7) パルチザン(セルビア)
トゥベンテ(オランダ) 0-0(AGG:1-2) フィオレンティーナ(イタリア)

ハイデュク・スピリト(クロアチア) 0-2(AGG:2-6) ビジャレアル(スペイン)
MOLヴィディ(ハンガリー) 0-3(AGG:2-4) ケルン(ドイツ)
ヴィボー(デンマーク) 0-3(AGG:1-6) ウェストハム(イングランド)
アンデルレヒト(ベルギー) 0-1(AGG:2-2[PK:3-1]) ヤング・ボーイズ(スイス)
AIKソルナ(スウェーデン) 0-1(AGG:0-4) スロヴァコ(チェコ)
ヴォルフスベルガー(オーストリア) 0-4(AGG:1-4) モルデ(ノルウェー)
ジル・ヴィセンテ(ポルトガル) 1-2(AGG:1-6) AZ(オランダ)

関連ニュース
thumb

原口元気がシュツットガルトに完全移籍! 遠藤航&伊藤洋輝の同僚に、残留争いに挑戦

シュツットガルトは30日、ウニオン・ベルリンの日本代表MF原口元気(31)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2024年6月30日までの1年半となり、背番号は「17」をつける。 原口は、浦和レッズから2014年7月にヘルタ・ベルリンへと完全移籍。ドイツでのキャリアをスタートさせると、デュッセルドルフ、ハノーファーとプレー。2021年7月にウニオン・ベルリンに加入した。 従来はサイドハーフなどを主戦場としていたが、ボランチやトップ下を経験。昨シーズンはチームの主軸としてブンデスリーガで30試合に出場し2ゴール6アシストを記録。今シーズンはチームこそ2位につけている中、ブンデスリーガで11試合、ヨーロッパリーグで6試合、DFBポカールで2試合に出場していた。 直近のヘルタ・ベルリン戦は1分間の出場に終わり、移籍の噂が突如浮上。あっという間の決着となった。 シュツットガルトには日本代表MF遠藤航、DF伊藤洋輝が所属。3人目の日本人選手となり、残留を争うチームの力になれるか注目が集まる。 スポーツ・ディレクター(SD)を務めるファビアン・ウォルゲムート氏は原口の補強についてコメントしている。 「原口元気は、優れたフットボールのクオリティと豊富な経験をチームにもたらしてくれる。彼は以前からドイツとブンデスリーガを知っており、新しい環境でスタートするのに長い時間は必要としない」 「とても短期間でチームのクオリティを向上させることを嬉しく思うと同時に、シュツットガルトはゲンキをあたたかく迎え入れる」 <span class="paragraph-title">【写真】シュツットガルト加入の原口元気、背番号は「17」</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CoCikAOqt8V/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CoCikAOqt8V/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CoCikAOqt8V/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">VfB Stuttgart(@vfb)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【写真】原口元気と妻のるりこさんの2ショット、オフは山で過ごすことが多い</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cm1e18aLq54/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cm1e18aLq54/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cm1e18aLq54/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">原口るりこ Ruriko Haraguchi(@ruriko_haraguchi24)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.30 21:56 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤渓太がブラウンシュヴァイク加入後初アシスト、再開初戦も先発で6試合スタメン確保

ブラウンシュヴァイクのMF遠藤渓太が移籍後初となるアシストを記録した。 横浜F・マリノスからウニオン・ベルリンへ期限付き移籍へと加入し、1年目は一定の出場機会を得た遠藤だったが、完全移籍後の2年目はケガの影響もあって試合から遠ざかることに。そのため、今夏には出場機会を求めて2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)昇格組のブラウンシュヴァイクへ期限付き移籍を決行した。 新天地でも定位置確保に苦しんだアタッカーだったが、10月後半に入ってようやくスタメンを奪取。再開初戦となった29日の第18節ハンブルガーSV戦でも先発起用されて6試合連続のスターターとなると、初のアシストも記録した。 2点のビハインドで迎えた30分、速攻に転じて左サイドから遠藤がボックス左角まで持ち運んで折り返すと、ボックス手前で受けたファビオ・カウフマンがワントラップから右足の一撃を決めた。 シュートが見事だったとはいえ、遠藤は移籍後1つ数字を残したことに。今後のさらなる活躍が期待される。 ただ、ブラウンシュヴァイクは後半立ち上がりにも失点を喫し、遠藤もその後訪れたチャンスをものにできずに69分にピッチを後にしている。チームは最終的には2-4で敗れ、入れ替え戦圏内の16位に順位を落とした。 <span class="paragraph-title">【動画】速攻の起点となり、遠藤が持ち上がりからアシスト記録</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="v1KD8Dyhw-M";var video_start = 17;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 21:40 Mon
twitterfacebook
thumb

「これ凄いこと」久保建英がレアル戦でスペイン紙の一面に起用される!試合でも古巣相手に躍動し指揮官絶賛

スペイン『マルカ』の一面が注目を集めた。 ラ・リーガ第19節、レアル・マドリーvsレアル・ソシエダが29日に行われ、0-0で引き分けた。レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英はフル出場している。 久保にとっては、公式戦での出場機会こそなかったものの2019年夏にFC東京から加入した古巣でもあるマドリーとの対戦。これまでにも何度か対戦してきたが、今回は少し話が違う。 これまではレンタル先のクラブで苦しむこともあった久保だが、今シーズンは完全移籍したソシエダで好プレーを披露。ラ・リーガ15試合で3ゴール3アシストと結果を残しており、ソシエダの選手として初めてのサンティアゴ・ベルナベウ凱旋となった。 久保の今のパフォーマンスは現地でも評価をされており、スペインの大手紙『マルカ』は、この一戦の一面に久保とレアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールを起用したのだ。 大きく取り上げられた久保の姿には、「これ凄いことだな!」、「あついな」と日本のファンからも反響が集まっていた。 久保は、マドリー戦でもその期待に違わぬ活躍を披露。チームが守勢を強いられる中、自陣でボールを奪ってそのままスルーパスで決定機を演出したり、右サイドではドリブル突破も披露するなど、躍動すると、イマノル・アルグアシル監督「とても優れており驚異的だった」とそのパフォーマンスを絶賛した。 試合終盤には、ヴィニシウスにファウルで止められにらみ合うなど、まさに見せ場を作った久保。その存在感は日に日に増している。 <span class="paragraph-title">【画像】スペインの大手紙『マルカ』の一面に久保建英!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/LaPortada?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LaPortada</a> Desafío Real <a href="https://t.co/nzxUQC3oEj">pic.twitter.com/nzxUQC3oEj</a></p>&mdash; MARCA (@marca) <a href="https://twitter.com/marca/status/1619468786444423170?ref_src=twsrc%5Etfw">January 28, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】ともに一面を飾ったヴィニシウスにファウルで止められる場面も!久保建英のマドリー戦プレー集</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="99xXFIrMALE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 20:45 Mon
twitterfacebook
thumb

伊東純也がネイマールの“演技力”の餌食に?際どい判定のイエローカードに日本のファンは不満「めっちゃ演技するやん」「主演男優賞」

スタッド・ランスの日本代表MF伊東純也も不満げだった。 29日にリーグ・アン第20節でパリ・サンジェルマン(PSG)とアウェイで対戦したスタッド・ランス。伊東は今節も右ウイングで先発出場した。 伊東はPSGの左サイドを任されたブラジル代表FWネイマールとも何度もマッチアップする中、35分にイエローカードを貰ってしまう。 タッチライン際を強引に抜こうとしらネイマールに対し、伊東は出足の早いスライディング。ボールはタッチラインを割ると、ネイマールの大きな叫び声が響き渡った。 リプレーを見ると伊東の足は先にボールに触れた後にネイマールの足に触れた流れだが、 このプレーで主審はイエローカードを提示。伊東は不満げに両手を広げていた。 このプレーには日本のファンも不満があるようで、『DAZN』のハイライトには「めっちゃ演技するやん」、「主演男優賞」、「ネイマールがネイマールしてて安心する」、「ネイマールチャレンジは成功したな」といったコメントが多く寄せられていた。 伊東は、その後相手の退場を誘発する突破を見せるなど攻撃の要として躍動。83分までプレーすると、チームも後半アディショナルタイムに劇的な同点弾を決め、1-1の引き分けに終わっている。 <span class="paragraph-title">【動画】伊東純也がネイマールの“演技力”の餌食に?(2:19~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="T573qg_JGlQ";var video_start = 139;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「笑って退場してくなんて」伊東純也を悶絶させた足裏タックルで一発退場のPSGヴェッラッティに批判「折れてもおかしくなかった」

パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティが一部のファンから批判を浴びているようだ。フランス『90min』が伝えている。 29日にリーグ・アン第20節でスタッド・ランスをホームに迎えたPSG。直近のリーグ戦2試合を欠場していたヴェッラッティはベンチスタートとなった。 試合は、日本代表MF伊東純也も先発したスタッド・ランスの奮闘もあり、PSGはほとんどチャンスを作れないまま前半を終えた。 すると、後半開始からヴィティーニャを下げてヴェッラッティを投入。早速効果が出ると、51分にネイマールの先制ゴールが生まれた。 しかし、直後の55分には予期せぬ出来事。伊東が右サイドのタッチライン際でボールを受けると、フアン・ベルナトと上手く入れ替わって前を向く。そこにたまらずヴェッラッティがスライディングタックルを敢行した。 伊東がギリギリで送ったスルーパスに反応したフォラリン・バログンはオフサイドだったが、伊東へ危険なアフタータックルを見舞ったヴェッラッティがオンフィールドレビューの末にレッドカードを受け、退場処分となり、復帰戦はわずか10分程度のプレーに終わった。 なお、試合はPSGが数的不利を感じさせない戦いを見せたものの、試合終了間際の96分にミスから失点。試合は1-1の引き分けに終わっている。 『90min』によると、SNS上ではヴェッラッティを批判や揶揄するコメントが多数あがっているとのこと。さらに、『ESPN』の公式インスタグラムなどでも取り上げられており、「レッドカードは当然だ」、「危険なプレー」、「折れてもおかしくなかった」、「笑って退場してくなんてなんか解せないね」といった声が寄せられている。 伊東に突破されていたら大ピンチとなるシーンとはいえ、投入からわずか10分後、退場後も納得できずに反省の色を見せなかったヴェッラッティの姿は非難の的になっているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】伊東純也への足裏タックルの後、笑顔で退場していくヴェッラッティ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> | Cette vilaine faute de Marco Verratti sur Junya Ito... <a href="https://twitter.com/hashtag/PSGSDR?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PSGSDR</a> <a href="https://t.co/9b51UHdUAa">pic.twitter.com/9b51UHdUAa</a></p>&mdash; Eleven Sports (FR) (@ElevenSportsBEf) <a href="https://twitter.com/ElevenSportsBEf/status/1619809417456930816?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.30 18:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly