母・岩清水梓が出産後初ゴール! 難しい体勢からのファインゴールはトッテナム撃破の決勝点に

2022.08.19 18:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日テレ・東京ヴェルディベレーザの元なでしこジャパン岩清水梓が母としての初ゴールを決めた。2020年3月に第1子を出産した岩清水は、昨季シーズンから再びピッチへと戻ってきた。「2021-22 Yogibo WEリーグ」では9試合に出場し、愛息とともに入場するという夢もかなえていた。

復帰後は公の対外試合での得点はなかった岩清水だが、アメリカ遠征中についにゴールを記録。ベレーザは現地時間17日、『THE WOMEN'S CUP』の5・6位決定戦でトッテナムと対戦し、ミラン戦に続いてスタメン出場を果たした岩清水は同点で迎えた82分に決勝点を挙げる。
CKから波状攻撃を仕掛けると、MF菅野奏音のクロスがクリアされてDF村松智子がシュート。こぼれ球にいち早く反応し、下がりながら体勢から右足での巻いたシュートを右上に沈めた。

岩清水は自身SNSで「33番での初ゴール」と喜びを綴り、記念すべき一撃にはファンからも「何度見ても全てがカッコイイです」、「決まった瞬間魂が震えました」、「めっちゃ良いシュート!」、「ビューティフルゴールおめでとうございます」と、祝福の声が寄せられている。

ストライカー顔負けの嗅覚でチームを2-1の勝利へ導いた背番号「33」。ベレーザの女王奪還ヘ向け、国内戦でも奮起が期待される。

1 2

関連ニュース
thumb

来季WEリーグカップのGS組み合わせが決定!今季優勝の浦和LはA組、I神戸と東京NBはB組に同居

WEリーグは2日、来季開催される2023-24 WEリーグカップのオープンドローを実施。グループステージ組み合わせが決定した。 来季のリーグ戦開幕に先立って8月下旬に開催される2023-24 WEリーグカップ。既存のWEリーグ所属11クラブに加え、来季からWEリーグ参加が決定しているセレッソ大阪堺レディースを加えた全12チームが参加する。 グループステージでは12チームがA、Bの各組6チームに分かれて1回戦総当たりのリーグ戦を実施。それぞれの首位チームが決勝戦に進出する。 第1回大会となった今年度は2022年10月1日に決勝が行われ、三菱重工浦和レッズレディースがPK戦の末に日テレ・東京ヴェルディベレーザを下し、初代カップ戦女王の座についている。 抽選の結果、連覇を狙う浦和LはグループAに。新勢力のC大阪堺らと同居した。 対抗の有力候補、昨季のリーグ戦覇者であるINAC神戸レオネッサと、1月に皇后杯を制した日テレ・東京ヴェルディベレーザはグループBで同居した。 ◆2023-24 WEリーグカップ グループステージ組み合わせ ▽Aグループ マイナビ仙台レディース 三菱重工浦和レッズレディース ジェフユナイテッド市原・千葉レディース ノジマステラ神奈川相模原 サンフレッチェ広島レジーナ セレッソ大阪堺レディース Bグループ 大宮アルディージャVENTUS ちふれASエルフェン埼玉 日テレ・東京ヴェルディベレーザ AC長野パルセイロ・レディース アルビレックス新潟レディース INAC神戸レオネッサ 2023.02.02 20:25 Thu
twitterfacebook
thumb

ベレーザが2年ぶり16度目の大会制覇!エース・植木理子の2得点などでINACに4発快勝《皇后杯》

28日、第44回皇后杯決勝の日テレ・東京ヴェルディベレーザvsINAC神戸レオネッサがヨドコウ桜スタジアムにて行われ、4-0で勝利した東京NBが2大会ぶり16度目の優勝を決めた。 攻撃陣好調の東京NBと、勝負強さを見せて勝ち上がってきたI神戸。東京NBは[4-3-3]、6大会ぶり7度目の優勝を狙うI神戸は[3-5-2]と、両チームともにこれまで通りの布陣を採用した。 カタール・ワールドカップ(W杯)にも参加した山下良美さんが主審を務めた一戦は、キックオフ直後にI神戸がペースを握り、高い位置で奪っての愛川陽菜のシュートがクロスバーを叩く。対して東京NBは小林里歌子、三浦成美のミドルを契機にI神戸の守備ラインを押し下げると、次第にポゼッション率を高めて北村菜々美のクロスに小林のヘッドと見せ場を作る。 これにI神戸は修正を施し、中盤からアタッキングサードにかけてボールホルダーへの守備をタイトに。ただ、奪った後も攻撃の軸となるロングフィードが限定され、以降は膠着状態が続いた。 打破のきっかけを作ろうと、25分に髙瀬愛実がロングシュートを放つと、その後立て続けに愛川、髙瀬とフィニッシュを迎えるが、高瀬の右足はGK田中桃子がセーブする。 序盤以降シュートシーンから遠ざかっていた東京NBだが、翼を広げて幅を取ると、次第にポケットへの侵入回数が増加。39分、宮川麻都が藤野あおばとのワンツーでボックス右へ侵入すると、ニアへの折り返しに植木理子が合わせて均衡を破った。 ハーフタイムにはビハインドのI神戸ベンチが動き、脇阪麗奈を下げて山本摩也を投入して成宮唯を中盤の底へ置いたが、立ち上がりにネットを揺らしたのはまたも東京NBだった。 49分、藤野の突破から右CKを獲得すると、ゴール前のこぼれ球にいち早くいち早く反応したのは植木。抑えの利いた右足の一撃を左隅に流し込み、自身にとって大会4試合連続となる複数得点を記録した。 相手の背中が遠くなったI神戸は68分に田中美南を投入するも、チームとしての奪いどころが定まらず、チャンスは乏しいまま。対照的に東京NBはリズム良くパスを回すだけでなく、守備時には北村が左のワイドに落ちて5バック気味となり、後方に人数を掛ける。 81分には三宅史織のクロス処理ミスを見逃さずに、フリーの小林が決定的な3点目を奪うと、以降も前掛かりとなったI神戸を後目にチャンスを創出。終了間際には相手最終ラインからボールを奪って一対一を迎えた藤野がダメ押しの4点目を挙げ、東京NBが4-0の快勝で2大会ぶり16度目の優勝を決めた。 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 4-0 INAC神戸レオネッサ 【東京NB】 植木理子(前39、後4) 小林里歌子(後39) 藤野あおば(後45) 2023.01.28 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ベレーザが最多16度目の優勝か、INACが6大会ぶりの制覇か、皇后杯決勝へ向け両者のゴールをプレイバック

第44回皇后杯決勝が28日にヨドコウ桜スタジアムにて行われる。決勝へ向け、日本サッカー協会(JFA)が決勝進出チームのゴール集を作成した。 決勝では2大会ぶり16度目の優勝を目指す日テレ・東京ヴェルディベレーザと、6大会ぶり7度目の優勝を狙うINAC神戸レオネッサが相まみえる。 JFAの女子サッカー公式ツイッターアカウントでは、両チームのここまでの戦いをピックアップ。今大会における両者の全ゴールをまとめた動画を公開した。 東京NBは4回戦からの登場で、マイナビ仙台レディースと対戦し、4-1で勝利。開始1分に植木理子が得意のヘディングを決めると、11分には北村菜々美、その6分後には小林里歌子が追加点を奪い、38分には植木が距離のあるミドルを沈めた。 準々決勝のサンフレッチェ広島レジーナ戦ではあわやの場面もある中で、前半終了間際に小林の折り返しから植木が技ありの一撃を決めて先制すると、後半には藤野あおば、植木が追加点を挙げて3-0で勝利を収めた、 準決勝のアルビレックス新潟レディース戦は藤野が突破から3分に先制点を奪い、12分に植木が追加点。後半開始早々に1点を返されたが、66分に北村のクロスを植木が頭で押し込み、逃げ切っている。 対する、I神戸は4回戦でなでしこリーグ1部のASハリマアルビオンと激突。7分に田中美南が先制弾を沈めるも17分に追い付かれ、同点で迎えた56分に浜野まいか(→ハンマルビー)が決勝点を奪った。 準々決勝の三菱重工浦和レッズレディース戦は守勢の中で21分、23分と成宮唯が立て続けのゴール。少ないチャンスをものにし、1点を返されながらも2-1と逃げ切り勝ちを収めた。 準決勝のちふれASエルフェン埼玉も一筋縄ではいかず、髙瀬愛実の絶妙ループで先制するも、7分後に被弾した。勝ち越しゴールは62分、中へ絞った守屋都弥の落としから伊藤美紀がシュートを放ち、こぼれ球を成宮が左足で蹴り込んで決勝進出を決めている。 3戦連続複数得点の植木らを擁する攻撃陣好調の東京NBか、我慢の時間を耐えしのいでしたたかに勝利を手繰り寄せるI神戸か。決勝戦は15:00キックオフ、NHK-BS1にて放送される。 <span class="paragraph-title">【動画】ベレーザ、第44回皇后杯での全10得点</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%9A%87%E5%90%8E%E6%9D%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#皇后杯</a> 決勝進出チーム<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%BB%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%99%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#日テレ・東京ヴェルディベレーザ</a><br><br>今大会ここまでのゴールをまとめてみました<br>4回戦 4-1 マイナビ仙台レディース<br>準々決勝 3-0 サンフレッチェ広島レジーナ<br>準決勝 3-1 アルビレックス新潟レディース<a href="https://twitter.com/hashtag/beleza?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#beleza</a><a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/nadeshiko?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#nadeshiko</a> <a href="https://t.co/OQsiqPbxpQ">pic.twitter.com/OQsiqPbxpQ</a></p>&mdash; JFAなでしこサッカー (@jfa_nadeshiko) <a href="https://twitter.com/jfa_nadeshiko/status/1618534209433309188?ref_src=twsrc%5Etfw">January 26, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】INAC、第44回皇后杯での全6得点</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%9A%87%E5%90%8E%E6%9D%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#皇后杯</a> 決勝進出チーム<a href="https://twitter.com/hashtag/INAC%E7%A5%9E%E6%88%B8%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%B5?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#INAC神戸レオネッサ</a><br><br>今大会ここまでのゴールをまとめてみました<br>4回戦 2-1 ASハリマアルビオン<br>準々決勝 2-1 三菱重工浦和レッズレディース<br>準決勝 2-1 ちふれASエルフェン埼玉<a href="https://twitter.com/hashtag/INAC%E7%A5%9E%E6%88%B8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#INAC神戸</a><a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/nadeshiko?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#nadeshiko</a> <a href="https://t.co/q1E7K0DJwx">pic.twitter.com/q1E7K0DJwx</a></p>&mdash; JFAなでしこサッカー (@jfa_nadeshiko) <a href="https://twitter.com/jfa_nadeshiko/status/1618541755661520897?ref_src=twsrc%5Etfw">January 26, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.27 21:40 Fri
twitterfacebook
thumb

16度目の皇后杯優勝へ、復活の点取り屋・ベレーザの小林里歌子が意気込み

皇后杯決勝へ向け、JFAが各選手のショートメッセージを配信。24日には日テレ・東京ヴェルディベレーザのFW小林里歌子が意気込みを語った。 第44回皇后杯決勝が28日にヨドコウ桜スタジアムで行われる。2大会ぶり16度目の優勝を目指す日テレ・東京ヴェルディベレーザと、6大会ぶり7度目の優勝を狙うINAC神戸レオネッサが相まみえる。 大会最多優勝回数を誇る東京NBは22日の準決勝でアルビレックス新潟レディースと対戦。開始直後の3分に藤野あおばがボックス右角付近からDF2枚の間を縫って入り、ボックス右から右足でネットを揺らすと、12分にも宇津木瑠美の好フィードから植木理子が抜け出し、同じような位置からネットを揺らした。 後半開始直後はメンバー交代とともに立ち位置を変えた新潟Lに押され、51分にオウンゴールで失点。さらには相手のシュートがクロスバーをたたくなど、流れを手放したかに見えたが、66分に北村菜々美のクロスをファーで植木が合わせて再び2点差に。そのまま逃げ切り、2大会ぶりの決勝進出を決めた。 JFAの公式ツイッターによる4日前カウントダウン動画には小林が登場。簡潔に「頑張ります!」と語っている。 名門・常盤木学園高校出身の小林は年代別の代表では輝きを放ち、将来を嘱望されていたが、前十字靱帯断裂などの度重なる大ケガに苦しんだ。復帰後はなでしこジャパンデビューを果たすも、2022年2月に左ヒザ内側半月板損傷で再びの離脱に。12月18日の天皇杯4回戦マイナビ仙台レディースで、待望の復帰後初ゴールをマークしていた。 <span class="paragraph-title">【動画】皇后杯決勝へ向けた小林里歌子からのメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">第44回 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%9A%87%E5%90%8E%E6%9D%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#皇后杯</a><br>\\決勝まであと日//<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%BB%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%99%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#日テレ・東京ヴェルディベレーザ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/INAC%E7%A5%9E%E6%88%B8%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%B5?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">INAC神戸レオネッサ</a><br>1/28(土)15:00<br>ヨドコウ桜スタジアム<br><a href="https://twitter.com/NHK_BS1?ref_src=twsrc%5Etfw">@NHK_BS1</a><br><br>試合情報はこちら<a href="https://t.co/QhvJ4jzW1z">https://t.co/QhvJ4jzW1z</a><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E9%87%8C%E6%AD%8C%E5%AD%90?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#小林里歌子</a> <a href="https://twitter.com/takekazunoko0?ref_src=twsrc%5Etfw">@takekazunoko0</a><a href="https://twitter.com/hashtag/beleza?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#beleza</a> <a href="https://twitter.com/tokyo_beleza?ref_src=twsrc%5Etfw">@tokyo_beleza</a><a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/nadeshiko?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#nadeshiko</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AA%E3%81%A7%E3%81%97%E3%81%93?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#みんななでしこ</a> <a href="https://t.co/1zJmzIEWP0">pic.twitter.com/1zJmzIEWP0</a></p>&mdash; JFAなでしこサッカー (@jfa_nadeshiko) <a href="https://twitter.com/jfa_nadeshiko/status/1617839761380474889?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】皇后杯準決勝、新潟L戦のハイライト</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="0U9W0F0YcYk";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.25 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ベレーザは植木理子の2ゴールで新潟Lを、INAC神戸は成宮唯弾でEL埼玉を振り切り決勝進出《皇后杯》

第44回皇后杯準決勝の2試合が、22日にサンガスタジアム by KYOCERAで行われ、日テレ・東京ヴェルディベレーザとINAC神戸レオネッサが決勝進出を決めた。 13:00キックオフの第1試合では日テレ・東京ヴェルディベレーザとアルビレックス新潟レディースが対戦。ベレーザは開始直後の3分に藤野あおばがボックス右角付近からDF2枚の間を縫って入り、ボックス右から右足でネットを揺らすと、12分にも宇津木瑠美の好フィードから植木理子が抜け出し、同じような位置からネットを揺らした。 前半は守勢の時間が続いた新潟Lも後半開始早々に反撃ののろしを上げる。51分、GK平尾知佳のロングキックからゴール前での混戦を作ると、道上彩花のポストプレーに山谷瑠香が反応。チェックにきたベレーザ宮川麻都のオウンゴールを誘発した。 さらには滝川結女のシュートがクロスバーをたたくなど、新潟Lがペースをつかんだかに見えたが、66分にベレーザが突き放す。北村菜々美のクロスをファーで植木が合わせて再び2点差に。リードを広げたベレーザがそのまま逃げ切り、2大会ぶりの決勝進出を決めた。 16:00キックオフの第2試合はINAC神戸レオネッサとちふれASエルフェン埼玉が相まみえた。 足の具合が心配された三宅史織も先発したI神戸は守屋都弥や成宮唯のコントロールショットなどで攻勢に出ると、32分に先制点を奪取。自陣から土光真代が対角のロングフィードを送ると、愛川陽菜が頭で落とし、髙瀬愛実がループシュートを沈めた。 初の決勝進出を目指すEL埼玉も39分、高いラインを敷いたI神戸最終ラインの裏へ西川明花からスルーパスが送られると、吉田莉胡が反応。イーブンのボールはGK山下杏也加にわずかに先に触れられるも、ブロックしてマイボールにし、無人のゴールへ流し込んだ。 同点で折り返した後半、前へ出たのはI神戸だった。62分、中へ絞った守屋の落としから伊藤美紀がシュート。こぼれ球を成宮が左足で蹴り込んだ。 再びビハインドとなったEL埼玉も終盤まで反撃を試みるが、後半アディショナルタイムの瀬戸口梢の左足シュートは枠の上へ。追いすがるEL埼玉を振り切ったI神戸が4大会ぶりの決勝進出を果たしている。 なお、決勝戦は28日15:00にキックオフ予定。ヨドコウ桜スタジアムで行われる。 ◆準決勝 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">日テレ・東京ヴェルディベレーザ 3</span>-1 アルビレックス新潟レディース 【ベレーザ】 藤野あおば(前3) 植木理子(前12、後21) 【新潟L】 オウンゴール(後6) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">INAC神戸レオネッサ 2</span>-1 ちふれASエルフェン埼玉 【I神戸】 髙瀬愛実(前32) 成宮唯(後17) 【EL埼玉】 吉田莉胡(前39) 2023.01.22 18:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly