チェルシー、スパーズ戦でソン・フンミンへの人種差別行為の疑い…調査開始へ

2022.08.18 16:42 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーがトッテナム戦においてサポーターによる韓国代表FWソン・フンミンへの人種差別行為があったとして調査を開始した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

14日に行われたプレミアリーグ第2節のチェルシーvsトッテナム。試合は後半アディショナルタイムにトッテナムが追いつく白熱の展開となったが、両指揮官の衝突や、アンソニー・テイラー主審の誤審疑惑など、試合後に尾を引く要素もあった。

さらに、後半のトッテナムのコーナーキックの際にキッカーを務めたソン・フンミンに対し、あるチェルシーサポーターによる人種差別行為も確認されたようだ。現在クラブは、その人物の特定に動いているという。

なお、ソン・フンミンが人種差別被害に遭ったのは今回が初めてではなく、2019年にはカラバオカップのウェストハム戦で、その2年後にはマンチェスター・ユナイテッドのサポーターからネット上で被害を被っており、ユナイテッドは特定した3人の加害者を出禁にしている。

関連ニュース
thumb

19歳シェシュコ、来夏ライプツィヒ移籍内定も...ユナイテッドらが獲得へ?

マンチェスター・ユナイテッドなど3クラブが、来季のRBライプツィヒ移籍が内定しているスロベニア代表FWベンヤミン・シェシュコ(19)に狙いを定めているようだ。 シェシュコはレッドブル・ザルツブルクに所属する新進気鋭のストライカー。今夏はユナイテッドのほか、バイエルンなどからも関心が寄せられたが、今年8月に2023年7月より姉妹クラブのライプツィヒへ移籍すると発表されていた。 だが、イギリス『90min』によると、来夏のライプツィヒとの正式契約への流れを覆そうとするクラブが複数あり、その1つがFWクリスティアーノ・ロナウドの後継者にシェシュコを据える思惑を持つユナイテッドだという。 C・ロナウドは今夏に退団を希望した影響もあり、現在はエリク・テン・ハグ監督の下で序列が明らかに低下。来夏までに退団するのが確実で、ユナイテッドは新たなセンターフォワードのリストアップに奔走中とみられている。 なお、シェシュコの獲得を目論むクラブとして、ユナイテッドのほか、チェルシー、バイエルンも挙げられるとのことだ。 2022.10.06 21:37 Thu
twitterfacebook
thumb

オーバメヤンが古巣ミラン戦に感動「こんなに強いとは…」

チェルシーの元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが、ミランの印象を語った。 5日にチャンピオンズリーグでミランと対戦したチェルシー。ここ最近は監督交代など調子の上がらない状態が続いていたが、新加入ヴェスレイ・フォファナの移籍後初ゴールを皮切りに3ゴールを挙げて快勝を収めた。 オーバメヤンもチームの2点目を決めて公式戦2試合連続得点を記録。結果的には快勝だったが、古巣ミランの手強さに驚きを隠せなかったようだ。 「実を言うと、ミランがこれほど強いとは思っていなかった。相手にしたくないチームで、本当に良いフットボールをしていた。僕たちが勝てたのは、相手を打ち負かすための正しいインテンシティを持っていたからだ」 「古巣との対戦は本当に特別だった。対戦できて嬉しかったよ。ミランとはずっと対戦したいと思っていた。そしてようやくその時が来たんだ」 2022.10.06 17:40 Thu
twitterfacebook
thumb

トナーリがチェルシー戦黒星を反省「ミランのパフォーマンスではなかった」

ミランのイタリア代表MFサンドロ・トナーリが、チャンピオンズリーグのチェルシー戦の敗戦を振り返った。 5日に行われたチェルシー戦。グループEにおいて決勝トーナメント進出の本命と目されるチーム同士のビッグマッチだったが、試合はミランが3-0で完敗。内容でも終始劣勢を強いられた。 フル出場したトナーリは球際で激しく競り合うなど気を吐いたが、チームはグループステージ初黒星を喫することに。試合後のインタビューでは、チェルシー戦にふさわしいパフォーマンスではなかったと反省した。 「個人のインシデントを分析するのは難しい。単純に全体的にミラン本来のパフォーマンスではなかったね」 「この経験を生かし、他の多くの試合の手本として学んでいかなければいけない。チェルシーは初めから僕たちよりギアを上げていた。それは最初からわかっていたことだよ」 なお、ミランは今後、週末のセリエAではユベントスとの一戦を控え、11日にはチェルシーとのリターンマッチに臨む。 2022.10.06 16:40 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシー痛手…ミラン戦で初得点のフォファナがヒザ負傷、試合後には松葉杖

チェルシーのフランス人DFヴェスレイ・フォファナが小さくない負傷を負ってしまった。 5日にチャンピオンズリーグのミラン戦に臨んだチェルシー。序盤から優勢に試合を進めると、24分にセットプレーの流れからこぼれ球を押し込んだフォファナのゴールで先制。その後、攻勢を保ったまま後半にも2点を追加し、強豪対決を制した。 グループステージ初勝利を挙げたチェルシーだが、移籍後初ゴールでその口火を切ったフォファナは相手のラファエル・レオンとの衝突でヒザを負傷し、前半の内にピッチを退いていた。試合後には松葉杖をつく姿も確認されており、状態が気になるところ。 グレアム・ポッター監督は「今日の勝利で唯一残念な点だ。明日検査を受ける予定だが、無事を祈るしかない。今は憶測で発言したくない」とコメントし、軽傷ではないことを示唆している。 今夏加入のフォファナは、ここまでCLのザルツブルク戦を除いて全試合で先発出場していただけに、ケガの具合によっては大きな痛手となりそうだ。 2022.10.06 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーに完敗のミラン、指揮官ピオリも失望隠さず「我々はチームになれなかった」

ミランのステファノ・ピオリ監督はチェルシー戦の結果に失望を隠さなかった。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループE第3節でチェルシーと対戦したミラン。24分にセットプレーのこぼれ球から相手DFヴェスレイ・フォファナにゴールを奪われ、先制を許した。 後半に入って56分に相手FWピエール=エメリク・オーバメヤンに2点目を決められると、62分には相手DFリース・ジェームズにダメ押しの3ゴール目を決められ、万事休す。0-3で試合終了を迎え、今季のCLで初黒星を喫した。 ピオリ監督は試合後、完敗に終わった一戦を振り返り、悔しさをにじませた。 「スタートは悪くなかったと思うが、その後我々は選択を誤ったためにとても苦しんだ。距離感を失い、相手に上手く仕切り直されてしまった。我々はもっとできたはずだ」 「経験不足とか誰がいないとかいう問題ではなく、もっと明晰で正確でなければならなかった。立ち上がりの時間帯には相手はあまりプレスをかけてこなかったが、我々は輝きがなくスピードもなかった。その瞬間からチームは苦しんでいた」 「2失点目が我々の姿勢を変えた。ああいったことが起こると試合は簡単にはいかない。我々はいつものようなチームになれなかった。その理由としてはこれからの多くの試合を考え、誰かを休ませて他の選手を起用する必要があったからだ」 2022.10.06 12:38 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly