「妻は働き方を変えてまで僕の環境を整えてくれました」都倉賢が妻のバースデーに愛ある感謝のメッセージ「ファミリーとして成長していこうね!!!」

2022.08.17 23:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
V・ファーレン長崎のFW都倉賢が、妻の村上萌さんの誕生日を祝った。ライフスタイルプロデューサーとして活躍している村上萌さんは8月16日が35歳のバースデー。都倉は日頃の感謝を込めて、誕生日を祝った。

インスタグラムには娘を含めた家族3人でバースデーを祝った写真を投稿。支えてくれる妻への感謝の気持ちを綴った。

「出会ってからこれまでどんな時でも僕の立場に立ち僕が毎日全力でプレー出来る環境を整えてくれて有難う。この環境を整えると言うのは家事や栄養面でのサポートももちろんなのですが、妻は働き方を変えてまで僕の環境を整えてくれました」

「付き合い始めたのはフロンターレからザスパに移籍する頃でサッカー選手は移籍が多い(現在までに5回移籍をしてる)との理由で就職活動中に内定を頂いていた会社を断り、僕がどこへ行ってもサポートできるようにとフリーランス(現在は法人化しております)と言う形で働く決断をしてくれました」

「それからはどこへ移籍してもその場所で僕を支えてくれ、沢山の友達やコミュニティが出来て、僕よりも日々の生活を楽しんでいる姿は本当に心強いです」

「娘が生まれてからは、なにをしたらファミリーにとってベストなのかをいつも考え行動してくてることで家族の強い絆が育まれると同時にとたくさんの思い出を積み重ねる事が出来ています」

「今年1年も色々な出会いや経験を通してファミリーとして成長していこうね!!!」

自身についてきてくれている妻への感謝の気持ちを綴った中、この投稿には「最高の家族」、「素敵な奥様で」、「とってもハッピーで素敵」、「毎年萌ちゃんへの愛感じるわ」とコメントが集まった。


1 2

関連ニュース
thumb

横浜FC、長崎戦で救急搬送されたブローダーセンの診断結果を報告

横浜FCは24日、ドイツ人GKスベンド・ブローダーセンの診断結果を報告した。 24日に行われた明治安田生命J2リーグ第38節のV・ファーレン長崎に先発したブローダーセンだが、前半アディショナルタイムにクロスボールを処理した際に長崎のMF米田隼也と激しく接触。ピッチに落下し、意識を失ったブローダーセンはその後も意識を取り戻す様子のないまま、救急車で病院へと救急搬送されていた。 クラブの発表によれば、ブローダーセンは脳震とうと診断されたとのこと。なお、現在は容体も安定しており、宿泊先のホテルにて経過観察を行っているという。 ブローダーセンは2021年にザンクトパウリから横浜FCに加入。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグに34試合出場し、11度のクリーンシートを達成している。 2022.09.25 00:20 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FCの守護神が接触で落下し意識不明、ピッチに救急車で緊急搬送も長崎下して首位に迫る…残留争う群馬は高井がハットの山口に大量6失点【明治安田J2第38節】

24日、明治安田生命J2リーグ第38節の4試合が行われた。 首位アルビレックス新潟を3ポイント差で追う2位横浜FCは、8位V・ファーレン長崎とアウェイで対戦した。 最初にゴールに迫ったのはホームの長崎。左サイドを突破したクレイソンがボックス内に切れ込み、中央へ折り返す。これを受けた奥田が右足のシュートを放つも、相手GKが好セーブ。 逆にこのこぼれ球を横浜FCのバックラインが繋ぎ、山根が自陣から左サイドの裏のスペースへとスルーパスを供給。抜け出したマルセロ・ヒアンが抜群のスピードで相手DFをちぎり、相手GKとの一対一を破って先制点を奪った。 横浜FCが1点をリードした状況のまま、ハーフタイムを迎えるかに思われた前半アディショナルタイムにアクシデント。相手のクロスボールを処理しようとした横浜FCの守護神・ブローダーセンと、長崎の米田が空中で激突し、両者がピッチに倒れ込んだ。 落下し、意識を失ったブローダーセンはその後も意識を取り戻す様子のないまま、ピッチ内に救急車が入ることに。そのまま病院へと救急搬送。米田はしばらくして立ち上がったが、ハーフタイムで交代となった。 治療のために15分にもわたった前半アディショナルタイムが終わり、ハーフタイムをはさんで試合は再開。後半に入って最初にゴールに迫ったのは横浜FCだった。49分、敵陣右サイドで速攻を仕掛けるも、相手DFがクリア。しかし、このボールを敵陣中央で拾った長谷川がボックス手前まで持ち込み、左足の強烈なミドルシュートを放つと、ゴール右に決まった。 2点ビハインドとなった長崎は57分、大竹の右サイドからのクロスをがエジガル・ジュニオが頭で落とし、最後はゴール前の奥田。至近距離から右足のシュートを放つも、相手GKのセーブによって阻まれる。 その後も攻勢を敷く長崎だが、横浜FCの堅い守備を相手にゴールは奪えず。0-2のまま試合終了を迎え、アウェイで3ポイントを積み上げた横浜FCが勝ち点で首位に並んだ。 また、14位のレノファ山口は20位ザスパクサツ群馬とアウェイで対戦。残留へ向けて負けられないホームチームを相手に攻撃力を見せつけた。 立ち上がり13分、山口にサイド攻撃からチャンスが訪れる。中盤での細かいパス回しから右サイド浅い位置の吉岡にボールが渡ると、アーリークロスを供給。これをボックス内の梅木が頭で落として、最後はゴール前の池上が押し込んだ。 先制に成功したアウェイチームには23分にも得点を奪う。敵陣中央の池上からのスルーパスでボックス右に抜け出した吉岡が右足でシュート。これが一度は相手GKに阻まれるも、こぼれ球を梅木が詰め、2点リードとする。 前半に2ゴールを奪った山口は試合を折り返しても止まらない。61分、敵陣左サイド浅い位置でパスを回し、前が右足で鋭いボールを供給。これに高井がバイシクルシュートで合わせてゴール右に決めた。 ビューティフルゴールで3点目を奪った高井はここから爆発する。73分に左サイドの橋本のクロスにオーバーヘッド気味に合わせて2点目を奪うと、78分にも再び橋本のグラウンダーの折り返しを右足で流しこんでで3点目を記録。後半だけでハットトリックを達成する離れ業をやってのけた。 5点をリードした山口は89分に群馬の平松に1点を返されるも、後半アディショナルタイムに岸田がダメ押しの6点目を決めて再び5点差に。試合は1-6のままタイムアップを迎え、アウェイで大勝を挙げた。 その他、13位東京ヴェルディは7位のモンテディオ山形をホームに迎え、天候不良による1時間半におよぶ試合中断がありながらも、1-0で勝利。6位大分トリニータは2-1で16位ヴァンフォーレ甲府を下して、昇格プレーオフ圏内をキープした。 ◆明治安田生命J2リーグ第38節 ▽9/24(土) ザスパクサツ群馬 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">6 レノファ山口FC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">東京ヴェルディ 1</span>-0 モンテディオ山形 V・ファーレン長崎 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 横浜FC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大分トリニータ 2</span>-1 ヴァンフォーレ甲府 ▽9/25(日) ファジアーノ岡山 vs ベガルタ仙台 いわてグルージャ盛岡 vs ツエーゲン金沢 ブラウブリッツ秋田 vs FC町田ゼルビア アルビレックス新潟 vs 大宮アルディージャ 徳島ヴォルティス vs 水戸ホーリーホック <span class="paragraph-title">【写真】仲間たちが勝利を緊急搬送のブローダーセンに届ける</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">Get well soon BRODERSEN<a href="https://twitter.com/yokohama_fc?ref_src=twsrc%5Etfw">@yokohama_fc</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> <a href="https://t.co/Tuo7X1VLqg">pic.twitter.com/Tuo7X1VLqg</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1573657248110301184?ref_src=twsrc%5Etfw">September 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.24 22:23 Sat
twitterfacebook
thumb

東京Vが8試合ぶり白星!! 参入PO目指す長崎は残留争い栃木と痛み分け【明治安田J2第31節、第33節】

21日、明治安田生命J2リーグ延期分の2試合が各地で行われた。 台風8号の影響で延期となった第31節、12位・水戸ホーリーホックvs13位・東京ヴェルディはケーズデンキスタジアム水戸で行われ、1-2でアウェイの東京Vが勝利を収めた。 21分にセットプレーから阪野豊史の2試合連続ゴールで東京Vが先制するも、水戸は8分後に唐山翔自の今季初得点で試合を振り出しに戻した。 以降は同点のまま推移すると、終盤に東京Vが速攻から勝ち越しゴールを挙げる。一度はボールを失うも高い位置で奪い返して右サイドへ展開すると、深澤大輝が推進力溢れるドリブルで縦に仕掛けて浮き球のクロス。ファーサイドのライン上ギリギリから奈良輪雄太が執念で折り返し、佐藤凌我が胸で押し込んだ。 終盤の劇的ゴールで水戸を振り切った東京Vが、リーグ戦8試合ぶりの白星を手にしている。 8月25日に開催が予定されつつ、新型コロナウイルスの影響で延期となったV・ファーレン長崎vs栃木SCの一戦は、痛み分けとなった。 J1参入プレーオフ出場圏内を狙う8位・長崎と、残留が懸かる18位・栃木。長崎はカウンターから植田啓太にゴールを許し、追い掛ける展開となったが、64分に途中出場の大竹洋平のクロスから植中朝日が相手GKと交錯しながらもヘディングを沈めて同点に。終盤には互いに決定機を迎えながら、両守護神のセーブもあって以降はスコアが動かず。1-1で勝ち点「1」を分け合っている。 ◆明治安田生命J2リーグ第31節延期分 水戸ホーリーホック 1-2 東京ヴェルディ 【水戸】 唐山翔自(前29) 【東京V】 阪野豊史(前21) 佐藤凌我(後43) ◆明治安田生命J2リーグ第33節延期分 V・ファーレン長崎 1-1 栃木SC 【長崎】 植中朝日(後19) 【栃木】 植田啓太(前37) 2022.09.21 21:43 Wed
twitterfacebook
thumb

初のJ1昇格目指す3位岡山、長崎に3発快勝! 暫定ながら2位と勝ち点差「2」に【明治安田J2第37節】

17日、明治安田生命J2リーグ第37節のファジアーノ岡山vsV・ファーレン長崎がシティライトスタジアムで行われ、ホームの岡山が3-0で勝利を収めた。 3位の岡山は今節を含めて残り6試合で2位の横浜FCとの勝ち点差は5と、J1自動昇格圏を射程に。この一戦で是が非でも勝ち点3を積み上げ、少しでも差を縮めておきたいところだ。 その岡山は24分、右CKの流れからこぼれ球をヨルディ・バイスがボックス中央で拾い、ワントラップから左足ボレーを放つが、このシーンは長崎GK富澤のビッグセーブに遭う。 対する長崎は前半のうちに数的不利に。25分に1枚目のイエローカードを提示されていたクレイソンが直後の27分、プレーが止まっていた際にボールを主審に当ててしまい、痛恨の2枚目を提示された。 数的優位に立った岡山はアディショナルタイムに先制点。相手のハンドでPKを獲得すると、キッカーを務めたヨルディ・バイスが右足で冷静にネットを揺らした。 後半はこう着状態が続いた中、70分に岡山に追加点。自陣から長崎の最終ライン背後にロングボールが入り、チアゴ・アウベスがボックス手前でDFに競り勝ち回収。最後は飛び出してきたGKの頭上を越す左足ループシュートを流し込んだ。 75分には勝利を決定づける3点目。徳元が左サイドからセンタリングを供給し、ゴール前に走り込んだミッチェル・デュークがDFと競り合いながらも強烈なヘディングを叩き込んだ。 岡山は3-0で長崎に勝利。この結果、2位との勝ち点差を暫定で2ポイントまで縮めた。 ◆明治安田生命J2リーグ第37節 ▽9/17(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 3</span>-0 V・ファーレン長崎 ▽9/18(日) ベガルタ仙台 vs 徳島ヴォルティス ブラウブリッツ秋田 vs ザスパクサツ群馬 モンテディオ山形 vs ジェフユナイテッド千葉 FC町田ゼルビア vs 東京ヴェルディ 横浜FC vs ヴァンフォーレ甲府 アルビレックス新潟 vs 水戸ホーリーホック ツエーゲン金沢 vs 大分トリニータ FC琉球 vs レノファ山口FC 大宮アルディージャ vs 栃木SC ロアッソ熊本 vs いわてグルージャ盛岡 2022.09.17 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

「頭が真っ白になりました」長崎MF秋野央樹が今年2度目の手術…左大腿直筋肉離れで全治6カ月

V・ファーレン長崎は13日、MF秋野央樹の手術を発表した。 クラブの発表によると、秋野は左大腿直筋肉離れと診断。8日に手術を受け、全治6カ月と発表した。 秋野はクラブを通じてコメントしている。 「今年2度目の手術、長期離脱になります。この2シーズン、チームの力になることができず申し訳ないですし、とても悔しいです」 「今回病院で診断を受けた時も、頭が真っ白になりました。しかし、自分以上に長期離脱をしている仲間、何回手術をしてもピッチで活躍している仲間を見てきたので、自分だけ下を向いてはいけないと思いました」 「6月の天皇杯の鹿児島戦。あの光景、あの時の拍手は、僕の心の中に深く刻まれています。あれほど多くのサポーターが待ってくれていると思うと、長いリハビリも頑張れます。今できることを全力で。必ずパワーアップしてピッチに戻ります」 「今シーズンも残りわずかになりました。選手には皆さんの力が必要不可欠なので、引き続き応援よろしくお願いします」 秋野は今年1月に右腓骨筋腱炎の手術を受けて全治3カ月と診断。今シーズンはリーグ戦1試合の出場に終わっていた。 2022.09.13 15:20 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly