「簡単そうに見えて結構難しい」今季リーグ戦初出場の鎌田大地のゴールが技ありと話題「こういうのふかしがち」

2022.08.15 22:52 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表MF鎌田大地が好調を維持している。

今シーズンはチームの戦力が変わったこともあり、ボランチでの起用が見込まれる鎌田。シーズン初戦となったDFBポカール1回戦のマグテブルク戦では2ゴールの活躍を見せていた。

しかし、5日に行われたブンデスリーガ開幕節のバイエルン戦はベンチスタートとなると出番なし。チームも1-6で惨敗するという事態に。それでも、10日に行われたレアル・マドリーとのUEFAスーパーカップにはフル出場していた。

そんな中迎えた13日の第2節ヘルタ・ベルリン戦ではボランチで先発出場。リーグ戦でも出番を得た鎌田だったが、開始3分でミス。ハーフウェイライン付近でダイレクトでバックパスを試みたところ、これがミスキックとなり相手にボールを奪われ、そのまま先制ゴールにつなげられてしまった。

痛恨のミスで失点に関与した鎌田だったが、迎えた48分に帳消しにするゴールを見せる。

前線からのプレスで相手からボールを奪ったランダル・コロ・ムアニがドリブルで持ち込むことに。ボックスに差し掛かったところでスペースに横パスを出すと、猛然と走り込んだ鎌田が落ち着いてダイレクトシュート。ゴール右に決めてみせた。

これにはファンも「よく決めた」、「簡単そうに見えて結構難しい」、「カッコ良い」、「こういうのふかしがち」と称賛のコメント。ここから出番を重ねて、結果を残していけるのか注目が集まる。

1 2

関連ニュース
thumb

鎌田&長谷部フル出場のフランクフルト、10人になりながらも首位ウニオンに快勝《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第8節、フランクフルトvsウニオン・ベルリンが1日に行われ、2-0でフランクフルトが快勝した。フランクフルトのMF鎌田大地とDF長谷部誠はフル出場、ウニオンのMF原口元気はベンチ入りも出場機会はなかった。 代表ウィーク前の前節、鎌田の直接FK弾始め、全3ゴールに絡む活躍でシュツットガルトに快勝とした7位フランクフルト(勝ち点11)は代表戦でもゴールを挙げた鎌田がボランチで先発。公式戦連勝に貢献した長谷部も3バックの中央でスタメンとなった。 一方、スタートダッシュに成功して首位に立つウニオン(勝ち点17)は原口が6試合ベンチスタートとなった。 立ち上がりのウニオンの圧力を受け止めたフランクフルトは12分に先制する。コロ・ムアニが右サイドを突破してボックス右へ侵入。マイナスに折り返したクロスをゲッツェが確実に決めきった。 先制したフランクフルトが流れを掴む中、ウニオンは28分にハベラーのミドルシュートでゴールに迫るもGKトラップのセーブに阻まれる。 すると42分、フランクフルトに追加点。敵陣でボールを奪ったリンドストロームがボックス左に侵入。カットインからシュートを決めきった。 迎えた後半、55分のピンチを守護神トラップの好守で凌いだフランクフルトが主導権を渡さずに時間を進めていく。 69分にコロ・ムアニが2枚目のイエローカードを受けて退場となり、10人となったフランクフルトだったが、ウニオンの反撃を許さずに2-0のまま勝利。代表ウィーク前の好調を持続し、公式戦3連勝とした。 2022.10.02 00:26 Sun
twitterfacebook
thumb

日本代表を電撃訪問の長谷部誠、4大会ぶり外から見るW杯に「代表が躍動している姿を見たい」

フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠が27日公開のJFATVに登場。指導者として時間や、現代表への期待感を述べた。 今シーズンもフランクフルトで重要な役割を務めながら、一方で、指導者としてのキャリアに向けても準備を進めている長谷部。チームのオフ期間を利用してドイツ遠征中の日本代表を電撃訪問した。 これまでともに日の丸を背負ってきたGK川島永嗣(ストラスブール)やDF長友佑都(FC東京)をはじめ、大歓迎を受けた元キャプテン。22日からの3日間限定帯同ながら、長谷部自身も濃密な時間を過ごせたと感じているようだ。 「(この3日間は)すごい充実していましたね。個人的にも多くの選手、監督、コーチングスタッフとコミュニケーションを取らせていただいて、すごく自分にとっても大きな時間になりましたし、日本代表チームがワールドカップ(W杯)で結果を出してくれるというものを強く感じることができました」 長谷部にとっても、初めて指導者目線で参加する日本代表活動。メンバー選考が頭をよぎる選手心理も踏まえつつ、チームとしても高い集中力を持ってトレーニングに臨めていると分析した。 「もちろん、選手それぞれこの時期はW杯メンバーに入りたいというアピールの場でもある中で、チームとしては今回のワールドカップは準備期間がほとんどないので、その中でこの9月最後の代表ウイークというのは非常に大切な時間なので、そこのバランスは難しいと思いますけど、ただ、選手もみんな、(試合に)出ている選手だけでなく、出ていない選手もしっかりとチームのために集中してトレーニングもしているし、サポートもしているし、そういうのはトレーニングを見ていればわかるもので、そういう意味では素晴らしい人間性を持った選手たちが揃っているなと感じました」 2010年の南アフリカ大会以降、3大会に出場した長谷部にとって、今回のカタールW杯は十数年ぶりに外から見つめる大会となる。本大会では「日本代表チームが躍動している姿を見たいですね」とはじめ、「期待したいと思います」と力強く締め括った。 「結果というものが一番大事ではありますけど、ただ自分たちがこれまで積み上げてきたものを勇気を持って、受け身になるんじゃなくて、そういうものが出せれば間違いなくいい戦いができると思いますし、相手は強いチームがたくさんいますけど、彼らだったらできると思う。期待したいと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】3日間の帯同を終えた長谷部誠、充実感と現代表への期待を語る</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Q3mFZZiMAo4";var video_start = 525;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/?start=525" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2022.09.27 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「さすがの風格」「監督とGKコーチの図」川島永嗣が帯同中の長谷部誠との2ショットにファンも感激「なんの違和感もなくいる」

ドイツ遠征中の日本代表。その中で1つの話題となっているのが、電撃訪問した元日本代表キャプテンのMF長谷部誠だ。 今シーズンもフランクフルトで現役を続け、チームの重要な役割を務めている長谷部。一方で、指導者としての引退後のキャリアに向けても準備を進めている。 そんな中、長谷部はドイツでトレーニングキャンプを行っている日本代表の活動に参加。指導者として3日間チームに帯同することとなった。 2018年のロシア・ワールドカップが終わってから、初めての日本代表に関わった長谷部。4年ぶりとなるはずだが、全くもって違和感がない。 その姿には、これまで長らく共に日本を支えてきたGK川島永嗣(ストラスブール)も思わずインスタに投稿。「なんの違和感もなくいる」といじった。 日本代表のウェアを纏った2ショットを久々に見たファンは「違和感ない」、「さすがの風格」、「久々の光景」、「最高のツーショット」、「二人が並んでると嬉しい」と、久々の光景に喜びの声が集まった。 また、「むしろ長谷部コーチくらいの貫禄」、「もはや監督」、「監督とGKコーチの図」とコメント。互いにまだ現役としてプレーしているが、数年後にはこの姿を拝める日が来るだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】将来の日本代表で見たい光景!?</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Ci5-1-4sRgk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Ci5-1-4sRgk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Ci5-1-4sRgk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">川島永嗣 Eiji Kawashima(@eijikawashima01)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.25 20:45 Sun
twitterfacebook
thumb

先制ゴールの鎌田大地「もう少し早めに2点目を取れれば」と反省もゴールに喜び「日本代表でのゴールは格別」

日本代表のMF鎌田大地(フランクフルト)が、アメリカ代表戦の勝利を振り返った。 23日、日本はドイツのデュッセルドルフで行われたキリンチャレンジカップ2022でアメリカと対戦した。 カタール・ワールドカップまで2カ月、メンバー発表前の最後の2試合となった今回の活動。日本は、[4-2-3-1]のシステムでアメリカに臨んだ。 試合は立ち上がりから日本が主導権を握ると、鎌田のゴールで先制。一度はオフサイドで取り消されたが、VARチェックの結果認められて先制した。 その後も日本がペースを握ると、選手交代をしながらも危なげなく戦う展開に。鎌田は先制のシーン以外にも何度か決定機を迎えたが、GKマット・ターナーの好セーブを前にゴールを奪えなかった。 それでも、終盤には途中出場の三笘薫もゴールを決めて、2-0で日本が勝利を収めている。 試合後のフラッシュインタビューに臨んだ鎌田は「今日僕自身、凄い得点チャンスが多かったので、決められて良かったですが、もう少し早めに2点目を取れれば、チームは楽になれてたと思います」とコメント。「点は取れて良かったですが、もう少し、シュートを決められるようにならなければと思います」と、決定機をもっと決めたかったとした。 自身もプレーするドイツでの日本代表としてのゴールについては「ドイツだけじゃなく、場所はどこでも日本代表でのゴールは格別です」と語り、「ゴールが取れて良かったです」と、今季の好調ぶりを日本代表でも示たことを喜んだ。 日本は27日にエクアドル代表と対戦。メンバー発表前のラストマッチを戦う。 <span class="paragraph-title">【動画】鎌田大地がダイレクトシュートで日本が先制!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/jfa_samuraiblue?ref_src=twsrc%5Etfw">@jfa_samuraiblue</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://t.co/o6Zsc7P55h">pic.twitter.com/o6Zsc7P55h</a></p>&mdash; フジテレビサッカー (@cxfootball) <a href="https://twitter.com/cxfootball/status/1573295973287137281?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.24 00:15 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナルがフランクフルトの主力MFリンドストロームに関心か?

アーセナルが、フランクフルトのデンマーク代表MFイェスパー・リンドストローム(22)の獲得に関心を示しているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 『ビルト』によると、デンマーク代表として5キャップを刻むフランクフルトの主力MFに対して、アーセナルは今冬の獲得を考慮して代理人やクラブ間ですでに接触を図っているという。また、現時点でフランクフルトは移籍金1700万ポンド(約28億3000万円)以上を要求する構えだという。 その一方で、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は、リンドストロームに関して現時点で具体的な動きを見せているクラブはないと主張。さらに、ユベントスやローマといったセリエA勢が頻繁にスカウトを派遣しているという。 母国クラブのブレンビーの下部組織出身のリンドストロームは、2018年11月のデンマーク・カップでトップチームデビュー。2020-21シーズンはリーグ戦29試合の出場で10ゴール11アシストという見事な成績を残し、クラブの16年ぶりのリーグ優勝に貢献した。 昨夏に加入したフランクフルトでは、開幕から2シャドーの一角でレギュラーに定着すると、ブンデスリーガ29試合5ゴール5アシストの活躍をみせ、リーグ選出のルーキー・オブ・ザ・シーズンを受賞。さらに、ヨーロッパリーグ(EL)では9試合4アシストの数字を残し、悲願のタイトル獲得の立役者の一人となった。 キャリア初期にセントラルMF、10代後半からウイングやセンターフォワードでのプレーも経験しており、組み立てからフィニッシュまで一手に担うことが可能なアタッカー。 ストライカー並みの飛び出しや決定力、プレーメイカーらしいライン間でボールを引き出してからのラストパスや個での打開と“多才”という言葉が最も似合う万能型だ。182cmとサイズは十分も、筋肉量やフィジカル面には伸びしろを残している。 2022.09.23 06:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly