八戸のFW萱沼優聖が右上腕骨骨折で全治1カ月

2022.08.15 10:39 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ヴァンラーレ八戸は15日、FW萱沼優聖の負傷を発表した。

クラブの発表によると、萱沼は7月31日に負傷したとのこと。八戸市内の病院で検査を受けた結果、右上腕骨骨折と診断。全治は1カ月とのことだ。

今シーズン鹿児島ユナイテッドから加入した萱沼は、ここまで明治安田生命J3リーグで18試合に出場し1得点を記録していた。


関連ニュース
thumb

八戸、25試合出場の服部一輝が1年で退団 「これからもポジティブにやっていきます!」

ヴァンラーレ八戸は27日、GK服部一輝(27)の契約満了を発表した。 かつてFC東京のアカデミーにも在籍した服部は明治大学、カターレ富山、カマタマーレ讃岐、福島ユナイテッドFCを経て、八戸に今季入団。明治安田生命J3リーグの25試合でプレーしたが、1年で退団の運びとなった。退団を受け、別れの挨拶をしている。 「ヴァンラーレ八戸を退団することになりました。J2昇格を掲げシーズンをスタートしたにも関わらず10位という不甲斐ない結果に終わってしまい、大変申し訳なく思っています。ただ、後半戦からは皆さんが楽しい!と思って頂けるような試合が少しは出来たのではないかとも思っています」 「僕はまだまだ上手くなれる。絶賛成長中です! 自分を信じてこれからもポジティブにやっていきます! 来シーズンのヴァンラーレ八戸に関わる皆さんが幸せなシーズンを送れることを願っています! ヴァンラーレ八戸を応援してくださった皆様、1年間という短い間でしたがありがとうございました!」 2022.11.27 11:20 Sun
twitterfacebook
thumb

八戸、来季監督に石崎信弘氏 「J3優勝、J2昇格を目標に」

ヴァンラーレ八戸は26日、来季の監督に石崎信弘監督(64)が就任する旨を発表した。 八戸では志垣良監督が今季をもって退任。指揮官の座が空席となるなか、今季途中までカターレ富山を率いた石崎氏の就任が決まった。 かつて大分トリニータなど複数のJリーグクラブで監督を歴任し、経験豊富な石崎監督はクラブ公式サイトで意気込みを語っている。 「ヴァンラーレ八戸のファン、サポーター、スポンサーの皆さん、来シーズンの監督の依頼を頂いた石﨑です。私自身監督を始めた東北の地でまた監督が出来る事を光栄に思っています。来シーズンはJ3優勝、J2昇格を目標にチーム、サポーター、スポンサーが一体となって戦って行きましょう。よろしくお願いします」 2022.11.26 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

「めっちゃ良い」「パンツにもグラフィックが」八戸が新ユニフォームを発表、「蕪島エリアの波とウミネコ」をモチーフ「いいセンス!」

ヴァンラーレ八戸とヒュンメルは20日、2023シーズンの新ユニフォームを発表した。 Jリーグに入会し4年目のシーズンを迎えた八戸。今シーズンは全日程を終え、14勝1分け19敗の10位でフィニッシュ。過去最高タイの成績に終わった。 その八戸は、新シーズンのユニフォームを発表。「青森県八戸市の蕪島エリアの波とウミネコ」をモチーフにしたデザインとなった。 「青森県八戸市の海」がテーマとなっており、青森県東部に位置し、太平洋に面した八戸市は、漁港として栄え、その海の守り神として信仰されてきたのが、蕪島にある蕪嶋神社だ。 毎年3月から8月にかけて、3万羽のウミネコが飛来する繁殖地になっている蕪島周辺をイメージし、穏やかな波とその上空を飛ぶウミネコを浮世絵風にデザイン。ヴァンラーレカラーであるグリーンの海がユニフォーム全体に広がっている。 また、国の天然記念物にも指定されるウミネコのクチバシをイメージし、シャツの首元は赤と黒のツートーンになっている。 さらに、「かぶあがりひょうたんお守り」が人気を博している蕪嶋神社にあやかり、ヴァンラーレ八戸がJ2昇格を目指して、株を上げていくようにと願った1枚となっている。 ホームはグリーン、アウェイはホワイト。GKのホームはレッド、アウェイはイエローとなっている。 ファンは「良いデザイン!」、「めっちゃ良い!!!!」、「パンツにもグラフィックが」、「いいセンス!」と高評価のコメントを寄せている。 <span class="paragraph-title">【写真】ヴァンラーレ八戸の新ユニフォームデザイン</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/hunmel221120_vanrare_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/hunmel221120_vanrare_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/hunmel221120_vanrare_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/hunmel221120_vanrare_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/hunmel221120_vanrare_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/hunmel221120_vanrare_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/hunmel221120_vanrare_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/hunmel221120_vanrare_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.11.20 20:35 Sun
twitterfacebook
thumb

八戸GK小池大喜が加入1年で退団 「こんなにも早くお別れの時が来るとは…」

ヴァンラーレ八戸は19日、GK小池大喜(25)の契約満了を発表した。 小池は大宮アルディージャの下部組織出身で、東洋大学を経由してブラウブリッツ秋田に入団。さらに、Y.S.C.C.横浜でのプレーを挟み、今季から八戸に活躍の場を移した。 だが、その今季は明治安田生命J3リーグの残り1試合というなかで出番なし。1年間で退団する運びとなった。クラブを通じて別れの挨拶をしている。 「今シーズン限りで、ヴァンラーレ八戸を退団することになりました。なかなかピッチ上でチームの勝利に貢献することができず、そのチャンスを得られなかったことは、自分の力不足を感じています。どんな時でも、暖かい言葉・応援で勇気を与え続けてくださったファン・サポーターの皆様には感謝の気持ちでいっぱいですし、それと同時に期待してくださった方々には、その期待に応えることができず申し訳なく感じています」 「僕自身、このクラブ、ファン・サポーターの皆様、八戸の街、八戸の子供たちのことが大好きでしたし、この先もっと長くヴァンラーレ八戸のために闘いたい、貢献したいと思っていました。こんなにも早くお別れの時が来るとは思っていなかったので、悲しいし、寂しいし、悔しいです。僕のこれから先のことはまだ何も決まっていませんが、どんな形であれサッカーに携わっていると思うので、少しでも気にかけていただけたら幸いです」 「最後にこの場をお借りして。アリーナ校のスクール、出張スクールで一緒にサッカーをした幼稚園・保育園のみんなへ。だいきコーチはみんなとの時間が本当に大好きでした。日々の練習で上手くいかず、心が沈んでいる時、みんなと一緒にサッカーをして、遊んで、楽しくお話をすることが心の支えとなっていました。みんなの無邪気な笑顔を見ると、だいきコーチも自然と心から笑顔になっていました」 「来年からみんなと会えなくなると思うと、とても寂しいけれど、みんなが立派なお兄さん・お姉さんになっていくことを願っているし、応援しています。頑張れ! 1年間、たくさんの笑顔や感動、新たな生きがいを与えてくれて、本当にありがとう! ヴァンラーレ八戸に関わる全ての皆様、1年間本当にありがとうございました!」 2022.11.19 18:36 Sat
twitterfacebook
thumb

J3八戸がDF佐藤和樹、MF坪井一真、MF宮尾孝一、DF小林大智と契約満了

ヴァンラーレ八戸は18日、DF佐藤和樹(29)、MF坪井一真(23)、MF宮尾孝一(29)、DF小林大智(23)との契約満了を発表した。 佐藤は名古屋グランパスの下部組織出身で、名古屋の他、水戸ホーリーホック、カターレ富山、福島ユナイテッドFCでもプレーした。 八戸には、3シーズン半在籍。J3で通算81試合6得点、天皇杯で2試合に出場した。 坪井はセレッソ大阪の下部組織出身で、近畿大学から2021年に入団。2シーズンでJ3通算23試合、天皇杯3試合2得点を記録した。 宮尾はY.S.C.C.横浜、FC今治でのプレーを経て今季加入。J3で23試合に出場していた。 小林は桃山学院大学から2021年に入団。2シーズンでJ3通算14試合、天皇杯で1試合に出場していた。 4選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF佐藤和樹 「ヴァンラーレを愛する全ての皆様へ」 「今シーズンでヴァンラーレ八戸を離れる事になりました。そう言ってから半年で、「ただいま!」と帰ってきた事もありましたが、、佐藤和樹のヴァンラーレ八戸での旅はここでおしまい。悲しいし、悔しいし、寂しいけど今度は正真正銘のお別れのようです」 「正直な所、この文章を書きながらも未だ気持ちの整理がついていないところがあります。それくらい3年半と言う短い時間ではありましたが、自分が思うよりもヴァンラーレ八戸、八戸の皆さん、八戸と言う土地に愛着を持っていたんだなと感じております」 「もっとヴァンラーレ八戸のためにピッチに立ちたかったし、応援してくれる人に恩返しをしたかったと言うのが本音ではありますが、サッカー選手は必要ないと言われればそれまでです」 「ただ今この文章を読んで悲しんでくれている方が1人でもいるとしたら僕のこれまでの取り組みが報われる気がしています」 「僕にとってここでの時間は、たくさんの人に支えられて応援されて、本当に幸せな時間でした。たくさん笑ったし、たくさん悔しがったし、たくさん魚釣ったし、たくさんイタズラしたし、とにかく僕は八戸で人としても選手としてもたくさん成長する事が出来ました!」 「僕に関わってくれた全ての方に感謝しています。本当にありがとうございました!」 「幸いにも感謝の想いを背負ってピッチに立てるチャンスがあと1試合。しかも僕の大好きなプライフーズスタジアムであります。そこに向けてプロとして当たり前のように最高の準備をしていきます。皆さん日曜日スタジアムで待ってます!!」 ◆MF坪井一真 「この度ヴァンラーレ八戸を退団することになりました。今は悔しい気持ちと八戸を離れるとゆう寂しい気持ちです。ヴァンラーレの一員として過ごした2年間でサッカー選手としても一人の人間としても大きく成長することが出来ました」 「八戸で沢山の人に出会いました。自分に声をかけてくれ、応援してくれた方々には感謝しかありません。人生は一度きりです。泣いても笑っても人生は続きます。僕は八戸での経験を絶対に次に活かすと胸に誓います!」 「来年はどうなるか分かりませんが、自分らしく頑張りますので、少しでも気にしていただけると嬉しいです。ヴァンラーレ八戸に関わる皆様、2年間ありがとうございました」 ◆MF宮尾孝一 「まず初めに今シーズンどんな時も八戸の為に共に闘い、支えてくださったファン、サポーター、八戸ファミリーの皆さん1年間ありがとうございました」 ・ホーム開幕戦で今シーズン初勝利をしたあの瞬間。 ・初勝利後の前半戦中々勝てず、長く苦しい想いを共にしたあの時。 ・シーズン途中で監督交代となってしまった責任。 ・その後、後半戦新監督のもと、変化と積み上げを表現し少しずつ目に見える結果をファン、サポーターの方々と共有してきた日々。 ・そして、その集大成を今週末ホームで魅せるチャンスがある今。 「こうした出会いや経験、チャンスはこのクラブだからこそ出来たことですし、この何れもが僕にとっては大きな財産です」 「紆余曲折あったシーズンだったからこそ、最後はヴァンラーレ八戸に関わる全ての方々、自分達を信じて真っ直ぐに全てをピッチの上で表現し共に闘いきりたいと思っています!」 「この1年間、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ただ、まだ最後の1試合があるので感謝の気持ちは最終戦勝った後に直接伝えさせてください」 「最後まで多くの方と共に闘える事を楽しみにしています。是非、プライフーズスタジアムまで足を運んでください!共に闘いましょう。必ず勝ちます!」 ◆DF小林大智 「今シーズンをもちましてヴァンラーレ八戸を退団することになりました。大学を卒業し、プロサッカー選手としてスタートした昨シーズンでしたが、シーズン序盤での怪我による長いリハビリ生活の時にはサポーターの方々の温かいメッセージがとても心の支えとなり、今シーズンピッチに戻ることができました」 「また、ピッチの上でチームに貢献する姿を見せることで感謝の気持ちを伝えたかったのですが、あまり貢献することができず悔しい2年間となりました。それでも、八戸で過ごした2年間は本当に素晴らしい時間でした」 「最後に、チームスタッフ、チームメイトの皆さん、生意気な僕をいつも可愛がっていただきありがとうございました。そして、八戸で出会った全ての方々が優しく、離れるのは寂しいですが、次のステージでも頑張りますので、今後も応援よろしくお願いします!2年間本当にありがとうございました。」 2022.11.18 23:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly