伊東&オナイウが途中出場でデビュー! 南野と川島も今季初のベンチ入り【リーグ・アン日本人選手】

2022.08.15 06:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーグ・アン第2節が今週末に行われた。

今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズのFWオナイウ阿道、モナコとスタッド・ランスに加入したFW南野拓実、FW伊東純也の3選手が新たに参戦。

開幕節ではオナイウが唯一のベンチ入りを果たしたものの、負傷を抱える3選手と共に出番なしに終わっていた。しかし、今回の第2節では伊東とオナイウがいずれも途中出場でリーグ・アンデビューを飾った。

筋肉系の問題でマルセイユとの開幕戦で招集外となった伊東はホーム開幕戦となったクレルモン戦で初のベンチ入り。チームは立ち上がりから優勢に試合を運んでドゥンビアとバログンのPKによる2点を先行。しかし、後半立ち上がりにアグバドゥが軽率な対応で一発退場に。さらに、直後にはハンドで与えたPKを決められて1点を返されると、試合の流れが大きく変わってしまった。

62分にもセットプレーからアンドリッチに2点目を奪われて追いつかれると、72分にも相手セットプレーのサインプレーからムハメド・チャムに見事なミドルシュートを突き刺され、逆転を許した。この失点直後の76分にマツシワに代わって投入された伊東は、右サイドハーフに入った。だが、チームは伊東の投入直後に4点目を奪われる。その後、ホームで負けられないスタッド・ランスは反撃を見せて、伊東も終盤に入ってサイドや中央でボールに触る回数を増やしたが、数的不利の影響は大きくさしたる見せ場を作れぬままタイムアップを迎えた。伊東がデビューを飾ったものの、チームは2試合連続4失点を喫しての連敗スタートとなった。

一方、オナイウはトロワとのアウェイゲームで2試合連続のベンチスタート。前半に相手のオウンゴールで先制に成功したトゥールーズは、後半立ち上がりにもかつてアルビレックス新潟に在籍したラファエル・ハットンのゴールで追加点を奪取。オナイウは2点リードの76分にそのラファエル・ハットンのとの交代でリーグ・アンデビュー。右ウイングに入ったオナイウは攻撃面で目立ったプレーはなかったものの、守備時は低い位置まで下りてディフェンスラインをサポートするなど献身的なプレーを披露。その後、チームはヒーリーがトドメの3点目を決め、敵地で0-3の快勝。1部復帰2戦目にしてリーグ・アン初勝利を手にした。

開幕節は筋肉疲労を考慮されてベンチ外となった南野は、ホーム開幕戦となったスタッド・レンヌ戦ではベンチスタート。PSVとのチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦での低調なパフォーマンスを払しょくしたいところだが、この試合では前半にチームが退場者を出した影響でチームが守備的な戦いを余儀なくされ、最後まで出番は訪れず。それでも、チームは難敵相手にドロースタートとなった。

川島はモナコとの開幕戦を肩のケガの影響で欠場したが、ニースとのアウェイゲームで今季初のベンチ入りを果たした。なお、チームは1-1のドローで試合を終えて今季初の勝ち点を手にしている。

★南野拓実[モナコ]
▽8/13
モナコ 1-1 スタッド・レンヌ
◆ベンチ入りも出場なし

★オナイウ阿道[トゥールーズ]
▽8/14
トロワ 0-3 トゥールーズ
◆76分から途中出場

★伊東純也[スタッド・ランス]
▽8/14
スタッド・ランス 2-4 クレルモン
◆76分から途中出場

★川島永嗣[ストラスブール]
▽8/14
ニース 1-1 ストラスブール
◆ベンチ入りも出場なし


関連ニュース
thumb

蔚山現代のMF天野純が急遽2試合出場停止に、今季9ゴールも優勝争う中で最終節まで欠場

蔚山現代のMF天野純が、シーズン終盤に追加の出場停止を課せられることとなった。 韓国プロサッカー連盟は5日、第17回賞罰委員会を開き、天野に対する2試合の出場停止処分を課すことを発表した。 連盟の発表によると、1日に行われたKリーグ1(韓国1部)第34節の仁川ユナイテッド戦で、天野は31分に相手選手と接触。ボールを奪う過程で、ヒザを強く踏むという反則を犯していた。 主審は天野に対してイエローカードを提示。しかし、天野のプレーは、相手の安全を脅かす反則行為に対し、退場にすべきだったと評価。天野に2試合の出場停止を課すことが発表された。 天野は提示されたイエローカードにより8日に行われる全北現代モータース戦が出場停止になっていた。 しかし、追加で2試合の出場停止を受けたことで、11日の浦項スティーラース戦、16日の江原FC戦も欠場することに。23日の最終節済州ユナイテッド戦まで復帰ができないこととなった。 天野は横浜F・マリノスからレンタル移籍で蔚山に加入。ここまでKリーグ1では29試合で9ゴール1アシスト。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも5試合で2ゴール1アシストの活躍を見せていた。 蔚山現代は今シーズンのKリーグ1で現在首位。2位の全北現代とは勝ち点差が「5」となっており、残り4節で優勝を争っている。 <span class="paragraph-title">【動画】天野純の最新ゴールはこれだ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJrbjFjN3JGSCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.10.07 14:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「カタールで一緒にプレーしたい」田中碧が同僚のU-21ドイツ代表MFを日本代表に推薦、「監督に聞かれたら素晴らしい選手と答える」

日本代表MF田中碧が、デュッセルドルフの同僚を日本代表に推薦した。ドイツ『ビルト』が伝えた。 カタール・ワールドカップ(W杯)に向けたアジア最終予選で本格的に日本代表に招集されると、[4-1-4-1(4-3-3)]のシステムにフィット。崖っぷちのオーストラリア代表戦ではいきなりゴールを決める活躍を見せると、信頼を得てその後の最終予選で起用され続け、W杯の切符獲得に大きく貢献した。 東京五輪世代として注目され、デュッセルドルフへと移籍。2年目の今シーズンも2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)で9試合に出場し1ゴール1アシストを記録している。 W杯まで残り1カ月ちょっと。ケガをしなければ、メンバー入りはほぼ確実と見られている田中だが、チームメイトを日本代表に推薦した。 それはMFアペルカンプ真大(21)。日本にルーツを持ちながら、U-21ドイツ代表に招集される実力の持ち主。しかし、本人は日本代表入りを望んでいることを語っている。 「僕はそれを隠したことは一度もありません。日本のためにプレーしたいです。しばらく様子を見たいと思います。ただ、現実的に考えれば、W杯のメンバーの中心は揃っています」 U-17、U-18の日本代表でもプレー経験のあるアペルカンプ真大。その才能はドイツでも認められている。 今シーズンは2.ブンデスリーガで10試合に出場し3ゴール4アシストを記録。1日のアルミニア・ビーレフェルト戦では、田中と揃ってゴールを決め、その田中のゴールをアシストしていた。 攻撃的なポジションでプレーするアペルカンプ真大だが、田中は日本代表に推薦。W杯は難しいかもしれないが、将来的には一緒にプレーしたいと望み、森保一監督に聞かれれば推薦したいと語った。 「カタールで真大と一緒にプレーしたいです。彼とはとても仲が良いので、僕にとっても良いことです」 「監督に聞かれたら、真大は素晴らしい選手だと答えるでしょう。でも彼はまだ若いし、簡単にはいかないと思います」 チームメイトとしても仲の良い2人。良さを知るだけに、日本代表でもプレーできるレベルだと感じているところだろう。ただ、どうしても守りたいこともあるようで、そのことを明かした。 「でも、真大が来ても1人部屋は守りたいですね」 残り1カ月。ここで招集されればビッグサプライズとなるが、将来的に日本代表でもプレーできることを期待したいところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】これが田中碧も称賛するアペルカンプ真大の実力!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="UkhyvyOQ21Y";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.07 13:12 Fri
twitterfacebook
thumb

「W杯出場は僕の夢」室屋成が語るW杯、妻も気に入るハノーファーとの契約延長にも言及「とても居心地が良い」

ハノーファーに所属する日本代表DF室屋成が、自身の去就や最近の出来事を語った。ドイツ『ビルト』が伝えた。 2020年8月にFC東京から完全移籍でハノーファーに加入した室屋。ブンデスリーガでのプレー経験はなく、2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)でのプレーが続いている中、ここまで公式戦74試合で3ゴール11アシストを記録している。 今シーズンは攻撃的なポジションで起用されると、ここまで2.ブンデスリーガで9試合に出場し3ゴール1アシストと数字を残している。 その室屋はインタビューに答え、去就や今シーズンについて語っている。 まず気になるのは骨折した鼻。9月16日に行われたザントハウゼン戦で1ゴール1アシストの活躍を見せた中、試合終盤に鼻を骨折するアクシデントに遭っていた。 室屋は鼻について「トレーニングでマスクを試しましたが、試合では着用しないことにしました。視野が狭くて困りました」とコメント。バッドマンにはならなかった理由を明かした。 一方で、9月30日に行われたハンブルガーSVとの試合では、ゴールを決めながらも失点に絡み、チームは敗戦。7試合ぶりの黒星となっていた。 軽い守備が問題視された中、室屋も悔やんでおり「狙って行ったんですが、残念ながら手遅れでした。1-1を守り勝ち点を維持するには、ファウルの方が良かったかもしれません」と、軽い対応で抜かれて失点に絡んだことを反省した。 その室屋は、日本代表に呼ばれていた時期もあったが、昨年11月を最後に招集を受けていない。9月にドイツで行われた遠征にも不参加。事実上、カタール・ワールドカップ(W杯)の出場は難しいと言って良いだろう。 室屋は「デュッセルドルフで行われた2つの国際試合は、W杯前のオーディションの最後のチャンスでした。代表監督は僕を選びませんでした」とコメント。「良い面もあって、W杯に出なければ、家族と過ごす時間があると思います。ただ、もちろんW杯出場は僕の夢です。それは特別なことで、ハノーファーで良い成績を収めれば、将来必ず招集されると思います」と、代表への意欲を示した。 一方で、ハノーファーとの契約は今シーズン限りで満了。結果という点で期待に応えられていなかった室屋は放出候補だった中、今シーズンの活躍でクラブが考えを改めているという報道もある。 室屋は契約延長について「ここはとても居心地が良いです。ハノーファーでプレーするのは楽しいです。成長も想像できます」とコメント。「スポーツ面での成功に加え、家族が気持ちよく過ごせることも同じぐらい重要です」と、家族の環境としても居心地が良いことを明かした。 また「妻には『W杯に選ばれなかったら、休みに日本に帰りたいか?』と尋ねたんですが、彼女は『むしろここに居たい』と言いました。僕の家族がここでどれほど居心地が良いかを示す、これ以上の証拠はありません」と語り、ハノーファーに留まりたいと語った。 その室屋が尊敬するのはフランクフルトで活躍するMF長谷部誠。「38歳でチャンピオンズリーグでプレーし、あのパフォーマンスを示すのはとても印象的です。僕はとても尊敬しています」と、長らくドイツでプレーを続ける長谷部を称えた。 <span class="paragraph-title">【写真】室屋成のドイツでのオフショットたち</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Ci7kc3gj0rQ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Ci7kc3gj0rQ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Ci7kc3gj0rQ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Sei Muroya(@sei_muroya)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ChUhvnXjpFR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ChUhvnXjpFR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ChUhvnXjpFR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Sei Muroya(@sei_muroya)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.07 12:35 Fri
twitterfacebook
thumb

「いい顔してる」久保建英が出待ちのサポーターにウインク&ガッツポーズ! 信頼関係が話題「距離感が優しい」

日本代表MF久保建英はレアル・ソシエダのサポーターとも良い関係を築いているようだ。 6日、ヨーロッパリーグ(EL)グループE第3節でソシエダはアウェイでシェリフと対戦した。 マンチェスター・ユナイテッド、オモニア・ニコシアと連勝スタートを切ったソシエダ。アウェイゲームでは主導権を握りつつも苦しい展開となったが、我慢して戦い後半に2ゴールを記録。0-2で勝利し、3連勝スタートとなった。 久保もこの試合に先発フル出場。チームの勝利に貢献したが、クラブ公式ツイッターが久保の意外な瞬間を共有した。 クラブは、シェリフ戦に臨む前のホテルを出たところの久保の様子を投稿。出待ちをしていた男性ファン2人がいた中、1人の男性が「がんばれよ」というメッセージと思われるガッツポーズをしていた。 すると、ホテルから出てきた久保は、ウインクをしながらガッツポーズを返しており、その瞬間をカメラが捉えていた。 言葉を交わさずとも、ファンとのやり取りには信頼しあっている様子が感じ取れ、非常に良い関係を築いているようだ。 これにはファンも「いい顔してる」、「ウィンクしてるの可愛すぎる」、「ファンの距離感が優しい」とコメント。2人の間の見えない繋がりは、見る者に伝わるようだ。 シェリフ戦ではゴールやアシストは記録できなかったが、しっかりと貢献。週末のビジャレアル戦にも期待がかかる。 <span class="paragraph-title">【写真】シェリフ戦を前に久保建英がサポーターにウインク&ガッツポーズ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr">(@RealSociedad_JP) <a href="https://twitter.com/RealSociedad_JP/status/1578043003196907520?ref_src=twsrc%5Etfw">October 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.07 11:27 Fri
twitterfacebook
thumb

菅原フル出場のAZが打ち合いを制し3連勝! ビジャレアル、ウェストハム、フィオレンティーナらが順当に勝利《ECL》

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)グループステージ第3節が6日に欧州各地で行われた。 昨季と比較してやや地味な顔ぶれとなった今グループステージで唯一の日本人選手となる菅原由勢の所属するAZは、ホームでアポロン(キプロス)と対戦し3-2で勝利した。菅原はフル出場している。 ECL2連勝でグループE首位のAZは、16分にイェンス・オドゴールのゴールで先制。しかし、直後の19分にヨーステンにネットを揺らされ、1-1で前半を終える。 後半に入っても膠着状態が続く中、AZは62分にデ・ウィトのPKで勝ち越しに成功。その後、71分にカブラルのゴールで再び追いつかれたが、85分にケルケスのクロスをカールソンがヘディングで叩き込み、勝負あり。 壮絶な打ち合いを制したAZが3連勝でグループ首位をキープしている。 また、昨季チャンピオンズリーグ(CL)ベスト4で一昨季のヨーロッパリーグ(EL)王者であるビジャレアルは、ホームでオーストリア・ウィーン(オーストリア)と対戦。18分にバエナのゴールで先制したビジャレアルは、43分にもダンジュマがゴールネットを揺らした。 迎えた後半、ビジャレアルはバエナやコクラン、ジャクソンを下げてホセ・モラレス、キャプー、ロ・チェルソを投入。すると76分、80分、88分とホセ・モラレスが立て続けに3点を挙げハットトリックを達成。 結局、試合はそのまま5-0でビジャレアルが圧勝しECL3連勝を飾った。 その他、イングランドの名門ウェストハムはホームでアンデルレヒト(ベルギー)と対戦し1-0で勝利。イタリアの名門はフィオレンティーナはアウェイでハート(スコットランド)と対戦し3-0で完勝している。 ◆グループA ハート(スコットランド) 0-3 フィオレンティーナ(イタリア) FK RFS(ラトビア) 0-0 バシャクシェヒル(トルコ) ◆グループB アンデルレヒト(ベルギー) 0-1 ウェストハム(イングランド) シルケボー(デンマーク) 5-0 FCSB(ルーマニア) ◆グループC ビジャレアル(スペイン) 5-0 オーストリア・ウィーン(オーストリア) レフ・ポズナン(ポーランド) 0-0 ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) ◆グループD スロヴァコ(チェコ) 0-1 ニース(フランス) ケルン(ドイツ) 0-1 パルチザン(セルビア) ◆グループE AZ(オランダ) 3-2 アポロン(キプロス) ドニプロ-1(ウクライナ) 2-2 ファドゥーツ(リヒテンシュタイン) ◆グループF モルデ(ノルウェー) 3-0 シャムロック・ローバーズ(アイルランド) ヘント(ベルギー) 0-1 ユールゴーデン(スウェーデン) ◆グループG スィヴァススポル(トルコ) 3-4 バルカニ(コソボ) スラビア・プラハ(チェコ) 0-1 クルージュ(ルーマニア) ◆グループH バーゼル(スイス) 2-0 スロバン・ブラチスラヴァ(スロバキア) ピュニク(アルメニア) 0-2 ジャルギリス(リトアニア) 2022.10.07 06:25 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly