町田の選手2名が新型コロナ陽性…共に発熱

2022.08.14 18:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC町田ゼルビアは14日、トップチームの選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性診断を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、選手1名は12日に症状がなくチーム活動に参加。就寝前に倦怠感を感じたため体温測定し37.6℃の発熱が確認された。

13日にも37.4℃の発熱と倦怠感があり、医療機関にてPCR検査を実施し、陽性診断を受けたとのことだ。
また、もう1名は症状もなくチーム活動に参加。13日の練習前に行われたJリーグ規定の定期抗原定性検査を実施し陰性判定を受けた。

しかし、練習後に頭痛があり、体温測定したところ37.9℃の発熱。医療機関にてPCR検査を実施し、陽性診断を受けた。

なお、チーム内に濃厚接触者はいないとのことだ。

関連ニュース
thumb

町田が高卒ルーキーのMF宇野禅斗と契約更新、今季は9試合出場も6月に負傷

FC町田ゼルビアは7日、MF宇野禅斗(19)の契約更新を発表した。 宇野は青森山田高校から今季入団のルーキー。4月3日に行われた明治安田生命J2リーグ第8節のジェフユナイテッド千葉戦でプロデビューを果たすと、徐々に出場機会を増やし、第22節のツエーゲン金沢戦からは2試合連続でフル出場を果たした。 しかし、6月26日に行われたJ2リーグ第23節のFC琉球戦で左第五中足骨を骨折。手術を受けた結果、全治12週間の長期離脱となると、以降は出場機会がなく、ルーキーイヤーをリーグ戦9試合の出場で終えた。 2022.12.07 10:44 Wed
twitterfacebook
thumb

新体制の町田がCBを補強! 千葉DFチャン・ミンギュ、秋田DF池田樹雷人を完全移籍で獲得

FC町田ゼルビアは7日、ジェフユナイテッド千葉の韓国人DFチャン・ミンギュ(23)、ブラウブリッツ秋田のDF池田樹雷人(26)が完全移籍で加入することを発表した。 新シーズンは黒田剛監督が新たに率いる町田。チャン・ミンギュは、韓国の漢陽大学から2020年に千葉に加入。3シーズンにわたり主軸のCBとしてプレーし、J2通算101試合3得点を記録。今シーズンはJ2で34試合2得点、天皇杯で1試合に出場していた。 池田はセレッソ大阪でプロキャリアをスタート。その後タイのバンコクグラスFC(現:BGパトゥム・ユナイテッドFC)でもプレー。その後愛媛FC、AC長野パルセイロでプレーし、2022年から秋田でプレーした。 秋田では明治安田生命J2リーグで34試合に出場し2得点を記録していた。J2通算71試合4得点、J3通算19試合に出場した。 両選手はそれぞれのクラブを通じてコメントしている。 ◆DFチャン・ミンギュ 【FC町田ゼルビア】 「FC町田ゼルビアに加入でき光栄です。チームが目標とするJ1昇格のために全力で頑張ります。皆さん、どうぞよろしくお願いします!」 【ジェフユナイテッド千葉】 「皆さんこんにちは。ジェフユナイテッド市原・千葉でプロデビューして今年で3年が過ぎ、目標としていた昇格を達成できずチームを離れることになって申し訳ありません。しかし本当にすばらしい選手、コーチングスタッフ、フロントスタッフ、ファンの皆様と共に闘えた事は一生忘れません。 3年間ありがとうございました」 ◆DF池田樹雷人 【FC町田ゼルビア】 「この度、ブラウブリッツ秋田から加入することになりました池田樹雷人です。チームの為に全力で闘います。よろしくお願いします」 【ブラウブリッツ秋田】 「この度、FC町田ゼルビアに移籍することになりました。僕はブラウブリッツ秋田に救われました。プロになってから7年間チームの主力として試合に出続けたとこはなく、昨年愛媛FCを契約満了になり行くチームがなかった時に、ブラウブリッツ秋田に拾ってもらいました」 「ここでダメなら終わりという覚悟でこのチームに来て、絶対に結果で恩返ししようと1年間「秋田の為に」全てを懸けて闘ったつもりです。その結果、新しいチャンスをもらえました」 「とても悩みましたが、サッカー選手でいれる間はチャレンジし続けたい気持ちが強く移籍を決断しました。この選択が正解になるように謙虚に、ひたむきに、日常を大切にして頑張ります」 「最高のチームメイト、スタッフ、サポーターと共に闘えて幸せでした。どこに行っても感謝の気持ちを忘れません。ブラウブリッツ秋田が大好きです。ブラウブリッツ秋田に関わる全ての皆様、ありがとうございました」 2022.12.07 10:35 Wed
twitterfacebook
thumb

京都、町田の主将MF平戸太貴を完全移籍で獲得! 「このクラブで何かを成し遂げられるように」

京都サンガF.C.は7日、FC町田ゼルビアからMF平戸太貴(25)の完全移籍加入を発表した。 ジュニアユース時代から鹿島アントラーズの下部組織で育った平戸は2016年に昇格し、2017年から2年間にわたって町田に期限付き移籍。2019年に鹿島復帰を果たすが、同年途中から町田に完全移籍で再加入した。 町田では不動の主軸としてプレー。今シーズンもチームが目標としていたJ1昇格を逃すなかで、キャプテンとして明治安田生命J2リーグ38試合に出場して、9ゴールの活躍を見せた。 新シーズンからJ1での挑戦に臨む平戸は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆京都サンガF.C. 「京都サンガF.C.に加入することになりました、平戸太貴です。京都サンガF.C.の勝利に1日でも早く貢献して、そしてこのクラブで何かを成し遂げられるように頑張ります。よろしくお願いします」 ◆FC町田ゼルビア 「この度、京都サンガF.C.に移籍することになりました。FC町田ゼルビアにはレンタル期間も含め5年半在籍させていただきました。これまでを振り返るとFC町田ゼルビアでは本当に様々な経験をさせていただきました」 「決して恵まれる環境ではない中で、FC町田ゼルビアに関わる全ての方達が同じベクトルに向かって戦い、J2優勝を目の前まで掴みかけていた2018年。そして、クラブ全体で明確にJ1昇格という目標を掲げた今シーズン。僕自身、FC町田ゼルビアで絶対にJ1昇格するという強い気持ちを持って、皆さんからの期待や想いを背負い戦ってきました。ただ、自分の力不足で不甲斐ない結果となってしまいました」 「今シーズンは人生で初めてのチームキャプテンも任せていただき、1つのチームをまとめて上へ引っ張っていくことが、これほど大変なことなのかと改めて感じさせられました。このクラブに加入した当時。19歳で何もない僕をプロサッカー選手として、1人の人間としてここまで成長させてくれたのはこのクラブです」 「ここで出会った監督・スタッフ・選手・フロントの方々。FC町田ゼルビアに関わり、応援してくださる全ての方のおかげです。本当にありがとうございました。嬉しいこと・楽しいこと、苦しいこと・悔しいこと。ここでの全ての経験が僕にとっての大きな財産です」 「大好きなこのクラブを離れるのは本当に寂しいですし、たくさんの思い入れもあります。ここで目標を達成できなかったことはとても悔しいですが、この想いを胸に、J1での活躍を期待して応援していただけると嬉しいです」 「最後にどんな時も熱く応援をしてくださり、前向きな声をかけてくださった沢山のファン・サポーターの皆さん。本当にありがとうございました。頑張ってきます。FC町田ゼルビアの躍進とJ1昇格を心から応援しています!」 2022.12.07 10:26 Wed
twitterfacebook
thumb

新体制の町田がFW佐藤大樹、FW中島裕希と契約更新

FC町田ゼルビアは30日、FW佐藤大樹(23)、FW中島裕希(38)との契約更新を発表した。 佐藤は北海道出身で、北海道コンサドーレ札幌のU-15、U-18に所属。法政大学へと進学し、2021には特別指定選手となりJ2で1試合に出場。2022年から正式に入団した。 今シーズンは明治安田生命J2リーグで8試合、天皇杯で1試合に出場していた。 中島は鹿島アントラーズやベガルタ仙台、モンテディオ山形でプレーし、2016年から町田でプレーする大ベテラン。町田での7年目はJ2で23試合に出場し1得点を記録。加入後、最も出番が少なかった。 2022.11.30 10:50 Wed
twitterfacebook
thumb

長崎が町田からDF岡野洵を完全移籍で獲得!「J1昇格に向けて全力で闘います」

V・ファーレン長崎は29日、FC町田ゼルビアからDF岡野洵(24)の完全移籍加入を発表した。 ジェフユナイテッド千葉の下部組織出身である岡野は、2016年にトップチーム昇格。主力に定着し、昨シーズンは明治安田生命J2リーグで26試合に出場したが、今季は町田に活躍の場を移した。 新天地では出場機会を掴めない時期が続いたが、終盤は7試合連続で先発。結果的に公式戦20試合2ゴールの成績を収めた。 それでも、町田を1年で離れ来季から長崎へ。岡野は両クラブを通じてコメントしている。 ◆V・ファーレン長崎 「2023シーズンからV・ファーレン長崎に加入することになりました、岡野洵です。 ファビオ カリーレ監督が掲げるサッカーを体現し、V・ファーレン長崎の一員としてJ1昇格に向けて全力で闘います。 熱い応援よろしくお願いいたします!!」 ◆FC町田ゼルビア 「この度、V・ファーレン長崎に完全移籍する事になりました。チームがJ1昇格を掲げている中で、自分の力不足で町田の力になれなかった事、目標を達成出来なかった事、不甲斐なく思っています」 「1年という短い間でしたが、FC町田ゼルビアのエンブレムを背負い闘えたことを誇りに思っていますし、町田に来て、町田のサッカーに触れて、自分自身がサッカー選手として今後に生きていくために大切なものを手に入れられたと思ってます」 「コロナ禍という事もありサポーターの皆様と接する機会は少なかったですが、良い時も悪い時も全力でサポートして下さる姿に沢山のパワーをいただきました。FC町田ゼルビアに関わる全ての皆様。1年間、本当にありがとうございました」 2022.11.29 16:03 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly