新生ユナイテッドがブレントフォードに屈辱の4失点大敗…開幕連敗で次節リバプールとのビッグマッチへ《プレミアリーグ》

2022.08.14 03:31 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第2節、ブレントフォードvsマンチェスター・ユナイテッドが13日にグリフィン・パークで行われ、ホームのブレントフォードが4-0で圧勝した。

テン・ハグ新体制の初陣となったホームでのブライトン戦に1-2で敗れ、厳しい船出を強いられた新生ユナイテッド。その開幕戦の失態を払しょくしたい赤い悪魔は、開幕ドロースタートのブレントフォードのホームに乗り込んだ。

オランダ人指揮官は初戦からマクトミネイに代えてクリスティアーノ・ロナウドを起用し、[4-2-3-1]の布陣を採用。最前線にロナウド、2列目に右からサンチョ、ブルーノ・フェルナンデス、ラッシュフォードが入った。
立ち上がりからボールを握り、開始直後にはロナウドが早速シュートを放つなど、まずまずの入りを見せたユナイテッド。しかし、思わぬミスから開幕戦に続いて先制を許す。

10分、自陣右サイドでのスローインからロナウドが中央でボールを奪われてカウンターを許すと、ペナルティアーク付近でダシルバが右足で放ったシュート。ゴール右下隅の良いコースに飛んだとはいえ、ボールの勢いを考えれば、問題なく対応できるものだったが、GKデ・ヘアが脇の下を抜かれる失態で先制点を献上した。

これで俄然勢いづくホームチームに対して、早い時間帯の同点ゴールを目指すユナイテッドは、前がかって攻めに出る。しかし、開幕戦でも露呈した不安定なビルドアップを相手に突かれる。

攻撃時にアンカーに入るエリクセンの直前のボールロストはマグワイアのカード覚悟のファウルで事なきを得るが、18分にはゴールキックのリスタートの際に相手が完全に狙っていた中、GKデ・ヘアからエリクセンに出したパスに猛然としたプレスを仕掛けたイェンセンにボックス内でボールを奪われ、巧みな切り返しから右足のシュートを流し込まれ、再びミスから2失点目を喫した。

信じがたいミスの連続で開幕戦に続く2点ビハインドとなったユナイテッドは、ボールを握って攻め手を窺うものの、持たされる印象が強く相手の5バックを揺さぶり切れない。そうなると、流れに関係なくゴールを決められるエースに期待がかかるが、立ち上がり以降はなかなか見せ場を作れない。

すると、苦境の中で粘りを欠くチームは耐え切れない。まずは30分、ブレントフォードの右CKの場面で大外のトニーに頭で折り返されると、ファーサイドで待つベン・ミーに泥臭く頭で押し込まれて3失点目。さらに、35分には人数をかけた攻撃で攻め切れず、相手ボックス内からのクリアでロングカウンターを浴びる。左サイドのスペースに飛び出したトニーに速いタイミングでムベウモへのラストパスを許すと、DFショーの必死の戻りも及ばずにボックス内へ侵入したムベウモに左足のシュートを流し込まれ、屈辱の4失点目となった。

この連続失点で完全に心が折れたようにも見えるアウェイチームは、まずは1点ずつを返そうと攻勢を強めていく。だが、相手を上回るプレー強度はなくさしたる見せ場を作れぬまま、最悪な形でハーフタイムのドレッシングルームに戻ることになった。

迎えた後半、テン・ハグ監督はリサンドロ・マルティネス、ショー、フレッジを下げてヴァラン、マラシア、マクトミネイをそれぞれ同じポジションで投入。攻撃に全振りの交代というよりも、まずは崩壊しかけていた部分にテコ入れを図る形となった。

後半立ち上がりの守勢を凌いで徐々に押し込む時間帯を作り出すユナイテッドだが、4点リードによって余裕を持って守る相手の守備に苦戦。ボールは握るものの攻めあぐねる状況が続き、なかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めない。

さらに、存在感を欠いたサンチョを諦めてエランガを60分過ぎにピッチへ送り出すが、この交代策も流れを引き寄せるまでには至らない。ゴールが遠く時間だけが過ぎていく中、80分過ぎにはグリフィン・パーク帰還のエリクセンに見せ場も、ボックス中央でのシュートチャンスで枠に飛ばすことができない。

その後も覇気のない戦いに終始したユナイテッドは、無抵抗のままタイムアップを迎え、敵地で屈辱の0-4の大敗。厳しい開幕連敗スタートとなった赤い悪魔は、最悪な形で次節リバプールとのビッグマッチに臨むことになった。

関連ニュース
thumb

クリスティアーノ・ロナウド、サウジアラビア移籍を否定「事実ではない」

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)が、サウジアラビアのアル・ナスル移籍の噂を否定した。スペイン『アス』が伝えている。 イギリスメディアのインタビューで監督やクラブ上層部への不満を漏らし、先月22日付でマンチェスター・ユナイテッドから契約解除が伝えられたC・ロナウド。現在はカタール・ワールドカップで活躍中だが、大会後の去就は高く注目されている。 ヨーロッパでは給与の問題から多くのクラブが門前払いとしてきた中で、新天地として現時点で最有力となっているのがサウジアラビア。先日にスペイン『マルカ』が報じた情報によれば、C・ロナウドとアル・ナスルの契約合意が迫っているとのことで、契約内容として広告収入を含めて年俸2億ユーロの2年半契約という破格の数字が伝えられた。 しかし、『アス』によれば、6日に行われたスイス代表戦の後、本人は「事実ではない」とコメントした模様。様々な憶測がなされる中で、現状で具体的な話は何もないようだ。 2022.12.07 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ会長がフェリックス退団の可能性認める 「良い選択肢があれば、検討するのが道理」

アトレティコ・マドリーのミゲル・アンヘル・ヒル・マリン会長が、ポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(23)の今冬退団の可能性を認めた。スペイン『マルカ』が伝えている。 フェリックスは、2019年7月にベンフィカから1億2700万ユーロ(約182億円)という破格の移籍金で、アトレティコへと完全移籍。当時、バルセロナに移籍したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの後継者として大きな期待がかけられていたが、これまで公式戦129試合で33ゴール18アシストと、期待値ほどの結果は残せていない。 さらに、ここ最近では以前から確執が伝えられるディエゴ・シメオネ監督との関係がさらに悪化しており、選手自身はこのままアルゼンチン人指揮官が指揮を執り続ける場合、クラブに対して退団を要求する構えだ。 そういった中、今冬の移籍も取りざたされるフェリックスの去就に関して、ヒル・マリン会長は『TVE』のインタビューでその可能性を認めている。 「彼との契約は、クラブがその歴史の中で行った最大の賭けだった」 「彼はワールドクラスのトッププレーヤーだと思うが、監督との関係、彼のプレー時間、彼のモチベーションを考えると…。プレーヤーにとってもクラブにとっても良い選択肢があれば、それを検討するのが道理だろう」 「彼が去るかもしれないと考えるのは理にかなっているが、私は彼にこのまま残留してもらいたいと思っている。だが、それはプレーヤーの計画ではない」 なお、フェリックスに関してはマンチェスター・ユナイテッドらプレミアリーグ勢に加え、パリ・サンジェルマンの関心が伝えられている。 2022.12.07 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

クリスティアーノ・ロナウドの新天地はやはりサウジアラビアか…年収総額2億ユーロのメガオファー

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)のサウジアラビア行きが迫っているようだ。 イギリスメディアのインタビューで監督やクラブ上層部への不満を漏らし、先月22日付でマンチェスター・ユナイテッドから契約解除が伝えられたC・ロナウド。現在はカタール・ワールドカップで活躍中だが、大会後の去就は高く注目されている。 ヨーロッパでは給与の問題から多くのクラブが門前払いとしてきた中で、新天地として現時点で最有力となっているのがサウジアラビア。少し前からアル・ナスルがオファーを出したと報じられており、一部ではデマという噂やすでに拒否したという噂など様々な憶測が飛び交っている状況だ。 だが、最新の情報を提供したスペイン『マルカ』によれば、やはり37歳は同クラブへの移籍が近づいている模様。契約期間は来年1月1日からの2年半。その年俸は驚愕の1億ユーロで、広告収入も含めるとシーズンあたり2億ユーロの収入が見込まれているとのこと。 なお、現在アル・ナスルを率いるのは、元ローマのルディ・ガルシア監督で、コロンビア代表GKのダビド・オスピナも在籍している。 2022.12.05 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがスペイン遠征メンバーを発表、W杯組13人とサンチョらが招集外に

マンチェスター・ユナイテッドは4日、中断期間を利用して行うスペイン遠征のメンバーを発表した。 中断期間前のプレミアリーグを5位で折り返したユナイテッド。現在はカタール・ワールドカップ(W杯)が開催中のため、多くの選手がオフ期間となっていたが、今月21日の公式戦再開に向け、スペイン遠征から再始動する。 今回の遠征は、W杯組の13選手とケガを抱えるDFアクセル・トゥアンゼベがメンバー外に。また、W杯の最終26人から漏れたイングランド代表FWジェイドン・サンチョもコンディション面に不安があり、本拠地での個人トレーニングになるとのことだ。 ユナイテッドは7日にカディスと、10日にレアル・ベティスと親善試合を行う予定で、いずれの試合もクラブの公式チャンネル『MUTV』で中継。中断期間明けは21日にEFLカップ(カラバオカップ)4回戦でバーンリーと対戦し、27日にプレミア第17節でノッティンガム・フォレストと対戦する。 2022.12.04 21:23 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリーがラッシュフォードへの関心を再燃、ユナイテッドの売却シナリオとは…

レアル・マドリーが、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(25)への関心を再燃させているようだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のラッシュフォード。グループ初戦のイラン代表戦で途中出場直後にゴールを挙げ、最終節のウェールズ代表戦ではスタメン出場し、圧巻の直接FKを含む2得点を挙げている。 所属するユナイテッドでも今季、公式戦19試合で8得点3アシストと好調。以前にもマドリーからの関心を報じられた時期があったが、ここにW杯での印象的な活躍が上乗せされたことで再燃してきているようだ。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、ユナイテッドはマドリーの動きを警戒しつつも、マドリー以外にもラッシュフォードに興味を持つクラブは存在。来たる移籍市場で売却せざるを得なくなる可能性が捨てきれないという。 それは、ラッシュフォードと契約延長で合意できていないため。契約が2023年6月までのなか、クラブは1年延長オプションの行使権を持つ。しかし、行使したとて2024年夏までに売り時は限られており、このまま延長オファーに同意して貰えなければ、いずれは売却せざるを得ないということだ。 2022.12.04 20:03 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly