台風の影響で中止の横浜FCvs群馬、16日の開催が決定

2022.08.13 21:31 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは13日、台風で中止となった明治安田生命J2リーグ第31節の横浜FCvsザスパクサツ群馬の代替日程を発表した。

13日に開催予定だった横浜FCvs群馬の試合だったが、台風8号接近の影響で中止が決定していた。

首位を争う横浜FCと残留を争う群馬の一戦。共に大事な試合となる中、日程が決定。16日(火)の19時からニッパツ三ツ沢球技場で行われることとなった。
なお、シーズンチケット以外は中止となった試合のチケットは代替試合では利用できないとのこと。払い戻しをし、観戦の際は再購入が必要となる。

関連ニュース
thumb

徳島、今季加入のMF長谷川雄志との契約を更新「ぜひ、自分に期待してください!」

徳島ヴォルティスは1日、MF長谷川雄志(25)との契約更新を発表した。 鹿児島県出身の長谷川は、2019年に宮崎産業経営大学から大分トリニータ入り。プロ1年目からポジションを掴んでいたが、昨季はチームでの序列が低下したこともあり、シーズン終了後に徳島へ完全移籍で加入した。 今シーズンは開幕戦で出番を得たものの、チームで絶対的なポジションを掴むまでには至らず。明治安田生命J2リーグで19試合に出場したが、先発は4試合にとどまった。 それでも、徳島との契約更新を決めた長谷川。クラブを通じて、来シーズンこそJ1昇格を成し遂げたいと気合いを示した。 「来シーズンも徳島ヴォルティスでプレーできることに喜びを感じています。ぜひ、自分に期待してください!!!来シーズンは必ず昇格しましょう!LOVE!VORTIS!」 2022.12.01 16:06 Thu
twitterfacebook
thumb

岡山が水戸MF鈴木喜丈を完全移籍で獲得「身体を張って頑張りたい」

ファジアーノ岡山は1日、水戸ホーリーホックのMF鈴木喜丈(24)の完全移籍加入を発表した。 鈴木は東京都出身で、FC東京の下部組織で育ち2017年にトップチームに昇格。2020年9月に水戸へと育成方期限付き移籍すると、2021年はFC東京でプレーも、2022年に完全移籍で水戸に加入していた。 水戸ではキャプテンマークを巻くこともあり、今シーズンの明治安田生命J2リーグで36試合に出場していた。 鈴木は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ファジアーノ岡山 「はじめまして。水戸ホーリーホックから来ました鈴木喜丈です。左利きでポジションはセンターバックです。岡山の屈強なディフェンス陣に負けないくらい身体を張って頑張りたいと思います」 「チームのJ1昇格に貢献できるよう、そしていち早くファジアーノ岡山の一員として認めてもらえるように一生懸命頑張ります。たくさん応援していただけると嬉しいです」 ◆水戸ホーリーホック 「水戸ホーリーホックファミリーの皆さんへ」 「2020年夏からお世話になりました。怪我で丸2年サッカーができず、それでも這い上がるために必死だった自分を温かく受け入れていただいて、ホーリーホックファミリーの皆さんには感謝しかありません」 「移籍に関しては本当にたくさん悩みました。水戸でやり残したこともあるし、自分自身まだまだ水戸で成長できると感じていたからです。しかし、新たな環境で挑戦したいという思いが強くあり、移籍を決断しました」 「水戸ホーリーホックに関わる皆さん、2年半本当にありがとうございました。どこに行っても水戸ホーリーホックの名に恥じないように頑張ります」 2022.12.01 14:20 Thu
twitterfacebook
thumb

大分DF上夷克典が契約更新で3季目に 「来シーズンは必ず優勝、そしてJ1昇格を」

大分トリニータは1日、DF上夷克典(26)の契約更新を発表した。 上夷は2019年に明治大学から京都サンガF.C.に入団後、2021年から大分でプレー。移籍2年目の今季はケガもありながら公式戦27試合に出場して、来季で3年目を迎えることとなった。契約更新を受け、クラブ公式サイトで決意を新たにしている。 「来シーズンも大分トリニータでプレーさせていただけることになりました。今シーズンは思うような結果が出せず、1年でのJ1復帰を果たすことができませんでした。個人的にもシーズン終盤に怪我をしてしまい、チームの力になれず、とても悔しいシーズンになりました」 「来シーズンは必ず優勝、そしてJ1昇格を果たしたいと思います。そのために練習から、もっとこだわり、ピッチの上で表現したいと思います。ひとつでも多くの勝利を、皆様にお届けできるように全力で戦います。来シーズンもぜひシーズンパスを購入してスタジアムに足を運んでいただき、昭和電工ドーム大分を盛り上げていきましょう」 2022.12.01 13:50 Thu
twitterfacebook
thumb

山口が今季2度の負傷離脱を経験したFW大槻周平と契約更新「自分らしく楽しんで頑張りたい」

レノファ山口FCは1日、FW大槻周平(33)との契約更新を発表した。 大槻は京都府出身で、福知山成美高校から大阪学院大学へと進学。2012年に湘南ベルマーレに入団した。 その後、ヴィッセル神戸、モンテディオ山形、ジェフユナイテッド千葉でプレー。2021年8月に期限付き移籍で山口に加入すると、今シーズンからは完全移籍に切り替わっていた。 今シーズンは4月に右ハムストリング肉離れ、8月には右ヒザ内側側副じん帯損傷と2度の負傷離脱を経験。明治安田生命J2リーグで19試合に出場し3得点、天皇杯で2試合に出場していた。 大槻はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンたくさんの応援ありがとうございました。今年は怪我を二回してしまい、その時にたくさんの人から「大丈夫?早く戻ってきてね」と言われたことが本当に励みになりました」 「今年の悔しさを生かし、来年は必ず結果で恩返しできるよう自分らしく楽しんで頑張りたいと思います。やまぐち一番をたくさん踊りましょう!」 2022.12.01 13:47 Thu
twitterfacebook
thumb

大分FW呉屋大翔が千葉移籍! 「1人のサッカー選手としてこのまま終わりたくない」

ジェフユナイテッド千葉は1日、大分トリニータからFW呉屋大翔(28)の完全移籍加入を発表した。 ヴィッセル神戸のアカデミーに在籍した経歴を持つ呉屋は2016年に関西学院大学からガンバ大阪入りし、徳島ヴォルティスや、V・ファーレン長崎でそれぞれレンタルも経験。長崎時代の2019年には明治安田生命J2リーグ22得点とゴールを量産して、翌シーズンの柏レイソル移籍に繋げたが、定位置確保といかず、2021年7月から大分に活躍の場を移した。 その大分に今季から完全移籍移行を果たして、J2リーグ35試合に出場すると、チームで2番目の7得点をマーク。そのほか、ルヴァンカップと天皇杯でも計3試合でプレーして、2ゴールの活躍を披露したが、千葉移籍を決断した。 千葉の公式サイトを通じて「このたびジェフユナイテッド市原・千葉に加入することになりました、呉屋大翔です」と加入の挨拶とともに意気込みを語っている。 「歴史ある素晴らしいクラブでプレーできることに感謝しています。小林監督のもと、ファン、サポーターの方々がワクワクするようなサッカーを素晴らしいチームメイトと作り上げたいと思っています。そしてその先のJ1昇格という目標を達成できるように全力を尽くします。応援よろしくお願いします!」 一方、大分の公式ウェブサイトでは「この度、ジェフユナイテッド市原・千葉に移籍することになりました」と報告。移籍の経緯などにも触れ、感謝の言葉も綴った。 「去年の夏に移籍してきて、チームを降格させてしまったこと。今年、J1に上がることができなかったこと。とても悔しく思っています。しかし1人のサッカー選手としてこのまま終わりたくない。もっと成長したいと思い、この決断をしました」 「どんな時も大分トリニータのために全力で勝利のためにプレーできたことは誇りです。ゴールを決めた時の昭和電工ドーム大分のゴール裏は最高でした。一生忘れません。最後になりますが、大分トリニータに関わるすべての皆様、ファン、サポーターの皆様、1年半ありがとうございました」 2022.12.01 13:40 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly