スパーズのレジェンド、デフォーがアカデミーのコーチに就任

2022.08.12 23:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムは12日、元イングランド代表FWのジャーメイン・デフォー氏(39)がアカデミーのコーチ及びアンバサダーに就任したことを発表した。

デフォー氏は言わずと知れたスパーズのレジェンド選手。公式戦通算363試合に出場し143ゴールを記録した。近年ではボーンマスやレンジャーズ、サンダーランドでプレーしていたが、今年3月にサンダーランドで現役引退を発表。レンジャーズでは、スティーブン・ジェラード監督がアストン・ビラの監督に就任した際、一時的にコーチングスタッフの一人としてチームの指揮に携わった経験がある。

なお、デフォー氏が指導するのは17歳から21歳までのカテゴリーに在籍する選手たちとのこと。アンバサダーとしては地元のコミュニティのクラブ活動、及び世界中のスパーズサポーターやクラブスポンサーとの橋渡し役を担うとのことだ。


関連ニュース
thumb

チェルシー退団濃厚のカンテにスパーズorアーセナル行きの可能性?

チェルシー退団が既定路線と見られるフランス代表MFエンゴロ・カンテ(31)にトッテナム、アーセナル行きの可能性が浮上しているようだ。フランス『フット・メルカート』が報じている。 2015年夏にレスター・シティから加わって以降、公式戦262試合に出場するなど、ブルーズの絶対的な主力に君臨するカンテ。ここまでプレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、FIFAクラブ・ワールドカップ、ヨーロッパリーグなど6つのトロフィー獲得に貢献してきたが、現行契約は今シーズン終了までとなっている。 一時はクラブから1年の延長オプション付きの2年契約のオファーが掲示されたとの報道もあったが、今季ここまでわずか2試合の出場にとどまるなど、近年負傷離脱が目立つコンディションへの懸念、1000万ユーロ(約14億2000万円)とされる高額な年俸を考慮した結果、クラブ首脳陣は契約更新を見送る決断に至った模様だ。 現在、カンテサイドはクラブの考えを理解しており、新天地探しに着手。先日にはユベントスがフリートランスファーでの獲得に関心を示しているとの報道もあったが、カンテ自身はロンドン残留を希望しているという。 そして、新天地候補として過去にも関連が指摘されたトッテナム、アーセナルの名前が挙がっているという。 トッテナムに関してはチェルシー時代に指導を受け、経験豊富な選手を好むアントニオ・コンテ監督の存在、アーセナルに関しては過去にGKペトル・チェフやMFウィリアンが移籍している経緯もあり、両クラブ間の人の行き来は比較的盛んだ。 2022.10.07 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズの選手たちが急逝ヴェントローネ氏を追悼 ソン「世界は本当に特別な人を失った」

トッテナムの選手たちが、6日に急逝したフィジカルコーチのジャン・ピエロ・ヴェントローネ氏(享年62)の訃報を受け、SNSを通じて追悼のコメントを残した。 トッテナムは6日、トップチームのフィジカルコーチを務めるヴェントローネ氏の逝去を明かした。 同氏は2021年11月からユベントス時代に指導したアントニオ・コンテ監督からのラブコールを受け、トッテナムのフィジカルコーチに就任。ハードワークを信条とする指揮官の求めに応じて、選手と積極的なコミュニケーションを取りながら不振に陥っていたチームのフィジカル向上に一役買い、トップ4フィニッシュに貢献していた。 現代のフットボール界でも屈指の過酷なメニューを選手に強いるため、本来であれば嫌われる可能性もあるものの、ユーモアと心配りに長けたその素晴らしい人間性によって選手たちの厚い信頼を集めていたヴェントローネ氏の突然の訃報に選手たちも悲しみに暮れている。 同氏の指導の下、近年でも最高のコンディションであることを過去に語っていたFWハリー・ケインは、「本当に素晴らしい人でした。コーチのジャン・ピエロが亡くなったことに打ちのめされています。僕の愛と強さは、彼の家族と共にあります。 彼の言葉と知恵は僕の人生の残りの部分で生き続けるでしょう」と、感謝の言葉を伝えた。 今シーズン深刻な不振に悩まされた中、レスター・シティ戦でのハットトリック後に熱い抱擁をかわし、後にイタリア人コーチとの心温まるエピソードを明かしていたFWソン・フンミンは、「世界は本当に特別な人を失った」と、大きな喪失感を明かしている。 「世界は本当に特別な人を失いました。 ジャン・ピエロ、あなたは僕が最も困難な時期を乗り越えるのを助けてくれて、一緒にいくつかの素晴らしい思い出を祝い合いました。あなたへの感謝の気持ちと、あなたへの恩義は言葉では言い尽くせません。僕らはあなたがいなくて寂しいです。あなたという素晴らしい友人がしてくれたすべてに感謝します。僕はあなたとその家族全員に心からの愛を送ります」 さらに、故人と共にフィジカル向上に励んでいたDFエメルソン・ロイヤルは、「あなたが僕のためにしてくれたことに対して、うまく感謝を伝えられたらいいのに…。今は胸の痛みを言葉で表現することができません。あなたはいつも私たちの「教授」です。僕だけでなく、あなたが僕らのためにしてくれたことに感謝しています。あなたの存在がなければ、これまでと同じ日々を過ごすことはできません。安らかに眠ってください。永遠の友よ」と、沈痛なコメントを残している。 また、今夏加入ですぐさま親密な関係性を築いたFWリシャルリソンも突然の訃報にショックを隠せずにいる。 「トッテナムに来て以来、ジャンは僕に大きなインスピレーションを与えてくれました。シーズン中は僕が彼をたくさん助けると言っていたし、僕が髪を白く染めた後は、互いに似ているとも言い合っていました。だけど、僕を助けてくれたのは、いつもあなたでした…。その助けはあなたの想像をはるかに超えるものでした。特に最初のころは、どんなことがあっても頭を下げてはいけないと言われました」 「今日、僕らはあなたが亡くなったという恐ろしいニュースに目覚め、全員が打ちのめされています。決してあきらめないことを教えてくれた友人のために、僕らはこれからもプレーし続けます。本当にありがとう、安らかに眠ってください」 前述の選手以外にも多くの選手が哀悼の意を表した中、昨シーズンまで同氏と一緒に仕事をし、現在はフィオレンティーナでプレーする同胞GKピエルルイジ・ゴッリーニは、「サヨナラ先生。偽物の男だらけのフットボール界で本物の男、僕の旅であなたに会えたことは特権であり名誉でした。安全な旅を」と、最大級の敬意を表している。 2022.10.07 00:34 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズに大きな悲しみ…フィジカルコーチのヴェントローネ氏が急逝…

トッテナムは6日、トップチームのフィジカルコーチを務めるジャン・ピエロ・ヴェントローネ氏(享年62)の逝去を明かした。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ここ最近になって急性骨髄性白血病であることが発覚した同氏は生まれ故郷のナポリの病院で治療を受けていたものの、6日早朝に死亡が確認された。 ヴェントローネ氏はマルチェロ・リッピ監督の下で1994年~1999年、2001年~2004年とおよそ10年に渡ってユベントスのフィジカルコーチを務め上げた。その後、リッピ監督と共に2006年のドイツ・ワールドカップでイタリア代表の優勝に貢献。以降はACアジャクシオやカターニャでアシスタントコーチ、中国の江蘇蘇寧(現江蘇足球)、広州恒大(現広州足球)でアスレティックコーチを歴任。 2021年11月からはユベントス時代に指導したアントニオ・コンテ監督からのラブコールを受け、トッテナムのフィジカルコーチに就任。ハードワークを信条とする指揮官の求めに応じて、選手と積極的なコミュニケーションを取りながら不振に陥っていたチームのフィジカル向上に一役買い、トップ4フィニッシュに貢献していた。 トッテナムは、「ピッチ外でも愛らしく、ジャン・ピエロはすぐにプレーヤーやスタッフの間で絶大な人気を博しました」とその人柄を評するヴェントローネ氏の訃報に際して、「クラブの全員が彼のことを心から寂しく思い、この信じられないほど悲しい時期に、私たちは彼の家族や友人たちに寄り添います」と、哀悼の意を表した。 なお、コンテ監督は6日に8日のブライトン戦に向けた公式会見に出席予定だったが、信頼する同僚の逝去を受けて会見をキャンセルしている。 <span class="paragraph-title">【画像】スパーズの立て直しに尽力したヴェントローネ氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Rest in peace, Gian Piero <a href="https://t.co/QgCCJs6GoA">pic.twitter.com/QgCCJs6GoA</a></p>&mdash; Tottenham Hotspur (@SpursOfficial) <a href="https://twitter.com/SpursOfficial/status/1577980356648701954?ref_src=twsrc%5Etfw">October 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.10.06 22:34 Thu
twitterfacebook
thumb

ホイビュア、矢面に立つ指揮官コンテへの信頼は揺るがず「全てはボスへの信頼から」

トッテナムのデンマーク代表MFピエール=エミール・ホイビュアが、アントニオ・コンテ監督への絶大な信頼を語った。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 今夏にFWリシャルリソンやMFイバン・ペリシッチ、DFクレマン・ラングレなどの実力者を獲得し、今季を迎えたトッテナム。プレミアリーグでは開幕7試合で5勝2分とスタートダッシュに成功したものの、1日に行われた第9節のアーセナルとの重要なダービーマッチで初黒星を喫することになった。 攻撃的なスタイルを貫く宿敵とは対照的に守備志向のコンテ監督のスタイルには、一部のファンや識者から批判の声が挙がっており、チーム内の競争やローテーションの欠如が危惧されている。 しかし、指揮官から全幅の信頼を寄せられる中盤の要ホイビュアは批判を一蹴。0-0に終わったCLグループD第3節のフランクフルト戦後、インタビューの中でコンテ監督との信頼関係を口にしている。 「様々な意見について語るのは、本来なら僕がすることではないさ。だけど、トッテナムの選手たちは己のベストを尽くしてチームとクラブのために戦い、常に改善を心がけている。全てはボスを信頼することから始まっているんだ」 「僕らはうまくやれている。もっとうまくやれるかもしれない。今回も良い準備をしてゲームに臨んだけど、ゴールチャンスを作るためのプランを活用しきれなかったね。勝利に値するゲームだったと思う」 「0-0に満足しているわけじゃない。確かに勝ちきれなかったけど、負けたわけでもない。少なくとも成熟したパフォーマンスを発揮できたことは確かだよ」 2022.10.06 18:59 Thu
twitterfacebook
thumb

トッテナムDFラングレ、CLラウンド16進出へ意気込み「次の2試合は落とせない」

トッテナムのフランス代表DFクレマン・ラングレが、チャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16進出へ向けて意気込みを語った。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 ラングレはバルセロナで出場機会が減少し、今夏に1年レンタルでトッテナムへと加入。今季の開幕直後はやや出遅れたものの、9月以降に3バックの一角で定位置を確保し、プレミアリーグ4試合とCL2試合に出場している。 そんななか、加入から約3か月が経ち、新天地にも慣れ、充実した日々を送っていると語ったラングレ。4日にアウェイで行われたCLのグループD第3節フランクフルト戦も振り返り、ラウンド16進出へ向けて意気込みを口にしている。 「いまはとても調子が良い。シーズンの初めは少し疲れていた。準備と適応が本当に大変でね。プレミアとこのクラブの激しさはとてつもないよ。日に日に良くなっている実感がある」 「フランクフルトはとても良いチームだね。バルサにいた昨季はカンプ・ノウでやられたよ。本当に、本当に大変だった。この経験から、今回もとにかくインテンシティで彼らを凌駕しようと心がけた。僕自身はうまくいったと思う」 「CLでラウンド16に進むためには、次からの2試合を落とすことは考えられない。勝利が目標。とても明確だよ。(フランクフルト戦は)本当にタフなゲームだったから、次もそうなるだろうね」 アウェイでのフランクフルト戦はスコアレスドローに終わったトッテナム。12日にはホームでのリターンマッチを控えている。 2022.10.06 16:53 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly