スパーズのレジェンド、デフォーがアカデミーのコーチに就任

2022.08.12 23:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムは12日、元イングランド代表FWのジャーメイン・デフォー氏(39)がアカデミーのコーチ及びアンバサダーに就任したことを発表した。

デフォー氏は言わずと知れたスパーズのレジェンド選手。公式戦通算363試合に出場し143ゴールを記録した。近年ではボーンマスやレンジャーズ、サンダーランドでプレーしていたが、今年3月にサンダーランドで現役引退を発表。レンジャーズでは、スティーブン・ジェラード監督がアストン・ビラの監督に就任した際、一時的にコーチングスタッフの一人としてチームの指揮に携わった経験がある。

なお、デフォー氏が指導するのは17歳から21歳までのカテゴリーに在籍する選手たちとのこと。アンバサダーとしては地元のコミュニティのクラブ活動、及び世界中のスパーズサポーターやクラブスポンサーとの橋渡し役を担うとのことだ。

関連ニュース
thumb

チェルシーやアーセナルのオファーを認めたリシャルリソン、トッテナム入りの理由は「単純な話」

ブラジル代表FWリシャルリソンが、今夏のトッテナム移籍の裏側を語った。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 昨シーズンまでエバートンに所属していたリシャルリソン。エバートンでは公式戦152試合で53ゴール14アシストを記録。勝負強さと得点力を高く評価されていた。 今夏の人気銘柄となり、チェルシーやアーセナルが獲得に動いていた中、最終的にトッテナムへと移籍が決定。残念ながらプレミアリーグではまだゴールは決められていないものの、チャンピオンズリーグでは2試合で2ゴールを記録している。 ビッグクラブがこぞって獲得を狙っていた中、トッテナムへの移籍を決めた理由を明かしたリシャルリソン。チェルシーやアーセナルからの関心を知っていたとしながら、移籍に至った理由は実にシンプルなものだった。 「チェルシーがオファーを出してきたことは知っているし、アーセナルもエバートンに連絡して僕の状況を尋ねて来たと思う。でも、スパーズがそこに入ってきて、移籍金を支払った。単純な話だよ」 「エバートンはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の問題を回避するため、何人かの選手を売却する必要があった。正直に言うと、交渉はとても短かったよ」 「トッテナムがエバートンにオファーを出したと聞いた時、僕はブラジルで休暇を過ごしていた。彼らはビッグクラブだったし、僕は嬉しかったよ」 「その後、クラブが契約を交渉することが全てだったけど、幸いなことに全てが上手くいった」 「交渉中にアントニオ・コンテから電話があり、どれだけ僕を獲得したいかを話してくれたんだ」 2022.09.24 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

Y・トゥーレが本領発揮期待のビスマに金言授ける 「毎日が向上、良くなるための時間」

トッテナムのマリ代表MFイヴ・ビスマが、憧れのレジェンドから貴重なアドバイスを受けた。 ブライトンでリーグ屈指のボックス・トゥ・ボックス型のMFとして評価を高めていた26歳は、国内外のビッグクラブの関心を集めた中、移籍総額3500万ポンド(約57億1000万円)でトッテナムに4年契約で加入した。 ここまではアントニオ・コンテ監督が指摘する戦術理解の部分で主力に後れを取り、公式戦7試合の出場の内、スタメン出場はウェストハム戦の1試合のみとなっている。それでも、直近のレスター・シティ戦では途中出場ながら[3-5-2]の中盤の一角で安定したパフォーマンスをみせ、今後は出場機会を増やすことが期待される。 そのマリ代表MFは今回、クラブの公式チャンネル『SPURSPLAY』で、以前から憧れていた元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレとの対談企画が実現。これまでバルセロナやマンチェスター・シティで活躍した世界屈指のMFは、現在トッテナムのアカデミーコーチを務めている。 そして、今回の対談企画ではその憧れの人物からビスマに対して、幾つかの貴重なアドバイスが送られた。 「私にとってフットボールは情熱であり、信念であり、高揚感だ。一番大事なことは、コーチングができるようになることだ。コーチングに努めることは、周囲に常に耳を傾け、集中すること、常に集中することに繋がる」 「コンディション調整にも注意した方がいい。プレミアリーグの試合は毎週あり、それは本当に、本当に重要なことだ」 「私にとってプレーすることは、常にトレーニングよりも重要だ。だからといって、トレーニングをするなと言っているわけではないよ。トレーニングをして、常にできる限りの準備を整える必要がある。なぜなら、それは自分の成長にとって非常に重要なことだからだ」 「私にとっては、より多くの試合でプレーすることで学び、成長してきた。代表チームや、プレミアリーグでプレーするように、世界中のさまざまなタイプのプレーヤーと対峙する。それはまったく異なるものだし、ますます学び、より良くなろうとしていた」 「アドバイスとしては、毎日、できる限り改善することだ。文字通り、毎日だ。時々、セッションやトレーニングに参加しても、退屈していたり、今日は何をするんだろうと思っているプレーヤーもいる。そのようなプレーヤーたちは、私がセッションに参加したとき、それが学び、向上するためのセッションであることに気づいていないんだ」 「これまでやってきたことを、もっと改善しなければならない。毎日、家に帰る前にマッサージを受けて、朝には1リットルか2リットルの水を飲んで、体の状態を整える。セッションに来て、たとえそれが悪いセッションでも、最高のセッションでも、監督は君を向上させるためにいるのだから、いかに自分を向上させることができるかを考えることが重要なんだ」 「最も重要なのは、いかにベストを尽くすかだよ。それによって初めて学んだものを自分のものにできるんだ。自分にとって毎日が、向上するため、より良くなるための時間なんだ。私にとっては、すべてがチャレンジだったが、すべてに学びがあったよ」 「たとえば、1時間のパスセッションがあったとして、自分のパスはもっともっと良くなっていかなければならない。そうすれば、もっといいパスができるようになるし、そうでなければダメになる。それを変えなければならないんだ」 なお、レジェンドからの数々の金言を真面目に聞いていたビスマだが、対談の締めくくりでは「みんな、バロンドールを獲りに行くから、覚悟しておけよ」とジョークをかましてレジェンドを爆笑させている。 徐々にブライトン時代の輝きの一端を垣間見せているマリ代表MFは、今回のアドバイスを通じて、ここから本領発揮なるか。 2022.09.22 07:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「彼が信念を取り戻させてくれた」代表復帰のダイアーがコンテ監督の指導に感謝

トッテナムのイングランド代表DFエリック・ダイアーが、アントニオ・コンテ監督への感謝を語った。イギリス『ミラー』が伝えている。 ダイアーは昨年11月に指揮官に就任したコンテ監督の下で3バックの中央に固定されると、ディフェンスリーダーとして安定したパフォーマンスを披露中。今シーズンもプレミアリーグとチャンピオンズリーグ(CL)で全試合にフル出場しており、好調のチームを支えている。 また、通算45試合に出場しているイングランド代表からは昨年3月を最後に遠ざかっていたが、こうした活躍が評価され9月のUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23に向けたメンバーに招集された。 かねてより今年11月から開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)への出場を熱望していたダイアーは、この招集に歓喜。自身の成長を支えてくれたコンテ監督への感謝を隠さなかった。 「優等生じみたことは言いたくないけど、監督は僕に多くをもたらしてくれた。あらゆる意味で大きな影響を与えてくれたんだ。戦術的に、肉体的に、精神的にアプローチをしてくれたよ」 「もちろん、監督だけでなく彼のスタッフ全員が影響を与えてくれた。彼はとても厳しい人だけど、僕はそれをとても楽しんでいるよ。彼が来てからの1年ほど、多くを学んだことはない」 「彼は3バックにおけるゴッドファーザーのような存在だ。僕はこのシステムを常に学び、進化し、常に新しいものを加えていく。一つ学んだらまた次のステップへ…という感じでね。彼は僕に信念を取り戻させてくれたんだ」 「ユーロ出場を逃したときが、僕にとってもっとも難しいシーズンだった。ただ、世間で言われているほど悪いシーズンではなかったと思うけどね。でも今は、自分のキャリアで最高のレベルに達していると思う。そして、もっと良くなれるはずだ」 また、ダイアーはイングランド代表での目標にも言及。まずは50試合出場を目指すと意欲を燃やしている。 「代表で50キャップ、100キャップを飾った選手はボードが飾られるよね。僕もその一員になるのが夢なんだ。代表から外れたとき、あと少しで手が届くのに…と思って悔しかった。僕はこの目標に到達したいんだ」 「代表復帰はとても嬉しいよ。嬉しくないように見えるかもしれないけど、戻ってこられて本当に嬉しい。ただ、あまりドラマチックにはしたくないんだ。僕はここでフットボールをするのだからね」 2022.09.21 17:02 Wed
twitterfacebook
thumb

ウェールズ代表、デイビス&アレンがケガで不参加…18歳MFを初招集《UEFAネーションズリーグ》

ウェールズサッカー協会(FAW)は19日、UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23に向けたメンバーの変更を発表した。 ロバート・ページ監督は、チャンピオンシップ(イングランド2部)のバーミンガム・シティに所属するMFジョーダン・ジェームズ(18)を初招集した。 ジェームズは、世代別のウェールズ代表を経験したほか、2022年3月にはU-20イングランド代表にも招集され2試合に出場した実力がある。 バーミンガムの下部組織出身で、ここまでファーストチームでは31試合で1ゴール2アシストを記録していた。 なお、トッテナムのDFベン・デイビスとスウォンジー・シティのMFジョー・アレンはケガのために招集外に。デイビスは足の小さな骨折、アレンはハムストリングの問題だという。 ウェールズは、22日にベルギー代表とアウェイで、25日にポーランド代表とホームで対戦する予定となっている。 2022.09.20 10:23 Tue
twitterfacebook
thumb

トッテナムの守備の要ロメロが選ぶ現役最高のDF、同郷の成長株ともう1人は?

トッテナムのアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロは、自身の思う現役最高のDFを挙げた。 昨夏にアタランタから買い取りオプション付きのレンタルで加入したロメロ。そのダイナミックな対人守備と高いビルドアップ能力を武器にすぐさま主力に定着し、CBとして初年度から公式戦30試合でプレーした。 今年8月にはクラブが買い取りオプションを行使し、完全移籍へと移行した中で、今季はここまで公式戦6試合に出場。今や新たなトッテナムのディフェンスリーダーとして最終ラインの顔となっている。 そんなロメロはイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューに応対。幼い頃に参考にしていた選手について問われると、かつてバルセロナでセンターバックとしてプレーしていた3名を挙げた。 「カルレス・プジョールとジェラール・ピケ、そしてハビエル・マスチェラーノがバックラインでプレーするのを見るのが大好きだった」 「だから僕はその頃いつもバルセロナを見ていたし、彼ら3人は見ていて美しかったよ」 また、「現在、僕にとって最高のディフェンダーは、常にヴィルヒル・ファン・ダイクと、マンチェスター・ユナイテッドのリサンドロ・マルティネスだよ。彼らはプレミアリーグで最高の選手だ」ともコメント。共にプレミアリーグでプレーするリバプールのディフェンスリーダーと同郷の成長株が現役最高のDFだと語った。 2022.09.19 18:46 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly