チェルシーDFエメルソンにアタランタも目を光らす?

2022.08.12 18:54 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(28)にアタランタ移籍の可能性が浮上している。

2018年1月にローマからチェルシー入りしたエメルソンだが、バックアッパーの域を抜け出せず、昨季はリヨンに1年レンタル。買い取りオプション付きのレンタルだったが、シーズン終了後にチェルシー復帰となった。

先日にはラツィオ移籍の可能性が報じられるなど、今夏の移籍が既定路線のなか、イギリス『デイリー・メール』によると、セリエA勢からはアタランタも目を光らせているという。
また、エメルソンを巡っては積極補強が印象的なノッティンガム・フォレストも関心を寄せ、すでに問い合わせを済ませている模様だ。

一方、チェルシーはブライトン&ホーヴ・アルビオンからスペイン代表DFマルク・ククレジャを獲得。トーマス・トゥヘル監督も移籍を容認する可能性が高いとみられている。

関連ニュース
thumb

ミラン、今季でアタランタ退団が濃厚のGKスポルティエッロと口頭合意か

ミランがアタランタのイタリア人GKマルコ・スポルティエッロ(30)と来夏加入で口頭合意に達したようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えている。 現状ミランには、守護神のマイク・メニャンの控えとして元ルーマニア代表GKチプリアン・タタルサヌ(36)と、元イタリア代表GKアントニオ・ミランテ(39)が在籍しているが、共に高齢で引退を考慮する時期に差し掛かっている。 そうした状況を受け、ミランは新たな控えGKの補強を模索しており、これまでフィオレンティーナのイタリア人GKピエトロ・テラッチアーノらが候補に挙がっていた。 そんな中、『カルチョ・メルカート』の記者で移籍市場に精通するダニエレ・ロンゴ氏によると、ミランは今季終了後にアタランタとの契約満了を迎えるスポルティエッロと来夏の加入で合意に至ったとのこと。なお、契約は冬の移籍市場終了後の2月頃に結ぶと予想している。 アタランタの下部組織で育ったスポルティエッロは、下部リーグでのプロデビューを経て2012年夏に復帰。以降はフィオレンティーナやフロジノーネなどへのレンタル移籍も経験し、これまでセリエAで通算190試合の出場し53回のクリーンシートを達成。今季はGKフアン・ムッソの控えとしてこれまで6試合に出場している。 2022.12.07 23:06 Wed
twitterfacebook
thumb

復調気配のユベントス、来年1月にアタランタのデンマーク代表DF獲りか

ユベントスがアタランタのデンマーク代表DFヨアキム・メーレ(25)獲得に関心を示しているようだ。 今夏に多くの選手を入れ替え、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の下でチームの刷新を進めているユベントス。開幕からしばらくは低空飛行が続き、チャンピオンズリーグ(CL)ではグループステージ敗退の失態を演じたが、セリエAでは6連勝を飾り3位に浮上するなど復調傾向にある。 イタリア『トゥットメルカート』によると、クラブはこの勢いをさらに加速させるべく、来年1月の補強を画策。手薄なサイドバックの層を厚くするため、両サイドに対応可能なメーレの獲得に関心を示している模様だ。 メーレは2021年1月にベルギーのKRCヘンクからアタランタに加入すると、優れた戦術理解度と積極的な攻撃参加を武器に主軸へと定着。今シーズンも公式戦21試合に出場して4アシストを記録し、デンマーク代表としてカタール・ワールドカップにも参加している。 アタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督はメーレを高く評価する一方、クラブは選手補強のための資金を必要としており、金額次第で交渉が成立する可能性はあるという。 2022.11.24 18:07 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、アタランタGKスポルティエッロを来夏獲得へ?

ミランがアタランタの元U-21イタリア代表GKマルコ・スポルティエッロ(30)獲得に近づいているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 スポルティエッロはアタランタの下部組織出身で、下部リーグでのプロデビューを経て2012年夏に復帰。以降はフィオレンティーナやフロジノーネなどへのレンタル移籍も経験し、セリエAで通算190試合、今季は6試合に出場している。 ミランはここ数日で選手側との接触を強化。移籍市場に精通するイタリア人ファブリツィオ・ロマーノ記者によると、スポルティエッロはアタランタとの契約が満了を迎える来夏のフリー移籍となり、ミランでは正GKマイク・メニャンを第2GKとして支える立ち位置になる模様。なお、契約期間は3年間とみられている。 2022.11.22 15:13 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスがシェチェスニーの後継者獲り?クレモネーゼの若き守護神に熱視線

ユベントスが、クレモネーゼのU-21イタリア代表GKマルコ・カルネセッキ(22)の獲得に関心を示しているようだ。 長年にわたってゴールマウスを守っていた元イタリア代表ジャンルイジ・ブッフォンの勇退以降、ポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニー(32)が守護神を務めるユベントス 。しかし、同選手はケガによる離脱でサブの元イタリア代表GKマッティア・ペリン(30)に出番を明け渡すことも多く、未だに絶対的存在とはなれていない状況だ。 そんなシュチェスニーとユベントス との契約は2024年6月まで。1年間の延長オプションが付いているものの、クラブとしては早めに後継者を確保したいところだ。 イタリア『calciomercato.com』によると、ユベントスは将来の守護神としてアタランタからクレモネーゼへレンタル中のカルネセッキを注視している模様。同選手はアタランタの下部組織出身で、2020年夏にクレモネーゼへのレンタルが決まると、加入直後から守護神の座を奪取。昨季にはセリエA昇格に大きく貢献する活躍を見せた。 今夏にはラツィオへの移籍や、アタランタへのレンタルバックなどが噂されたが、6月に肩を負傷したことにより、両クラブとも加入を敬遠。その結果、クレモネーゼで3シーズン目を過ごすことになった。 なお、エンポリのイタリア代表GKグリエルモ・ヴィカーリオ(26)も補強候補だと伝えられている。 2022.11.21 18:48 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェコがドッピエッタ、アタランタに競り勝ったインテルが連勝で中断入り《セリエA》

セリエA第15節、アタランタvsインテルが13日に行われ、2-3でインテルが競り勝った。 前節レッチェに1-2で敗戦し2連敗となって6位に後退したアタランタ(勝ち点27)は、レッチェ戦で今季初ゴールを挙げたサパタを最前線とする[4-2-3-1]で臨んだ。 一方、好調だったボローニャに6発圧勝とした5位インテル(勝ち点27)はイタリア・ダービー敗戦を払拭。S・インザーギ監督の進退問題を一先ずクリアにした中、現状のベストメンバーで臨んだ。 マンツーマンで付くアタランタが良い入りを見せると、15分に好機。ボックス右でパシャリッチのパスを受けたコープマイネルスが枠内シュート。しかしGKオナナのセーブに阻まれた。さらに直後のCKからパロミーノのヘディングシュートが枠を捉えるも、オナナのスーパーセーブに阻まれた。 それでも23分、ボックス左で仕掛けたサパタがデ・フライに倒されてPKを獲得。このPKをルックマンが決めてアタランタが先制した。 劣勢のインテルだったが、ワンチャンスで同点とする。36分、左サイドからのチャルハノールのアーリークロスをラウタロがヘッドで逸らし、ゴール前のジェコが右足アウトのボレーで押し込んだ。 ハーフタイムにかけては膠着状態が続き、1-1で前半を終えた。 迎えた後半、徐々に圧力を強めたインテルが56分に逆転する。ボックス左に侵入したディマルコのクロスをジェコが押し込んだ。 さらに61分、インテルが突き放す。チャルハノールの左CKからニアサイドのラウタロがヘッドで逸らすと、クリアにかかったパロミーノのオウンゴールを誘った。 後半、成す術のなかったアタランタだったが、77分に1点差に詰め寄る。左CKからパロミーノのヘディングシュートが決まった。 終盤にかけてはアタランタの攻勢が強まるもインテルが逃げ切り。2連勝で中断に入ることとなった。 2022.11.13 22:28 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly