ミレンコビッチがヴィオラと2027年まで契約延長!

2022.08.12 00:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィオレンティーナは11日、セルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(24)との契約を2027年6月30日まで延長したことを発表した。

2017年にパルチザンから加入したミレンコビッチは、在籍5シーズンで公式戦171試合に出場し14ゴールを記録。195cmの長身センターバックは、3バックと4バックのセンターバックに加え、加入初期は右サイドバックでもプレー。長年に渡ってヴィオラのディフェンスラインを支えてきた。

そのミレンコビッチには、今夏の移籍市場でインテルやユベントス、ナポリといった国内クラブをはじめ、アーセナルやトッテナム、チェルシー、、ウェストハム、アトレティコ・マドリーといった国外クラブから関心を示されていた。

同日に行われた記者会見に出席したミレンコビッチは、以下のように残留を決めた理由を語った。

「クラブと話をして、大きな野望があること、クラブが継続的に成長していること、そして監督の役割が確認されたことは、僕にとって非常に重要なことだった」

「また、長年にわたり、特に最近、多くの愛情を注いでくれたファンにも感謝している。僕はここで愛されていると感じている。監督や会長は、僕をここにとどめ、ここでキャリアを続ける機会を与えてくれるために、素晴らしい仕事をしてくれた」

「じっくりと時間をかけて考えて出した、自分の選択にはとても満足しているよ」

関連ニュース
thumb

2戦連続ウノゼロ勝利のアタランタ、首位ナポリを同勝ち点で追走《セリエA》

アタランタは2日、セリエA第8節でフィオレンティーナをホームに迎え、1-0で辛勝した。 代表ウィーク前の前節、ローマにウノゼロ勝利とした2位アタランタ(勝ち点17)はムリエルを最前線に配置する[3-6-1]で臨んだ。 10位フィオレンティーナ(勝ち点9)に対し、11分に先制のチャンス。ムリエルが左サイドからのカットインシュートでゴールに迫ったが、わずかに枠の右に外れた。 慎重な入りとしたアタランタは20分、サポナーラにGK強襲のシュートを打たれてひやりとした中、25分にも好機。ムリエルのスルーパスでボックス左に侵入したコープマイネルスがシュート。しかしGKテラッチアーノのセーブに阻まれた。 前半半ば以降もリスクを冒さなかったアタランタは40分に数的優位になりかける。足を高く上げてボールを蹴りにかかったクアメのスパイクがデ・ローンの顔面に入ったように見え、主審は一発退場を宣告。しかしVARが入り、スパイクは顔面に触れておらずノーファウル判定となった。 ゴールレスで迎えた後半も慎重な姿勢を崩さなかったアタランタは59分に先制する。ムリエルが左サイドを突破してクロス。ルックマンが難なくシュートを流し込んだ。 さらに67分には追加点のチャンス。途中出場のメーレが独走してボックス左まで侵入。GKと一対一となるもテラッチアーノのセーブに阻まれた。 終盤にかけても守備を固めて逃げ切りを図るアタランタは88分、ヨビッチに枠内シュートを打たれたが、GKスポルティエッロがセーブ。 1-0で逃げ切り、首位ナポリを同勝ち点で追走している。 2022.10.03 02:52 Mon
twitterfacebook
thumb

「こいつは誰だ?」蒸し返される『FIFA』3年前の珍事…酷いクオリティのビジュアルにリベリ本人がキレる

30日、大人気サッカーゲームの『FIFA 23』が発売される。 世界中で愛されているサッカーゲームで、多くのサッカーファンはもちろん、選手本人もプレーしていることでも知られている『FIFA』シリーズ。今回が最後の発売となる。 その発売前には限定的にプレーできる環境が用意されていた中で、選手や監督のグラフィックが大きな話題に。顔をスキャンしていない選手のクオリティの低さにファンが怒りを露わに。特にアーセナルのミケル・アルテタ監督が全く似ても似つかないことでファンが激怒していた。 毎作のように話題になる選手のビジュアルだが、これは選手本人も自分を確認し、異議を唱えることも度々起こる。 その中で最も酷いとされ、今回再び蒸し返されたのが『FIFA20』の元フランス代表FWフランク・リベリだった。 当時フィオレンティーナに所属していたリベリ。子供と『FIFA 20』を楽しんでいたようだが、自分のビジュアルを見て驚愕。思わずEAスポーツに対して質問を投げかけてしまった。 「少し前に子供と一緒に『FIFA 20』をプレーした。おい、EA、こいつは誰だ?」 リベリがいちゃもんをつけたビジュアルだが、確かに酷いもの。似ていないどころか、頭髪もやり過ぎた感がある。 改めて今回蒸し返されて話題になると、ダニエウ・アウベスやマルクス・テュラムらは大笑いで反応。ファンも「トップ5の出来事だ」、「3年前なのか」、「これはアツい」、「軍曹だな」と久々に見て思い出している人が多いようだ。 現在はサレルニターナで現役を続けているリベリ。今作でのビジュアルも注目を集める可能性はありそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】覚えてる!? リベリ本人も怒った衝撃のビジュアル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjGnsGarO51/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjGnsGarO51/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjGnsGarO51/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.30 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

メニャン負傷のミラン、今冬にも新たな控えGKを獲得か

ミランがフィオレンティーナのイタリア人GKピエトロ・テラッチアーノ(32)の獲得に動いているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 セリエA第7節終了時点で4勝2分け1敗の5位に位置するミランだが、正守護神を務めるフランス代表GKマイク・メニャンが代表戦でふくらはぎを負傷。約1カ月の離脱と伝えられた。 現状ミランには控えGKとして元ルーマニア代表GKチプリアン・タタルサヌ(36)と、元イタリア代表GKアントニオ・ミランテ(39)が在籍しているが、共に高齢で引退を考慮する時期に差し掛かっている。 そうした状況を受け、ミランは今冬にも新たなGK補強を決行する模様。そこで白羽の矢が立ったのがGKテラッチアーノだ。 ノチェリーナでプロキャリアをスタートした193cmの長身GKのテラッチアーノは、これまでカターニャやサレルニターナなどを渡り歩き、2019年1月にレンタル移籍でフィオレンティーナに加入。同年夏に完全移籍するも、ポーランド人GKバルトロミエ・ドラゴウスキの控えに甘んじていた。 しかし、昨夏にドラゴウスキがスペツィアへ完全移籍したことで守護神の座を獲得すると、昨季はセリエA36試合に出場。今季は新加入のイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニと正守護神の座を争っており、ここまでセリエA4試合に出場している。 なお、テラッチアーノとフィオレンティーナの契約は今季終了までとなっており、ミランは今冬に安価での獲得出来なかった場合は、来夏にフリーで獲得するつもりだという。 2022.09.27 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

菅原が今季初ゴール! AZは終盤のゴールラッシュで4発快勝《ECL》

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)グループステージ第2節が15日に欧州各地で行われた。 昨季と比較してやや地味な顔ぶれとなった今グループステージで唯一の日本人選手となる菅原由勢の所属するAZは、ホームでファドゥーツ(リヒテンシュタイン)と対戦し4-1で勝利した。菅原はフル出場、92分にゴールを記録している。 EL連勝を狙うAZは、19分にバラシのゴールで先制。しかし、直後の22分にゲルツァーにネットを揺らされ、1-1で前半を終える。 後半に入っても膠着状態が続く中、61分に中盤からのロングパスに反応したオドゴールがボックス外で飛び出したGKビュヘルに倒されると、このプレーでGKビュヘルが一発退場に。 数的有利となったAZは、81分にブッケマのゴールで勝ち越すと、後半アディショナルタイム2分にはデ・ウィトのパスで右サイドを抜け出した菅原がボックス右深くまで切り込みゴール左隅にシュートを突き刺した。 このゴールで試合を決定づけたAZは、試合終了間際にもデ・ウィトがゴールネットを揺らるなど、終盤のゴールラッシュで4-1と快勝した。 また、昨季チャンピオンズリーグ(CL)ベスト4で一昨季のヨーロッパリーグ(EL)王者であるビジャレアルは、アウェイでハポエル・ベエルシェバ(イスラエル)と対戦。28分にホセ・モラレスのPKで先制したビジャレアルだったが、63分にハトゥエルにネットを揺らされ追いつかれる。 それでも67分、右サイド深くまで抜け出したジェレミ・ピノのクロスをバエナが右足ボレーで流し込み、勝ち越しに成功。結局、これが決勝点となりビジャレアルが2-1で勝利した。 その他、イングランドの名門ウェストハムはアウェイでシルケボー(デンマーク)と対戦し3-2で勝利。イタリアの名門はフィオレンティーナはアウェイでバシャクシェヒル(トルコ)と対戦し0-3で完敗している。 ◆グループA FK RFS(ラトビア) 0-2 ハート(スコットランド) バシャクシェヒル(トルコ) 3-0 フィオレンティーナ(イタリア) ◆グループB FCSB(ルーマニア) 0-0 アンデルレヒト(ベルギー) シルケボー(デンマーク) 2-3 ウェストハム(イングランド) ◆グループC ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) 1-2 ビジャレアル(スペイン) レフ・ポズナン(ポーランド) 4-1 オーストリア・ウィーン(オーストリア) ◆グループD パルチザン(セルビア) 1-1 ニース(フランス) ケルン(ドイツ) 4-2 スロヴァコ(チェコ) ◆グループE AZ(オランダ) 4-1 ファドゥーツ(リヒテンシュタイン) アポロン(キプロス) 1-3 ドニプロ-1(ウクライナ) ◆グループF ユールゴーデン(スウェーデン) 3-2 モルデ(ノルウェー) ヘント(ベルギー) 3-0 シャムロック・ローバーズ(アイルランド) ◆グループG クルージュ(ルーマニア) 0-1 スィヴァススポル(トルコ) スラビア・プラハ(チェコ) 3-2 バルカニ(コソボ) ◆グループH ジャルギリス(リトアニア) 0-1 バーゼル(スイス) ピュニク(アルメニア) 2-0 スロバン・ブラチスラヴァ(スロバキア) 2022.09.16 06:10 Fri
twitterfacebook
thumb

元マドリーFWヨビッチ、8試合ノーゴールも力説 「フォームを戻すには時間が必要」

フィオレンティーナのセルビア代表FWルカ・ヨビッチがなかなかネットを揺らせない自身の現状について口を開いた。 今夏にレアル・マドリーとの契約を解消し、フリーでフィオレンティーナに加入したヨビッチ。マドリー時代は通算51試合の出場で3得点にとどまるなど期待を大きく裏切る結果となり、再起をかけてイタリアの地にやってきた。 だが、セリエA開幕戦で1得点を記録して以降は現在まで公式戦8試合連続で無得点。ヨビッチはセルビア『Informer』のインタビューの中で、フォームを取り戻すにはもう少し時間が必要と語っている。 「今季が波乱に満ちたものになるのは予想していた。最初の数試合を終えて、そのようなものになることは明らかだ。ここに来る前は長い期間プレーしていなかったし、自分のフォームを取り戻して安定させるには時間がかかるからだ。なるべく早くチームメイトとの連携を深めるよう努めているが、ゲームを重ねるごとに全てが良くなっていくと確信しているよ」 「マドリーの選手がフィオレンティーナに来ると、それだけで期待値は高くなる。ファンが最初の瞬間から僕に違いをもたらすことを期待するのは普通だ。でも、僕は3年間ほとんどプレーしていなかったし、復帰するのに時間がかかるのは驚くべきことではないんだ」 2022.09.15 17:31 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly